いれ方と好み、どっちが楽?

ふと、思ったことがあります。

たぶん、お茶を飲む習慣を身につけるとしたら、いれ方をしっかり学ぼうとするより、好みのお茶を見つける方が簡単じゃないかって。

というのも、実家での話。

ある時、突然に
「玄米茶を飲みたいから、なんか適当なん選んできてっ!」
という指令が実家の母からありました。

それで、複数のお店の玄米茶を選んで、確か三つくらい実家に持って行きました。

次の週。
「これが美味しかったから、今度からこれを買ってきてっ!」
という指令が。。。(笑)

実家での玄米茶のいれ方は、通常の日本茶インストラクターの常識からいったら、相当眉をひそめるいれ方(苦笑)。(ここにその方法を詳しく書いてます。)
筆者が日本茶インストラクターになる前からで、実家では、これで、生活の中にお茶(玄米茶)が溶け込むようになりました。
なので、まぁええよなって思ってます。

玄米茶を選んでくるように言われてから、もうたぶん5,6年は経ったと思います。

先日、実家の父と電話してると、
父「あ、そうそう。あれ、もうないぞ。」
私「あれって、玄米茶?」
父「おう、あと一袋」
っていう会話があったりして。
大阪市内でないと入手しにくいので買って帰りました。

あ、すんません。
本題に戻すと、いれ方をしっかり学ぶより、たぶん好みのお茶を見つける方が楽だという実例のご紹介でした!

IMG_6935.JPG
なんとなく実家をイメージして、この設え。

ここから宣伝なのですけど、今、種ノ箱では、飲み比べを中心にゆるいセミナーっぽい会をやってます。
よかったら、のぞいてみてくださいね〜!

では〜



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村