「ブックフェスタ」タグアーカイブ

すてきだなと、おもうこと(まちライブラリーブックフェスタにいる中で)

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、借りた本『「暮しの手帖」とわたし 大橋鎭子』を読んでます。

長く、とっても長く続けれらている雑誌の最初の立ち上げのキッカケ、動機、背景が丁寧な言葉で綴られています。
続けていく中で大事にしていること、新しい企画を育ててゆく流れ、とっても面白いです。

読んでいて思ったのは、自分の言葉遣いが他人から影響受けてるし、言葉の選び方だけでも時代性があるなぁ、と。

面白い!、おもしろい!、いけてる!、やばい!、などなどが頭をよぎりました。

最後の「やばい!」なんていうのは、自分じゃ使いません。
在りし日の堂島ムジカでスタッフさんから聞いた話から。
マスターが高校生?か専門学校の人に対して紅茶の講座をしたときに、よい、素敵、とっても感動した!という時に使ってた言葉だと紹介してくれました。

さて、件の本でも、掲載当時の文章や画数の多い難しい漢字がそのままで出てきます。
本から浮かび上がる時代性があるんですよね!

ちょっと話は飛びますけれども、物語する芸術祭in空堀、終了しました。
スタッフなので広報で色んな所にマップ付きパンフレットを置いてもらいに行きました。
その一つが、大阪市の北側にある中崎町、葉ね文庫さん。
マップ付きパンフレットを届けた日は、たまたま雑誌を編集した関東にお住まいの詩人の方が来られるイベント日で。

もったいないから参加したんです。
その時、その場のやり取りの詳細は書きませんが、とってもとっても白熱したイベントになってしまって。
でも、実は一番感じたことは「ここに集まった人たちが発する言葉は、少し貯めがある。」「ことばをとっても大切にする人たちだな」って。

実は、物語する芸術祭in空堀のたぶん一番大きなきっかけは、まちライブラリーブックフェスタ2017in関西で大阪市中央区エリアで、何かエリアを見せる企画をしてもらえないかと打診があったというところから。
だから、自分じゃ違う話をしてるつもりはないんです。

ここらで、まとめに入りたいと思います。

まちライブラリーは、人によっていろんな面を切り取れると思います。
今回のこのブログ記事で表したいのは、まちライブラリーのイベントって、世代間とかジャンルとか興味の違った人たちのやり取りが生まれる場所じゃないかな?というところ。
たぶん、二回目のまちライブラリー@もりのみやキューズモールの植本祭だったと思う。
イベントに参加してくれた小学生高学年の女の子と小さなお子さんのいる女性が一緒の会に参加してました。
自分がお世話人をやってるだいたい新月の会でも、世代が違っていたり。性別も違うことも多いけれど。

僕は、そういうところがとっても面白いし、素敵じゃないかなと思ってます。
本って、そんなに即効性のあるツールじゃないのに、イベントたくさんやってるまちライブラリーブックフェスタってヘンっとも思ってますけれど(笑)

IMG_6721.JPG

ところで、この文章を書くのにかけているBGMは「確かめに行こう」。
3人組のロックバンド、ピロウズのシングルにもなっていない名曲。

僕の記憶だと雑誌に「ピロウズの曲は、辛い人に刺さるんですよね。」という書き方されてたと思ってた。
で、実際に確かめると違ってた(笑)

「心に染みる」とか「心に忍びこむ」とか(Talking Rock!10 OCTOBER 2009 No.016 P.47)
というわけで、まだまだ続くまちライブラリーブックフェスタの中にいる気分を書き表してみました。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

剣を持ってるライオンのマーク、見たことありませんか?

セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真
セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真

実はこれ、セイロンティーを表すマークなんです。

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、セイロンティーを飲みながら持ち寄った本でおしゃべりするゆる〜〜〜い企画っ!!!

どうぞ、セイロンティーってなんや?という方、お待ちしてしてます!!!
(おしゃべりしたい人、紅茶飲みたい人も絶賛大募集中です!!!!)

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)【まちライブラリーブックフェスタ】
https://www.facebook.com/events/813501268805905/ より

続きを読む 木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

長屋と古民家住宅

玉造の長屋の改装物件、宰(天王寺区空堀町長屋再生複合施設プロジェクト「宰-つかさ-」)の一室を契約しました。
これまで、長屋なんて縁遠かったのに。

ふと宰の見学会で、ふと不覚にも三光神社の北側の東西の通りが気持ちよく、適度な狭さ四畳半もかなり気に入って。
実際には、四畳半+三畳ちょっとを合わせたところにキッチンを付けてもらうんだけれど。

あんまり強く意識していなかったのですが、僕は古い民家に興味があるようです。
かまどがあったり、井戸があったり、木造だったり。
なんかキョロキョロ眺めちゃうんですよね。

4月後半には、まちライブラリーのブックフェスタで堺市の古民家、兒山家住宅のイベント「古民家ライブラリーをつくろう!」でも行って、めちゃくちゃ楽しんじゃいましたし。

でも、兒山家のような大庄屋のようなお家と古い長屋がどうちがうのかというのは全くよく分かっていなくて。何が違うんだろう?と思っていました。

それで、自分が借りることになってしまった長屋を知りたいと、自分が読めそうな本「大阪 新・長屋暮らしのすすめ」を読んでみると…

分かったのは、長屋はざくっというと古い規格の揃った集合住宅ということらしい。
第二次世界大戦前、大阪は大大阪と呼ばれるほど人が集まってきて、職と住むところが近かった。その人たちが住んでいたのが長屋。
本当に都市らしい住まいだったみたい。

一方、大きな古民家住宅は、基本的に一世帯とその雇われ人が住まう構成になっていたみたい。(少なくとも兒山家住宅だとそうなっていた)

ところで、宰は改装工事が始まっていて、9/1オープン予定。
一階の壁やら天井やらを抜く工事開始日に見学させてもらったんだけれど、今のアパート住まいから見ると、すごい工夫があって。
そもそも、10何号室まで、引き戸が連なっています。
隣同士の引き戸でも、こっちは1階あっちは2階になってたりします。
たぶん世帯の人口が増えたんでしょうね。当初1階と2階が別々の世帯が使われていたところでも、一つの引き戸から1階と2階にいけるように改造されていたり。
なんというか、長屋というのはここまでモジュール化されて拡張性が高いのかと感心しました。

あ、でも兒山さんところのイベントの時でも、「民家というのは建てられた当初が完成型ではない。住み続けて、その時代時代に合うように、ある程度便利に改装されていくものだ」という内容のことも聞いていたので、長屋もそうなんだと思いました。

まだ改装中なので長屋を使っているわけではないのですが、からほり倶楽部のイベント「長屋ツカウツナグフォーラム」で知ったのは、長屋は人の距離が近いということ。
人の声も聞こえやすいし、路地を通ると台所で作っている料理の香りが漂ってくる。
そういうところも、これから感じられるといいなぁと思っています。

さて、宰の工事はどんどん進んでいて、アスファルトだった路地が、先日6/5はアスファルトが剥がされていました。

IMG_0746.JPG

今後は、宰の話題をちょこちょこ書いていこうと思います。

古民家ライブラリーをつくろう!のお茶(まちライブラリー ブックフェスタ2016 in 関西)

どこから書こうかな…

一つのお茶を選ぶ過程。
書かなければ見えない世界。

ビューリーズというのは、紅茶をよく飲む国、アイルランドの老舗紅茶屋さんです。
ダブリンという港町にお店があります。

イギリスと同じく、ミルクティーで紅茶を飲むのがその国の人の飲み方みたい。
というのも、ビューリーズの紅茶を濃いめに淹れてミルクを加えると美味しいから。

一口に紅茶と言っても、飲む場面により使われる種類が違います。
同じメーカーでも、種類がたくさんあるのはそのため。

たとえば、アイリッシュブレックファースト。朝に飲みますね。
ゴールドブレンド、場面をあまり選ばない。朝でも昼でも夜でも。
アイリッシュアフタヌーン、いわゆる午後の紅茶ってところでしょうか。

なんば、大国町にある大阪府立大学のサテライトキャンパスI-Siteにあるまちライブラリー@大阪府立大学で、去年の12月のお誕生日会を開催しました。そのときに淹れた紅茶は、ビューリーズのゴールドブレンド。
皆さん美味しいと言っていただいて、たくさんのお代わりのリクエストがあって、忙しかったのですけれどメッチャ楽しかったです!

さて、昨日は堺市陶器北にある登録文化財、兒山家住宅ナヤ・ミュージアムにて、まちライブラリーを作るイベント「古民家ライブラリーをつくろう!」に参加しました。
淹れた紅茶は、ビューリーズのアイリッシュアフタヌーン。

ざっくりいうと、アイリッシュアフタヌーンの方がゴールドブレンドより香りよく、ちょっと上等な気分にさせてくれます。

まちライブラリー@大阪府立大学のお誕生日会が最初のキッカケになって繋がったご縁。
以前別のところで淹れたときに好評だったアイリッシュアフタヌーンなら、喜んでもらえるだろうと選びました。

昨日は、持ち寄った本の紹介タイムが終わった後のライブラリーづくりのタイミングで、アイリッシュアフタヌーンにミルクを添えてお出ししました。
本を持ってきたオーナーとして、一言感想カードに書いて、みんなで本棚に本を収める時間。

本棚の部屋は、兒山家の入り口を入って、すぐ右。
昔は男衆部屋だったところ。

扉を開けっ放しにしているから、母屋の縁側で紅茶を淹れる準備をしていても、話し声がわずかながら聞こえてくるんです。
第一弾の紅茶をお出しした後に
「秋保さんに講釈してもらわな…」って。
第二弾の紅茶の準備中だったので、男衆部屋に入って、ざくっと紅茶の説明を駆け足でして。

お茶、皆さんにとっても喜んで貰えたようで嬉しかったです。

アイルランドにはシャムロックという四つ葉のクローバーがシンボルで、たしか幸福をあらわしていたような(うろおぼえ。間違ってました…、ここを読んでください)。

みんなで、わいわい。
民具などのあるナヤ・ミュージアムを見学して、お茶飲んだり、兒山さんの用意して下さったお菓子を戴いたり、その結果本棚ができて、たのしい一日でした。

148b79b6-15ed-4386-8161-38842d75bd96

参加者一人ひとりの視点で見え方が違うのかもしれない。
だけれど、たぶん皆さん楽しんで帰れたんじゃないでしょうか。

そんなこんなもあったりして、
ブックフェスタの一週目が終わって、二週目に入りました。
面白い企画まだまだありますので、よろしければのぞいてみて下さい~

始まりはダッシュでなく散歩から(ブックフェスタ始まりました~)

イベントを開催したり、参加したりして、いろいろ遊ばせてもらっている、まちライブラリー
4/16(土)から5/15(日)は、ブックフェスタ2016 in 関西 です。
ざっくり言えば、本を絡めたお祭りを一か月やるんです。

b59101ad-55d3-400e-8a87-133cd45fd159

それで初日の4/16は、A’ワーク創造館に日本茶インストラクターのゲストとして呼んでいただき、鹿児島県の新茶を淹れました~!

ac1c4bd5-0170-44d1-9a42-dc5312f38930

13:00開始~~~
なんですけど、いきなりお茶は淹れず、散歩しました (^^;

えっ?だって…

みんなで周辺を少し歩くことで、初対面の方もいるし、いろいろお話するキッカケとかになるかなと。
やっぱり、春の晴れた日に外の空気吸うのって気持ちいいじゃないですか。

打ち合わせでは、桜咲いてるの見えたらいいね!と言ってたんですけど、ほとんど散っちゃってました。

残念。

でも、桜の木を見て芽が出てきてるねとか、
そこにいつもは猫がいるんですよ~とか、
もう少ししたらテニスコートがあってテニスしてたりするんですよとか、
劇団ありませんでしたっけ?とか、
古墳を模した原付バイクの堺市のナンバープレートを発見したりとか。。。
会話のタネがいろいろ出て、歩いてみると結構発見がありました (*^^*)

A’ワーク創造館に戻ってきて、自己紹介と持ち寄った本の紹介が始まって、僕はお茶の準備を開始。

お茶の袋を開けて、香りを聞いてもらって。
淹れて、飲んで味わってもらって。
でも、その前に、スタッフ側が用意したお菓子以外に参加者さんの差し入れがたんまりあって。

ん?これって、いつもの府大のまちライブラリーのお誕生日会状態ではないか。
(4/26(火)にお誕生日会します)

ほんと、バラエティーに富んだのお菓子がテーブルに並んでました。
(しまった、写真撮り忘れました。ごめんなさい)

テーマが設定されてはいるものの、集まった本は持ってくる人の個性が出ます。
リラックマのExcelの本だったり、コーランだったり、ソーシャルデザインの本だったり、映画の原作漫画だったり。
本の紹介タイムは、持ってきた人の人柄に触れる機会だったりするのかも。

69ffc36a-17f1-4ffb-80bf-1fd890d0d227

本と居場所という話の流れでは、学校の図書室などで本を読んでた~という人が多かったです。僕もそうでした。

いろいろと取り上げるべき話題があったような気がしますが、印象的だったのがA’ワーク創造館の職員で定期的に開かれているというビブリオバトルのチャンプの話。
毛全書ですよ。髪の毛の話の全書だそうです。
チャンプさんは、この本から二つネタをいう準備をしていたそうですが、一つのネタだけで時間が来たようで。
まぁ、予想はつくと思いますけど、おでこが広いお話だけで終わったそうです。

お茶とお菓子と本で人が集うと話は尽きず、出入り自由だったので参加者さんの入れ替わりもあったりして、終始和やかに、ほんといろんな話題が出て楽しかったです。

参加者の皆さま、A’ワーク創造館のスタッフさん、ありがとうございました!

bba55c0c-fe8c-4241-bdf8-ce382bc189cd

あらためて書くのも、変かなと思わなくもないのですけれど。
本を通して人がつながる場所、まちライブラリーは、そんなところだと思っています。

増えてます!まちライブラリー!!4月5月にブックフェスタありますよ!!!

まちライブラリーというのは、本をみんなで持ち寄って、まちの中のある場所に本棚を作る取り組み。
僕の中では、「みんなで作る、わたしの本棚」というイメージです。
昨年末、まちライブラリーに関連する本のPOP作りのイベントで、こんなの作りました。

f16070b7-21eb-475e-9e66-f15969580af5

(ここで作成風景とか、選抜されたPOPが本屋さんに並んでいる様子を伺えます。みんな気合いはいってて、見てて楽しい。僕は一緒に作っていたので、その時の内容が思い浮かぶので、なお楽しい)

まちライブラリーでは、随時本の寄贈を受け付けていますが、イベントで指定されたテーマの本も集まります。

本でイベントってのも、ちょっと慣れないと不思議な感じですけれど。
イベントで本が集まって、そういう本棚ができるというのも、なかなか素敵なところだと思っています。

自分でも、まちライブラリーでイベントを少しずつ実施し始めて、わかったのは
「初めてのことは、勝手が分からん!!(涙)」
と言う当たり前と言えば当たり前のこと。

まちライブラリーでは、それぞれの場所でライブラリーの利用条件がことなったり、イベント利用条件もそれぞれの場所で異なります。

イベント利用条件は、まちライブラリー@大阪府立大学だったら会員登録している人、まちライブラリー@もりのみやキューズモールだったら会員登録+利用時に500円(ドリンク代)となっているようです。
(細かい規約はスタッフさんが教えてくれます)

今まで参加したイベントを見ると、
「会員の人の人がカタリストの場合もあります」
が、
「会員の人が世話人になって、お話しするカタリストは会員ではない人」
の場合もあったり。

と、そんな細か~いことを書いてみてるのは、4/16(土)-5/15(日)に開催される「まちライブラリーブックフェスタ2016in関西」に参加しようと企んでいるからです!!
(自分以外の人も巻き込む魂胆があります)

ざっくり言うと、関西に点在する本のある場所「ブックスポット」でイベントを開催するキャンペーン期間!
ブックスポットは、各地のまちライブラリーや企画に賛同する公共図書館、本屋さんや、本をおいているスペースなど。

まぁ、なんですね…キッカケは些細なことで。
先日「本を使っていろいろ遊んでみようの会」をまちライブラリーのスタッフさんと相談して企画、そして実施したんですよ。
それが思いの外、思い以上に、とてもとても盛り上がって楽しかったんです。
本であそぼ!企画を継続、拡散したいという野望の元、ブックフェスタに絡もうかなっと。

個人的には、お茶も(たぶん)淹れたりできれば、嬉しいけど。

まぁ、そんな感じで、本と人に出会って、まちに出かけに行こうかと思っとる次第です。

この文章を読まれた方で、ご興味、ご関心を持たれた方は企画を持ち込まれてみてはどうでしょう、企画募集中とのことですし。
(本であそぼ!企画で出張もたぶんします。ブックスポットを持っている方、よろしければお誘い下さい)

というわけで、宜しくお願いします。