「神戸ムジカ」タグアーカイブ

杵築紅茶の「べにさやか」さん

神戸ムジカで購入した杵築紅茶は、べにふうきとべにさやか。
先日べにふうきを開封して、今日べにさやかを開封。

袋からは、すきっと背筋が伸びるような、ピンとした香りがします。

筆者は、堂島ムジカでもらった資料を保管しています。
ふと、杵築紅茶のを出してみると、2011年6月に、べにふうき、べにたちわせ、べにさやか、桜花入りの記載があります。
確かに、べにたちわせ、ありました。
別の年には、そうふうもあったはず。

IMG_7184.JPG

さて、ポット大でべにさやかを入れてみると、カップ一杯目は淡い感じ。
香りがなんとなく南国を思わせます。

IMG_7185.JPG

カップ二杯目は濃くなった感じでお茶だけで楽しめてしまう。

IMG_7186.JPG

カップ三杯目、濃くなってバランスが悪そう。。
飲みづらくなってしまった。
ちょっとお菓子と一緒にしたらどうかな?

IMG_7187.JPG

バームクーヘンと一緒にいただくと、はっきりと香りが浮かんできて美味しくいただきました。

620850d6-fa9a-4fca-add5-ea5959d903c4

ごちそうさま。

IMG_7190.JPG

色んなお茶があるけれど、それぞれで楽しめたらいいなぁと、よさそうな組み合わせを今も探してます。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

シンプルな紅茶のたのしみ

紅茶をたのしむ、といっても、いろんな楽しみ方があるんだろう。

朝の起き抜けに、濃いめで目覚まし代わりだったり。
お昼に、昼食に添えたり。
午後に友人たちと談笑しながらだったり。
夕方に一息付くためだったり。
夜にくつろいでだったり。

今年の杵築紅茶べにふうきをムジカティーのポット大で、ティーカップ三杯で飲んでみたら、一杯目と二杯目と三杯目では、香りのふくらみも水色もピリッとした収斂味も違っていて。

731fc1a2-d168-412c-84c5-81ce71a5dee8

そういえば、在りし日の堂島ムジカで楽しんでいたような、ケーキとティーカップ三杯の変化をたのしむ紅茶の飲み方、この頃ずっとしてなかった。

紅茶といっても、いろんな楽しみ方があるんだろう。
だれど、たまには堂島ムジカのときのようなポット一つだけ、カップの紅茶を飲み干す毎に、かわるたのしみ方、ゆったりとやってみるのも悪くない。

杵築紅茶べにふうきは、神戸ムジカで、購入しました。

a0a666f2-3362-40cc-8529-dd4b3312d4eb



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

twitterで再掲して少しでも反応のあった過去記事(2015-02-25)

twitterに、コメントをつけて過去の記事を取り上げています。
ひとつでも、クリックがあった記事をコメントつきで紹介します。
なお、重複して取り上げた記事もありますが、コメントが違うので、そのまま載せました。

 

自分が興味を持った内容を記事に書いているので、他の方がどれに関心があるのかを知るためにまとめて見ました。

image.jpg

ティーハウスムジカのポットオブティー

ティーハウスムジカのポットの紅茶は、次の内容で提供されます。

  • カップ&ソーサーのカップは、湯通しして温められています。
  • ソーサーにティースプーンが置かれます。
  • ポットは、ティーコジーで保温されます。
  • ポットの中に葉っぱが入っています。
  • 茶こしが付きます。
  • 抽出時間の目安する砂時計は置かれません。
  • 紅茶にはミルクが付きます。
  • 紅茶が濃すぎる場合は、お湯(ホットウォータージャグ)を頼むことが出来ます。
  • ミルクが足りない場合は、追加を頼むことが出来ます。(堂島ムジカでは出来た。おそらく神戸ムジカでも可能なはず)
IMG_0906.JPG
神戸ムジカにて。サンドイッチと一緒に。(2013-4-20撮影)

上記の内容のため、お客としては、抽出時間を自分で決めて淹れる必要があります。

ムジカティーの紅茶を売っているところ

ムジカティーの紅茶は、ムジカと名前が付いているお店だけで売っているのではありません。

つまり、ティーハウスムジカ神戸店(神戸ムジカ)やムジカティー(芦屋ムジカ)以外でも、常設またはイベント的に期間限定で販売される場合があります。

ムジカの紅茶のパッケージは、カップとポットのロゴとラベルが共通しているので見つけやすいと思います。

IMG_4176.JPG
ムジカのティーキャディーたち。バックは、D&DEPARTMENT PROJECT OSAKAの「にじゆら」の記念手ぬぐい。

紅茶道具。お湯さし(ホット・ウォーター・ジャグ)

ティーコジーをして長く蒸らした紅茶は、濃くなり過ぎて、そのままだと飲みづらくなることがあります。

そこで、お湯を足して薄めるために、お湯をオーダーできました。
ホット・ウォーター・ジャグ、日本語だと「お湯さし」。

堂島ムジカでは、紅茶をオーダーすると、ほとんどの場合、ポット大に。
お湯をオーダーすると、ポット小に。ティーコジーも、ポット小用のものが被せられました。

IMG_3843.jpg
めずらしいポット小で紅茶が出てきた写真。堂島ムジカにて。

ところで、神戸ムジカで紅茶をオーダーするとポット小で、出てきます。
堂島ムジカに行くことが多かったので、ここが違うなぁと思ったのでした。

神戸ムジカ

堂島ムジカは芦屋に移りましたが、神戸ムジカは、以前と同じように営業されています。
三宮センター街三丁目の二階。
季節の良い時に窓際に座ると、気持ちの良い風が入ってきます。
壁に掛けられた紅茶のパネルを見て、お茶するのも楽しいですよ。

IMG_1892.jpg
神戸ムジカ

ベルティー

ムジカのマスター、堀江敏樹さんが初めて海外に視察に行った国は、スリランカやインドなどの紅茶の生産国ではなく、消費国のニュージーランドだそうです。
ニュージーランドの紅茶、ベルティーの資料がたくさんありました。
写真は一部。
神戸ムジカにも、ベルティーの写真が飾られてますよ。

IMG_1824.jpg
ベルティーの箱たち