お茶を淹れる

「お茶を淹れる」と書いたりします。
あんまり使わない漢字の「淹」が使われています。
味を調整して、注ぐという意味。

さて、味を調整できるようになるのは、これは薄いかな?濃いかな?、
渋いかな?あまいかな?、
香り良いかな、香り少ないかな?、
そういう事が、ある程度自分の中で基準が持てるくらい、経験する必要があります。

なので、自分好みとか、お茶を飲まれる相手の好みに合わせて、お茶の味を調整できるようになってはじめて、「淹れる」が使えるんだと思います。

淹れれるようになる、なんだか修行みたいです。
それでも、美味しく頂くための練習と思えば、割に合ってる話かな、とも思います。

ところで難しく考えなくても、お茶を注いで飲むことはできます。
お菓子の力も借りれば、少々お茶が失敗しても、美味しく頂くこともできたりします。
なので、楽しく美味しく飲める方法を少しでもお伝えできればなぁと、思ってます。

ふらふらした内容になっちゃいましたが、今回は、この辺で。

では、またー

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村