同じお茶を違う方法で淹れる理由

お茶を淹れて、このお茶、今こんな香りや味をしているけど、こうしたいなぁ、あーしたいなぁと想うことがあります。

そんな記録です。

静岡県、川根本町の益井園の「かおり せかんど」
今年の吉田山大茶会で、毎年出店されている益井さんから購入。

品種は香駿で、紅茶。せかんどの名の通り、二番茶。
そして、これはウンカ芽。
ウンカ芽の半発酵茶や紅茶は、甘い蜜のような香りがします。

さて、最初にムジカのポット大で、いつもの感じでティーメジャーで山盛り二杯。注ぎ口の下の部分に併せて、お湯を入れて、コジーをして飲んでみました。

image.jpeg

  • 一杯目、しっかりキャラクターが出てる。
  • 二杯目、あれっ?少し青い感じが強く出てきた。苦手。
  • 三杯目、濃すぎる!

ミルクを入れるタイプの紅茶ではないので、お湯で薄めても良かったんですが、上記の印象。

もう少しおいしく飲みたいなぁ。飲む量も少なくて、いいや。

 

ということで、横手持ちの、マグ一杯分ぐらいが入る朱泥の急須で淹れて飲んでみる。

image.jpeg

湯呑みに何回かに分けて飲みながら、おもったこと。
うーん、もう少しふわっとした香りにしたいなぁ。

考えてみると、急須が平たく大きいから、中でお湯が対流しにくそう。

じゃぁ、対流しそうな小さい急須でやってみよう!

 

こんな感じの急須。

image.jpeg

爽やかな青さと蜜のような甘い香りがバランスよくしていて、飲んだときや飲んだ後に残る香りもいい感じ。
量もコップ一杯分で程々。

淹れて最初っから、自分の期待するようなお茶の味や香りになると嬉しい。
でも、あーだ、こーだと、やってみて淹れ方を変化させ、その違いを感じるのも楽しい。

どっちがイイという話でもないのだけど、どっちとも出来た方がお得な気がする。
なので、「お茶淹れるのって、楽しい♪」と思う人が増えてくれたらいいなぁ。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村