ワインボトル型の水出し茶ボトルの使用後のメモ(備忘録)

まだ梅雨が明けていませんが、暑い日が多くなってきました。
日本茶屋さんでよく見かけるワインボトル型の水出し茶ボトル(ハリオのフィルターインボトル)のメモです。
購入前の参考に。
購入後の注意点。
と、いった感じ…

説明書をどっかやってしまって、久々に使うと失敗した~(^^;;ということが先日ありました。
同じ失敗をしたくないので、反省を踏まえて、写真にとって解説を付けることにしました。

ワインボトル型の水出し茶ボトルというのは、こんなのです。(2013-8-17、袋布向春園本店にて)

08 - 1

僕が持っているのは、「HARIO FIB-75」の上の部分が紅いの。
お茶に興味を持ったのが紅茶からなので、そういう理由。

内部の茶こし代わりのフィルターを上の部分にセットするのですが、上手くセットしていないとフィルターが内部に落ちてしまうんです。

最初に書いた失敗というのは、フィルターが取れちゃって、お茶を注ぐと茶っ葉も入ってしまうというもの。また同じ失敗すると、残念なことになるので、メモ代わりに写真を撮っておくことにしました。

全部のパーツを分けた状態。

08 - 1

下の方の彫り込み印刷には熱湯用(!?)って書いてあるんですよね。

08 - 1

右側の大きな蓋に相当する部分には、ポッチが一つついています。
内側にフィルターをひっかけるための切り込みがあります。

08 - 1

フィルターの持ち手の部分をポッチの真横(90度)になるようにハメて

08 - 1

ポッチと同じ方向を向くように垂直に、立てます。
これで大きな蓋に引っかかるので、ポッチ持って持ち上げても、大きな蓋は落ちません。
傾いていたり、落ちゃったりしたら、きちんと引っかかっていないですね。

08 - 1

小さな蓋もセットした状態。

08 - 1

これを本体のガラスに、そのままセットすると内部の空気の圧力がかかるので、蓋をはずして本体にセット。

08 - 1

小さな蓋をして、おしまい。

08 - 1

ボトルは深いので、きちんと洗うには、長い柄が付いた水筒用のスポンジがあると便利。

とりあえず、ここまで書いていたら、来年は同じ失敗はしないと思います。
たぶん。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村