いちどきり

ドキッとする。
小さな茶碗を布巾で拭っていて、手が滑ったとき。

一度しかない、最初と言うとき。
茶袋を開けたときの初めての新鮮な香り。

どきり、とする。
お茶の色が薄い。長めの抽出時間にしたつもりなのに。

いちどきり、いちごいちえ、一期一会。
一回しかないことかも知れない、幸運または不幸。

ま、時間は一方通行ということで。

いりたてほうじ茶は、おんなじのは難しい。いちどきり

いち・どきり
いちど・きり

どっちともとれることば。

ちょっとたのしく、ちょっとかなしい。
おもいつくまま、ならべた言葉。

お茶の世界を表す言葉らしいけれど、自分の感覚。

では、また〜

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

これ、いれて!

降って湧いたような状況で、
「あなたなら、どうする!?」
みたいな、ちょっとわけわからないけど、何かやらないとなんだかなぁという時ないですか?

そういうとき、咄嗟のことで反射的に動く人もあれば、落ち着いて対処する人もいるし、トラブル慣れして野次馬になったり、どうなってるんだろと周りの状況を確認しようとする人もあったり。

なんだか人って、同じところはあるのだけど、一人一人過ごしてきた時間や接してきた人や環境、どう思ったかとかで違うようになるもんじゃないでしょうか。

そいで、いつものお茶のことに目を向けてみると、
お茶を淹れるというのも、淹れる人によって違うお茶になると言われています。

じゃあ、自分がおいしくないなぁと思っているお茶を人に淹れてもらったら、おいしい場合もあったりするかも。(希望的観測ですかね…)

ちょっと、よかったら試してみてくださいな。
「これ、いれて!」
と言ってみるだけです。(お茶の袋とか缶を持って、頼んでみるんです)

去年の奈良の地紅茶サミットで入手した紅茶をお客さんに選んでもらって淹れたお茶。一応「これ、いれて!」に含めてもいいと思う。

ま、言う前に関係性を良くすることはしておかないと、白い目で見られるでしょうけど(^^;;

お茶の時間が増えますように♪

では、また〜

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村