「シチュエーション」タグアーカイブ

お茶を知ってもらうキッカケとして

自分のできる範囲でいろんな形のイベントをして、お茶に触れてもらう機会を増やそうとしています。

シチュエーションで選ばれるお茶が違うような気がしているんです。

お茶と言っても種類もあるし、飲む人の好みの合う合わないもあるはずだし、こういう時はこれやろっ!というのもあれば、これはちがうな、、というのも。

だから、ゆったりしたいときのお茶、気分を変えたいときのお茶、すっきりしたいときのお茶、癒されたいときのお茶、誰かと一緒に飲みたいお茶、とにかくおいしいお茶なんかがあるはず。

いろんな時と場合と相手とをひっくるめて、お茶に触れる機会が増えれば、知ってもらえるかと。

そんなことを考えてます。

本日の「緑茶を堪能する日」というイベントで準備も含めて、取り上げたお茶たち。

ざくっとコメント。


普通蒸しの煎茶は宝瓶で淹れるのが良さげ。


深蒸しの煎茶は、網の細かい急須で。


ゆず入りのかりがね煎茶は、すっきりしていて気分を変えてくれる。


青い番茶は、鼻の奥から青い香りが抜けるよう。


釜炒り茶は、お茶っ葉っぱの形状を見るのが楽しい。


煎りたてほうじ茶は、香りが部屋いっぱいに広がる!

すこしでも、お裾分けを感じて貰えばうれしいです。

では、また〜

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

しぶみって、にがて

とあるアンケートで紅茶の苦手なとこ、第一位に渋いことがあげられたそうです。

紅茶のいいイメージは、香りがよい、華やかということでしょうか。

とある老舗紅茶屋のマスターは
「(赤)ワインがいい。紅茶とワインにはタンニンが入っているからね」
とおっしゃられていました。タンニンは渋みの成分ですね。

赤ワインにチーズは、イメージしやすそう。
でも、紅茶にチーズは、イメージしにくいかな。

紅茶だって、渋いのあったり、あまいのあったり、香ばしいのあったり。
何となくシチュエーションにあったのを選べないといいイメージを持ってもらえないような気がします。

沸かしたてのお湯とポットで淹れる紅茶。鍋で軽く煮出した紅茶。
同じ茶っ葉でも渋みは違って、一方はケーキに似合いそうな、もう一方は食事時に似合いそうな。

なんだか、一言で言えない世界だと思うんですよね。

うだうだと書いてますけど、単純にオイシけりゃ、それでいいやん。

とあるクラフトビール屋さんから持ち帰った黒糖スタウトとウインナー。適度な苦味がよかったです。

お茶を淹れる人としては、美味しいと感じてもらえるように出せればよいなぁと思います。

「お茶って、どういう淹れ方してもあまくなるのあるのよ」

お茶をそんなにたくさんの種類を飲んでいないときに聞いて、
<なんじゃ、そりゃー!>
と思ったものです。

よかったら機会があれば、いろんなお茶飲んでみてください。
たぶん、知らなかった面が見えてくると思いますよ。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

なんと、勇者は経験値を5獲得した!

という感じで、お茶の経験値も見えたら楽できるのに。

漢字で、読めるけれど書けないってことありますよね?

同じ様に、お茶飲みの経験とお茶淹れの経験は違います。
お茶飲みの経験は、お茶を美味しく飲むための食べ物の組み合わせやシチュエーションでの使い方を知ること。
お茶淹れの経験は、どうやったら好みの風味をどういう茶器で、お湯の温度で、どんな時間で抽出するかを知ること。

どっちもできると上達は速いような気がします。

で、お茶を美味しく淹れるのにオススメなのは、「これ、いいなっ!!」というのをしばらく固定して淹れ続けること。
お茶っ葉の量や抽出時間を変えて、飲んでみて自分の好みを知る。
緑茶だったらお湯の温度も関わってきます。
続けていると、ここが美味しいポイント!というのが見つかるはず。

で、冒頭の経験値になるんですけれど、見えないんですよね…
経験値見えて、後どんくらいすれば、美味しく淹れられるレベルにアップできるか分かるといいのに。

971252c3-b214-4ee7-abef-1d89921f05e8

今日の写真は、約7年固定のド定番、実家の「いつもの」紅茶(ミルクティー)とあべのの嶋屋のおいもさん。
家族には、美味しいと言って飲んでもらいました(*^^*)

そこをなんとか~お茶を飲む周辺のこと~

お茶を日常的に淹れていない方から「お茶って淹れるの大変だよね?!」と言われることがあります。

淹れ始める前は、僕も同じことを思っていました。
今となっては慣れてしまって、余り苦になりませんが…

じゃぁ、どうやって克服したのか?、今回はソコを書きたいと思います。
題して「そこをなんとか~!」(心の中で「お願いします」)のはじまり~

お茶を淹れる動機

普段は考えたことないです。動機…
何を思って、お茶を飲もうと思うか…と書こうとしたら、まずどういう時かを書いた方がいいことに気が付きました。

朝一番の喉が渇いたとき、食事時の口直し、小腹が好いたときのおやつ時が多いです。
シチュエーションだけ考えたら、お茶でなくても他の飲料でもよい気がしました。

上記の場面で、なぜ、お茶を淹れようとするのか?
その時や食べ物やお茶請けに似合う手持ちのお茶を思い浮かべて、コレなら美味しそう!というのを淹れています。

ということはたぶん動機は、「場面に応じて美味しく感じるお茶を知っているから」になりそうです。

ちょっと困りました

うぅ…、ここで僕の状況が、たぶん一般的な御家庭と違うことに気が付きました。
色々な種類のお茶を手元に置いて、場面に応じて選択するのは、一般家庭では少なそうです。

おそらく、いつものお茶を食事時や、休憩中にいれて、ほっと落ち着くという使い方が多いと思います。
一応、「場面に応じて美味しく感じるお茶を知っているから」になりそうですね。

他にお茶を淹れるときに何をしているか

お茶をしっかり頂こうというとき以外は、淹れるタイミングが多少長くても問題のないお茶を淹れることが多いです。

何かの片手間に、お茶を淹れることもあります。
ミルクティー向きの紅茶をコジーをして保温をしたまま、用事を済ませる。
長く蒸らしていたので、しっかり濃くなる。
でも、加えるミルクの量で調節して、美味しく感じるところまで、ミルクを入れればよいので、よくやっています。

あと、始めから少し茶葉を少な目にして、蒸らし時間が長くても、濃くなりすぎないようにすることもあります。
例えば、ほうじ茶。薄目でも飲める量の茶葉で蒸らして置く。その間に用事をすませて、長めに蒸らしたお茶を器に注ぐ。
茶葉を少な目にしているから、多少長く蒸らしても、美味しく頂ける。

その他には

好きな音楽を流して、気分を良くして、お茶することが多いです。

振り返ると、お茶を飲む場面を日常生活の中に少しずつ溶け込ませて、お茶の時間を長くしてきたんだ、と思いました。

今頃がオススメのお茶の楽しみ方があります。
ちょうど、日差しが強くない、森林が紅葉で色づく景色のよい季節です。
魔法瓶に沸騰したお湯を入れて出掛けて、出先の風景の良いところで、おもむろに魔法瓶を取り出して、お茶を淹れるんです
お茶パックを利用すれば、余り手間をかけずに、景色をごちそうにして、お茶を楽しめますよ。

IMG_3560.jpg
屋外でお茶を楽しむイメージ?画像

まとめ

自分がどういう動機で、どういう場面でお茶を飲んでいるかを振り返ってみました。
読んでいただいた皆さん、どうでしょうか。
どこか当てはまって、取り入れられそうなところがあると良かったのですが。

「そこをなんとか~!」
お茶を淹れて飲む人が増えることを願って、書きました。