「スプーン」タグアーカイブ

つめたい、あつい、時間のからまり

昨日は「冷茶からムジカティー」で日本の色んな冷茶と老舗紅茶屋さんのムジカティーの話を書きました。

さて、お茶をいれるとき、冷たい水を使いますか?それとも、お湯を使いますか?

たいていの人は、
「何を今更、お湯を使うやん!」
と思っているかも。

でも、冷茶(冷たいお茶)の場合は、水出し、氷出し、お湯出しで冷やすといったやり方があります。

abc5427a-8d1c-4927-9fbc-9fc2c42325bb

それぞれ、氷、冷たい水、常温の水、お湯の順にお茶っ葉から味や香りの成分が出てくる時間が変わります。
水の温度が高い方が、水の分子の動きが活発なので、成分が速く出ます。

冷茶総選挙の冷茶のいれ方講座は、参加者さん自身にやっていただくワークショップ。
茶缶からお茶っ葉をスプーンですくって、急須に入れて、氷水の10分抽出をしていただきました。
面白かったのは、湯飲みのお茶の色がいろいろだったこと。
なんででしょうね?

IMG_8455.JPG

淹れ手によってお茶の味が違うというのも、いろんな要素が絡んでそうです。
でも、氷水の10分抽出でも違うんだから、煎茶だったり、紅茶だったりも、なんだか違ってて当たり前という気もしてきました。

ちょっと、細かいことを書いてみましたが、楽しくおいしくお茶を飲みたいですね!

では、また~



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

地元のお茶の勉強会、6月。結果的に和な会に。

地元で月一回、継続している少人数のお茶の勉強会。
何をするかは、前回リクエストを聞いていても、忘れたり、その時になると参加者の気分とか持ってきているお茶の都合で、変わってしまったり。

でも、そんなやり方でもみんながそれぞれ新しいことを学んでいるからか、楽しく続けています。

今回は、つい先日、大阪の中崎町から10分弱のアートギャラリー兼カフェで入手した童仙房在来ほうじ茶から始めました。

e3156021-a9ef-4d5c-ac4a-056cdfe027e2

童仙房は、京都府唯一の村「南山城村」の一番高い地区になります。陶芸家の清水さんが自分で土鍋で煎茶を炒っています。パッケージの文字も清水さんが一つ一つ書いています。奥さんが小さなギャラリーをされてます。
僕は、このほうじ茶は、見つけたら基本的に毎年買ってます。

みたいなことを話しながら、ほうじ茶をいれて。

ちょっと都合で遅れて来られた参加者の方が、お酒を使った上等な近江のカステラを持ってきてくださって、盛り上がり。今回はお菓子が充実してました!

448ab2ac-c501-4536-b067-7938655937a8

「今日、抹茶やりたいんやけど」

「?!、茶筅持ってきてません…。口の広い水筒ありませんか?これくらいの(自分の手で大きさを表現して)。それで、氷と水があれば、冷たいお抹茶できるんですけど」

直前に、給茶スポットのキャンペーンが始まることを見ていたので、それをキッカケにシャカシャカ抹茶ができることを思い出して。

氷をたっぷり、半分以上に入れた状態のガラスのボトルタイプの水筒を用意してもらって、茶こしとスプーンで、抹茶を濾して、濾すのは途中で僕から参加者の方にやってもらって。
濾すのが終わったら、お水をボトルに注ぐ。
ボトルを振るので、お水は8割ぐらいまで。

蓋をしっかり閉めて、シェイク!バシャバシャ。と振ってあげると、泡立ってきて。
ガラスのボトルでやったから、泡立つのが見えてなかなか楽しかったです。

桜の小さいお茶碗に注いで、いただいて。唇に当たるお茶碗の厚みがメッチャ好み!とおっしゃる参加者の方もいらっしゃいました。

fbd33705-7dd9-438b-bf2f-14cf7be16633

e623442d-e95d-4148-8020-fc73077746df

手軽にできていいね!、冷たいお抹茶のむの初めてだけど、こんなやり方でできるなんて知らなかった。というコメントも。

なんだか嬉しいですね。
僕はもう、お茶を淹れるだけじゃ新鮮味がなくなってきていて、昔シャカシャカ抹茶に感動したことがあったなぁ~と遠い記憶になってて、それが目の前で自分じゃない人たちにいいね!と言ってもらえるのは、嬉しいかったです。

最後は、朝宮茶を宝瓶を使って淹れました。
お湯は相当ぬるめ。触ると少し暖かい、お風呂のお湯の温度より少し低いくらいだったかも。
それでも、お茶の水の色を水色(すいしょく)というのですが、それを見ていたら、だいたい味が出たかを判断できるというのを話して、淹れて。

5239b458-d862-4789-a4c4-814c17a6255b

二煎戴いて、終了。

0117b851-6307-4f3f-a5e3-0d5e1385e44d

「今日の感想を…」、一人ずつ振り返って、今日の会の感想をお話しする。

「今日は和な会でしたね。」という感想があって。
「そういえば、そうですね。たまたまですけど。海外の紅茶も持ってきてたんですが、結果的にそうなりました。あと、この三つは隣接してる場所なのもちょっと面白いですね」と僕の感想。

そんな感じで、6月の地元のお茶の勉強会をやったのでした。

199474c3-3bcd-4afc-99a0-e880d6e953b3

では、また。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

実は、知らなかったりする、お抹茶のふるい

一人の分のお茶を準備するのも、大勢のお茶を準備するのも、同じ用で違ったりします。

ここでは、一つ、お抹茶(薄茶)の話を…

7caee688-a282-400f-a35b-8ee6f4cdebd2

写真は、お抹茶のふるい。
下半分が、一人でする場合、茶こしとスプーン。
上が専用のふるい。

一人でする場合だったら、こんな簡単なもので出来るんです。
大勢だったら、専用のふるいを使わないと一度に多くのお抹茶を漉せません。

ところで、なんでふるいをするのかと言えば、ふるいをしないとお抹茶を茶筅で振っても、玉になるから。
玉になってると、苦い塊を口にするので、美味しくないです。
ここは手間を惜しまず、ふるいをします。

こんな感じで。

f9748ab5-35e3-4ef2-82ae-332d63ebf60f

なんとなく、グリーンティーのマネをしたくなって牛乳で割ってみたんですけれど、玉になっちゃいました。

e4bf63c2-c599-41d0-8f78-32abde90243a

あっためたら、ましになりましたが、それでも苦い塊を口にしたので、美味しくなかったです。

売ってるの、どうやってるんでしょうね。
抹茶と砂糖って、原材料かいてたけど。
まぁ、試しなので、気が向いて改良のアイデアが浮かんだら、またやってみたいと思います。

ちなみに、普通に茶筅で振ったら、漉していたらまず玉にならないので、やってみて下さいね!

ではまた。

スープスプーンで煎茶と玉露のエキスを頂きました。茶の形状、色、香りが分かりやすく、量が少ない分、意識せずとも、感覚が澄んでいく感じ。 #お茶の時間 #teatime from Instagram

スープスプーンで煎茶と玉露のエキスを頂きました。茶の形状、色、香りが分かりやすく、量が少ない分、意識せずとも、感覚が澄んでいく感じ。 #お茶の時間 #teatime (from Instagram)

スープスプーン×小皿×茶

「スープスプーンと小皿を使って、緑茶をすする」という頂き方をやってみました。

14 - 5
上のソーダスプーンで、四国産の賞をとった煎茶と大手日本茶屋さんの玉露をスープスプーンに入れました。
14 - 2
お湯が溢れないようにスープスプーンに注ぎます。注ぎ口の細い小さな急須を使いました。
14 - 1
茶が膨らんだら、スープスプーンの端を小皿に触れさせ、スプーンを傾けて、茶のエキスを小皿に移します。
14 - 3
小皿の茶のエキスをすするようにして頂きます。普段は湯呑みやコップで飲むから不思議な感じ。
14 - 4
茶殻もよく見えます。3煎ほど頂きました。

以下の内容からインスパイアされたのかな。

  • 京都吉田山大茶会の喜喜茶さんのお茶席(レンゲ)
  • 京都吉田山大茶会の天竜茶の煎茶器セット(小皿)
  • 日本茶インストラクターや日本茶屋さんがよく使う日本茶鑑定セット(お椀)
  • スープスプーン(意外性)
  • とある春のお茶会

    ぶつぶつ。
    お茶の特集なのに、ペットボトルの広告があるなんて(BRUTUS 2009.7.1号)。
    ぶつぶつ。

     

    一煎目は、低めのお湯で。
    茶葉の入った宝瓶に、お湯をフォークに伝わせて、ゆっくり注ぐ。
    針状の茶葉が、じんわりと膨らんでいく。

    フォークは、神戸の客船コンチェルトの乗船前、モザイクのピーナッツのお店で購入した。
    初期のチャーリーブラウンがプリントされてる。

    IMG_5857.JPG

    全体としては、こんな装いに。
    「春だな。桜の気分♪」

     

    二煎目は、少し高めのお湯で。
    魔法瓶のポットから、焼酎マグに注いで、少しお湯の温度を低くする。
    でも、一煎目より少し高め。

    水色が濃くなった。
    お菓子の餡の甘さとお茶の渋みの具合が心地よい。

    IMG_5858.JPG

    お菓子の端が欠けちゃった…
    「桜の渦が巻いているみたいだ。」

     

    三煎目は、高めのお湯で。
    魔法瓶のポットから、直接宝瓶に注ぐ。
    茶葉が膨らんで、葉っぱの形が見えてる。

    二煎目より短めの時間で、さらっと注ぐ。
    一煎目は右手、二煎目は左手、三煎目は両手と右と左という面倒な淹れ方で遊んだ。

    IMG_5859.JPG

    宝瓶のフタを開けたままで
    「お菓子なくなっちゃったな。葉っぱ開いちゃったな♪」

     

    茶碗が空になった、ごちそうさま。
    おいしかったし、遊べたし、楽しかった。
    やっぱり、他人にお茶淹れて貰うとおいしいなぁ♪と他人に淹れて貰ったつもりで飲む。

    色で器を取り合わせてみたけれど、春らしいかな。
    瓢箪をあしらった茶匙もおいて置いたし。

    IMG_5860.JPG

    ところで、御軸代わりのコースター。
    「今回のお茶会のテーマは、春のスプーン&フォーク♪」

    如何でしたでしょうか?
    お茶会を楽しむのは、「心」。
    そんな気分を表現してみました。

    おしまい。

    濃厚、香りが違う、甘い、おいしいチャイ

    今朝は、水を使わず牛乳だけで、ケニア紅茶「アフリカン・ジョイ」を煮出してチャイにしました。

    手鍋に牛乳を入れて暖めるのですが、牛乳だけだと沸騰したときの膨らみ方が一気に膨れるんですよね。
    これだから、手鍋から吹きこぼれないようにシッカリ鍋の中をみとかないといけない。

    柄の長いアイスティー用のスプーンで、鍋の底に焦げ付かないようにこすりながら、コトコト、ぐるぐる混ぜながら加熱します。
    最初は、さらさら。少しすると滑るようになり、牛乳の厚みからか少し重みを感じるようになります。

    牛乳は、しっかり洗ってもなかなか香りがとりにくいので、茶こしはチャイ専用を用意してます。

    茶こしで、茶葉を濾しとって、マグに。
    砂糖を多めにして、しっかりマドラーで混ぜる。

    IMG_5432.JPG

    濃厚なチャイには、チョコが似合うので、チョコのスポンジケーキ。

    チャイは、濃厚。香りも、ポットの時とは違ってる。砂糖も丁度、甘みをしっかり感じる。
    ケーキを食べて、チャイを飲むと、コクが増すようでますます美味しい。

    そんな感じで、すぐに食べちゃった。

    ごちそうさま!

    カフェでふと、これ、ほしい~!って思うこと、ありませんか?

    大したことじゃないんですけれど、お茶好きだから紅茶系のカフェで、「おぉ、これ、ほしい~!」と思ったもの。

    IMG_5033.JPG
    シュガーポットのスプーンが欲しくなったのです。忘れない内に撮っとこうとして、砂糖が溶け切る前に撮影してた(^^;;

     

    薄いステンレス?の板を曲げて作ったと思われる軽いスプーン。
    売り物ないかなぁって、ざっとみたのですが売ってなさそう。
    こういうの、高くないと思われ、あったらたいてい買ってるような。

    野外とか出先で、お茶を入れるときに、軽い茶道具の方が荷物が重くなくて嬉しいのです。
    使い捨て少なくしたいというのもあったり。

    木で作られたお皿とか、お茶を淹れ始める前には買わなかったものも、軽いからと言う理由で購入。
    色と形状が違う同じ木工作家さんの使ってるけど、結構、写真映りよいし、材質の暖かみとか、陶器のお皿より軽いのが新鮮だったりして、重宝してる。

    お茶を淹れて始めて、生活が豊かになったなぁ~と思う一つかな。

    お茶淹れのプロを目指す人に役立つかも知れないテクニック(静岡梅ヶ島の和紅茶合宿編)

    静岡県静岡市の梅ヶ島、初回に訪れた和紅茶合宿(かなざわゆうさんのページ梅ヶ島の齋藤さんのページ)では、和紅茶と煎茶を淹れました。

    次のミッションに対して、お茶淹れテクニックを駆使しました。

    • 電気ポットで浮いてしまう紅茶の茶葉対策
    • 炊事場で急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっているのを茶殻だけまとめたい
    • えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶を美味しく飲みたい
    • 香りのよい渋みが強めの煎茶を多人数で、美味しく淹れたい

    ざっと、シチュエーションとやったことを御紹介します。

    電気ポットで浮いてしまう紅茶の茶葉対策

    一日目の夕食後、ご歓談タイム&お茶会。
    和紅茶を淹れるため、湯通しして暖めた陶器のポットに、紅茶の茶葉を入れて、電気ポットのボタンを押しました。
    ボコボコと音がして、お湯がポットに入っていくのですが、茶葉が浮いてしまいます。
    茶葉がお湯に浸かってくれないとお茶の美味しい成分が抽出されません。
    こんな困った状況は初めて。

    ふと、対策が思い浮かんだので、スタッフの平野さんにお願いして、柄の長いスプーンを旅館から借りていただきました。
    そのスプーンを使い、中身をゆっくり混ぜて、茶葉がお湯に浸かるようにしました。

    この操作の背景は、ムジカの元スタッフさんの試飲を参考にしました。
    元スタッフさんは、試飲するときはポットのフタを開け、中身をスプーンでゆっくりかき混ぜ、しっかり茶葉が開いていることを確認されていました。
    その情景を覚えていたので、咄嗟に、この操作で対応できると踏んだのです。

    炊事場で急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっているのを茶殻だけまとめたい

    夕食後をした広間を片づけで、炊事場に行きました。
    スタッフさんが困っています。
    話を伺うと、急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっている。茶殻だけをまとめたいが、ネットがない。

    そこで、大きめの急須を茶こし代わりに使いました。
    ボールをゆっくり傾けて、水と茶殻が混じったものを急須に入れ、急須からは、水だけ出す。
    そうすると、茶殻だけを取り出すことが出来ます。
    これも、その場で思いついたことです。

    えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶を美味しく飲みたい

    二日目の、和紅茶を含むテイスティング。
    たくさんの紅茶が並んだのですが、中には、えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶もありました。
    これ、ミルク(牛乳)を入れると美味しそうなんだけど、周りを見回してもミルクがない。
    ミルクが欲しい!と訴えて、梅ヶ島にお住まいがある齋藤さんにお家まで取りに行って頂きました。
    これで、ミルクを加えて、えぐかった紅茶が美味しく頂くことが出来ました。
    後日、このときに、写真家の方と再会したときに、ミルクティーの旨さをこれで知ったと(恨めしそうに?なぜ?)、教えてくれました。

    ミルクが欲しい!と一緒に訴えた青木さんに、上記の話をしたら、「嬉しいこと言ってくれるねぇ~」と喜んでくれました。

    そんな後日談もある、楽しい思い出です。
    斎藤さん、改めて、ありがとうございました!!

    香りのよい渋みが強めの煎茶を多人数で、美味しく淹れたい

    旅館の「くさぎ里」のオーナーさんが栽培されている煎茶は、香りがよく渋みが強めだと踏んでいたのですが、自分が入れる機会がありませんでした。

    そこで、二日目のお昼。梅ヶ島での最後の食事の時に、このお茶を淹れさせてくれっ!と志願して、お茶を淹れました。

    実は、前振りがあります。
    梅ヶ島での二日間、他人が淹れたこの煎茶を飲み、渋いと感じていました。なんか、香りが良さそうなのに、渋みが強く出過ぎている。
    この煎茶が淹れられる度に、急須のフタを開けて、茶殻の状態と香りを確認して、「本当はこの煎茶、こんな味なんだろうか?」と思っていたのです。

    なので、食事の準備で、かつ時間も結構押している中、無理言って、時間を貰って、お茶を淹れました。
    セオリー通り、お湯の温度を下げることに心を砕きました。

    土瓶タイプの大きな急須に、お湯を入れ、第一段階の湯冷ましとする。
    次に、別の同じ土瓶タイプの急須に、最初の急須のお湯を入れ、第二段階の湯冷ましとする。
    最初の急須に、茶葉を多めに入れ、二番目の急須のお湯を入れていく。
    フタを時折開け、茶葉が開くのと、香りを確認しながら、最後はえいっと、回し注ぎをしました。
    確か、茶葉がお湯を吸うので、二煎目も入れた筈。(時間が経っていて正確ではないかも知れない)

    日本茶インストラクターでもあるスタッフの平野さんから、「美味しいです!」と言っていただけましたし、自分で飲んでも、旨みも渋みも香りもいい感じだったので、ドキドキしましたが成功と言って良いと思いました。

    なんで思い出したかというと

    先日、手鍋で煮出した茶殻入りの紅茶を分けるのに、大きな急須で紅茶だけ取り出しました。
    そういえば似たような操作をしたな。梅ヶ島だったっけ?
    他にも色々やった覚えがある。何だったっけ?
    と、記憶をたどってみたら、全部思い出しました。

    「二日間で、何しとってん>自分」というようなお茶淹れテクニックの御紹介でした。

    IMG_0472.JPG
    梅ヶ島温泉郷めぐり「券」、ウメケン。

     

    おしまい。