「イベント」タグアーカイブ

TeaMeeting in 種ノ箱(1回目)、開催しました〜!

紅茶の人、やすえさん(TEASPOTさん)に種ノ箱にお越しいただいて、TeaMeeting in 種ノ箱を開催しました!

TeaMeetingは、やすえさんが不定期に開催されている、基本的にいろんな紅茶を飲んで、おしゃべりするというゆったりした企画です。
種ノ箱の店主である筆者は、なんどかTeaMeetingに参加していました。
でも、自分のスペースでTeaMeetingを開催するのは初めて。
今回は、初めてなので、とりあえずおしゃべりはやすえさん、お茶淹れは筆者が担当としました。

さて、いざやってみると、人が着始める時間はみんな、なんとなく同じ時間で。
だから、わっと増えて。
人が増えて集うと、色んな話がでました。
新しい参加者が来られたり、出る方もいたり、そういうタイミングで少し話の流れが変わったりして。

出てきた話のキーワードを書き出してみると、お茶会、まちライブラリー、文化、セクシャリティー、ムジカ、元町ムジカ、ピエロハーバー、イベントの準備や広報、建築、文化財保存、お菓子、スリランカ、ひとくくりにすると北摂など。

淹れた紅茶に一言コメントをつけて紹介すると、
“和紅茶いきましょ”で「月ヶ瀬健康茶園、べにひかり」。
あっ、ふくろ。。。「PARCIC、アールグレイ紅茶」。
飲んだことないんです。「ムジカティー、スペシャリティダージリン、D&DEPARTMENT PROJECT」。
ここらいきましょ「ムジカティー、ヌワラエリヤ」。
現地で買ってきたー「Dilmah、RATNAPURA」。
どっちにする?「ムジカティー、杵築紅茶、べにふうき」。
そろそろブレンド(心の声)「ビューリーズ、ゴールドブレンドティー」。
やっぱ「ムジカティー、ラプサンスーチョン」。
香りに負けないのって?「ムジカティー、プライドオブスリランカ」。

D6BF9439-74A8-4B2A-80B5-8B9065AE79FE.jpg

最後は、さわやか「ムジカティー、杵築紅茶、べにさやか」。

IMG_7486.JPG

ご参加ありがとうございました!!

番外編として、みなさんが帰られたあとに、お皿にあけたお菓子をさらおうと、再び紅茶を、写真のロイヤルミルクティーブレンドを淹れました。
実は、おおっ!と思ったのは、福だるま。
お客様のお菓子の持ち込みだったんですけれど、先日京都市内のお店の前を通ったんです、福だるま、買おうとして買いませんでした。
結果的に、買わなくって正解だったようです(苦笑)。

IMG_7494.JPG

次回のTeaMeeting in 種ノ箱は、夏まっただ中の8月13日(日曜日)の予定です。
詳細が決まったら、お知らせする予定です。
ご都合よろしければ、紅茶を飲みに、おしゃべりしに、そのほかの理由でも、お越しくださいね。

では、これにて!

可笑しな お菓子な お茶の日 Vol.2。2017年6月11日、ひらきます。

中国茶、日本茶、紅茶、とお菓子のコラボ。ちょっとフードも。

ちいさく、しっかり、かっちり、たのしむ。

可笑しな お菓子な お茶の日 Vol.2

週末、日曜日です。

2017年6月11日(日)
可笑的花でお茶とお菓子を広げてピクニック!!

茶会
・清流(10:30-11:30)
釜炒り、清香、お菓子

・コバラ(12:00-12:45, 13:00-13:45)
番茶2種(日本茶)とタルティーヌ

・天の流れ(14:45-15:45)、満員御礼!
日本茶3種、お菓子

・夕焼け(16:30-17:30)
可笑的花と種ノ箱セレクトの夕焼けをイメージしたお茶2種、お菓子

通しチケット 10,000円(清流、コバラ、天の流れ、夕焼け)。
各回 2,800円。

スタンディングCHA
(12:00-16:00、冷茶ワンコイン500円)

お菓子
(10:15-18:00)
定期開催している可笑的花文学部で好評な、お茶菓子担当のjoyaux d’ a ジョワイヨ ダー。
今回のイベントでは、多種多様なお茶と共に定番の焼き菓子や、自家製酵母のカンパーニュで作るタルティーヌなどをご用意させていただきます。

お茶の淹れ手
くどうかずみ(可笑的花)
秋保強(種ノ箱)
水野弘恵(日本茶インストラクター)

会場
salon de thé okashinaohana ~可笑的花~
大阪市中央区玉造2丁目18-1
(http://uxtutori.exblog.jp/i3/)

申し込み、お問い合わせ
Tel&Fax 06-7161-1378
okashinaohana@gmail.com
まれにgmailの返信が届かない場合がございます。
24時間以内に返信がない場合はお電話下さい。

明日は、日本茶新世界!こんなのもやろかな、思ってます!(^^)! (Instagram)

明日は、日本茶新世界!こんなのもやろかな、思ってます!(^^)! \日本茶新世界!(いれ方編)/5/21(日)に開催される「いばらき×立命館デー」。まちライブラリー@OICで、きっと体験したことのない日本茶の世界に触れる「いれ方」を体験できるミニイベントを行います。是非ともご参加ください〜https://www.facebook.com/events/481853435271623/より抜粋。今年3年目を迎える「まちライブラリー@OIC」では、5/21(日)に「いばらき×立命館デー」の開催と合わせて、一箱古本市と本を持ち寄るミニイベントを開催します。 ■■ ミニイベント ■■ 【日本茶新世界!(いれ方編)】時間:13:30-14:30日本茶のエキスパートである日本茶インストラクターが、あなたを日本茶の新しい世界へご案内。カタリスト:秋保 強本のテーマ:日本茶、お茶参加費:500円(お茶とお菓子代)要申し込み:takiho@chaai.info(先着6名) (Instagram)

明日は、日本茶新世界!
こんなのもやろかな、思ってます!(^^)!

\日本茶新世界!(いれ方編)/
5/21(日)に開催される「いばらき×立命館デー」。
まちライブラリー@OICで、きっと体験したことのない日本茶の世界に触れる「いれ方」を体験できるミニイベントを行います。
是非ともご参加ください〜

https://www.facebook.com/events/481853435271623/より抜粋。

今年3年目を迎える「まちライブラリー@OIC」では、5/21(日)に「いばらき×立命館デー」の開催と合わせて、一箱古本市と本を持ち寄るミニイベントを開催します。
■■ ミニイベント ■■
【日本茶新世界!(いれ方編)】
時間:13:30-14:30
日本茶のエキスパートである日本茶インストラクターが、あなたを日本茶の新しい世界へご案内。
カタリスト:秋保 強
本のテーマ:日本茶、お茶
参加費:500円(お茶とお菓子代)
要申し込み:takiho@chaai.info(先着6名)

寄りそう、お茶

自分は色んなところで、ちょっとお茶に期待をかけたりします。

でも、他人はそれほど期待しないんだろうな…と。
人をその場にゆるくつなぎ止めて、しばらくの間おしゃべりを弾ませる。それくらいのゆるい力なのかな。

先週の木金土日と、他人様にお茶を入れました。
お茶がテーマだったり、そうでなかったり。

最近、イベントを企画しててもお茶一辺倒で話し続けないから、途中から参加者の皆さんと色んな話題でおしゃべりになります。

四日間をさらっとふりかえってて、ふと思ったのは、お茶ってメインを張るセンターというタイプではないのかも。
居心地をよくするもの、潤滑油みたいな。
心に吹く爽やかな風とか。
イベント続きの最終日、施設の路地に吹いた風みたいに。

お茶で心にささやかな気持ちいい風を吹かせられたら素敵なことですね。

IMG_6804.JPG

とりあえず、一息。

それでは、また〜

すてきだなと、おもうこと(まちライブラリーブックフェスタにいる中で)

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、借りた本『「暮しの手帖」とわたし 大橋鎭子』を読んでます。

長く、とっても長く続けれらている雑誌の最初の立ち上げのキッカケ、動機、背景が丁寧な言葉で綴られています。
続けていく中で大事にしていること、新しい企画を育ててゆく流れ、とっても面白いです。

読んでいて思ったのは、自分の言葉遣いが他人から影響受けてるし、言葉の選び方だけでも時代性があるなぁ、と。

面白い!、おもしろい!、いけてる!、やばい!、などなどが頭をよぎりました。

最後の「やばい!」なんていうのは、自分じゃ使いません。
在りし日の堂島ムジカでスタッフさんから聞いた話から。
マスターが高校生?か専門学校の人に対して紅茶の講座をしたときに、よい、素敵、とっても感動した!という時に使ってた言葉だと紹介してくれました。

さて、件の本でも、掲載当時の文章や画数の多い難しい漢字がそのままで出てきます。
本から浮かび上がる時代性があるんですよね!

ちょっと話は飛びますけれども、物語する芸術祭in空堀、終了しました。
スタッフなので広報で色んな所にマップ付きパンフレットを置いてもらいに行きました。
その一つが、大阪市の北側にある中崎町、葉ね文庫さん。
マップ付きパンフレットを届けた日は、たまたま雑誌を編集した関東にお住まいの詩人の方が来られるイベント日で。

もったいないから参加したんです。
その時、その場のやり取りの詳細は書きませんが、とってもとっても白熱したイベントになってしまって。
でも、実は一番感じたことは「ここに集まった人たちが発する言葉は、少し貯めがある。」「ことばをとっても大切にする人たちだな」って。

実は、物語する芸術祭in空堀のたぶん一番大きなきっかけは、まちライブラリーブックフェスタ2017in関西で大阪市中央区エリアで、何かエリアを見せる企画をしてもらえないかと打診があったというところから。
だから、自分じゃ違う話をしてるつもりはないんです。

ここらで、まとめに入りたいと思います。

まちライブラリーは、人によっていろんな面を切り取れると思います。
今回のこのブログ記事で表したいのは、まちライブラリーのイベントって、世代間とかジャンルとか興味の違った人たちのやり取りが生まれる場所じゃないかな?というところ。
たぶん、二回目のまちライブラリー@もりのみやキューズモールの植本祭だったと思う。
イベントに参加してくれた小学生高学年の女の子と小さなお子さんのいる女性が一緒の会に参加してました。
自分がお世話人をやってるだいたい新月の会でも、世代が違っていたり。性別も違うことも多いけれど。

僕は、そういうところがとっても面白いし、素敵じゃないかなと思ってます。
本って、そんなに即効性のあるツールじゃないのに、イベントたくさんやってるまちライブラリーブックフェスタってヘンっとも思ってますけれど(笑)

IMG_6721.JPG

ところで、この文章を書くのにかけているBGMは「確かめに行こう」。
3人組のロックバンド、ピロウズのシングルにもなっていない名曲。

僕の記憶だと雑誌に「ピロウズの曲は、辛い人に刺さるんですよね。」という書き方されてたと思ってた。
で、実際に確かめると違ってた(笑)

「心に染みる」とか「心に忍びこむ」とか(Talking Rock!10 OCTOBER 2009 No.016 P.47)
というわけで、まだまだ続くまちライブラリーブックフェスタの中にいる気分を書き表してみました。

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

剣を持ってるライオンのマーク、見たことありませんか?

セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真
セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真

実はこれ、セイロンティーを表すマークなんです。

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、セイロンティーを飲みながら持ち寄った本でおしゃべりするゆる〜〜〜い企画っ!!!

どうぞ、セイロンティーってなんや?という方、お待ちしてしてます!!!
(おしゃべりしたい人、紅茶飲みたい人も絶賛大募集中です!!!!)

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)【まちライブラリーブックフェスタ】
https://www.facebook.com/events/813501268805905/ より

続きを読む 木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

\日本茶新世界!(いれ方編)/ 5/21(日)「いばらき×立命館デー」開催!!

\日本茶新世界!(いれ方編)/ 5/21(日)に開催される「いばらき×立命館デー」。まちライブラリー@OICで、きっと体験したことのない日本茶の世界に触れる「いれ方」を体験できるミニイベントを行います。是非ともご参加ください〜https://www.facebook.com/events/481853435271623/より抜粋。今年3年目を迎える「まちライブラリー@OIC」では、5/21(日)に「いばらき×立命館デー」の開催と合わせて、一箱古本市と本を持ち寄るミニイベントを開催します。 ■■ ミニイベント ■■ 【日本茶新世界!(いれ方編)】時間:13:30-14:30日本茶のエキスパートである日本茶インストラクターが、あなたを日本茶の新しい世界へご案内。カタリスト:秋保 強本のテーマ:日本茶、お茶参加費:500円(お茶とお菓子代)要申し込み:takiho@chaai.info(先着6名) (Instagram)

\日本茶新世界!(いれ方編)/
5/21(日)に開催される「いばらき×立命館デー」。
まちライブラリー@OICで、きっと体験したことのない日本茶の世界に触れる「いれ方」を体験できるミニイベントを行います。
是非ともご参加ください〜

https://www.facebook.com/events/481853435271623/
より抜粋。

今年3年目を迎える「まちライブラリー@OIC」では、5/21(日)に「いばらき×立命館デー」の開催と合わせて、一箱古本市と本を持ち寄るミニイベントを開催します。

■■ ミニイベント ■■
【日本茶新世界!(いれ方編)】時間:13:30-14:30

日本茶のエキスパートである日本茶インストラクターが、あなたを日本茶の新しい世界へご案内。

カタリスト:秋保 強
本のテーマ:日本茶、お茶
参加費:500円(お茶とお菓子代)
要申し込み:takiho@chaai.info(先着6名)

イベント予定(2017-2-5)

ちゃあいブログを書いている秋保のイベント予定です。
大阪市天王寺区空堀町の露地再生複合施設 宰-つかさ-の2階の種ノ箱のイベントを含みます。
フェイスブックページに内容を記載しています。

お申し込みはメールでも承っています。フェイスブックをされていない場合は、 takiho@chaai.info までメールにてお申し込みください。

よろしくお願いします。

お茶と本と、人の縁。

いきなりですが、自分ではハッキリ意識してなかったのですけど、お茶好きと茶道を嗜(たしな)む人は、違うんですね

IMG_3475.JPG

京都市内の古本屋さんで入手した1976年4月1日、初版発行の「緑茶読本」。
帯に、「お茶好きのあなた、茶道を嗜むあなたの座右の書」とあります。

お茶やってます!と自分のことを説明しても、すぐに茶道の方?と誤解されちゃいます。
自分のお茶に対する関心は、美味しいお茶、珍しいお茶、淹れていると楽しくなるお茶です。

さて、先日、自分のスペースの種ノ箱をお休みして、もりのみやキューズモールのお茶のイベント『伊勢茶を楽しむ  ~実は碾茶(抹茶)も三重なんです!~ 』でお茶友達から紹介されたお抹茶の飲み比べイベント「12月講座 お抹茶利き茶会(飲み比べ会)【限定5名様まで】」に参加してきました。

10種類ものお抹茶を2時間という短時間に飲み比べるというなかなか体験することの出来ない企画です。
結論から書くと、めっちゃ楽しかったです。

IMG_3445.JPG
お抹茶の色の違いがわかりますか?
IMG_3451.JPG
並ぶのがこんなに楽しくなるのって。面白かったです。
IMG_3456.JPG
肉眼だとほんの少し色合いが違ったような。飲むと味は、もちろん違うのがわかりましたよ。

個別で書き出してみると、
お抹茶の色が違う、点て易さも違う、旨み渋みも違う。
味わいのバランスも、なかなか違う。
わいわい、がやがや、お茶好き通しの気安さで、各自作業分担なんかもして、進行もめちゃスムーズ。

IMG_3441.JPG
あれ?、初めて行った時もこの看板だったかな?
IMG_3440.JPG
一箱古本市、楽しげでした(*^^*)

それに考えてみると、久々の完全なる休みで開放感がある上に、滅多にないお抹茶のたくさんの種類、ノリの良い進行で、通常の古本屋さんのみつづみ書房に一箱古本市(軒先での開催が発祥。一箱古本市とは?に詳細が書かれてます)がくっついている。
豪勢すぎます。
お茶も、本も楽しみました。
(本をまとめてもらった紙袋が、まあ重たかったです ^^;)

夕方から、本つながりでもあり、京都のスペースつながりでもあるお知り合いが企画されたZineのイベント「ノマドウーファー、ブラジルへ行く(Zine刊行記念!)」に参加しました。
こちらも、濃密で自分が言っていない世界の話を人の体験を通して知る。その内容を本(Zine)にしていてZineを読めばある程度再現できるとはいえ、直接質問が出来るって、「おいしい企画」だなっと。

IMG_3462.JPG
カード立てに「MORI NO COFFEE」と書いてある。

(イベントを企画して、本を手売りするという内容は、アサダワタルさんのスタンダードブックストアでの話「アサダワタルの極つき十三夜」(Vol.01の話だったかは記憶あやしい)を思い出しちゃいました。)

IMG_3460.JPG
はっちのロゴをキレイにかたどったオブジェ。キラキラしてた。

少し早めに到着したので会場の「はちみつとフリーペーパーのお店 はっち」で、フリーペーパーを物色していたら、「この味をずっと忘れない」という文字に出会いました。百(もも)の3号。

ページをめくって目次に目をやると、なんとお抹茶飲み比べの最後にいただいた山本甚次郎さんのしっかりした記事が含まれていました。
めっちゃ得した気分です。

お茶も本も、いろいろ楽しかった一日でした。
いずれにせよ、いろんなつながりや人との縁に感謝です!

[終了] 「日本茶事始め」を開催します!(2016-12-18、日曜)

普段は、なにげなく飲んでいる日本茶。
イベントなどでお客様と日本茶のことをお話していると、意外に基本的な内容が知られていないことに気付きました。

そこで、「日本茶事始め」と銘打って、日本茶といえば、これでしょ!というお茶の基本的な内容に絞ったワークショップを行いたいと思います。

開催日: 2016-12-18(日)
場 所: 種ノ箱(露地再生複合施設 宰-つかさ-、2F)

  • お抹茶編(11:00-12:30)
  • お煎茶編(13:00-14:30)
  • 玉露編(15:00-16:30)

f6a7a426-2c26-4154-bd52-3eb9d4d90b18

内容:

  • お抹茶、お煎茶、玉露とは、どういうものか。
  • どうやってつくるのか
  • 飲み方は?

 

参加費:1000円。
各回とも、先着4名まで。
フェイスブックのメッセージまたは、メール(takiho@chaai.info)にて、ご予約承ります。(フェイスブックのイベントページ)

なお、今後、露地再生複合施設 宰-つかさ-では、宰全体のテナントで月一回を目安にワークショップを行うことを計画中です。
今回は、そのVol.0にあたります。

どうぞ、よろしくお願いします。