夜のまちあるき、かつての花街、宗右衛門町。(観光家・陸奥賢と大阪ゲニウス・ロキを探るVol.04)

「陸奥さん、あやしいな」(by 中川さん)
「あやしいでしょ」(by 陸奥さん)
主催者どうしの忌憚のない掛け合いで…
(陸奥さんのマントと帽子の格好を評したもの)

夜19時。スタンダードブックストア心斎橋に集合しました。
1時間半ほどのまちあるき。
今回は、宗右衛門町近辺でした。

ef65dce7-923d-42ef-b751-e16ee15142e9

今はなかなか騒がしいディープなところですが、明治時代の昔は有名な花街だったそうで。

古い地図を見ながら、要所要所で陸奥賢(むつさとし)さんの案内で、まちあるき。
撮った写真でGoogleフォトで作ったストーリーは、別途見てもらうことにして…

何というか知らなかったとは言え、花街というのは高級料亭や老舗お茶屋(芸妓さんとかと遊ぶ場所)で。
芸妓さんに、芸を教えたり、絵や詩を教えたりする場所でもあったんだそうな。
なんというか、平安時代とかだと思うんだけれど、そのころの貴族が社会的な関係を円滑に勧めるための基礎素養だったと思われる漢詩や和歌、絵などが、明治時代は花街がその役割の一部(もしかしたら大部分?)だったなんて。

でも、その花街は太平洋戦争で空襲で、多くの芝居小屋は焼けてしまい無くなります。
昔の地図どおりのお店はほとんどなかった。

でも、地名には由来が残っているものもあり。
太左衛門橋は、芝居好きな太左衛門さんが、自分の家から川向こうにある芝居小屋へ行くのに、近くに橋がなくて難儀したので、自分の家と芝居小屋を繋ぐために作ったんだとか…
なんとも、イラチな人やったんかなぁ。

堺筋の安井道頓さんの碑まで歩いて、少し北に行って、三津寺筋を帰るルート。

わらわらと総勢15,16名くらいで出発地点のスタンダードさんに戻って。カフェで、陸奥さんとスタンダードブックストアの中川さんのトーク。

3回目にも参加していたのですが、知らなかった!(聞き漏らしてた…?)

そもそも、この企画、このところ中川さんが福岡の久留米とか、鳥取とか、愛媛の松山とか地方都市を行くことが多くなって。

「(地方都市の)みんな、自分ところの街愛してるよなぁ。じゃぁ、自分は大阪のこと、どうやろ?
あんまり知らんなぁ。
自分の店の周りのことも、あんまり知らんから、まちあるきやろう!」(by 中川さん)

ということで、陸奥さんと相談して始まったんだそうな。

ふむふむ、中川さんの個人的な動機から、みんなが参加できるイベントになってるところが面白いなぁ!

希望したので、カレーとドリンクのセット(1000円)を頂きました。
カレーおいしかったです。写真なくてスミマセン。
阿倍野のスタンダードさんにも行くんですけれど、フードメニュー店舗によって違うんですよね。最近やっと気付きました。

ま、そんなわけで、まとめとかんと、自分でも忘れるし、少しでも思い出すキッカケに。
大阪にも関心を少しでも持ってほしいので、サラッと書きました。

ところで、宗右衛門町って、添え物(そえもん)の当て字ではないやろうな。
でも、方言は音の響きにえぇ味がありますねぇ。

念の為、フル名称とリンク。

【TRAVEL】11/30 19:00 STANDARD BOOKSTORE traveler presents 『観光家・陸奥賢と大阪ゲニウス・ロキを探るVol.04』

に参加しました。

おしまい。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村