お茶って何だろう?

自分にとってお茶は、誰かと一緒に飲まないとホント楽しくないなぁと思う飲み物。

自分が淹れたなら、このお菓子用意したから、この種類のお茶にしよう、茶葉の量はこのくらい、コップはいつも使ってるこれかなぁ、でも作家さん同じのが揃ってて良いなぁ。

この人は量を少な目に濃さも薄め、この人は少し濃く、自分用は一番濃いめに。

そういうことのできる飲み物。

なんだかお茶のこと、他人の話を見聞きしたときに、違う印象を受けちゃって。

色々あるのがお茶の世界と言えば、そうなんだろうけれど。
他人事にすればあきらめられるんだろうけれど、あきらめたくないよなぁ。

そんな気分で。

だから、こんな文章書いちゃった。

僕は、基本、目の前にあるお茶を楽しく美味しくいただきたい、できれば何人かで。

お菓子を先に決めるんじゃなくて、お茶を軸にしても同じ。

…と、書いてはみたものの気張りすぎ。

ゆるゆるとぬるめのお湯で煎茶飲もうかな…
気持ちをユルめてくれるのも、お茶の良いところ。

どっか良いとこないかなぁ?と探さないと見つからないかも知れないほど、お茶は繊細なのかも。

28 - 1
ベルガモット緑茶で、緩々〜リラックス、リラックス♪

まずは一服、そっから始めよっと。