「烏龍茶」タグアーカイブ

適度なサイズ

そろそろ、種ノ箱は一年になろうとしています。
畳の部屋は、ほのかな香りが豊かだなぁと、ちょいと早起きして水出し番茶を仕掛けてると、そんなことを思いました。

さて、品種茶というのは、同じ特性をもった茶の木というのは、ここらで書いたと思います。
品種が同じでも味が違うというのは、どこが違うんでしょうか?

たぶん、土、気候、肥料のタイミング、生葉の摘み取りのタイミング、製茶の加工のやり方、乾燥具合、いれ方かな?と思います。

じゃあ品種の味、どういう特性があるかを知るには、どうしたらよいでしょうか?

思いつく答えを書き出してみると、

  • 同じ品種のお茶の産地ちがい
  • 生産者ちがい
  • 一番茶(だいたい初夏、ほぼ春)と二番茶(だいたい初夏の次、ほぼ夏)ちがい
  • 深蒸し茶にするか、普通蒸しの緑茶にするかなどの加工方法ちがい
  • 緑茶、半発酵茶(烏龍茶)、紅茶(強発酵茶)などの発酵度ちがい

かな。

あげてみると色々と比較の内容が変わることが、なんとなくわかると思います。

でも、これ全部をいっぺんに楽しみながらやるのは、ちょっと大変なんですよね。

お茶を同じ品種でそろえて、ちがい別に数を用意すること。
数がありすぎると、いれる道具も数が必要だし、いっぺんに飲んでも、よくわからなくなってしまうこと。
飲み過ぎたら、お腹が茶腹と言って、お茶で満タンになって、しんどくなってしまうこと。

みなみさやかを楽しむ茶会の準備。それ以外も楽しむ予定。

だから、当たり前かも知れないけれど、適度なサイズが大切かなぁと思います。

と、そんなことを思いました。

細かいことをふわふわと最近書き出してます。
では、また〜



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

紅茶向きの品種があるんです!

一つのお茶の木から、緑茶も紅茶も半発酵茶(烏龍茶)も作ることができます。
あくまで作ることができる、であって、向き不向きはあるようで、品種は緑茶向き、紅茶向きと言われたりします。

今のところ、日本では半発酵茶が少ないからか、半発酵茶向きという記述は見かけたことがないです。

さて、日本の紅茶向き品種には、「べに○○」と付けられるそうです。
たぶん、「べにふうき」をご存じの方はいらっしゃるのではないかと思います。
「べにひかり」、「べにほまれ」、「べにたちわせ」、これらは紅茶向きと言われます。
というか、この三つは紅茶で加工された物しか飲んだことがないです。

日本で一番栽培されている品種の「やぶきた」は、緑茶でも紅茶でも飲んだことがあるんですけれど。

品種でなにが変わるかというと、味や香りが変わります!

日本で作られた紅茶、和紅茶とか国産紅茶という名前で見かけることが増えてきています。
緑茶より、品種の名前が書いてあることが多いように思います。
品種に注目して、入手したり飲んだりして味や香りを楽しむのも、お茶の楽しみ方の一つだと思います。
「わたしは、やっぱり△△(お好きな品種名で)が好みやわ〜」を頭の中とか、心の中で呟いてみてください〜

IMG_2101.JPG

それでは楽しくおいしいお茶ライフを〜
では、またー!



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

在来と品種茶と製茶と…

お茶の味を決める要素は、いろいろあるような気がします。

いれ方だったり、製法だったり、品種だったり、栽培方法だったり、土地とか土の味だったり、保管状況だったり。
たぶん他にもあるんじゃないかな、と思います。

タイトルにいれた在来とは、その土地で育ったというような意味。お茶の場合だったら、だいたい種から育った一つ一つの株で、味や香り、成長の特性、病害虫に対する耐性が異なる。

品種茶というのは、一つの茶の木から枝を取って、枝分けして苗を作って、同じ特性をもつお茶で茶畑を構成して作った感じ。

栽培したお茶を製茶で、緑茶にしたり、半発酵茶(烏龍茶)にしたり、紅茶(強発酵茶)にしたり。

お茶は、多くの場合ブレンド(合組)して、味や香り、値段を調整して品質を保っています。

でも、品種があったり、栽培方法が違っていたり、製茶の仕方が違っていたり、そんなことをたまには、これどうなっているんだろう?と思うことは、結構頭の中をくすぐるんじゃないかな、と思いました。

冷茶総選挙で、10種類の冷たいお茶が並んで面白いなぁと思って、時間が経って、なんでかな?をキッケケに、さくっと書いてみました。

ee0ca6e8-969a-4443-8ebc-21de1435b67f

おいしくたのしいお茶ライフを送りたいですね(^^)

では、また~

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

剣を持ってるライオンのマーク、見たことありませんか?

セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真
セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真

実はこれ、セイロンティーを表すマークなんです。

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、セイロンティーを飲みながら持ち寄った本でおしゃべりするゆる〜〜〜い企画っ!!!

どうぞ、セイロンティーってなんや?という方、お待ちしてしてます!!!
(おしゃべりしたい人、紅茶飲みたい人も絶賛大募集中です!!!!)

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)【まちライブラリーブックフェスタ】
https://www.facebook.com/events/813501268805905/ より

続きを読む 木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

木曜日にお茶を飲もう♪を続けています。

木曜日にお茶を飲もう♪というイベントをまちライブラリー@もりのみやキューズモールで開催しています。

毎月一回木曜日の夜に、お茶でゆるゆるしながらおしゃべりする会。
ただ自分がおしゃべりしたいだけと言えばそうなんですけれど、日本茶インストラクターというお茶の資格を持っているので、毎回お茶のテーマを設定してます。

テーマというと、まちライブラリーのイベントでは、予め設定されたテーマの本を持ち寄ることが多いです。
木曜日にお茶を飲もう♪でもテーマを設定していますが、いつも「お勧めの本」。
気軽に参加してほしいので、基本的にどんな本でもオッケーにしてます。

さて、先日は国産紅茶を取り上げました。
日本で作られているお茶というと緑茶がほとんどですが、生産量は少ないながらも紅茶や烏龍茶(半発酵茶)も生産されています。

僕は、海外の紅茶をいれ始めて、お茶に興味を持つ様になったので、日本の紅茶にも関心があります。
だいたいは飲んだことがない国産紅茶を見かけたら購入して、どんな香りがするのか味がするのか、どういうお菓子や食べ物と合いそうかというようなことを調べてみたり、かといっておいしいのをまた飲んでみたいので、依然飲んでおいしかったのを購入したりしています。

直近で開催した木曜日にお茶を飲もう♪で、お出ししたのは鹿児島の小牧緑峰園さんのフルーツフレーバーティーの水出しと、熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうき

フルーツフレーバーティーは、ハイビスカスやローズヒップなどが入っているので、香りもして、少し赤みがかった水色(お茶の専門用語で「すいしょく」と呼びます。液体のお茶の色を指します)でした。
湿度が下がってきているとはいえ、まだ少し外は暑いので、まちライブラリーに入って最初に飲みたいのは、冷たくてスッキリしてるお茶だろう。というチョイスです。

IMG_2103.JPG

初めてまちライブラリー@もりのみやキューズモールに来られた参加者の方がいらっしゃったので、簡単にもりのみやキューズモールのまちライブラリーの説明をしたり。それから、いれたお茶の説明をしたり、持ち寄った本の紹介をしたり。

サブディッシュの注文をして、二つ目の熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうきを熱湯を使ってポットでいれました。
飲まれた方の感想は、ジャスミン(茶)のようだ、さっき飲んだのとはまた違うねぇとコメントがありました。

IMG_2104.JPG

そんなこんなで、ゆるゆると木曜日にお茶を飲もう♪、続けてます~

IMG_2106.JPG

上級煎茶を揉みながら

上級煎茶というのは、一般的に70℃のお湯で淹れると美味しいお茶。
日本茶インストラクターのテキストでは逆の表現で、上級煎茶というのは目安として70℃のお湯で淹れると記載されています。

煎茶について、僕がいいお茶という表現を聞いたのは、確かホットプレートの手揉み茶の体験に参加したのが最初だったはず。

京都府のいくつかの茶産地に行って、茶農家さんの話を聞いたり、製茶工場を見学したり、お茶っ葉から淹れたりして、日本茶インストラクターになった今だからこそわかるのだけど、ホットプレート手揉みの段階で言われていたいいお茶というのは、上等な煎茶になるように栽培されて摘まれた乾燥していないお茶っ葉という意味。

IMG_0257.JPG
手揉み茶(伊勢茶、つまり三重県産)。

ここまで書いて、疑問が出てきて。
日本茶インストラクターのテキストでいう上級煎茶というのは、たぶん上等な煎茶をブレンドしたものを指すのだろう。
でも、単一の品種で上等な煎茶というのもあるし、そういうものを上級煎茶とは指していないのだろうな…ということ。

そういえば、16期の日本茶インストラクターの二次試験のインストラクションでは、紅茶や烏龍茶、抹茶(薄茶)の出題はなかった。
つまり、一般的に日本茶といえば、玉露、上級煎茶、中級煎茶、ほうじ茶を指すよねっ!ということなのかな。

自分が最初にお茶を淹れ始めたのが、海外産の紅茶で、その後、ほうじ茶、煎茶ときたので、インストラクションに紅茶がないのが、微妙な感じがする。
とはいえ、日本で栽培されたお茶っ葉の紅茶が、一つの淹れ方で説明できる状態にないのは、色んな国産紅茶をいれて飲んでみて、なんとなく納得できる。

上級煎茶の話をするつもりが、ちょっと違う方向になってきたので、この辺で終わりにします。

では、また~!

有志が育てている茶畑で茶摘み!!

農家さんが何らかの事情で継続できなくなった茶畑。
そのことを聞いた有志が引き継いで、10年間育てている茶畑の茶摘みに参加しました。

この時期、参加したいイベントが重なることが多いです。
5/10(日)も、「お茶の歴史講義」と「茶摘み」が重なり、どっちを優先するか、悩みました。
でも、
・この時期しかない!
・知らない茶畑!
・どんなメンバーが集まるか分からない!
・どっちがドキドキする?
を基準に茶摘みを選択したのですが。

行ってみると、全く知らない人たちばかりでもなく、というか日本茶インストラクター二次試験の面接官のHさんがいらっしゃってビックリしました。
どういう繋がりがあるか、ホント行ってみるまでは分かりませんねぇ。

さて、手摘みと一言で言っても、やり方は様々です。
・煎茶の品評会用なら、一芯ニ葉とか場合によっては一芯一葉。
・煎茶ではありませんが高級烏龍茶である東方美人を作る場合なら、ウンカで葉の色が一部黄色から茶色になってるものを選んで摘みます。
・阿波晩茶の場合は、針金を軍手に巻いたもので、茶の木を枝だけにするような摘み方。
・玉露園の場合は、折り摘みとかしごき摘みをするそうな。

で、今回伺ったのは、玉露園でした。前日は、雨が時折降る中、煎茶園の茶摘みを行ったそうです。
13 - 3

実は、玉露園というのは、全くの想定外。
というのも、これまで玉露園の手摘みを機械に掛けるだけ摘むというのには参加したことがなかったんです。
体験で、玉露園の手摘みはしたことがあったのですが。

茶摘みをする前に、Hさんから摘み方の説明がありました。
「折り摘み」でも「しごき摘み」でも良いとのこと。
13 - 2

今回の茶摘みに参加するに当たって、事前に持ち物の連絡がありました。
その中で不審な項目が…
「小さなイスがあると便利!」
手頃な大きさがなく持って行かなかったのですが、なぜ?
今まで茶摘みでイスなんて使ったことなかったのに、なぜ?
という状態でした。

そいで、到着して合点いたしました。
玉露の茶摘みはイスが必要!!!です。

なんで?って、茶の木の株の下から、摘んでいく。
一つの株を下から摘むので、同じ場所にいる時間が長く、背の低いところを摘む時間が長いので、イスに座って茶摘みをしないと出来ない。

そういえば、江戸時代だと思うのですが、巻物で株仕立ての覆下茶園でイスに座って茶摘みをしている絵を見たことがありました。
今回、ホントにイスが必要なことを痛感しました。

無心に摘んでいて、ふと、なんで下から摘むのかなぁ?と考えていたら、何となく次の考えが浮かびました。
茶の木は、一つの株からどんどん枝が分かれて、その枝の先の芽と葉っぱを摘みます。
で、下から摘んでゆくと、どこら辺りに株があって、枝分かれしていてというのが上からやるより遣りやすい。
たぶん、そういうこともあるんだと思います。
(この記事を書くのに頂いた摘み方の紙を見返していたら、下から摘むのは、小さな芽を摘み残すからって書いてありました)

10時頃から16時すぎくらいまで、昼食や休憩を所々挟んで、ずーっと摘んでました。気持ちよかったです。
13 - 4

摘んだお茶の葉は工場に運んで製茶され、来週、袋詰めやら希望者への発送等の作業をするとのこと。
茶摘み終了後、駅まで車で送っていただいたのですが、その道中、幹事の方から色々お話を伺いました。
・この茶畑は、農薬は使っていない。
・肥料は年4回ほど、油粕などをやっている。そうしないと、お茶が育たない。
・農薬をやらないので虫が付くので、芋虫などを捕る作業を行う。
・茶摘みの時には、どうしても人手がいるが、人数が足りていない。今回も、摘み残しがあった。
(総勢30人弱で、自分の周りを懸命に摘んでいたので僕は摘み残しが合ったことに気が付きませんでした)
・製茶の機械も茶摘みで集まる葉っぱの量がそれほど多くないので、小さな量を製茶出来る茶農家さんにお願いして加工して貰っている。
・茶農家さんの高齢化で辛どいから製茶は困難と断られようとしたけれども、有志で工場の掃除に行って、今回も製茶をお願いすることが出来た!

お話を伺う中で、何とか自分たちで育てている茶畑を継続していきたい!という熱意が伝わってきました。

駅に着き、大阪に帰ってきて、分かったことがあります。
先週の煎茶の茶摘みでは、手の甲を日焼けして、ヒリヒリしました。
今週の玉露の茶摘みは、寒冷紗の下で日差しが遮られて日焼けがなく、その面では楽だったのですが、茶摘みで酷使した右手人差し指の第一関節辺りが擦れてタコができそうです。
長時間茶摘みをすると、こんな事にもなるんですね。
11 - 1

振り返ってみると、現地に行くまでは分からないことばかり。
でも行くことによって知ったこと、より疑問が深まったこともあります。
記録も残しておかないと忘れるだけなので、とりあえず書き出しました。

おしまい。