「日本の紅茶」タグアーカイブ

TeaMeeting in 種ノ箱を開催しました!(2017-10-14)

2018年、年始1/6開催予定の TeaMeeting in 種ノ箱
「TeaMeeting in 種ノ箱」は、紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。
前回の10/14のレポート記事を書いたつもりが書いていなかったので、さくっと書きたいと思います〜

一つ目は、ムジカティーのプライドオブスリランカ
茶葉が細かいBOPF(ブロークンオレンジペコーファニングス)のコクと香りのしっかりしたミルクティー向きの紅茶。
ゆるゆるしたスタートでした。

二つ目は、ビューリーズのゴールドブレンド。
紅茶をよく飲む国、アイルランドの紅茶です。四角の座布団タイプのティーバッグ
こちらも、ミルクティー向きだと思います。

三つ目は、トワイニングのアールグレイ。
と言っても、London Strandで、通常のアールグレイではありません。
ラージリーフタイプのテトラなティーバッグでした。
高級なというか上品なベルガモットの柑橘系の香りがしました。

四つ目は、東京・浅草で開催されたシングルオリジンティーフェスティバルのチャンピオンティーのセカンドフラッシュ。
シングルオリジンティーフェスティバルには、お茶友達の出店手伝いでいってたんです。
チャンピオンティーのファーストフラッシュは売り切れてて、セカンドフラッシュを入手。
しっかりとした香りのいい紅茶でした。

五つ目は、紅茶通好みでしょうか?
ニルギリのBOP
意外に少ないんですよね、ニルギリの飲めるお店。

六つ目は、妖精の火香〜!
ちょっと人が増えてきて、落ち着きがなくなっていき、写真がブレてます。
すんません。
愛媛県喜多郡内子町の日本の紅茶です。

7つ目は、ムジカティーのアフリカンジョイ
ケニアのCTCですー。

8つ目は、ムジカティーのQUICK BREWING DARGEELING。
あんまりダージリンのBOPを飲んだことがなかったので、購入してて、こちらをお出ししました〜

九つ目は、近鉄上本町駅近くのなかたに亭にムジカティーが特別にブレンドしている紅茶
玉造からだと近鉄上本町駅は、比較的近い駅の一つなんです。

10種類目、最後の紅茶は、Jasteaの紅茶 青・在来。
皆さんが帰った後、片付けの間、茶葉入ったまま、ほったらかしにしました。
あらかた片付いてから、ちびちび飲んでみると、昔飲んだニルギリのウィンターフラッシュを思い出だしたんです。
タイプが似てるような気がしました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!!

ここまで読まれた方、いかがでしょうか?

紅茶と一言でいっても、こんなに種類があるんです。
もちろん上記以外にも紅茶の種類はあるのですけれど、ゆるゆる飲んでおしゃべりできる機会はそんなにないんじゃないかと思います。

よかったら、1/6のTeaMeeting in 種ノ箱、ご参加くださいー

前回が気になる方は、「TeaMeeting in 種ノ箱 Vol.2を開催しました!!」をどうぞ。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

紅茶向きの品種があるんです!

一つのお茶の木から、緑茶も紅茶も半発酵茶(烏龍茶)も作ることができます。
あくまで作ることができる、であって、向き不向きはあるようで、品種は緑茶向き、紅茶向きと言われたりします。

今のところ、日本では半発酵茶が少ないからか、半発酵茶向きという記述は見かけたことがないです。

さて、日本の紅茶向き品種には、「べに○○」と付けられるそうです。
たぶん、「べにふうき」をご存じの方はいらっしゃるのではないかと思います。
「べにひかり」、「べにほまれ」、「べにたちわせ」、これらは紅茶向きと言われます。
というか、この三つは紅茶で加工された物しか飲んだことがないです。

日本で一番栽培されている品種の「やぶきた」は、緑茶でも紅茶でも飲んだことがあるんですけれど。

品種でなにが変わるかというと、味や香りが変わります!

日本で作られた紅茶、和紅茶とか国産紅茶という名前で見かけることが増えてきています。
緑茶より、品種の名前が書いてあることが多いように思います。
品種に注目して、入手したり飲んだりして味や香りを楽しむのも、お茶の楽しみ方の一つだと思います。
「わたしは、やっぱり△△(お好きな品種名で)が好みやわ〜」を頭の中とか、心の中で呟いてみてください〜

IMG_2101.JPG

それでは楽しくおいしいお茶ライフを〜
では、またー!

そういえば、日本茶って何だろうと思われた方は、こちらをご覧ください。

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

日本の紅茶というよりも、和紅茶という方が雰囲気がやわらかい気がする。言葉が定着したのかなぁ。 #種ノ箱 #国産紅茶 #和紅茶 #べにひかり #月ヶ瀬健康茶園 (Instagram)

日本の紅茶というよりも、和紅茶という方が雰囲気がやわらかい気がする。言葉が定着したのかなぁ。 #種ノ箱 #国産紅茶 #和紅茶 #べにひかり #月ヶ瀬健康茶園 (Instagram)

TeaMeeting in 種ノ箱 Vol.2を開催しました!!

紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。
今回で、二回目になります。

朝11:00から始まり、19:00(20:00完全終了)という予定。

前回は、午後のおやつ時ぐらいからピークで最後までなかなか濃ゆい会でした。

今回は、最初から参加者の方がいらっしゃって、お盆だからかなぁと、やすえさん。

一つ目は、奈良月ヶ瀬健康茶園のべにふうきです。

奈良月ヶ瀬健康茶園さんのパッケージ、イラスト、いいですよね。

べにふうきがストレート向きな感じだったので、お次はミルクティー向きなムジカティーのサバラガムワ。

ここで、ミルクピッチャーに牛乳いれて、テーブルに置きました。
サバラガムワは、やすえさんのされているあべのbase240のTEASPOTでも置いてるそうです。スケジュールはこちら

そんな感じで、おしゃべりしつつ、二種類飲んだところで、特殊なルートで入手されたらしいダージリンファーストフラッシュ。
紅茶にしては青い葉っぱで、形状もOP(大きな形)。
いいお茶でしたね~。

そんな感じでスタートして、お菓子の差し入れもあったり。

やわらかめで飲みやすいインドのニルギリ(ムジカティー)。

それならと、ムジカティーのセレブレーションブレンドで、ちょっと華やかに。

ずっと、着香の紅茶がなかったので、変化を付けましょ!で、犬猫紅茶店のアールグレイブレンド(ティーバッグ)。
パッケージのイラストがかわいいよねっという声いただきました。

ふわっと甘い香りのミルクティーにするとおいしいラトナプラ。
丸い缶が、存在感ありますよね。

お次は、ムジカティーのオータムナルダージリン。
ダージリンは、今年紛争が起きてるので、茶畑荒れてるそうな。

シルバーポットのウヴァ。参加者の方の紅茶です。


この会は、紅茶の持ち込みも、お菓子の差し入れも大歓迎です(^^)

ちょっと一休憩的に、日常茶のムジカティー、堂島ブレックファーストを。
丁度、金時まんじゅうの差し入れもあり、ええ感じでした♪

大人も子供も真ん中にちゃぶ台をひとまとめにして集まってるので、なんかくつろいで色んなおしゃべりしてて、いい感じ。

ウヴァももう一つということで、ムジカティーのビンテージウヴァ、アイスラビイ茶園。

ここらで日本の紅茶も、いかが?
ということで、奈良の大和高原、都祁の羽間農園の紅茶を。品種はさやまかおりです。


おいしい(*^^*)、香りがいいねという声ありました。

自分の知っている限りでは、関西スーパーでしか見かけたことのない日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド。今回いれた紅茶の中で、これだけがCTCですね。

そして、ラストは先日届いた手摘みの特製、京都南山城紅茶!!

 

合計14種類。
改めて、紅茶って色んな種類あるんですね。。

ざっと、紅茶だけの紹介記事みたいになっちゃいましたが、参加者の皆さん、とっても銘々色んなおしゃべりされてました。
情報交換あり、これからのイベントの相談事あり、将来は?という流れから最新のプリキュアの設定に感心したり驚いたりやらあり、ほんといろんな話題がありました。

こういう機会もたまには、いいなぁと思います。

当日届いたばかり、出来立てほやほやの紅茶のフリーペーパー「TEASPOT通信Vol.4」もチラシコーナーに配置しました。

次回は、10月14日の予定です。
よろしければ、ご都合合えば、ご参加いただければと思います。

では~

前回が気になる方は、「TeaMeeting in 種ノ箱(1回目)、開催しました〜!」をどうぞ。

保存

【終了】木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

剣を持ってるライオンのマーク、見たことありませんか?

セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真
セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真

実はこれ、セイロンティーを表すマークなんです。

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、セイロンティーを飲みながら持ち寄った本でおしゃべりするゆる〜〜〜い企画っ!!!

どうぞ、セイロンティーってなんや?という方、お待ちしてしてます!!!
(おしゃべりしたい人、紅茶飲みたい人も絶賛大募集中です!!!!)

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)【まちライブラリーブックフェスタ】
https://www.facebook.com/events/813501268805905/ より

続きを読む 【終了】木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

木曜日にお茶を飲もう♪を続けています。

木曜日にお茶を飲もう♪というイベントをまちライブラリー@もりのみやキューズモールで開催しています。

毎月一回木曜日の夜に、お茶でゆるゆるしながらおしゃべりする会。
ただ自分がおしゃべりしたいだけと言えばそうなんですけれど、日本茶インストラクターというお茶の資格を持っているので、毎回お茶のテーマを設定してます。

テーマというと、まちライブラリーのイベントでは、予め設定されたテーマの本を持ち寄ることが多いです。
木曜日にお茶を飲もう♪でもテーマを設定していますが、いつも「お勧めの本」。
気軽に参加してほしいので、基本的にどんな本でもオッケーにしてます。

さて、先日は国産紅茶を取り上げました。
日本で作られているお茶というと緑茶がほとんどですが、生産量は少ないながらも紅茶や烏龍茶(半発酵茶)も生産されています。

僕は、海外の紅茶をいれ始めて、お茶に興味を持つ様になったので、日本の紅茶にも関心があります。
だいたいは飲んだことがない国産紅茶を見かけたら購入して、どんな香りがするのか味がするのか、どういうお菓子や食べ物と合いそうかというようなことを調べてみたり、かといっておいしいのをまた飲んでみたいので、以前飲んでおいしかったのを購入したりしています。

直近で開催した木曜日にお茶を飲もう♪で、お出ししたのは鹿児島の小牧緑峰園さんのフルーツフレーバーティーの水出しと、熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうき

フルーツフレーバーティーは、ハイビスカスやローズヒップなどが入っているので、華やかな香りもして、少し赤みがかった水色(お茶の専門用語で「すいしょく」と呼びます。液体のお茶の色を指します)でした。
湿度が下がってきているとはいえ、まだ少し外は暑いので、まちライブラリーに入って最初に飲みたいのは、冷たくてスッキリしてるお茶だろう。というチョイスです。

IMG_2103.JPG

初めて、まちライブラリー@もりのみやキューズモールに来られた参加者の方がいらっしゃったので、簡単にもりのみやキューズモールのまちライブラリーの説明をしたり。それから、いれたお茶の説明をしたり、持ち寄った本の紹介をしたり。

サイドディッシュの注文をして、二つ目の熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうきを熱湯を使ってポットでいれました。
飲まれた方の感想は、ジャスミン(茶)のようだ、さっき飲んだのとはまた違うねぇとコメントがありました。

IMG_2104.JPG

そんなこんなで、ゆるゆると木曜日にお茶を飲もう♪、続けてます~

IMG_2106.JPG

買いたてのやらかいフランスパンを食べるオリーブオイルとしらぬいマーマレードで食しました。 海外紅茶と日本の紅茶と一緒に。 こういう試食も楽しいです! from Instagram

買いたてのやらかいフランスパンを食べるオリーブオイルとしらぬいマーマレードで食しました。
海外紅茶と日本の紅茶と一緒に。

こういう試食も楽しいです! (from Instagram)

キャロットジンジャーケーキにオススメのクリームチーズを添えて。 #紅茶 は、日本の紅茶品種の #べにふうき #teatime #月ヶ瀬健康茶園 from Instagram

キャロットジンジャーケーキにオススメのクリームチーズを添えて。 #紅茶 は、日本の紅茶品種の #べにふうき #teatime #月ヶ瀬健康茶園 (from Instagram)

月ヶ瀬健康茶園の秋の手摘み紅茶(べにふうき)を頂きました~♪!!

2ヶ月ほど前に、奈良市の月ヶ瀬健康茶園から秋の手摘み紅茶が届きました。
やっと封を開けたので、試飲レポート。

IMG_5184.JPG

これだけ、全部ポットに入れます!なんと、ちっさなタネが見えます!!

IMG_5186.JPG

開始前。スタンバイ!

IMG_5188.JPG

一杯目。
香りが清々しい。いつまでも、それを楽しんでいたい。
そんな気になります。

二杯目(写真撮り忘れ)。
しっかりとした渋みが出てきました。
カステラを口入れ、食べた後に飲む。
すぐに口に香りが広がって、直前に食べたカステラのをことを忘れるくらいです。
心地よい渋みと飲んだ瞬間に感じる香りより芯のある薫りが口に広がります。
ふわっと香りが口に広がるというよりも、目の前に突然自転車が現れて、通り過ぎていくのを追う「時間」ほど香りを感じました。

IMG_5189.JPG

三杯目。
この紅茶の品種が「べにふうき」だったんだと言うことを思い出させる特有の香味がします。
フルーティーで鼻を抜けるような香りと軽い渋み。
三杯目にもなると、かすかに香りの余韻が続きます。
水色が濃くなった紅茶を飲むと、少し強く渋みを感じました。
カステラの甘みで口の中の渋みを和らげます。
カステラを食べ切り、残った紅茶を頂きます。
べにふうきの香味が広がって、いなくなった。
少しカステラの甘い柔らかな風味が戻ってきました。

紅茶の品種を知っているから、飲んで「べにふうき」と分かります。
でも、二杯目までを飲んだだけだと、日本の紅茶と気づかないくらい。
クォリティーシーズンの紅茶だなぁ~とだけ思ったでしょう。

縁があって頂いた去年の秋の手摘み紅茶のべにふうきを飲んだときもビックリしたのだけれど、こんなに質の高い紅茶を日本でも作れるんですね。
改めて、茶の木の栽培技術が高いだけでなく、製茶の技術が高いんだろうなと、手摘みで少量だから製茶のタイミングの見極めがしっかりできるんだろうか?などと、想いを巡らせました。

ポットのフタの裏に鼻を近づけたけれど、しっかりとした少し青みも感じる雑味のない「べにふうき」の香りです!

IMG_5190.JPG

忘れない内に、茶殻。

本当に綺麗な葉っぱ。
よく見ると外側の方が少し茶色く、中の方が薄い緑ということが分かります。
発酵が葉っぱの外側から起きたことが目で見えます。
タネを明かすと、茶摘みの時に月ヶ瀬健康茶園の岩田さんが教えてくれたんですけど。
尖ってくるまった槍先のような芽も見えますね。

やっぱりミルク(牛乳)は使わなかったのですが、飾りでもあった方が見栄えがよいので、それはそれで役割を果たしたのではないかと思います。

御馳走様でした!

奈良、大和高原、都祁 羽間農園、自然発酵 紅茶を飲みました

先日、京都でお茶会があって、羽間さん(ハマさん)から、どんな経緯でお茶を作るようになったか、何を目指して農業をやっているかを伺いました。「第2回Jastea茶会に参加しました!」をどうぞ。

羽間さんとこの紅茶の封を開けて飲んだので、レポートします~!

IMG_5043.JPG

購入したのは、2014年12月の奈良オーガニックマーケットにて。
奈良オーガニックマーケットは、毎月最終日曜日、JR奈良駅前広場(旧駅舎前)にて、「8am – 12am」で開催されています。(時間に注意!日程の変更や荒天だと開催が取り止めになることもあるそうなので、ウェブページを確認して下さい。)

さて、紅茶に話を戻します。
開けた袋の中身を見て、びっくりしました。
葉っぱが大きい!です。
切断していないのが、見た目から明らか。

ポットで淹れたら、注ぎ口が目詰まりする予感がしました。
それならと、手鍋で沸かしたお湯に、そのまま茶葉を投入、15秒前後煮出して、火を止めました。

直ぐに飲みたかったので、冷ますのと茶殻を濾すのを一緒にするために、朱泥焼の茶こしの網付き急須に注いで、急須から湯飲みに注ぎました。
急須で一度冷まされるので、湯飲みに注いだ紅茶は丁度飲み頃になります。

で、飲んでみると、ストレート向きの香りの良い爽やかな紅茶でした。
別の農家さんのさやまかおりの紅茶を飲んだことがあったので、飲んだ後の口や鼻を抜ける香りが似ていると思いました。

急須、2回分に相当するお湯で紅茶を作りました。
2回目の紅茶は、茶葉が使っていた分、濃くなったようで少し渋みを感じました。
おそらくポットに茶葉を入れて、100℃のお湯をポットに入れた場合では、渋みはほとんど出ないと思います。
今回は、早く飲みたかったので、少し煮出したため、渋みが出たのではないかと思っています。

因みにお茶請けは、豆乳プリン。
ちょっと豆乳プリンだと、甘みが少なくあっさりしすぎな気がしました。
機会があれば、きな粉餅と一緒にこの紅茶を頂いてみようと思いました。

片づけに移ります。
茶殻もやっぱり、葉っぱが大きかったです。
次回入れるときも、ポットで入れるのではなく、急須を使って淹れた方が良いと思いました。

忘れないように、記事にしておきます。

日本で作られている紅茶について興味を持った方、「日本の紅茶、和紅茶のご紹介」はいかがでしょうか。

おしまい。