「奈良」タグアーカイブ

TeaMeeting in 種ノ箱 Vol.2を開催しました!!

紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。
今回で、二回目になります。

朝11:00から始まり、19:00(20:00完全終了)という予定。

前回は、午後のおやつ時ぐらいからピークで最後までなかなか濃ゆい会でした。

今回は、最初から参加者の方がいらっしゃって、お盆だからかなぁと、やすえさん。

一つ目は、奈良月ヶ瀬健康茶園のべにふうきです。

奈良月ヶ瀬健康茶園さんのパッケージ、イラスト、いいですよね。

べにふうきがストレート向きな感じだったので、お次はミルクティー向きなムジカティーのサバラガムワ。

ここで、ミルクピッチャーに牛乳いれて、テーブルに置きました。
サバラガムワは、やすえさんのされているあべのbase240のTEASPOTでも置いてるそうです。スケジュールはこちら

そんな感じで、おしゃべりしつつ、二種類飲んだところで、特殊なルートで入手されたらしいダージリンファーストフラッシュ。
紅茶にしては青い葉っぱで、形状もOP(大きな形)。
いいお茶でしたね~。

そんな感じでスタートして、お菓子の差し入れもあったり。

やわらかめで飲みやすいインドのニルギリ(ムジカティー)。

それならと、ムジカティーのセレブレーションブレンドで、ちょっと華やかに。

ずっと、着香の紅茶がなかったので、変化を付けましょ!で、犬猫紅茶店のアールグレイブレンド(ティーバッグ)。
パッケージのイラストがかわいいよねっという声いただきました。

ふわっと甘い香りのミルクティーにするとおいしいラトナプラ。
丸い缶が、存在感ありますよね。

お次は、ムジカティーのオータムナルダージリン。
ダージリンは、今年紛争が起きてるので、茶畑荒れてるそうな。

シルバーポットのウヴァ。参加者の方の紅茶です。


この会は、紅茶の持ち込みも、お菓子の差し入れも大歓迎です(^^)

ちょっと一休憩的に、日常茶のムジカティー、堂島ブレックファーストを。
丁度、金時まんじゅうの差し入れもあり、ええ感じでした♪

大人も子供も真ん中にちゃぶ台をひとまとめにして集まってるので、なんかくつろいで色んなおしゃべりしてて、いい感じ。

ウヴァももう一つということで、ムジカティーのビンテージウヴァ、アイスラビイ茶園。

ここらで日本の紅茶も、いかが?
ということで、奈良の大和高原、都祁の羽間農園の紅茶を。品種はさやまかおりです。


おいしい(*^^*)、香りがいいねという声ありました。

自分の知っている限りでは、関西スーパーでしか見かけたことのない日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド。今回いれた紅茶の中で、これだけがCTCですね。

そして、ラストは先日届いた手摘みの特製、京都南山城紅茶!!

 

合計14種類。
改めて、紅茶って色んな種類あるんですね。。

ざっと、紅茶だけの紹介記事みたいになっちゃいましたが、参加者の皆さん、とっても銘々色んなおしゃべりされてました。
情報交換あり、これからのイベントの相談事あり、将来は?という流れから最新のプリキュアの設定に感心したり驚いたりやらあり、ほんといろんな話題がありました。

こういう機会もたまには、いいなぁと思います。

当日届いたばかり、出来立てほやほやの紅茶のフリーペーパー「TEASPOT通信Vol.4」もチラシコーナーに配置しました。

次回は、10月14日の予定です。
よろしければ、ご都合合えば、ご参加いただければと思います。

では~

保存



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

剣を持ってるライオンのマーク、見たことありませんか?

セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真
セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真

実はこれ、セイロンティーを表すマークなんです。

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、セイロンティーを飲みながら持ち寄った本でおしゃべりするゆる〜〜〜い企画っ!!!

どうぞ、セイロンティーってなんや?という方、お待ちしてしてます!!!
(おしゃべりしたい人、紅茶飲みたい人も絶賛大募集中です!!!!)

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)【まちライブラリーブックフェスタ】
https://www.facebook.com/events/813501268805905/ より

続きを読む 木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

2017年がスタートしています!

今日で今年が始まって12日目。
なのに色々手が回っていないなぁと思うことばかり。

それでも、日々何とかしたいなぁと一つずつやってます。
去年の12月の頭に、奈良で地紅茶サミットがあったんです。
そこで、本当に本当にたくさんの友人知人に再会して、こんなに色んな人に出会ってたんだなぁと思って。

それよりも、釜いり茶の柴本さんのブースで、僕がお茶を淹れていたのを見た数人の方から、同じ言葉をいただいたのが嬉しかったです。
「丁寧にお茶をいれてた」って。

年始にインスタグラムに、ちょこっと書いたように、今年は色んなことをやるにしても丁寧に流れを作ってやっていくことを目指したいです。

おっきく出るより一つずつ。

1/9(月)に自分のスペース「種ノ箱」で開催したカルタとぜんざいの会の後に玉造戎神社に行って、福笹っていうのを初めて入手しました(^^)

IMG_3727.JPG

絵馬の酉さんがかわいいです。

さて、週末の1/15(日)は、種ノ箱で「はじめてのお茶会〜お茶席の楽しみ〜」を開催します。茶道のお茶会ですけれど、お気軽に参加できる会なので、お申し込みお待ちしております。

もう一つ、1/21(土)は、これも種ノ箱で「日本茶事始め」と題して、玉露とお抹茶の基礎を学ぶ会を開催します。こちらもよろしくお願いします。

それでは、僕にとっても、皆さんにとってもステキな一年になりますように。
どうぞ、今年もよろしくお願いします。

冷茶考~水出し茶をやってみませんか~

夏です!
暑い日が続いてます!
適度に水分補給されてますか~

普段お茶を飲んでいる人でも、暑くなると熱いお茶が飲みづらくなってしまいます。

そこで、水出し茶の出番。
昨日は、まちライブラリー@もりのみやキューズモールにて、木曜日にお茶を飲もう♪を開催しました!
水出し茶をテーマに、三種類。
宇治の玉折(玉露の茎茶)、それを焙烙でほうじ茶にしたの、それと奈良の緑色のお茶っ葉の番茶。
なかなか好評だったので、やってよかったなぁと思います(^^)

たいていのお茶は水出しできます。
ただし、お茶っ葉の縒りが硬いものほど、香りや味がでるのに時間がかかる印象。
紅茶が一番時間がかかって、深蒸し茶が一番短い時間で出来る感じ。

水出しができるからといって、水出しで全部が全部おいしいお茶になるわけではないです。
そこがちょっと面倒というか難しいところかなぁとも思います。

ところで、お湯で出すお茶と冷たい水とか氷で出すお茶の違いって、なんだと思いますか?

お茶をいれる人の視点で言えば、お湯で出すときより注ぐタイミングがシビアでなくなるので、ざっくりいうと「簡単においしいお茶を作りやすく」なります。
それに、お湯の時より、冷やしているためか、香味の変化が起きにくく、おいしい状態が長く続く。
ええところがたくさんあります。

なんか、水出しのお茶作りたくなりませんか?

こんな風に、たくさん水出し茶を作って、飲み比べのアンケートされている日本茶専門店もありますよ。

IMG_1630.JPG
水出し茶の6種類ボックス!大阪、蒲生四丁目、袋布向春園本店にて。(ピンボケ写真でスンマセン)

見てるだけで楽しくなります。

まだまだ、暑い夏は続きます。
しっかり水分補給して、乗り切っていきましょう〜♪

では、また!

奈良の茶粥は有名で。なのに食べた記憶がなかって。茶箱の「大和の茶がゆ〜セット」で自分ちで作りました^_^; #お茶の時間 #茶がゆ #奈良米 #はならぁと で買った from Instagram

奈良の茶粥は有名で。なのに食べた記憶がなかって。茶箱の「大和の茶がゆ〜セット」で自分ちで作りました^_^; #お茶の時間 #茶がゆ #奈良米 #はならぁと で買った (from Instagram)

アートとお茶の日。京都でクラフトミックスの茶話会に、奈良でチャイデーに参加。頭がアートじゃないので、刺激的な時間でしたo(^_^)o #be京都 #はならぁと #茶話会 #チャイデー #お茶の時間 from Instagram

アートとお茶の日。京都でクラフトミックスの茶話会に、奈良でチャイデーに参加。頭がアートじゃないので、刺激的な時間でしたo(^_^)o #be京都 #はならぁと #茶話会 #チャイデー #お茶の時間 (from Instagram)

ブログのキャッチフレーズを変えました!(「プレイフル・シンキング」読後の影響)

「お茶との出会いが広まりますように」をブログのキャッチフレーズにしていたのですが、よりアグレッシブに「茶の間(MA)を広げる実験場」に変えました。

というのも、「お茶との出会いが広まりますように」と願うだけじゃ物足りない。
行動に移す仕組みにした方がやりやすい。
「茶の間(MA)を広げる実験場」と書いた方が行動しやすそうと思ったからです。

プレイフル・シンキング」という本を読んだ影響です。
著者の上田信行さんの肩書きが「ネオミュージアム館長」。
ネオミュージアムは、奈良県吉野川のほとりにある、学習環境デザインとメディア教育の実験的アトリエとのこと。

この本の帯には、「Can I?(できる?)ではなく、How?(どうやる?)で考えると仕事は楽しくなる。」とありました。
実際に読んでみると、仕事を楽しくするための考え方が書いてあり、大変興味深く読ませてもらいました。

「空間と活動をリンクさせるために、空間に名前をつけるのもひとつの方法」との記載があったので、キャッチフレーズの変更という形で、実践してみました。

ところで、「プレイフル・シンキング」の入手のいきさつが個人的に面白かったので、そのことを書きます。

ある時に、お茶の淹れ方を楽しく伝えるのに、ワークショップをするのが良さそうと考えて、フェイスブックで流れてきたワークショップの上田さんの記事を読んで、本文中に出てきた「プレイフル・ラーニング」というワークショップに関する本が欲しくなりました。
それで調べてみると、絶版。実際に本屋にも足を運んだのですが、入手出来ませんでした。
そこで、同じ上田さんの本ということで、大型書店で手に取ったのが、今回の「プレイフル・シンキング」。

「あれっ? どこかで見たことのある本だなぁ??」

実は、この「プレイフル・シンキング」、購入前に参加したイベントで、紹介されていた本だったんですよね。
イベントのときは欲しいと思わなかったのに、時間が経って、自分の問題意識が「仕事を楽しくしたい」に変わったから、買いたくなったという。

どういう経緯で入手したかは別にして、読んで為になった本は、ご紹介したくなるので、取り上げてみました。

ご興味のある方は今でも本屋で入手可能なので、是非手にとって見て下さい。
きっと新しい発見があるんじゃないかと思います。

IMG_5533.jpg

「すり身に親しむ」から「日本茶に親しむ」を考える。

地元のまちゼミで、蒲鉾屋さんのゼミに参加しました。
大阪のお店なので、白身の魚を仕入れて、自分のところで捌いて、すり身にして蒲鉾にしたり、練り天ぷらにしたり、変わったところでは、すり身を餃子の皮代わりにした餃子天ぷらを作ったりされています。
そのご主人が言われるには「すり身に親しんで欲しい」とのこと。

で、自分の関心に置き換えてみると、なんとなく日本人で今まで一度も、日本茶を全く飲んだことがないという人は、かなり少ないような気がします。
ということは、日本茶に全く親しんでいない人の方が少なそうです。

昨日のトークイベント
では、前で話していた人が司会を含めて、6人いらっしゃったのですが、本という切り口では、スタンダードブックストアの代表の中川さんと、奈良県立図書情報館の乾さんがいらっしゃいました。

中川さんは、「本業界を面白くしたい」「本がなくならないようにするにはどうすればいいか」を考えていると、おっしゃられていました。
それで、今されていることは本と雑貨を一緒に売るお店です。

乾さんは、図書館で、企画や展覧会、広報を担当して、人の居場所を作るフォーラムをされているようです。
(僕は、乾さんが絡むイベントに参加したことがないんです)

ザクッと、両者の切り口をまとめていうと、本と何かを組合わせて面白くしようとされていると言えると思います。

もしかしたら、日本茶も他の何かと組合わせれば、今よりもっと面白く興味を持ってもらえるかも知れないと思ったのでした。

IMG_5362.JPG
すり身の中に入れたトッピングの具たち。うどんの出汁を使ったお鍋で美味しく頂きました。