「豆ムジカ」カテゴリーアーカイブ

回転茶こし

紅茶の茶こしというと、回転茶こしを思い浮かべる人が多いような気がします。
写真のように、カップに引っ掛けて使う人が多いようです。
実は、持ち手を持って、カップ中央に持っていってポットから注がれた紅茶をこすのが本当の使い方らしい。
内側の回転部分が動くので、縁に指を添えて注げば良いんです(ムジカのマスター談)。

ムジカでカップに引っ掛けて喫茶で出していたら、ひっかけたまま注ぐ方法が広まったとか。
どんな使い方でも、茶葉がこせたら良いけど、ボコボコや回らない回転茶こしは、ヤだなー。

IMG_1822.JPG
回転茶こし

よかったら、紅茶を茶葉から自分でいれてみませんか。こちらでいれ方紹介してます。

茶漉しを使うのなんて面倒!という方は、ティーバッグの話なんていかがでしょうか。

新しいショップカード

IMG_1814.JPG
新しいショップカードと古いポストカード

大阪市堂島から兵庫県芦屋市に移転したムジカ。
2013年の年末の最後の営業日に訪ねて、新しいショップカードを貰いました。
今年、2014年は本日1月4日かららしいです。

ポットのフタ

なくなってしまった堂島ムジカでの、お話。
紅茶をポットで注文。飲み切ったら、スタッフさんにポットを下げてもらいます。
スタッフさんは、飲み終わったポットを持って行く時に、よくフタをひっくり返していました。
洗わなきゃいけないという印みたい。

相当な常連さん、流れで無意識に自分でフタをひっくり返してました!

IMG_1808.jpg
ポットのフタ

ポットのフタの話、続きがあります。「続ポットのフタ」をどうぞ。

ティーメジャー、紅茶葉の計り

お茶をリーフ、つまり葉っぱから淹れようとする時、計りがあると便利です。
目分量で、同じ重さにするワザを身に付けるには時間がいるでしょう。

ムジカのティーメジャーは、紅茶の葉っぱを計りとるのに便利です。
柄が長く、お椀型のところに角度が付いているので、袋の奥の葉っぱもすくい取りやすいです。

写真の一番下がムジカのティーメジャー。一番上がカップが付いてるかわいいスプーン(銀メッキなので黒ずんだら、銀磨きや銀専用クリーナーでキレイにしましょう!>自分)。
かわいいスプーンは、「株式会社 青芳製作所」製。ページはこちら(形が色々あり、ポットもあります)。

IMG_1804.JPG
スプーンとティーメジャー達

よかったら、ティーメジャーを使ってる様子も含まれる「ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法」はいかがでしょうか。

紅茶缶(ティーキャディー)と徳用350g袋詰め

ムジカティーの紅茶缶(ティーキャディー)は、CTCやBOPFの徳用の350g袋が全部入ります!
でも、BOPやOPの葉っぱが大きな形状のものは入りません。ご注意を。

入らない場合は、封をするなどして湿気ない様に保存すると美味しさを保つことができますよ。
得だからといって、350gの袋を買って、その都度開けて紅茶をいれるより、ティーキャディーを使ったほうが空気に触れる機会が減るので、ティーキャディーを使うことをお勧めします!

IMG_1795.jpg
CTCは全部入る!

紅茶資料室はいかがでしょうか。
写真パネルもどうぞ。