複数人でのお茶の注ぎ方。詳説?小節♪廻し注ぎ!!

日本茶を飲むとき、専門店とか、試飲とか、講座や講義だったりすると、小さなお茶碗を使うことがあります。

こんな感じで。

ae21373f-249c-4b56-9147-3478fcb20974

横手もちの急須は、およそ男性の握り拳、一個分くらいの大きさ。
お茶碗が小さいことがわかると思います。

廻し注ぎ(まわしつぎ)と言って、同じ量、同じ濃さのお茶を均等にいれる方法を紹介します。
(昨日、参加したお茶のイベントからインスパイアされた内容…。少量ずつ注ぐというのが、量を説明に加えないと、伝わらないというのに気付いて、今朝記事を作ってます!(^^)!)

f76c1c62-9f3e-4d3f-985d-bd3408c0af8d

最終的に、お茶碗の口の部分までの高さの8割程度まで、お茶を注ぎます。

左から、お茶碗に4分の一くらいの高さ(口までの高さで言うと、5分の一)まで、注いでいきます。
1,2,3と。

9650af81-1bda-4faf-a699-96813d531617

次は、右から、お茶碗に2分の一くらいの高さまで、3,2,1と注いぎます。
そして…
左から、お茶碗に4分の3くらいの高さまで、1

e4671d2f-38ab-4266-8b46-2c9ee87db67d

2,3と。後は同じで…
3,2,1と。

adaf0d1d-5ebc-418d-9200-4567bc97fece

出来上がり!
同じ量、同じ濃さの三つのお茶が入りました♪

2度、3度やってみると簡単に覚えられると思うので、複数の人でお茶を飲むときは、ぜひやってみて下さいね!

では、また〜



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村