「碾茶」タグアーカイブ

お茶と本と、人の縁に感謝!〜お抹茶と本!〜

いきなりですが、自分ではハッキリ意識してなかったのですけど、お茶好きと茶道を嗜(たしな)む人は、違うんですね

IMG_3475.JPG

京都市内の古本屋さんで入手した1976年4月1日、初版発行の「緑茶読本」。
帯に、「お茶好きのあなた、茶道を嗜むあなたの座右の書」とあります。

お茶やってます!と自分のことを説明しても、すぐに茶道の方?と誤解されちゃいます。
自分のお茶に対する関心は、美味しいお茶、珍しいお茶、淹れていると楽しくなるお茶です。

さて、先日、自分のスペースの種ノ箱をお休みして、もりのみやキューズモールのお茶のイベント『伊勢茶を楽しむ  ~実は碾茶(抹茶)も三重なんです!~ 』でお茶友達から紹介されたお抹茶の飲み比べイベント「12月講座 お抹茶利き茶会(飲み比べ会)【限定5名様まで】」に参加してきました。

10種類ものお抹茶を2時間という短時間に飲み比べるというなかなか体験することの出来ない企画です。
結論から書くと、めっちゃ楽しかったです。

IMG_3445.JPG
お抹茶の色の違いがわかりますか?
IMG_3451.JPG
並ぶのがこんなに楽しくなるのって。面白かったです。
IMG_3456.JPG
肉眼だとほんの少し色合いが違ったような。飲むと味は、もちろん違うのがわかりましたよ。

個別で書き出してみると、
お抹茶の色が違う、点て易さも違う、旨み渋みも違う。
味わいのバランスも、なかなか違う。
わいわい、がやがや、お茶好き通しの気安さで、各自作業分担なんかもして、進行もめちゃスムーズ。

IMG_3441.JPG
あれ?、初めて行った時もこの看板だったかな?
IMG_3440.JPG
一箱古本市、楽しげでした(*^^*)

それに考えてみると、久々の完全なる休みで開放感がある上に、滅多にないお抹茶のたくさんの種類、ノリの良い進行で、通常の古本屋さんのみつづみ書房に一箱古本市(軒先での開催が発祥。一箱古本市とは?に詳細が書かれてます)がくっついている。
豪勢すぎます。
お茶も、本も楽しみました。
(本をまとめてもらった紙袋が、まあ重たかったです ^^;)

夕方から、本つながりでもあり、京都のスペースつながりでもあるお知り合いが企画されたZineのイベント「ノマドウーファー、ブラジルへ行く(Zine刊行記念!)」に参加しました。
こちらも、濃密で自分が言っていない世界の話を人の体験を通して知る。その内容を本(Zine)にしていてZineを読めばある程度再現できるとはいえ、直接質問が出来るって、「おいしい企画」だなっと。

IMG_3462.JPG
カード立てに「MORI NO COFFEE」と書いてある。

(イベントを企画して、本を手売りするという内容は、アサダワタルさんのスタンダードブックストアでの話「アサダワタルの極つき十三夜」(Vol.01の話だったかは記憶あやしい)を思い出しちゃいました。)

IMG_3460.JPG
はっちのロゴをキレイにかたどったオブジェ。キラキラしてた。

少し早めに到着したので会場の「はちみつとフリーペーパーのお店 はっち」で、フリーペーパーを物色していたら、「この味をずっと忘れない」という文字に出会いました。百(もも)の3号。

ページをめくって目次に目をやると、なんとお抹茶飲み比べの最後にいただいた山本甚次郎さんのしっかりした記事が含まれていました。
めっちゃ得した気分です。

お茶も本も、いろいろ楽しかった一日でした。
いずれにせよ、いろんなつながりや人との縁に感謝です!

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

木曜日にお茶を飲もう♪(アッサムティー)を振り返って

昨日は、まちライブラリー@もりのみやキューズモールで「木曜日にお茶を飲もう♪」を開催しました。

お茶は、アッサムティーで。

インドの紅茶です。ミルクティー向き。
牛乳を常温近くにしたものを添えて、お好みでミルクティーに出来るようにして。
参加者の方とおしゃべりしてて、最近クリームを添えるのではなくて、牛乳を添えるお店増えたよね、ていう話題がありました。
クリームだとおいしくないんですよね。牛乳がいいです。
牛乳、温めすぎるとミルクの香りがしすぎるので、常温ぐらいで。

最初に出したのは、ころころっとしたまん丸のCTC製法のアッサムティー。
参加者の方の持ってこられた紅茶の本を開いて、CTC製法の写真を一緒に見ながら学びました。
CTC製法のアッサムティーは、コクがしっかりしていて、明治のチョコレートと一緒に。

IMG_3006.JPG
明治のチョコレートと紅茶

明治のチョコレートは、確かアールグレイの会の時に参加してくださった方が、「チョコレートはコーヒーでしょ!なんで紅茶?」と言われていたので、この紅茶ならチョコレートが良いかなと思って。

たくさんたくさんアッサムティーを含めて、お茶のおしゃべりをして、今回のメインの小豆のマフィンをオーダー。
紅茶をオーソドックス製法のアッサムティーを淹れて、一緒にいただきました。

IMG_2929.JPG
小豆のマフィン。11月の期間限定品。先日、伊勢茶の抹茶の原料、碾茶のお話で食べておいしかったので、リピート

オーソドックス製法の方が香りがよく、CTC製法のように早く抽出されない分あっさりしているけれども、ちょうどマフィンと合う感じでした。
ミルク(牛乳)を紅茶に入れなくても、いい感じ。
あ、でもミルクティーにして飲まれている方もいらっしゃいましたよ。

お茶があるから、お菓子があるから、本があるから、話が弾む。
まぁ、そんな緩い感じで、木曜日にお茶を飲もう♪、まちライブラリー@もりのみやキューズモールで月一回、開催しています。

IMG_2994.JPG
紅茶のパッケージとコジーと、持ち寄られた本たち。パンの本は、パンなら紅茶にも合うだろうという選書だそうです

これまでに取り上げたお茶たち。

  1. アールグレイ(2016.2)
  2. ダージリン(2016.3)
  3. 新茶(2016.4)
  4. 日本茶、煎茶(2016.5)
  5. 半発酵茶(烏龍茶)(2016.6)
  6. 水出し茶(2016.7)
  7. ミルクティー(2016.8)
  8. 日本の紅茶(2016.9)
  9. ほうじ茶(2016.10)
  10. アッサムティー(2016.11)

来月も何かのお茶を取り上げて開催する予定なので、ご都合が合えばご参加いただけると嬉しいです。
では、また〜

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

そ〜ろと、春が近づいています♪

二月も半ばです。
一昨日、昨日とお昼の気温は高め。
なんだか春が近いのかな?と思わせる陽気で。

しかも、雨が激しく降ったり、風も強かったりしましたし。

でも、夜と朝はしっかり気温が下がるので、体調管理には気をつけたいです。

さて、話はもう一度、少しすこし前の日に戻って、土曜日のこと。
朝の時点では少し暖かいなと思っていたところが、お昼近くになるとずいぶん暖かい。

もう春なんじゃないか?と、そんな気分になりました。
その日の午後は、府大のまちライブラリーの2月お誕生日会。
春の気分が出てきたので、持って行くお茶を追加しました。

df1c2e26-46e0-489a-b6fa-8cbc1dcb5759

別の機会に封を開けるつもりだった「春待ち茶」。
素敵なネーミングですね。

鹿児島のおくみどり、八女のかぶせ茶、高級抹茶の原料の碾茶のブレンドだそうです。

お誕生日会では桜餅を食べ始めた直後に、楽しんでいただきました。
美味しいと言っていただけたので、淹れた自分としては嬉しかったです。

色んなお茶があります。
そのときの気分や季節に合わせて、お茶を楽しむのもどうかな?
と思ったので、少しご紹介しました。

おしまいです。
それでは、また。

よかったら、だしパックー>水出してん茶ー>てん茶の茎茶!!をどうぞ。
茶摘みと、紅茶工場見学と、かぶせ茶と、ぼた餅!もいかがでしょうか。

宇治でトコトコ歩いて、お話をがっつり聞いた七名園巡り(お茶の歴史講座)

週末の5/9(土曜)は、宇治でお茶の歴史講座に参加しました。

今回のお茶の歴史講座は、宇治の七名園と七名水を2日に分けて巡るという、おそらく他には例をみないマニアックな企画。
ため息が軽く10回くらいは出そうなくらい、メチャ濃かったです。

最初はノンビリとJR宇治駅に集合。
地図とか宇治橋通り商店街のパンフレットを事務局のネクスティの典子さんから貰いました。
11 - 3

それから、トコトコ歩いて、七名園の一つ目、祝園(いわいえん)。
茶畑なんて、あ・り・ま・せ・ん!!!!!
石碑もなかったです。
あったのは、マンションでした…
11 - 4

橋本素子先生の解説によると、茶畑として残っているのは奥の山園(おくのやまえん)だけ。石碑も何もないところもあるとのことで、最初から何もない七名園に出くわしたことになります。

七名水も巡ったのですが、書く手間が掛かるのと、僕の関心の弱さで、記述を割愛します!

で、二つ目が宇文字園。
JR宇治駅の宇治橋通り商店街側の大通りの手前に記念のオブジェがありました。
11 - 5

文字を拡大。
11 - 7

時折、七名園以外にも宇治の見所に寄り道。
中村藤吉本店にも寄って。
5/9の「ちゃだま」です。杉玉ならぬ「茶玉」。
11 - 8

新茶の販売にあわせて、茶の木の葉っぱ付き枝で作られるそうです。
作成当時の写真を見たら、葉っぱがツヤツヤしてました。
で、時間が経って5/9時点。少し乾燥してました…

この日のビッグイベントの1つ目となった上林記念館。
11 - 9

上林春松さんから「直々に」展示の内容を伺うという貴重な機会。

昔の製茶図の巻物の下に製茶道具を配置して、そこで抹茶の原料となる碾茶の製造を伺い、コカコーラから出ているペットボトル緑茶「綾鷹」の名前の由来も教えて貰ったり、宇治茶というのは抹茶が元になっているというお話があったり、ルソンの壷の話があったり。
この内容だけでも、本当に濃い時間です。
(個人的には、現在の中国では殆ど無い蒸製緑茶、恩施玉露の話が出てきたことが一番衝撃を受けちゃいました。先日たまたま入手してたから)

七名園の三つ目は、奥の山園(おくのやまえん)。
小売りもされている茶問屋「堀井七銘園」さんが管理されている七名園で「唯一、茶畑として残っているところ!」です。

まず、堀井七銘園の店舗に到着しました。
当主の堀井さんは、城陽市の茶市場に参加して戻られたところ。
でも、話を伺うと奥の山で「今、茶摘みをしている」と聞くと、お店で話を伺う前に「(茶畑を)見たい!」となって、早速移動。
かなり急な坂を上って、奥の山園に到着しました。
石碑を撮影。
11 - 10

寒冷紗の覆いを堀井さんにめくって貰っての撮影です。ありがとうございます!
11 - 11

茶畑の中に入って説明して頂きました。
現場を見ながらの説明なので、メチャクチャ説得力があります。
色々話を伺った中で、一番感慨深かったのは、二種類の品種「成里乃(なりの)」と「奥の山(おくのやま)」。

堀井さんの話をかいつまんで書くと。
・奥の山園は、元々は堀井さんの家の管理ではなく、明治時代に親戚から引き継いだ。
・現在は品種園だけど、元は在来の丸株だった。
・在来は株ごとに摘み時期が異なり、管理が大変!!
・もう、これ以上管理するのは辛どいから、昭和56年(西暦1981年)改植しようとなった。(茶の木を品種に植え替えようということ。品種茶は、茶摘みの時期が同じ。)
・でも単純に改植するのは、在来があるので勿体ない!!
・180-200本あった中から良い木はないか。選別しよう!
・選んで56種類。それから、もう一段選らんで二種となった。
・それが、「成里乃」と「奥の山」。
・「成里乃」、一番違ったのがアミノ酸。従来の二倍あった!お抹茶向き。
・「奥の山」、葉の色が濃い。細長いから揉み込むのによいから、玉露向き。

実は、2012年の2月頃に堀井七銘園さんをお茶友達と訪問して、一度品種を選抜した事を伺いました。
当時、茶畑がドコという話とか、特徴がどうという話は、頭に入っておらず、「只々手間かけて選抜したんだな~」ぐらいの印象しか残っていませんでした。

それが今回、奥の山園で茶の木を見ながら、「成里乃」と「奥の山」の話を伺って、深い思いと品種の特徴が頭に入って、楽しかったです♪

さて、18:00頃から座学。講義でした。
例によって、お茶とお菓子。
11 - 12

先ず、お茶請けは素子先生セレクトの虎屋さんの京都限定の桃山「雲居のみち」です。
お茶は、京都市の熊野神社近くの竹村玉翠園の竹村京子さんが茶市場で落札された品種茶「朝日」の煎茶を持ってきて下さりました。
口に含むと、新茶の青みのフレッシュな香りが広がり、甘みがふわっと広がる。
上品な美味しい煎茶でした。
因みに品種「朝日」は、ほとんど抹茶の原料となる碾茶に加工されるので、煎茶で出回ることは希(まれ)とのことです。

講義の話は、長くなったので割愛しますが、なかなか資料と付き合わせると見えてくるものが違うなぁ~というのが感想です。

と言うわけで、なかなか濃ゆい一日でした。

参考資料。
宇治の七名園については、宇治茶の歴史が記載されたパネルが宇治橋通り商店街にありました。
11 - 2

因みに宇治市のマンホールは、宇治橋の三の間でした。
11 - 1

では、また~。

もっと宇治茶のことを知りたくなった方、宇治茶「本ずづくりプロジェクト」の一回目「お茶のセミナー」は、いかがでしょうか。

コーヒーと抹茶の共通点

コーヒーが焙煎された豆からミルで挽いたものを使って淹れることは、よく知られていると思う。
豆の形状で普通に売られているのを見るから。

抹茶でも同じように挽くのだが、抹茶を石臼で挽く前の碾茶が、小さなシート状だということは、あまり知られていないような気がする。

お茶とコーヒーがどう違うかを比較するため、最近コーヒー豆をミルで挽いて飲んでいます。
ふと、そんなことを思ってたので、つぶやいてみました。

06 - 1
「レモンボーロ」と「にじゆら」のコーヒー豆が帽子にいるコースターとコーヒー。

 

 

だしパック、水出してん茶、てん茶の茎茶の話!!

日本茶・海苔を中心とした日本の伝統食品の包装資材を企画・製造・販売されている「株式会社吉村」。
橋本社長の橋本コラム「お茶マーケティング」パッケージが売上に与える影響!?を読んでいたら、魅力的な「だしパック」の話が書いてありました。

先週のイベント「イノベーションバー」で提供した水出してん茶…。
だしパックに入っていたので、完全に見た目が、お出汁!!
中身は、こんな感じです。

image.jpg
水だし碾茶の中身。

関連して、京都府の茶業研究所にてん茶の茎の利用で、食品素材としてのてん茶の茎の利活用という記事を発見しました。
てん茶の茎が調味料として、使えるという研究成果です。
これを読んで思いついたのは、ホットケーキに混ぜること。
玉露の茎茶(商品名としては、かりがね、雁が音と書いてあることが多い。茎を専門用語でホネと言ったりします。)を買ってきて、フードプロセッサーで砕いたら、混ぜれるはず。
(まだやってないです。試したら、ここに結果を載せる予定。)

玉露や抹茶とは、なんぞや?(日本茶も説明してます!)

日本茶の種類を詳しく知らない方を想定して、玉露や抹茶を説明します。

上が玉露、下が抹茶(ただし抹茶アートでお絵描きしてる)

まず、日本茶というのは、日本で育てられた茶の木から製造された緑茶、烏龍茶(ウーロン茶)、紅茶のことを指します。

緑茶は、茶の木から葉っぱを摘んで、蒸気や釜などの熱をかけて、酸化酵素の働きを止めることで、緑色を残して、加工するお茶のことです。

紅茶は、茶の木から葉っぱを摘んで、湿度温度を調節して、酸化酵素を働かせて、酸化を完全に行い、茶色にして、加工するお茶のことです。
最近増えてきた日本で作られた紅茶は、和紅茶とか地紅茶とか国産紅茶と言われて販売されることが多いです。

烏龍茶は、茶の木から葉っぱを摘んで、湿度温度を調節して、酸化酵素を働かせますが、酸化を完全にするのではなく、途中で熱をかけて、酸化酵素の働きを止めて、加工するお茶のことです。

水分を蒸発させて、乾燥された状態で保管されるので、お店で販売されているのは、乾燥茶葉ということになります。
お茶を飲むには、煎茶のように「乾燥茶葉にお湯に注ぎ、成分を抽出した液体を飲む」か、抹茶のように「粉末状の乾燥茶葉の場合はお湯に溶かして、飲み」ます。

さて、日本茶の中で一番飲まれているのが、緑茶です。
日本では、おダシのような味のする旨み成分の多い緑茶が好まれる傾向にあります。

旨み成分のアミノ酸類と渋み成分のカテキンの比率は、茶の木の栽培方法により、変化させることが出来ます。
仕組みは次の通りです。

茶の木のアミノ酸類の主な成分は、テアニンです。
テアニンは、根の部分で作られて、根から幹、枝を通って、葉に移動します。

ここが重要な点ですが、葉に移動したテアニンは、日光に当たると、渋み成分のカテキンに変化します!

渋みが少なく旨みの多い緑茶を作るには、テアニンからカテキンの生成を抑制する、つまり日光を遮る作業を行います。
この作業を「覆い」と言います。

image.jpg
本ずづくりプロジェクトで、よしずを敷き、藁を振る、覆いをするため、棚の上に乗った。奥にいるのが私の筈。

 

玉露や抹茶の原料となる碾茶(てんちゃ)は、新しい葉が出てから、20日以上覆いをして、葉を摘んで、乾燥茶葉に加工したものです。
玉露は、煎茶と同じ方法で加工したもので、行程に葉っぱを揉む作業があります。
一方の碾茶は、葉っぱを揉まず、葉のシート上の形状を残します。

玉露と碾茶を製造できる工場がある場合は、どちらが需要があるかを予想して、玉露を多くするか、碾茶を多くするかを調節するそうです。

ところで、覆いを行った茶の木は、光を遮られるので、ストレスを感じたり、弱ったりします。
玉露や碾茶は覆いをする期間の長いので、次の年も、良い葉をつけて貰うには弱ってしまった茶の木への対策が必要です。
病害虫の発生を防ぐ注意が増えるでしょうし、適切なタイミングで肥料をやって元気を取り戻して貰う必要があります。
覆いをする分、栽培の手間が多くなるのです。

というわけで、出来るだけ、かみ砕いて記載したつもりですが、いかがでしょうか。
こうして紐解いてみると、玉露や抹茶が、手間をかけて、大事に育てられた茶の木から作られたお茶だと言うことが分かると思います。

おわり