リラックスとテンション♪

「お茶を淹れるときの環境を楽しくしたい!」
と個人的に思ってよくやっているのは、音楽を流すこと。

で、今回は、ロックバンドのbloodthirsty butchersのアルバム「荒野ニオケル」を掛けながら、やってみました。
普段はthe pillowsが圧倒的に多いのですが、新鮮さが欲しくて。
このアルバムは、なんというか圧力があります。
夜なので、iPod touchに付いてきたイヤホン「Apple EarPods」も初めて使ってみました。

これ聞いていると、何となく気分はノイジー。
器も、あれこれ、普段とは違う組み合わせを試そう。
お茶も初めて淹れるものにしよう。
お茶請けも、緑茶に合わせないだろう、チョイ変な選択。

お茶の量は、いつもはムジカのティーメジャーでやるところを、京都市内の日本茶屋さんで見つけた茶壺の形の匙を用意する。
袋から一旦、お茶を別の入れ物に移す。
そこから、お茶を急須に目分量で入れる。

湯飲みは、三つ用意したから、3回、湯冷ましして、一煎目を淹れる。
二煎目は、2回、湯冷まし。
三煎目は、1回、湯冷まし。

ということをやって、こんな感じ。
09 - 1

お茶は、中村藤吉本店の煎茶「藤吉」。
名前から、看板商品と思われます。
京都府相楽郡南山城村の童仙房のお茶と書いてあり、何度も行ってる地区だから親近感が沸いて、購入したんです。

お茶請けは、二種類。
前回のお茶の歴史講座で寄ったマルサワ(澤井醤油)さんのラスク。
大阪のデーツ専門店PALMYRA(パルミラ)のハグム(ナッツミックス)。

さて、やってみての感想。
僕のお茶のイメージは、リラックスよりテンション高めなことが多いような気がしました。

明日は、宇治です。お茶の歴史講座に参加します。
前振りという事で。

おしまい。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村