間にあるのがお茶だと思う

誰かと誰かが近くに座ってる。
その間に微妙な空気が漂ってる。

お茶を置いて口を付けたら、少し落ちついて、さあどうしようと、そんな気分が流れ始めたら締めたもん。
大したことでなくても、そういうお茶の使い方がええなぁと思っとります。

特別な烏龍茶を作ってる時に、みんなで飲んだお茶。(2013.7.6、静岡、某所にて)

希少だとか美味しいより、雰囲気を変えてくれるとこを使える方が使い出があるんちゃう?って。

言葉をつないで場を作ってゆく方法もひとつ。
お茶で間をとるのもひとつにしてもらえるとええなぁ。

あったかいお茶がおいしい季節。
ほっと一息、ゆるい時間を誰かと!(^^)!

空白を作ってゆるむのって意外と可能性あるのでは…
と、ふわふわ書いてみました。

では、また。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村