新しくやってきたポットや急須でしていること

急須やポットをたくさん持っている理由を先日、記事(新しくウィンドウまたはタブが開きます)にしました。
今回はこれらの道具の使い始めに自分が何をしているのかを、振り返って書き出してみました。

新しい道具がきた!

まず、梱包の荷ほどきをするために、箱などから取り出します。
ポットや急須は、蓋と本体が分かれているので、蓋をしてきちんと閉まるか、蓋の方向がどれが一番正しそうかを確認します。
たいてい、ニヤニヤしてカッコいいなぁとか、エエなぁと思いながら、ちょっと眺めます。

その後、洗って、濡れているのを拭いて、さあ使おう!

…と、大体こんな感じです。
要は、ウキウキしています。

使ってみる

ポットにしろ、急須にしろ、その道具を使うのに適切だと思われる茶葉で、お茶を淹れてみます。
たいがい、他のポットや急須で試しているお茶で淹れます。

理由は、道具の特性を判断するのに、以前淹れたお茶でやる方が分かりやすいからです。

持ち手の感触や手触りを確認し、手や腕を比較的ゆっくり動かします。
注ぎ口からお茶がどのように出てくるのかを観察して、カップやコップ、湯飲みに注ぎます。

淹れたお茶を飲んでみる

初めて使った道具で、いきなり美味しくお茶が入ることは少ないです。
初回は、どのような傾向が以前使った道具と違うのかが分かれば十分。

繰り返し使って、美味しく入るポイントを探します。

お茶を淹れる道具と日本茶について思ったこと

少し話は変わりますが、先日、お茶友達の主催するお茶会を手伝いました。
それがキッカケになって、おぼろげに考えていることがあります。

紅茶って美味しく淹れる為のポイントは多くないし、比較的楽に淹れられるよなぁ。
でも、日本茶って、よくよく考えたら、番茶、ほうじ茶、煎茶、玉露、今回はなかったけれど抹茶とか、お茶の種類ごとに淹れ方が違う。

これって、お茶の文化の豊かさを物語っているのかも知れないけれど、お茶を淹れる人の立場になると、実にややこしい。
どのお茶を、どの道具を使って、どのように淹れるのかを知らないといけないから。

お茶の淹れ方って、家庭で受け継がれるというより、実は学ぶもの?だったりするのかな…

ウチの家は、お茶を淹れていなかったので、僕自身はお茶の淹れ方を学んだ口です。

まとめ

話を戻します。
さらっと、お茶を淹れる道具を新しく購入したときの作業を書き出してみました。
振り返ってみましたが、あんまり優雅なものではありません。

自分のテンションを少し上げるためと、記念撮影に写真をとってモチベーションを挙げているような気がしました。

IMG_2888.JPG
左は、いつも使っているポット大。 右は、2014年版のポット小、おろしたて。

おしまい