お茶が好きだからと言って、飲み過ぎには注意!

今回は何事もほどほどに、というお話。

必要以上に食べたり飲んだりすることを暴飲暴食と言います。
暴飲暴食は避けるように言われます。
体調を崩したり、そうでなくても苦しい思いをしたりしますから。

実は、お茶好きさんにも当てはまることがあります。
お茶を飲み過ぎると、お酒を呑み過ぎた時のように酔っぱらって、気分が悪くなることがあるんです。
個人差があるので、飲む量について一概に言えないのですけど。

僕がお茶で初めて気分が悪くなった体験を書きます。

お店で、香味のしっかりした上等の紅茶を飲んだんです。
濃ゆくなっているのにも関わらず、ミルクを加えずに飲みきりました。

お店を後にして、電車で帰る途中で、なんだかフラフラして気分が悪いなぁ、ということがありました。

紅茶専門店のスタッフさんに、この体験を話したら、「お茶酔い」という言葉を教えてもらいました。
お茶で酔っぱらうと言うのをはじめて知りました!!

この状態は辛いので、同じような気分になる前に、牛乳を飲んだり、水を多めに飲んだり、お菓子を多めに食べたり、そもそもお茶を飲みすぎないように注意したりするようになりました。

また、身を持って知ったことですが、どうやら新茶とか比較的高価なお茶をがぶがぶ飲み過ぎちゃうと、お茶酔いになりやすいみたいです。ちなみに単純な水分の取り過ぎなら、お茶を飲むのをやめて、2時間程度で苦しさがなくなりますが、お茶酔いなら、もっと長引きます。

念のために書くと、お茶酔いのなり易さは個人差が大きいようです。
お茶をどれだけ飲んでも、お茶酔いしない人もいらっしゃいますから。

お茶を飲んで気分が悪くなりそうだな、というときはムリしないで飲むのをやめましょう。

楽しいティータイムを過ごすために、お茶酔いの保険というか、予防というか、お菓子を先に食べておくと良いです。

…と書いたものの、お菓子、食べ過ぎたりしないで下さいね。

03 - 1
みたらし団子、一回分のお茶の時間としては食べ過ぎ…だと思う。

暴飲暴食は避けて、楽しいティータイムをお過ごし下さい(^^;;

おしまい。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村