「代用」タグアーカイブ

ポットが風邪をひかないように

寒さが増してくる今日この頃。
お茶ライフ楽しまれてますか~

紅茶を淹れるときの小道具として、ティーコジーというのがあります。
ポットの帽子とか、お布団とかいう人もチラホラ。

ポットが冷えないようにする道具です。

紅茶は、ぐつぐつの沸騰したてのお湯を使っていれる方がおいしいと言われます。(入れ方を詳しく知りたい方は、こちら。)
なので、予めポットにお湯を入れて、ポットを温めて。
そのお湯を捨てて、そのあとに紅茶のお茶っ葉をいれた後に、沸騰したてのお湯をいれて。

冬だと室温が低いので、ポットが冷めないようにティーコジーして。
夏だとクーラーの風で、ポットが冷めないようにティーコジーして。

筆者は、紅茶を淹れるとき、沸騰したてのお湯をポットに入れたら、常にティーコジーをします。

お茶っ葉からおいしい香りや味の成分が出てくるまでの数分、ポットが冷めておいしい成分が出にくくならないように。おいしくなーれ!って感じでしょうか。

そう言えば、どこで聞いたんだか
「ポットが風邪をひかないように、ポットにティーコジーをしてあげましょう」
という言葉がありますね。

テーブルが華やかになったり、彩を添える小道具なので、上手に使いたいですよね。

あ、そう言えば出先でティーコジー持っていくのを忘れた時は、ポットにタオルを巻いたり、持ち合わせていた手ぬぐいを巻いたりしたことあります。
要は、ポットが寒くならないようにしてあげればよいので、代用品は考えれば、ある程度使えると思います。

では、またっ!

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

ご家庭で実験!二種類の紅茶を飲み比べる方法

紅茶の味や香り、茶殻の様子を確認することを専門用語でテイスティングといいます。専門の茶器がありますが、一般のご家庭には先ずありません。
そこで入手しやすいものを使って、ある程度似せることができたので、その方法をご紹介します。

何を使ったかというと…

スーパーで行楽用品として売っている透明の使い捨てのコップ(全容量230ml)。
紙コップだと熱湯を入れると紙の香りがしてきそうで、プラスチック製を使いました。
透明だと、ガラスのポットと同じように、お湯の対流で、茶葉が泳ぐ姿が見えるんですよね。
透明のコップにはCold用があるので、耐熱温度を確認してください。

茶こしがない場合を想定して、お茶パックで代用しています。
お茶パックに、はさみで切り込みを入れて、パンなどの袋を止めているネジリッコで、コップに引っかけました。

絵にすると

こんな感じです。

透明カップで紅茶を淹れる方法
透明カップで紅茶を淹れる方法

実際には、2セット用意して、2種類の紅茶をテイスティングしました。

絵の番号に対する注意書き。
(1)で、カップを二つに重ねるのは、湯通しをしないしコジーもしないので、保温効果を高めるためです。量は、2g(ティーカップ120ml一杯分)。

(2)お湯は、カップの底の中心をめがけて、ゆっくり注ぎます。
勢いよく注ぐと、カップが倒れるので、キケンです。
僕が使ったカップには持ちやすいように、真ん中の高さを中心に波が入っていて、波がなくなる一番上のところが6割ぐらいの容量(120ml)でした。
「カップに目盛りまで」は、約6割の想定です。

(3)お茶パックの切り込みは、角ではなく平たい方にいれて、止めるためのネジリッコで、お茶パックを開くようにします。
IMG_3412.JPG

IMG_3413.JPG

(5)右側の紅茶液の入ったカップの上の方を持たないとヤケドするので注意して下さい。
また、カップの上を持つときに少し力を入れて、カップの開いてる口を楕円形に変形させると、お茶パックのカップに注ぎやすいです。
お茶パックの開いている真ん中をめがけて、注ぎます。

(6)お茶パックは濡れていて熱いので、ネジリッコを持って引き上げます。
以下は、3種類の飲み比べの出来上がり。

IMG_3415.JPG

マレーシアの紅茶「キャメロニアン」と、インドネシアの紅茶「ジャワ・プリマ」で、確認したところ、ポットと遜色のない香りと味が出ていました。
少し手間ですが、軽いので野外で火が起こせるのなら、ピクニックでも使える方法かもしれないと思いました。

まとめ

紅茶のテイスティング、専門家は専用の茶器を使用します。でも、ご家庭で入手しやすいものを使って、原理的にほぼ同じことができます。

今回ご紹介した方法で、ご家庭にある手持ちの紅茶をこれとこれ、どんな風に違うかを確かめるのに試されてはいかがでしょうか。
新しい発見があればうれしいです。

今回の記事を読んだ後に、「ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法」を読むと道具が違うだけ同じことをやっていることに気づくかもしれません。
ご家庭で作るほうじ茶を実験風に紹介した記事は、いかがでしょうか。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定