スタンプを使いたくて、紅茶と煎茶のティーバッグを飲みました。

前回前々回では、お茶を淹れずに記事を書いたので、今回は一度にティーバッグの紅茶と深蒸し煎茶を淹れて、飲んだ後に書いてます。
僕は、茶葉を好みの量にして淹れる方が多いのですけれど、ティーバッグは手軽だから。

簡単に感想

深蒸し煎茶は、小さな急須にティーバッグ一個を入れて、魔法瓶に入れておいたお湯で淹れました。
飲むと、やんわりした旨味が口に広がり、渋みが全くないので心地よい。リラックス効果がありました。

紅茶はベルガモットで、茶葉は小さな球形のCTC。
魔法瓶のお湯を注ぎ、ティーカップを湯通しで温めた後、お湯を捨てる。
そのあと、ティーバッグをカップに入れて、沸かしたてのお湯を注いで、蓋をしました。時間は見ずに、カップの茶色が濃くなったところで、ティーバッグを引き上げました。

このブログ記事に載せるために小さなお碗で撮影したら、気が乗ったので先にアップしてしまいました。これ

紅茶の蒸らし時間が長かったようで、少し渋い。
これくらいなら、少し砂糖を入れたら良さそう…
砂糖菓子の小さな金平糖を数個、口に含みながら頂くと丁度いい感じでした。

少し技術に目を向けると

ティーバッグは、深蒸し煎茶も紅茶もテトラタイプ。
昔は、平たく分厚い座布団にタグがついているのがほとんどだったと思います。

茶葉に目を向けると、深蒸し煎茶も紅茶のCTCも、比較的短時間に入れるタイプの形状です。
時間に追われていても、お茶を飲みたい人向けと言ってもいいのかな。

まとめ

茶葉を計って、お茶を淹れた方が本格的。
ですが、その分の準備や道具、飲んだ後の茶殻の処理が必要になります。

便利で手軽なティーバッグを使うと、少ない時間でリラックスできるお茶時間が持てると思います。

おまけ

先行リリースした写真を撮る前に、ノートにこんなことを書いて、準備してから撮影。
IMG_3390.JPG

使ったインクとスタンプと一緒に、メイキング風に…



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村