一つ、二つ、三つ、たくさん

前回は、飲む時に使う器の大きさ話を書きました。
言い方を変えると、一杯分をどのくらいの区切りで飲むかという話。

一杯だけで十分という時もあります。
また、時間に余裕があるしもっとゆっくりしたいというときもあるから、もっと飲みたいもあるんじゃないかと思います。

一杯分の準備と二杯分準備と三杯以上の準備は違うから、たぶんお茶を淹れる前に、どういう準備をしようというのが変わってきます。

何杯飲む分からない時は、ややこしくなるから、何煎も飲める煎の効くお茶を初めから選んでおくというのも一つの方法だと思います。

半発酵茶は、煎が効くことが多いので、そういうときに選んでます。

ご参考までに(^^)

では、また〜



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

サイズを変えてみたら…

お茶を飲むとき、どんな器でお茶を飲みますか?

手のひらより、大きいのですか?
小さいのですか?
同じくらいというのもありそうですね。。

器の大小で、お茶が入る量が変わります。

いつも使っている湯飲みとかコップを、小さいのや大きいの、サイズを変えるだけでも、感じ方が違って、満足感も変わったりします。

さて、日本茶専門店で、小さな湯飲みを見かけられたことがあるでしょうか?

高級な緑茶になるほど、小さな器で少量、濃い目のお茶を戴きます。
小さな器で頂くから、ほんのちょっと喉を潤すだけ。

それでも、ちょっとずつお茶を、舌の上で転がすように、味や香りや風味を楽しむ飲み方をすれば、味わいが深くなり、満足度が少し上がるような気がします。

ということは、大きな器で飲むときの飲み方と、小さな器で飲むときの飲み方が違うのかも。

大きな器だとグビグビ、小さな器だとチョビチョビ。
たぶん、そんな飲み方、お茶マニアになる前はしてなかった飲み方を今ならしてるような気がします。

今回は小さな器中心で書いてみました。
頭の中で、なぜか大き目のマグでチャイが飲みたいなぁ、早く涼しい季節にならんかなぁとか思ってます。

湯飲みとかコップの大きさを変えるというのは、ちょっとしたことなんだけど、意外に面白い要素が含まれているのかも知れませんね~

では、またー



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

適度なサイズ

そろそろ、種ノ箱は一年になろうとしています。
畳の部屋は、ほのかな香りが豊かだなぁと、ちょいと早起きして水出し番茶を仕掛けてると、そんなことを思いました。

さて、品種茶というのは、同じ特性をもった茶の木というのは、ここらで書いたと思います。
品種が同じでも味が違うというのは、どこが違うんでしょうか?

たぶん、土、気候、肥料のタイミング、生葉の摘み取りのタイミング、製茶の加工のやり方、乾燥具合、いれ方かな?と思います。

じゃあ品種の味、どういう特性があるかを知るには、どうしたらよいでしょうか?

思いつく答えを書き出してみると、

  • 同じ品種のお茶の産地ちがい
  • 生産者ちがい
  • 一番茶(だいたい初夏、ほぼ春)と二番茶(だいたい初夏の次、ほぼ夏)ちがい
  • 深蒸し茶にするか、普通蒸しの緑茶にするかなどの加工方法ちがい
  • 緑茶、半発酵茶(烏龍茶)、紅茶(強発酵茶)などの発酵度ちがい

かな。

あげてみると色々と比較の内容が変わることが、なんとなくわかると思います。

でも、これ全部をいっぺんに楽しみながらやるのは、ちょっと大変なんですよね。

お茶を同じ品種でそろえて、ちがい別に数を用意すること。
数がありすぎると、いれる道具も数が必要だし、いっぺんに飲んでも、よくわからなくなってしまうこと。
飲み過ぎたら、お腹が茶腹と言って、お茶で満タンになって、しんどくなってしまうこと。

みなみさやかを楽しむ茶会の準備。それ以外も楽しむ予定。

だから、当たり前かも知れないけれど、適度なサイズが大切かなぁと思います。

と、そんなことを思いました。

細かいことをふわふわと最近書き出してます。
では、また〜

なにが、ちがうかな?

前回の「お茶を淹れる」では、味を調節して注ぐようになるには、練習がいると思うと書きました。

あくまで自分がやったことは、たぶん比較して違いを探したんだと思います。

同じお茶でも、前回と味や香りが違うな。
どういうところを変えた?
お湯の温度?、注ぐまでの時間?、お茶の葉っぱの量?、お湯の量?、使ってる急須?、湯飲みやコップの形状、注いでから飲むまでの時間?、などなど。

書き出してみたものの、最初は一種類のお茶しか手元にありませんでした。
紅茶でした。
お湯の温度はグツグツの100℃ぐらい。
使ってるのはティーマグ。

そうなると、味や香りが変わるのは、ほとんどお茶の葉っぱの量のような気がします。。
自分の好みのお茶っ葉の量は、どれくらいだろう。
増やしたり減らしたり。
ミルクティーにするのが好きだったので、ミルクの量も自分好みを探しました。

そんなことをやって、自分が好む味を探していったような気がします。

なので、ちょっとした着眼点が、美味しく飲むキッカケになるのかも。

この話がヒントにして、自分のお家で出来そうな工夫をやってみてください。
意外にいつもより美味しくいただけるかも知れません。

そうなったら、うれしいですね。
なんとなく希望を持ってもらえたらいいなぁと思います。

今回は、この辺で。
では、また~!

お茶を淹れる

「お茶を淹れる」と書いたりします。
あんまり使わない漢字の「淹」が使われています。
味を調整して、注ぐという意味。

さて、味を調整できるようになるのは、これは薄いかな?濃いかな?、
渋いかな?あまいかな?、
香り良いかな、香り少ないかな?、
そういう事が、ある程度自分の中で基準が持てるくらい、経験する必要があります。

なので、自分好みとか、お茶を飲まれる相手の好みに合わせて、お茶の味を調整できるようになってはじめて、「淹れる」が使えるんだと思います。

淹れれるようになる、なんだか修行みたいです。
それでも、美味しく頂くための練習と思えば、割に合ってる話かな、とも思います。

ところで難しく考えなくても、お茶を注いで飲むことはできます。
お菓子の力も借りれば、少々お茶が失敗しても、美味しく頂くこともできたりします。
なので、楽しく美味しく飲める方法を少しでもお伝えできればなぁと、思ってます。

ふらふらした内容になっちゃいましたが、今回は、この辺で。

では、またー

まぁ、お茶でもどうぞ。

たくさんのお茶があっても、基本は「まぁ、どうぞ」みたいに思ってます。
なんだろ、なんとなく一緒に時間が少しだけど共有できて、良かったみたいな。

そのあとくらいから、こんなお茶もあるよ、あんなお茶もあるよと言いたくなるわけですが(^^;)

みんなが好きなお茶じゃなくても、この組合せなら美味しくない?と尋ねてみたかったり。

ちらし寿司と阿波晩茶

ところで土地によって、お水の味が違うから、同じお茶でも味が変わるそうです!

それはそれで、なんか面白いですよね。
同じお茶でも、違うってとこが。

人間の舌の味覚のセンサーも、人によって位置が変わるらしいです。
だから、たぶん同じお茶を飲んでても、違う受け取り方をしてるのかも。

それでも、同じお茶をみんなで一緒に飲む時間があるといいなぁと思ってます。

なんとなく、ふわふわしたこと書いてみました。

次くらいは、ちょっとお茶を淹れるについて、なにか書いてみたいと思います。

では、またー

食事時のお茶とくつろぎのお茶

お茶を選ぶときにはライフシーンに合わせてたらどうかな?と、「ライフシーンで似合うお茶を選ぶといいのかも」に少し前に書きました。

自分も、母も、よく飲むお茶は食事時に飲むお茶だなと気づいて。
パン食が日常の方は紅茶だったりコーヒーだったり、ご飯食が多い人は何となく緑茶のイメージがします。

色んなお茶を持っているけれど、気分を変えたいとか、落ち着きたい一息つきたいくつろぎのお茶と、食事時のお茶は違うなぁと、そんなことを思いました。

たぶん、自分にとっては、ケーキと紅茶はくつろぎのお茶の傾向が多そうです。

皆さんは、いかがでしょうか。

いろいろとお茶の話題をこのブログでは書いてます。
少しでもお茶を楽しむヒントになれば、うれしいです。

では、また~

紅茶向きの品種があるんです!

一つのお茶の木から、緑茶も紅茶も半発酵茶(烏龍茶)も作ることができます。
あくまで作ることができる、であって、向き不向きはあるようで、品種は緑茶向き、紅茶向きと言われたりします。

今のところ、日本では半発酵茶が少ないからか、半発酵茶向きという記述は見かけたことがないです。

さて、日本の紅茶向き品種には、「べに○○」と付けられるそうです。
たぶん、「べにふうき」をご存じの方はいらっしゃるのではないかと思います。
「べにひかり」、「べにほまれ」、「べにたちわせ」、これらは紅茶向きと言われます。
というか、この三つは紅茶で加工された物しか飲んだことがないです。

日本で一番栽培されている品種の「やぶきた」は、緑茶でも紅茶でも飲んだことがあるんですけれど。

品種でなにが変わるかというと、味や香りが変わります!

日本で作られた紅茶、和紅茶とか国産紅茶という名前で見かけることが増えてきています。
緑茶より、品種の名前が書いてあることが多いように思います。
品種に注目して、入手したり飲んだりして味や香りを楽しむのも、お茶の楽しみ方の一つだと思います。
「わたしは、やっぱり△△(お好きな品種名で)が好みやわ〜」を頭の中とか、心の中で呟いてみてください〜

IMG_2101.JPG

それでは楽しくおいしいお茶ライフを〜
では、またー!

ライフシーンで似合うお茶を選ぶといいのかも

「これからは、お茶を淹れてみようかな!」
と思って、実はたくさんの種類があるお茶の中から、一つを選ぶコツ。
それはたぶん、「自分がやってみてもいいかな?」と思えるものじゃないでしょうか。

自分自身は、たぶんなんとなくミルクティーが好きなんだろうな、と思ってました。
いくつかペットボトルの紅茶とか、ケーキ屋さんで紅茶を飲んだ時とかの経験から。

ちょっと前に実家でお茶を毎週一回淹れていた話を書きましたけれど、ほぼ違うお茶を毎回という感じで淹れていました。
なので、結果的にたくさんの種類のお茶を家族は飲んでいたわけです。

それにも拘らず、母が「自分で作って(淹れて)みようかな!、飲みたいわー」と思ったのは、実家ではほぼ淹れていなかった玄米茶

91972554-6cfb-446d-9c31-8ab17ec31c15
妹の差し入れのひよこと玄米茶。そうめんが奥。

なので、自分で淹れて飲もうかなというのは、毎日飽きがこない自分でやっても失敗がないおいしいお茶じゃないかな、、と思いました。

お茶を毎日飲む皆さん、いかがですか?
どういう感じで選ばれたんでしょう?

ちなみに、筆者は堂島ブレックファーストをほぼ毎朝飲みます(^^)

98236b00-5b2f-4b26-9338-7eafc3cfeb5d

お茶を楽しく飲む人が増えると嬉しいです。

では、また~