「南山城紅茶」タグアーカイブ

TeaMeeting in 種ノ箱 Vol.2を開催しました!!

紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。
今回で、二回目になります。

朝11:00から始まり、19:00(20:00完全終了)という予定。

前回は、午後のおやつ時ぐらいからピークで最後までなかなか濃ゆい会でした。

今回は、最初から参加者の方がいらっしゃって、お盆だからかなぁと、やすえさん。

一つ目は、奈良月ヶ瀬健康茶園のべにふうきです。

奈良月ヶ瀬健康茶園さんのパッケージ、イラスト、いいですよね。

べにふうきがストレート向きな感じだったので、お次はミルクティー向きなムジカティーのサバラガムワ。

ここで、ミルクピッチャーに牛乳いれて、テーブルに置きました。
サバラガムワは、やすえさんのされているあべのbase240のTEASPOTでも置いてるそうです。スケジュールはこちら

そんな感じで、おしゃべりしつつ、二種類飲んだところで、特殊なルートで入手されたらしいダージリンファーストフラッシュ。
紅茶にしては青い葉っぱで、形状もOP(大きな形)。
いいお茶でしたね~。

そんな感じでスタートして、お菓子の差し入れもあったり。

やわらかめで飲みやすいインドのニルギリ(ムジカティー)。

それならと、ムジカティーのセレブレーションブレンドで、ちょっと華やかに。

ずっと、着香の紅茶がなかったので、変化を付けましょ!で、犬猫紅茶店のアールグレイブレンド(ティーバッグ)。
パッケージのイラストがかわいいよねっという声いただきました。

ふわっと甘い香りのミルクティーにするとおいしいラトナプラ。
丸い缶が、存在感ありますよね。

お次は、ムジカティーのオータムナルダージリン。
ダージリンは、今年紛争が起きてるので、茶畑荒れてるそうな。

シルバーポットのウヴァ。参加者の方の紅茶です。


この会は、紅茶の持ち込みも、お菓子の差し入れも大歓迎です(^^)

ちょっと一休憩的に、日常茶のムジカティー、堂島ブレックファーストを。
丁度、金時まんじゅうの差し入れもあり、ええ感じでした♪

大人も子供も真ん中にちゃぶ台をひとまとめにして集まってるので、なんかくつろいで色んなおしゃべりしてて、いい感じ。

ウヴァももう一つということで、ムジカティーのビンテージウヴァ、アイスラビイ茶園。

ここらで日本の紅茶も、いかが?
ということで、奈良の大和高原、都祁の羽間農園の紅茶を。品種はさやまかおりです。


おいしい(*^^*)、香りがいいねという声ありました。

自分の知っている限りでは、関西スーパーでしか見かけたことのない日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド。今回いれた紅茶の中で、これだけがCTCですね。

そして、ラストは先日届いた手摘みの特製、京都南山城紅茶!!

 

合計14種類。
改めて、紅茶って色んな種類あるんですね。。

ざっと、紅茶だけの紹介記事みたいになっちゃいましたが、参加者の皆さん、とっても銘々色んなおしゃべりされてました。
情報交換あり、これからのイベントの相談事あり、将来は?という流れから最新のプリキュアの設定に感心したり驚いたりやらあり、ほんといろんな話題がありました。

こういう機会もたまには、いいなぁと思います。

当日届いたばかり、出来立てほやほやの紅茶のフリーペーパー「TEASPOT通信Vol.4」もチラシコーナーに配置しました。

次回は、10月14日の予定です。
よろしければ、ご都合合えば、ご参加いただければと思います。

では~

保存

ハッピーターン以外は、京都府南山城村で作られたもの。いただきます! #teatime #南山城村 #京都南山城紅茶 from Instagram

ハッピーターン以外は、京都府南山城村で作られたもの。いただきます! #teatime #南山城村 #京都南山城紅茶 (from Instagram)

お茶系な路面電車好きの「ささら」の話

お茶系な路面電車好きとしては、「おぉ!」と思う内容を発見してしまったので、ちょっと取り上げます。

先日の貸切路面電車ツアーをキッカケに見つけた「マニアの路面電車」という本。
全部読んだ覚えがなかったので、面白い内容ないかなぁ~と読んでいたら、「ササラ電車」というのを発見しました。
路面電車版除雪車です!

因みに、ささらというのは竹の先を割ったもの。
茶せんというのは、「茶筅」と書いて、筅(ささら)という字が使われることもあります。(小山茂樹著、「茶壷に追われて」より「筌か筅か」参照)

「これはっ!」と思って、ウェブ検索してみました。

寒いの苦手ですが、一回くらいは実物を拝んで見たいと思いました。

 

ココからは個人的な寒い思い出。

2月ですね。
関西でもあまり降らないところでも雪が降ることがありますね。
前日の夜に雪が降った日の昼間にそのときは雪が止んでいるからって、よせばいいのに駅から45分くらい田舎のアスファルト道路を歩いたことがあります。

途中で地元の方が竹箒(ささら相当)で家の前の道の雪をどけていました。
冬に「ささら」を見ると、どうしても思い出すんです。

目的地に、たどり着く前には雪が降ってきて、前がほとんど見えなくなることもありました。心細かったです。

IMG_0091.JPG

たどり着いたのは、京都府相楽郡南山城村の旧田山小学校。
その日は、夜がイベントでイルミネーションの飾りがありました。

IMG_0093.JPG

何で行く気になったかというと、南山城紅茶の茶工場が旧田山小学校にあったから。

IMG_0096.JPG

茶工場のことより、あったかいカフェねこぱんの食事に癒されて帰ってきました。
(ねこぱんのウェブページhttp://cafenekopan.com/をみたら、今、イルミネーションやってるんですね。2015/2/14まで。最終日の2/14(土)は、バレンタインイベントだそうです。)
ちなみに、田山の隣の奈良市の月ヶ瀬では、梅が盛んに栽培されています。

IMG_0097.JPG

こういうのぼりも、JR月ヶ瀬口駅には設置してありました。

IMG_0683.JPG

そういえば、南山城村の山の上、童仙房山荘には、でかい茶せんがありました。
写真を撮ってませんが、なぜか、オカシナオハナさんにもあるのに気づきました。

というわけで、個人的経験から「ささら」には反応してしまうのでした。

おしまい。

南山城紅茶は廃校になった木造校舎の一室で製造されています。「カフェねこぱん」にて(2012-7-7撮影) #日本茶 #南山城村 #京都府 #南山城紅茶 from Instagram

南山城紅茶は廃校になった木造校舎の一室で製造されています。「カフェねこぱん」にて(2012-7-7撮影) #日本茶 #南山城村 #京都府 #南山城紅茶 (from Instagram)

中窪耕司さんは、南山城紅茶プロジェクトの初代代表です。一応「こうちゃん」になりますよねo(^-^)o (2012-7-7撮影) #日本茶 #南山城村 #京都府 #南山城紅茶 from Instagram

中窪耕司さんは、南山城紅茶プロジェクトの初代代表です。一応「こうちゃん」になりますよねo(^-^)o (2012-7-7撮影) #日本茶 #南山城村 #京都府 #南山城紅茶 (from Instagram)

村の玄関からお試しを!

暑かった夏が過ぎ、すごし易い秋になりました。

各地でイベントが開催されている中、京都府相楽郡和束町で開催された茶源郷まつり。南山城村のブースでお手伝いをさせていただきました。僕が出来ることと言えば、お茶を淹れることぐらいしかありません。
夏本番で村の高尾小フェスで、グラウンドに張られたテントの下で、ほぼ半日の間、炎天下の中、汗だくでお茶を提供した体験から学習し、今回は策を練りました。

茶源郷まつりは、時期が秋。グラウンドで開催されることから、少し肌寒いと想定して、暖かいお茶が好まれるだろう。
世界のお茶の試飲ができる前回はバター茶が出ていたとのこと。
ということは、対抗するような他がやらないアレンジティーで勝負したい。
あまり奇抜なお茶だと、取っつきにくくなるのは避けたい。
一般的に知られているお茶で、ほっこりポカポカしてほしい。
お茶単体だけで楽しむのは淋しいので、お茶請けとセットがいいな。

ということで用意したお茶は、京都南山城紅茶の2013年ファーストフラッシュやぶきたと童仙房山荘で提供されているほうじ茶。
アレンジティーを販売に。
村のおばちゃん達が作ったショウガシロップ入りのしょうが紅茶。
梅肉と少量の醤油と香り付けのショウガシロップ入りほうじ茶の梅醤番茶。
奇抜な方が梅醤番茶で、知名度があるのがしょうが紅茶。

お菓子は、村の小さなカフェfrontのケーキ二種類!
「イチジクのトルタ」.とクルミの入ったチョコレートケーキ「トルタカプレーゼ」。

おまつりが始まると、地元の方や遠方から来られた方、まさに老若男女の方々にウチのブースに寄っていただきました。
茶の木を育てている地域でもあることから、「南山城村で紅茶?へぇ~」と言う声から「テレビで見たよ」まで。
試飲で紅茶を飲んでいただいて、「おいしい。かおりがいいね」という嬉しい言葉も。
紅茶とほうじ茶を試飲で提供したので、両方が準備できているときは、どちらがいいか、よければ両方もOKと説明しました。

二日目は時折雨が降ってくる悪天候の中、傘を差して回られるお客様もいらっしゃるくらい。客足がほぼ途切れることはありませんでした。

たくさんの人にお茶を淹れて飲んで貰って、お茶の説明をしたり、村の紹介をしたりの連続。

うまくいったことも、そうでなかったこともある中で嬉しかったことを書くと…

小学校低学年くらいの男の子が試飲用の玉露茶碗を持って、試飲に来てくれました。
「紅茶とほうじ茶、どっちがいいですか?」
子供だと、紅茶の方に親しんでいると予想したのですが…
「ほうじ茶!」
との回答。(あれっ、外れた!)
「ほうじ茶、どうぞ」
温かい童仙房のほうじ茶を淹れてあげると、男の子は小さな両手で玉露茶碗を包むように飲んでくれました。
「おいしい!」
このイベントに参加して良かったと実感した瞬間でした。
「ありがとう」
ほうじ茶を飲み干すと、男の子は別のブースへ行ってしまいました。

イベントの時に見えるものは重要ですが、見えないけれど自分にとっては意味のあることがあります。
今回は、おいしいケーキをほぼ徹夜で準備してくれた村のカフェfrontさんに感謝!
お店のオリジナルTシャツを一日目に来ました(笑)
二日目は、前日の反省を踏まえて、よりよくなるように挑戦というか次につなげる練習というか「お試し」を繰り出すことにしました。それで、トライアルのTシャツを。

IMG_1600.JPG

frontは、村の玄関ともいうべき地区、大河原にお店があります。
なので、タイトルを「村の玄関からお試しを!」としました。
南山城村の魅力が少しでも伝われば、またお試しして貰えば、嬉しいです。

おしまい