あれこれ…、新旧について思うこと

先日、参加したOPEN EAT THINKで、伝統工芸の和鏡を作成するのに、3Dプリンタを利用している、というお話を伺いました。
新しいものと古いもの。どっちかしか知らないのは、もったいない!と思ったので、雑感を書きます。

新しいものって

大体の場合、古い技術を発展させて、組み合わせることが多いような気がします。
3Dプリンタも、樹脂を使っているので、少なくとも今までにあった技術の上に別の技術(積層させた樹脂の固め方は既存の術に見えます)を組み合わせている。
3Dプリンタは、3Dの設計図に対して、正確に意図した形に作る制御技術が新しいように見えます。

IMG_3566.JPG
伝統的な独楽の変わり者と最新技術の文字入力端末ポメラ。

日本茶の場合

日本茶で、上等な緑茶を生産するのに使われる覆い。
伝統的な方法だと、茶畑に棚をくんで、よしずに広げ、その上に藁を敷きます。この場合、藁は消耗品で、茶摘みが終わり棚を片づけるときに、藁は肥料にするために、地面に落とすのだそうです。
そうすると、来年同じように栽培するには、藁がまた使う分だけ必要になる。これだけとっても、手間がかかっているのが分かると思います。
なので、よしずと藁を使った「ほんず」の抹茶や玉露は値段が高くなる。

覆いは、今では多くの場合、寒冷紗という黒い化学繊維の通気性のあるシートが用いられています。よしずと藁と比べて、繰り返し使えるので、格段に手間が少なくなると思われます。
なので値段でいうと、「ほんず」ではない抹茶や玉露は、「ほんず」の場合より安くなる。

では、「ほんず」と「ほんずではない」、抹茶や玉露の味が同じか、というとそうではない。
ここが面白いところだと思っていて、味わいに深みのあるのが「ほんず」のような気がしています。

それで思うことは…

どっちがいいという話ではないと思うんです。
科学技術が進んで便利になった反面、食べ物でいうと、単一の品種の農作物が作られることが多くなって、豊富な味や文化が失われて言っているじゃないかと思うんです。

和鏡の例ではありませんが、以前の作り方と全く同じでするより、現代の技術を一部利用することで、手間を押さえて、古いものを作る効率を上げることが出来る。

でも、新しい物ばかりに目を向けるのではなく、古い物にも目をくばる行動が、文化を豊かにするんじゃないかと勝手に思っています。

まとめ

大風呂敷を広げてしまって、うまくまとまりません(苦笑)。
言いたかったのは、新しいものは古い物の積み重ねがあってこそ。
古い物に目を向けるキッカケになればと思って、つらつら書いてみました。

おまけ

新旧は、ひらがなで「しんきゅう」。
「しんきゅう」を漢字変換すると候補に「鍼灸」が出てきます。
ウチの妹は、鍼灸師。こちらもよろしくです。

僕の好きなバンドthe pillowsの曲に、Anemoneというのがあります。
たぶん花言葉がモチーフになっていると思われ、「はかない恋」と「君を愛す」。
「きみをあいす」を変換させたら「君をアイス」に。
凍らせてどうすんネン?!と思いました。

おしまい