紅茶を美味しくいただく為に普段していること

紅茶を飲むときに、心がけていることを書き出しました。
なんとなく共有したら、自分以外の他の人も楽しむことが出来そうな気がしたので。

・ストレートティー
さっぱりスッキリ系のヌワラエリヤなどは、少し茶葉少な目に。
食事やスィーツと一緒なら、多少茶葉を多くして渋めの方が美味しくいただける。
ただし、渋めに淹れて、紅茶より先に食べ物を食べ切ってしまうと、紅茶が飲みづらくなってしまいます。なので、紅茶の量を少なくした方が良いかも知れません。
この系統の紅茶は冷めると、渋みが増える傾向にあるので、暖かい内に飲んだ方が美味しいです。

・ミルクティー
茶葉多めで、コクが出るようにした方が美味しいと思います。
いつもよりミルク多めにすると、意外と美味しいポイントが発見出来るかも。
ミルクティーは冷めても、何故か美味しい。
僕は普段、砂糖を入れないけれど、疲れているときに砂糖を加えていただくと落ち着いて、より美味しく飲める気がします。

・紅茶が濃く入ってしまったとき
ストレートティー向けならお湯を加えて薄める、ミルクティー向けならミルク(牛乳)を多めに加えて砂糖を入れます。
でも濃すぎると、お湯やミルクを足しても、飲みづらい時もあるので、やっぱり淹れる段階の茶葉の量は考えること。

・食べ物の有無
食べ物の有り無しで、美味しい頃合いの茶葉の種類や量が違うので、これでどうかな?と試しながら、自分の好みを探す作業は必要な気がします。

26 - 1

色々書き出してみました。
少しでも、紅茶を美味しくいただけるヒントになったなら嬉しいです。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村