茶摘みと、紅茶工場見学と、かぶせ茶と、ぼた餅!

お茶のことを知るといっても、いれ方だったり、種類だったり、お菓子との相性だったり。
今回書きたいのは、お茶の作り方。

紅茶は、どうやって作るんだろう?というところを、体験する機会に恵まれたので、参加してきました。

とはいっても、ほんの少し。
茶摘みと、紅茶工場の見学、かぶせ茶のいれ方のポイント伝授。

伺ったところは、宇治茶の産地の一つ、京都府相楽郡南山城村。
京都府下で唯一の村です。

お茶の木は、畑に苗を植えても、すぐに収穫できるわけではありません。
通常植えてから、3年は収穫できないそうな。
いったところの畑は8年だそうです。

お茶にもお米と同じで品種があって、品種により味や香りが違います。
今回摘ませてもらったのは、べにふうきという品種で、あまい香りのする茶畑でした。

5abfbfc9-0001-40a0-bb8a-c3ab706ea483

お茶の葉っぱの中に小さな緑色の虫がいるのが、わかりますか?
ウンカという虫で、お茶の葉っぱの汁を吸います。

そうすると、緑茶にすると苦くなってよくないそうなのですけれど、紅茶だとより甘い蜜のような香りになるので、よいそうな。

しっかり茶摘みをした後、カレーをいただいて、紅茶工場を見学させていただきました。
紅茶を作る工程と使う機械の話。

IMG_8059.JPG

居残って、いろいろ疑問に答えていただいたので、工程を切り替えるときの見極めポイントも教えていただきました。

IMG_8069.JPG

さて、本当は、紅茶のいれ方も伺うはずだったのですが、居残りで質問していたので、遅れてしまい、かぶせ茶のいれ方からの参加になってしまいました。

IMG_8070.JPG

ぼた餅、おいしかったです!

JRで大阪に帰るときに、参加者の方数名と、初対面だけど同じだったので話が弾み、いろいろお話をしました。その中でも、
「手摘みと機械摘みで、どっちがよいかがハッキリわかりました!」
とおっしゃられていたのが、印象的でした。

そんなこんなのあった一日。
結構、夏の茶摘みで体力勝負なところがありました。

関西だったら、比較的近いお茶の産地。
機会があったら、茶摘みの体験、参加されてみてはいかがでしょうか?

それでは、また~

保存