準備中にドキっとしたコトと、頂いたのは釜炒り茶

ずいぶん朝晩、涼しくなりました。温かいお茶が美味しくなる季節です。
釜炒り茶が飲みたくなり、湯冷ましも程々にして、熱いお茶を急須からマグに注いぎました。

「ピキッ!」
image.jpeg

もしかして、ヒビが入ったのかも。
マグを触ってみましたが、とりあえずお茶は漏れていないので、大丈夫だと思って引き続き、使うことにします。

それでは、今回は釜炒り茶について、少し書いてみます。現在、日本茶の多くが煎茶として加工されて、流通しています。

そして、日本の緑茶の加工のほとんどが、蒸し。
蒸気の熱で、酸化酵素の働きをなくします。

蒸し以外もあり、蒸気ではなく鉄板の熱で酸化酵素の働きをなくす場合を、釜炒りと言います。

見学させて貰った茶工場では、鉄板と言っても、機械でドラムを横に倒したような形でした。
下から熱をかけ、ドラムを熱して、そこに葉っぱが入り、手の形をしたヘラの大きなので、下から葉っぱを掬って、葉っぱが上に来たときに、葉っぱの水分が抜けるようになっていました。

下の部分はレンガ。
釜炒りの機械でも、かなり古い部類の物だそうで、タイムスリップしたような気分でした。

今日の写真のお茶は、見学した茶工場で作られた釜炒り茶です。
農家さんのお話や表情を思い出してお茶できるって、かなりシアワセかも。

 



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村