続関心⇄楽しむ(機会に恵まれる)

前回の「関心⇄楽しむ(受け身。主体的。)」は、受け身か主体的かの違いじゃないかな?ということを書きました。

じゃあ、関心から楽しむに変わるまでに、どういうことがいるのかな?というのを考えました。
自分がお茶を楽しむまで至る過程を思い出して。

そうすると、意外というか当たり前かもしれないけれど、機会に恵まれるというのが大切だな、と。

何かに関心が向いても、それを広げるとか、伸ばすとか、深めるとか、そういった機会がないと、なかなかしんどい。
機会に恵まれなければ、関心を保って楽しむに行きつくのは難しそう。

IMG_8352.JPG

昨日、国産の半発酵茶でも珍しい製法の白茶を飲みました。
実は、以前にも白茶を入手して飲んだのですけれど、どうも美味しく入らなくて、残念で。

IMG_8353.JPG

そういうこともありつつ、お店(種ノ箱)のプライベート茶会の中でお客様に白茶を選んでいただいて、淹れることになり、どんな風に淹れるんですか?とお客様に尋ねつつ。
お客様の方が中国茶に詳しいから。白茶は中国茶の製法の一種。

IMG_8354.JPG

そしたら、美味しくはいったんですよね!
みんなで、美味しいね!と言いながら飲むお茶はええもんです。

こういう機会がないと、白茶の楽しみ方も知らなかったかも。。

そんなことを考えたのでした。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村