ご家庭で実験!二種類の紅茶を飲み比べる方法

紅茶の味や香り、茶殻の様子を確認することを専門用語でテイスティングといいます。専門の茶器がありますが、一般のご家庭には先ずありません。
そこで入手しやすいものを使って、ある程度似せることができたので、その方法をご紹介します。

何を使ったかというと…

スーパーで行楽用品として売っている透明の使い捨てのコップ(全容量230ml)。
紙コップだと熱湯を入れると紙の香りがしてきそうで、プラスチック製を使いました。
透明だと、ガラスのポットと同じように、お湯の対流で、茶葉が泳ぐ姿が見えるんですよね。
透明のコップにはCold用があるので、耐熱温度を確認してください。

茶こしがない場合を想定して、お茶パックで代用しています。
お茶パックに、はさみで切り込みを入れて、パンなどの袋を止めているネジリッコで、コップに引っかけました。

絵にすると

こんな感じです。

透明カップで紅茶を淹れる方法

実際には、2セット用意して、2種類の紅茶をテイスティングしました。

絵の番号に対する注意書き。
(1)で、カップを二つに重ねるのは、湯通しをしないしコジーもしないので、保温効果を高めるためです。量は、2g(ティーカップ120ml一杯分)。

(2)お湯は、カップの底の中心をめがけて、ゆっくり注ぎます。
勢いよく注ぐと、カップが倒れるので、キケンです。
僕が使ったカップには持ちやすいように、真ん中の高さを中心に波が入っていて、波がなくなる一番上のところが6割ぐらいの容量(120ml)でした。
「カップに目盛りまで」は、約6割の想定です。

(3)お茶パックの切り込みは、角ではなく平たい方にいれて、止めるためのネジリッコで、お茶パックを開くようにします。
IMG_3412.JPG

IMG_3413.JPG

(5)右側の紅茶液の入ったカップの上の方を持たないとヤケドするので注意して下さい。
また、カップの上を持つときに少し力を入れて、カップの開いてる口を楕円形に変形させると、お茶パックのカップに注ぎやすいです。
お茶パックの開いている真ん中をめがけて、注ぎます。

(6)お茶パックは濡れていて熱いので、ネジリッコを持って引き上げます。
以下は、3種類の飲み比べの出来上がり。

IMG_3415.JPG

マレーシアの紅茶「キャメロニアン」と、インドネシアの紅茶「ジャワ・プリマ」で、確認したところ、ポットと遜色のない香りと味が出ていました。
少し手間ですが、軽いので野外で火が起こせるのなら、ピクニックでも使える方法かもしれないと思いました。

まとめ

紅茶のテイスティング、専門家は専用の茶器を使用しますが、ご家庭で入手しやすいものを使って、原理的に似せることはできます。
今回ご紹介した方法で、ご家庭にある手持ちの紅茶、これとこれ、実はどう違うかを比較するのに試されては、どうでしょうか。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

スタンプの色に合わせて、紅茶と煎茶のティーバッグを飲みました。

前回前々回では、お茶を淹れずに記事を書いたので、今回は一度にティーバッグの紅茶と深蒸し煎茶を淹れて、飲んだ後に書いてます。
僕は、茶葉を好みの量にして淹れる方が多いのですけれど、ティーバッグは手軽だから。

簡単に感想

深蒸し煎茶は、小さな急須にティーバッグ一個を入れて、魔法瓶に入れておいたお湯で淹れました。
飲むと、やんわりした旨味が口に広がり、渋みが全くないので心地よい。リラックス効果がありました。

紅茶はベルガモットで、茶葉は小さな球形のCTC。
魔法瓶のお湯を注ぎ、ティーカップを湯通しで温めた後、お湯を捨てる。
そのあと、ティーバッグをカップに入れて、沸かしたてのお湯を注いで、蓋をしました。時間は見ずに、カップの茶色が濃くなったところで、ティーバッグを引き上げました。

このブログ記事に載せるために小さなお碗で撮影したら、気が乗ったので先にアップしてしまいました。これ

紅茶の蒸らし時間が長かったようで、少し渋い。
これくらいなら、少し砂糖を入れたら良さそう…
砂糖菓子の小さな金平糖を数個、口に含みながら頂くと丁度いい感じでした。

少し技術に目を向けると

ティーバッグは、深蒸し煎茶も紅茶もテトラタイプ。
昔は、平たく分厚い座布団にタグがついているのがほとんどだったと思います。

茶葉に目を向けると、深蒸し煎茶も紅茶のCTCも、比較的短時間に入れるタイプの形状です。
時間に追われていても、お茶を飲みたい人向けと言ってもいいのかな。

まとめ

茶葉を計って、お茶を淹れた方が本格的。
ですが、その分の準備や道具、飲んだ後の茶殻の処理が必要になります。

便利で手軽なティーバッグを使うと、少ない時間でリラックスできるお茶時間が持てると思います。

おまけ

先行リリースした写真を撮る前に、ノートにこんなことを書いて、準備してから撮影。
IMG_3390.JPG

使ったインクとスタンプと一緒に、メイキング風に…

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村