「宇治」タグアーカイブ

新茶の季節です~地域と品種の遅速~

皆さん、もう新茶は飲まれましたか~?

お茶の摘み取り、始まっている地域もあれば、これからのところもあります!
日本列島の暖かい地域から茶摘みが始まるので、基本的に桜と同じように南から北に移っていきます。

筆者が入手した新茶は、鹿児島県の種子島産で、品種は松寿。
品種の特徴を知りたくなって、登録品種データベースを見てみました。
結果はこちら

「くりたわせ」という品種の枝変わりとのこと。
気になって、「くりたわせ」をウェブ検索してみると、記念碑があって、種子島で栗田さんという方が選抜されたとのこと。

松寿という品種、あんまり関西で栽培されているの聞かないなぁと思ったら、くりたわせが種子島で選抜されて、その枝変わりだからなのかも理由なのかもしれませんね。

さて、「くりたわせ」を漢字で書くと「栗田早生」。

標準的な品種より、早く収穫時期を迎える品種を「早生(わせ)」といいます。
遅い場合は「晩生(おくて)」。(Wikipediaの早晩性を参照しました)

「くりたわせ」は名前からわかるように、早生品種。

場所によって、農家さんによって、複数の品種を育てている場合があります。

その一つの理由として、製茶工場の加工能力には限界があるので、越さないように。
同じ地域でも日当たりによって、お茶の葉っぱの収穫時期が違うそうです。
それでも、品種が同じだと、収穫時期が被ってしまうことも。
なので、避けるには、収穫時期が異なるように品種を変えるそうな。

あ、もしかしたら、松壽が新茶一番乗りなのも、早生品種だからより早くなるのかも知れませんね~

和菓子教室のお土産と、新茶の種子島産の松寿。春ですね~

京都の宇治茶の主要生産地の和束町で、新茶の摘み取りが始まったそうです。

まだまだ、新茶いろんな地域のお茶出てくると思います。
場所が違えば、香りもお味も違うので、機会があったら、ぜひいろんな新茶を楽しんでみてくださいね~

では、またー

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

お茶はやっぱり、まず飲むところから〜日本茶インストラクター協会大阪府支部のイベント「茶遊招福」〜

昨日は、日本茶インストラクター協会大阪府支部のイベント「茶遊招福」でした!

場所は、大正駅と芦原橋駅の中間くらいの川辺。

入り口は、こんな感じでした。

受付のすぐ後ろの控えの間では、三種類の暖かいお茶をご用意。
加賀棒茶、ベルガモット緑茶、日本茶AWARD受賞のほうじ茶。

会場がどの駅からも少し離れた場所なので、まずあったまっていただけますように…

開始時間になると、各ブースをひとつづつ巡っていただくスタイル。
三つのブースがあって、和菓子の州浜づくり、お茶クイズ、マイ大福茶づくり。

州浜って、きな粉のお菓子の造形の凝ったので、実は筆者はめっちゃ好きなんです。

でもスタッフなので、楽しそうに作っているのを眺めてました(笑)

お茶クイズは、講義というか講座形式で、意外と知っているようで知らない知らないお茶にまつわるクイズを出題されていて。
硬水、軟水、お水の違いを見せるのに、ガラスの急須を使われていて、見てておしゃれやな〜と思いました。

筆者がスタッフで参加したマイ大福茶は、こんな感じ〜。

締め昆布、梅干し、金箔のトラディショナルなトッピングをアレンジして12種類の入れるものをご用意して、ご自身だけのマイ大福茶を作成していただくというもの。

いわゆる女子力たかいブース。

でもスタッフは全員、男性(^^;;

ちなみに、えべっさんの熊手も飾ってありました(^^)

ところで、筆者は今年度から、つまり2017年2月くらいから準備を含めて、役員でやってます。
なので、大阪府支部のイベントがあると、極力スタッフで参加してます。

日本茶インストラクターの大阪府支部では、今後も楽しい企画を計画してます。
フェイスブックの日本茶インストラクター協会大阪府支部を「いいね!」か「フォロー」かしていただけると、情報キャッチできるはず〜

州浜とお煎茶。黄色はノーマル、茶色は香ばしいほうじ茶、濃い緑はお抹茶味。種ノ箱にて。

最後の写真は、昨日のスタッフみやげ、州浜。
宇治ツアー企画のお土産、宇治木幡の松北園さんのお煎茶。
宇治ツアー企画で訪問した朝日焼さんの湯飲み。

おいしく、たのしく、飲んでいただきましたっ!
ごちそうさま(*^^*)

では、また〜

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

器から誘発されるモノ〜海外デザイナーの風〜

とある居酒屋で、白ワインをオーダーしたら、焼酎の水割りに使われそうなグラスで出てきて、ズレてるなぁと思ったのが、最近。

ちょっと前に日本茶インストラクター大阪府支部の宇治ツアーの時に訪ねた朝日焼さん。
そこで、黒光りのする小さな湯飲みを入手して。
やっと使ってみてみたら。

不思議な感じがするんですよね。
煎茶を飲んでるのに、少し洋風な。

形が煎茶でよく使われる形じゃなくて、何となく小さなワイングラスのような手触りがあって。

日本茶の世界にも、海外のデザイナーさんが関わったりすることで、こういう新しい風がもたらされるのかも。
何となく、そんなことを思ったのでした。

宇治白川の煎茶。ぬるめのお湯で、長めに待つ。円やかな飲み心地。 (Instagram)

宇治白川の煎茶。ぬるめのお湯で、長めに待つ。円やかな飲み心地。 (Instagram)

新しい道具がやってきた!

もともと、お茶をあんまり飲まない家庭で育ちました。
なので、お茶をいれる道具は、お茶をいれることに関心を持ってから、自分でそろえ始めて。

でも日本茶の急須、そういえばあんまり購入していないんです。
というのも、体験イベントや講座などに参加して、おみやげでいただいたものがたくさんあって。
普段使いにちょうどよいので、それでいろんなお茶をいれてみて、どのお茶がどの急須に似合いそうか使ってみて雰囲気をつかんでいきました。

とはいうものの、お茶をいれる時間がたつにつれ、自分好みの急須もほしくなります。
サイズ、色や形、手触り、重量感など、好みがあるんですよね。

この写真は、宇治の朝日焼の宝瓶、湯飲み、湯冷まし。

新しい急須がくると、試してみるんです。
今までと、どう違うのかを確かめたくて。

写真を撮るにしても、様になるなとか思ったり。
同じお茶なのに、口当たりが変わるなぁとか。

自分で選んで買ったモノの方が、使い込まなきゃ損してる気分になるから、どうやったらもっと楽しめるかなぁと思うような気がします。

新しいお茶の道具を買い足しちゃう方、そんなことありませんか?

今は持っていない方、折角だから、ちょっとやってみませんか?
きっと生活に新しい空気が入ってくると思いますよ!

なんとなしに、新しいお茶の道具がきたときのことを書いてみました(^-^)
それでは、また〜!

自分が知りたい情報を、どうやってさがす?〜お茶の場合〜

あなたは、何かに興味を持ちました。
どうやって調べますか?

知っている人に聞く。
図書館で調べる。
本屋で関連書籍を見てみる。
ネットで検索する。

とかが浮かびそうです。他にもありそう。

自分がお茶に興味を抱いた時にやったのは、歴史の深そうな店や地域に行く。
マニアックな情報が集まる場所に行く。

2013.2.2、京都府宇治市宇治茶会館にて。

茶の木がみれるところに行く。

京都府相楽郡南山城村、農産物直売所裏らへん。

自分でも、何かやってみる。

お湯とお茶っ葉と急須で淹れたお茶と、村人刻印のほうじ茶どら焼き、バックは茶の木で。

たぶん、そんなところだったと思います。
自分にとって向き不向きがあるだろうし、時間やお金と相談の部分もありますよね。

難しいなぁより、これなら出来そうかな、を進めていくと着く先が変わってゆくかも知れませんね。

ゆらゆらと書いてみました。

では、また〜

足取りかるく、宇治散策

ちょいと前に、久々に宇治いってきました。

IMG_8091.JPG

といっても、平日の水曜日でお休みもままあったり。
日本茶インストラクター京都支部の方がスタッフをされてる匠の館は、お休みで。

IMG_8092.JPG

でもせっかくだから、宇治茶手もみ製法の看板をパシャリ。

IMG_8093.JPG

お隣のここも内部が改装されたので入って見たいなぁ。

IMG_8094.JPG

最大の目的は、ここ新しくギャラリー&ショップを開店された朝日焼さん。
川のすぐとなりで、とっても素敵なところでした。

IMG_8095.JPG

柴船を模した湯冷ましを頂いてきました(^^)v
急須(宝瓶)、茶碗、湯冷まし、結局、一つ一つ違う場所で購入したことになっちゃいました。

IMG_8265.JPG

宇治は、お茶好きさんには見所たくさんあるので、ぜひ訪ねて楽しんでみて下さい〜

IMG_8096.JPG

では!

お月さんのように見える蓋の裏。あったかいお茶がいれたい。 #お茶の時間 #玉露 #朝日焼 #宇治茶 じゃないよ^^; (Instagram)

お月さんのように見える蓋の裏。あったかいお茶がいれたい。 #お茶の時間 #玉露 #朝日焼 #宇治茶 じゃないよ^^; (Instagram)

冷茶考~水出し茶をやってみませんか~

夏です!
暑い日が続いてます!
適度に水分補給されてますか~

普段お茶を飲んでいる人でも、暑くなると熱いお茶が飲みづらくなってしまいます。

そこで、水出し茶の出番。
昨日は、まちライブラリー@もりのみやキューズモールにて、木曜日にお茶を飲もう♪を開催しました!
水出し茶をテーマに、三種類。
宇治の玉折(玉露の茎茶)、それを焙烙でほうじ茶にしたの、それと奈良の緑色のお茶っ葉の番茶。
なかなか好評だったので、やってよかったなぁと思います(^^)

たいていのお茶は水出しできます。
ただし、お茶っ葉の縒りが硬いものほど、香りや味がでるのに時間がかかる印象。
紅茶が一番時間がかかって、深蒸し茶が一番短い時間で出来る感じ。

水出しができるからといって、水出しで全部が全部おいしいお茶になるわけではないです。
そこがちょっと面倒というか難しいところかなぁとも思います。

ところで、お湯で出すお茶と冷たい水とか氷で出すお茶の違いって、なんだと思いますか?

お茶をいれる人の視点で言えば、お湯で出すときより注ぐタイミングがシビアでなくなるので、ざっくりいうと「簡単においしいお茶を作りやすく」なります。
それに、お湯の時より、冷やしているためか、香味の変化が起きにくく、おいしい状態が長く続く。
ええところがたくさんあります。

なんか、水出しのお茶作りたくなりませんか?

こんな風に、たくさん水出し茶を作って、飲み比べのアンケートされている日本茶専門店もありますよ。

IMG_1630.JPG
水出し茶の6種類ボックス!大阪、蒲生四丁目、袋布向春園本店にて。(ピンボケ写真でスンマセン)

見てるだけで楽しくなります。

まだまだ、暑い夏は続きます。
しっかり水分補給して、乗り切っていきましょう〜♪

では、また!

今年は茶摘みにはまだ行けていないけれど、お茶を楽しむ気持ちは忘れてたくないな…京都のお茶と京都のお菓子。八十八、宇治煎茶、福寿園、ティーバッグ。調布、俵屋吉富。やわらかな人との関係がゆっくり作られる御縁に感謝です!なんだかんだと、皆さんありがとうございます️ (Instagram)

今年は茶摘みにはまだ行けていないけれど、お茶を楽しむ気持ちは忘れてたくないな…京都のお茶と京都のお菓子。八十八、宇治煎茶、福寿園、ティーバッグ。調布、俵屋吉富。やわらかな人との関係がゆっくり作られる御縁に感謝です!なんだかんだと、皆さんありがとうございます️ (Instagram)