家庭菜園に活かせる土づくりセミナーに参加しました!

日本茶インストラクターの試験勉強で少し栽培を勉強したとはいえ、植物を育てることに関しては全くよく分かっていません。
ふと、なんか役立つことないかなと思って、たしか小学生の時に遠足で行った地元の旧農林センター(現、大阪府立環境農林水産総合研究所)のウェブページを見に行きました。
すると、家庭園芸セミナーで土づくりがあるのがわかったので参加してみました。

前半は室内講習。土づくりと肥料について。
後半が質疑応答と、空飛ぶイチゴ栽培の見学。

土づくりでは、どんな土がよいのかを教えて貰いました。
土づくりの前に前提として植物が育つ上で必要なのは、光、空気、土、水。

ポットやプランターで野菜や花を育てている場合に水のやりすぎはよくない。
なぜなら、根が呼吸しているので、水をやりすぎていると呼吸できなくなるから。

微生物の活動が活発で、黒い層の腐植となって、団粒構造の土がよいとのこと。
(それにしても知らない分野の言葉が沢山出てきてメモした言葉を後で調べたら、漢字が思っていたのと違うところが沢山あった)

酸度(pH)は、7が中性。でも土壌の中性は6-6.5。

牛ふん由来、豚ぷん由来、鶏ふん由来堆肥の成分に違いがあるので、土壌バランスに注意が必要!

などなど、貰った資料に書き込みましたが、沢山あって書き切れません。

印象に残った話としては、野菜や花などの作物を畑から取ると取った分の成分が畑から無くなったことになる。それを補給するために肥料が必要だというところ。
また、植物の生育ステージにより肥料が変わる!というところ。

講義の最後に教えて貰ったのは、今年2015年が「国際土壌年」で、「12月5日が世界土壌デー」とのこと。(国連世界土壌デーと国際土壌年国際土壌年とは世界土壌デー記念行事の開催について)
調べたら、世界土壌デーは、農業に熱心なタイの王様(ラーマ9世)の誕生日から決められたんだそうな。何とも不思議な気がしました。

質疑応答の後、珍しい光景を見ました。

IMG_4902.JPG

これ。

イチゴの中空栽培、見た目がおもしろかったです!
よくよく話を聞くと、この栽培方法をしたからと言って、病気に強いとか収量が多くなると言うわけではないそうです。
でも、かがまずに作業できるという事で、かがむ作業がしんどい高齢者でも作業ができるところがメリットじゃないかと言われていました。

まだ研究段階でデータを継続して取得している感じでした。

地元にこんなにおもしろいところがあるなんて行ってみるもんだと思いました。

おしまい。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村