「茶器」タグアーカイブ

第1回大大阪お茶会、大盛況でしたっ!

2018年1月21日、日曜日。大阪本町の愛日会館で、第1回大大阪お茶会が開催されました!

遅くなりましたが、スタッフ目線で当日の様子を書きます。

筆者は、主にセミナー担当スタッフ。ほとんど4Fの一番奥の部屋にいました。
なので、会場全体の様子が分からなかったのですけれど、とってもたくさんの方にお越しいただいたんですね。
ありがとうございました。

セミナーは定員があり参加された方が限られると思うので、さらっと紹介します。

橋本素子先生の「日本茶の歴史―中世の大阪府を中心に―」。

真ん中のご著書「中世の喫茶文化」が、お茶会の翌日1/22発刊。案内文の紙は資料の最後につけて配りました。

お茶準備して、

写真は、京番茶。大きな葉っぱで燻された香りがします。もう一つは、宇治茶でお煎茶でした。

お菓子テーブル置いて、

こちらの干菓子と金平糖をお懐紙の上に乗せました。緩衝材で隠してて、すみません…

とか準備万端。

でも、最初の開始時間。来られる方が少なくて、どうしたのかな?
と思っていたら、受付に行列ができている!
との連絡がきてビックリ。

受講者の方が集まられるのを待って、定刻を少し過ぎてから開始しました。

大阪にも昔は茶畑があったんですよ!という話を資料に触れながら話していただきました。

資料に登場する場所のいくつかを先生と下見にご一緒しました。
その時の写真が出るたびに、(寒かったなぁ)とか、(遅刻してスンマセン!)とか、(お茶の木あった!)とか、いろいろ自分的に楽しかったです。

今の大阪城の南側あたりに茶筅を並べた、専門の茶筅売りがいたというのも、筆者はいま玉造エリアにいるので親近感を感じました。

お寺でお茶をふるまう茶所もあれば、儀式で使われるお茶もある。
そういう歴史があって、お茶が広まったというのは、面白いなぁと思いました。

質問の時間を含めて、きっちり時間通り終了。
橋本先生ありがとうございました。

次の森崎雅樹先生の中国茶の講座準備があるので、そうそうに片付けして切り替え準備。
さすがに森崎先生は色んな所でセミナーをされてるとのことで、茶器の数が多く手馴れておられて、とっても勉強になりました。

森崎先生の準備が終わったぐらいで休憩だったので、販売ブースをのぞいたり、スタッフと情報交換したり。
一階の会場案内に立っているときに、お知り合いにお会いできたりして。
なんででしょうか?、お知り合いが来てくれるとより、うれしくなりました(^^)

再び、セミナー担当スタッフで、若林葉子先生の「緑茶と和ハーブの植物療法」のサポート。
ハーブとは?、というお話の後、参加者さん二人もしくは三人一組でハーブティーのブレンドをされました。
参加者同士で、どんなブレンドにする?という相談をしたり、出来上がったのを試飲して、お隣のブレンドと比較したりされていて、皆さん楽しそうにワイワイされていました。

他にもいろいろあったんですけれど書き出すと大変なので、このくらいで。
ほんとに、とっても盛りだくさんな一日でした。

メモで書き留めておいた当日聞いた、いろんな良かったという言葉をご紹介しますね。

「たくさん来てくれて良かった」
「時間通りに終われて良かった」
「笑ってもらえて良かった」
「売れて喜んでもらえて良かった」
「楽しんで帰ってもらって良かった」

SNSでは、ハッシュタグをつけて参加者さんに投稿していただきました。

twitterで、#大大阪お茶会2018 と検索したり、#大大阪お茶会 と検索すると、当日の様子がうかがえると思います。

Instagramでも、#大大阪お茶会#大大阪お茶会2018 で検索してみてください。

最後に、お越しいただいた皆様、関係者の皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!
来年も同じ時期に開催予定なので、来年もお楽しみに~♪

おしまい

この子、どんな子?〜新しいお茶との接し方〜

飲んだことのないお茶をいれるとき、どういうことをするかというと。

袋に鼻を近づけて、今までに飲んだことのありそうな香りか、確かめて。
袋からお茶っ葉を出してみて、どんな色や形状をしているかを見て。
お茶の種類に見当を付けて、茶器を準備して、実際にお茶をいれてみる。
液体になったお茶の色を見て、飲んでみて、香りや味などを感じる。

お茶の性格、キャラクターを調べてる。
子供だって、色んな性格してるし、大人に至っても同じで、より年齢が上でもたぶん同じ。
お茶の特徴を、人にたとえる人もいたりする。「かわいいアイドル」とか。

この子、どんな子がわかっても、ちょっともう少し考えないといけないことがあって、隣にどんなパートナーがくるかで、見え方も違ったり。
パートナーは、お菓子だったり、ご飯だったり、景色だったりするのかも。

それに、お湯の温度とかお湯を注いでから器に注ぐまでの待ち時間の、ちょっとした機嫌みたいなので、かわったりするところがあるから困りもんかも。

繊細なのとか、おおざっぱなのんとか、色々あります。
そういう目で、お茶をみると、ちょっと笑えてくる世界だと思いませんか〜

おいしく楽しいお茶に出会えますように(^^)

では、またー

よかったら、ほんの少しウチの実家の風景が見える記事「尾道紅茶のキャンディを淹れてみた。」はいかがでしょうか。

[使い方紹介] わたくし宝(たから)の瓶(びん)と書いて、宝瓶(ほうひん)と申します

日本茶の代表的なお茶に煎茶があります。
上等な煎茶をいれる場合は、一般的に知られていない専門の急須「宝瓶」を使います。

宝の瓶と書いて、宝瓶(ほうひん)と読みます。

よく知られている蓋の上にツルの付いた土瓶タイプの急須とは異なり、ツルがありません。
横手持ちの急須のように、取っ手も付いていません。

宝瓶の特徴を挙げてみると。

・少量のお湯を注ぐ
・上等な煎茶をいれるのに使う
・お茶を注ぐときに調整しやすい
・茶葉の広がりもしっかり見える
・蓋の口が広いので、茶殻も捨てやすく、洗いやすい
・お茶を注いでいる動作が、見た目で綺麗

上から見たイラストを含めて、こんな風に使います。
蓋をはずして、お茶っ葉をいれ、お湯を注ぎ、蓋をする。
305862cb-e0ab-496f-883f-aa75966968e0

お茶を茶碗に注いでいる動作はこんな感じ。

69626588-1f85-4312-b160-344b765efda7

注いだ後のお茶っ葉が膨らんでいることが分かりますでしょうか。
膨らんだ状態を、お茶がひらくと専門用語で言ったりします。

9ef6e1f9-422b-4321-ba2e-b4155ee050ca

今日、日本茶のイベントに参加して、宝瓶が初めてという方に出会ったので、以前に撮っておいた写真を加工して、少し解説してみました。

お茶をいれ始めたころは、茶器があまりなく少しずつお茶の道具をそろえていきました。
茶器が増えてゆく楽しみがありました。

宝瓶を入手したときも、はじめは不器用で。
お店でどんな風に扱われていたかをまねて、本当に、ぎこちない動作でした。

それが、何度も使っている内に、スムーズに扱えるようになっていって。
こうなってくると、お茶をいれるのがすっごく楽しくなってくるんですよね。
お茶を飲むより、いれるのが楽しくなるという。

イベントで使われたお茶も買ったし、自分ちの宝瓶を使ったら、どう変わるかなぁ~と、やってみたくなりました。

おしまい。

色んな宝瓶を見てみたい方は、「[最終回]宝瓶紹介、まとめ」をどうぞ。
宝瓶を含めて、どんな急須があるのか、知りたくなった方は、「いろいろある普段使いの急須たち」をどうぞ。

なんと、勇者は経験値を5獲得した!〜お茶の経験値を考える〜

なんと、勇者は経験値を5獲得した!

という感じで、お茶の経験値も見えたら楽できるのに。

漢字で、読めるけれど書けないってことありますよね?

同じ様に、お茶飲みの経験とお茶淹れの経験は違います。
お茶飲みの経験は、お茶を美味しく飲むための食べ物の組み合わせやシチュエーションでの使い方を知ること。
お茶淹れの経験は、どうやったら好みの風味をどういう茶器で、お湯の温度で、どんな時間で抽出するかを知ること。

どっちもできると上達は速いような気がします。

で、お茶を美味しく淹れるのにオススメなのは、「これ、いいなっ!!」というのをしばらく固定して淹れ続けること。
お茶っ葉の量や抽出時間を変えて、飲んでみて自分の好みを知る。
緑茶だったらお湯の温度も関わってきます。
続けていると、ここが美味しいポイント!というのが見つかるはず。

で、冒頭の経験値になるんですけれど、見えないんですよね…
経験値見えて、後どんくらいすれば、美味しく淹れられるレベルにアップできるか分かるといいのに。

971252c3-b214-4ee7-abef-1d89921f05e8

今日の写真は、約7年固定のド定番、実家の「いつもの」紅茶(ミルクティー)とあべのの嶋屋のおいもさん。
家族には、美味しいと言って飲んでもらいました(*^^*)

新しいお茶に出会うを考えてみる

新しいお茶に出会うことを飲むことだけに限れば、簡単に色んなお茶に出会うことが出来る。

身近なところでコンビニやスーパーに行けば、お茶が飲料として手頃な価格で容れ物に詰められて売られているから。

これらのお茶は、香りも味も工場で調整された状態。
実際に、同じ香味を茶葉から抽出しようとしても、実はかなり難しい。
というのも、多くの場合、香料や甘味料、酸化を防ぐ目的でビタミンCなどが加えられて調整されているから。

人が急須などで茶葉から抽出しようとした場合の香味の要因は、水、湯の温度、茶葉の種類、茶葉の量、抽出時間になる。フレーバーだったら果物等も。
で、細かいことを書くと、本当のところ、上記の要因が毎回どこかがちょっと違ってしまうから、全くの同じ香味になるわけではない。
だから、茶葉からだと毎回ある種、新しい出会いと言ってもいいのかも知れない。
同じ茶葉からなので小さな違い、だから、少し無理矢理、(・_・;)。

とはいえ、茶葉を使う限りは、香味に幅というか、ふくらみを持たせることが出来る。
そこが、茶葉から入れる楽しみの一つだと思っている。

ペットボトルのお茶は喉の渇きを癒し、急須のお茶は心を癒す、という言葉を聞いた。
人の関わりをどれだけ実感できるか、それがお茶の満足度にも出てくるのではないか、なんて考えたりしてる(^^)

飲料でも、急須などの茶器から抽出しても、最終的には飲み物にしかならない、お茶。
飲むのが人間だから、選ばれる基準も、美味しい不味い以外のなにか人間的な要因があるかも…

と、そぞろあるきっぽく取り留めもなく書いてみました。

01 - 1
まどろむような、風が吹き込むような。そんなティータイムだったのかな? 2012年9月1日、南山城村、Cafeねこぱん。

 

水筒を持って出かけよう!(マイボトルカフェとか、給茶スポットとか、お茶Barという取り組み)

最近、書く内容を変えたくて、スローペースでブログ更新を目論見ております。
お茶に関する関心が広がるような期待感というか、時間をかけて続いている取り組みについて、自分のペースを保って書きたいなぁと。

ということで、今回は水筒とお茶屋さんの取り組みをご紹介!

大阪という都市部で暮らしていると、大阪市営地下鉄とかで水筒を持っている人、以前と比べ随分増えたと思います。

僕が子供の頃の30年以上前なら、ペットボトルもなかったか普及してなかったし、普通に水筒を使っていました。

15年前ぐらいに会社勤めを開始したときは、ペットボトルも普及して、のどが渇いたらコンビニで、ペットボトル飲料を買うことも度々。
このころは、ぜんぜん水筒なんて使っていなかった。

僕が再び水筒を使い始めたのは、2009年。
2008年に紅茶を自分で茶っ葉から淹れるようになって、日本茶に関心を持ち始めた頃に、「給茶スポット」に熱心な日本茶専門店に行くようになったから。

病院とか事務所で、コップをおいてボタンを押すと、お茶がコップに注がれる機械ありますよね。給茶器というそうです。
そういえば、高速道路のサービスエリアでも置いてるところがあったと思います。

給茶スポットというのは、自分の水筒(マイボトル)をお茶専門店に持って行くと、お店の方が水筒にお茶を淹れてくれるサービス。

水筒の特集をした雑誌「Re:S(りす)」のVol.1を見つけて読んだら、どうも給茶スポットは、2006年から大阪を中心に広がっていった活動のようです。
今じゃまず見かけないマイボトルカフェという言葉が、「マイボトルカフェ(給茶スポット)」と給茶スポットと並んで書いてあるので。

給茶スポットの次に出てきたのが、「お茶Bar」。こちらは、お茶専門店に水筒を持って行って 自分 でお茶を淹れるというもの。水筒以外の茶葉、お湯、急須などはお茶専門店が用意されてます。

給茶スポット×お茶Barスタンプキャンペーンの紹介2014.jpg

僕が去年(2014年)、お茶Barを利用した様子をフェイスブックにアップしたもの。

今年(2015年)も、キャンペーンがあり、すでに開始してます。
期間は、2015年7月1日から2015年8月31日まで。
どうも、去年より開始時期が遅くなったみたい。
興味を持たれた方は、2015キャンペーン詳細を参照して下さいね。

24 - 1

と言うわけで、今年の写真。(先行して既に別の写真をアップしてます)
スクラッチに変わりました。
早速、百円玉で削ってみましたが、ハズレました。
当たりが出なくても、カードを5枚集めると、先着で、マイボトルキューピー「緑さん」が貰えるそうです。
(ピンクさんと水色さんは、過去のキャンペーンでゲット。今年は緑色なので、勝手に「緑さん」と銘々しました。)

どこで給茶スポットをやっているのかは、給茶スポット✖️お茶Barの全国MAPを参照してください。

ところで僕の給茶スポットの利用は、言わば「新しいお茶との遭遇」です。
基本的に自分が持っていないお茶とか普段飲まないお茶を選びます。
自分が持っているお茶は、ウチで水筒に詰めればよいので。
やっぱり、新しいお茶とか知らないお茶とかに出会いたいから。

えっと、どうも明日からFuji Rock Festival(7/24-7/26)だそうで給茶スポットもあります!
行かれる方は、給茶スポットで利用できるボトルとか、開店時間の詳細を象印のFUJI ROCK FESTIVALで確認して、給茶スポットを体験されてみてはいかがでしょうか。

ではでは、ステキなマイボトルライフを~

よかったら、水筒のお茶を振り返って(木曜日にお茶を飲もう♪、まちライブラリー@もりのみやキューズモール)はいかがでしょうか。

湯のみの近さ遠さ、記憶がよみがえる糸口

「三人に上級煎茶を淹れて下さい」
日本茶インストラクターの二次試験の実技の課題は、コレでした。
自分が淹れやすい位置に湯のみを配置して、でも器同士が当たるくらいには近付けず。
それで、4分の実技の後、面接官の方に指摘されたのは、もっと器を近付けておいた方が淹れやすいですよ…
だったんですよね。

先日の玉露園の茶摘みでHさんに再会して、この時の指摘を思い出しました。
どうも「キン」とか「コトン」とか器が当たるときの音が苦手なんです。
なのに、面接の最後に茶器をテーブルに戻すとき、他のお茶を淹れるセットに、手が当たって「ガッシャ」って音がなって。
なんだか、気にしてても鳴るときはなるなぁ、と思いました。

そんなしょうもないコトも自分にとっては、えらく気になることで。

たぶん書かなきゃ、スッと忘れてしまう、うっすらとした出来事。
書き留めることで、ブログにつなぎ止めてみました。

14 - 1

【アクセスランキング】2015年3月(少し関西が多め)

4月10日と遅くなりました。2015年3月分を集計しました。

2015年3月のTOP10

  1. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  2. 手軽で場所をとらない紅茶の茶器
  3. ほうろくで炒りたてほうじ茶
  4. 吉田山大茶会にまつわるエトセトラ
  5. プロフィール
  6. tumblrで「茶の間通信:大阪版」を始めました!
  7. 中国の方を意識した黒い漆の器で、ダージリン紅茶を頂きました
  8. マサラ・チャイ、うまかった!
  9. 奈良、大和高原、都祁 羽間農園、自然発酵 紅茶を飲みました
  10. ティーメジャー、紅茶葉の計り

コメント

3月の記事は、4,6-8位。
4位の「吉田山大茶会にまつわるエトセトラ」は、知名度が上がっているので、上位に来てもさもありなんかと思いました。
3月の記事が少なくなったことが反省点です。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2015年2月(日本茶ときどき紅茶) .

【アクセスランキング】2015年2月(日本茶ときどき紅茶)

2015年2月分を集計しました。三カ月分もためちゃダメですね…(^^;;

2015年2月のTOP10

  1. 手軽で場所をとらない紅茶の茶器
  2. 日本茶インストラクター2次試験の備忘録
  3. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  4. 炒りたてほうじ茶で消臭~
  5. 関西表現者の集いで、気になったこと。
  6. 関心を抱いた紅茶関連の記事(2015-02-23)
  7. 江坂へ移転!ピエロハーバーに行きました
  8. 第2回Jastea茶会に参加しました!
  9. なんとなくレモンティー
  10. 玉露や抹茶とは、なんぞや?(出来るだけ分かりやすう書いたつもり)

コメント

2月の記事は、2,4-10位。
1位の「手軽で場所をとらない紅茶の茶器」は、ブログランキングの機能を使ってイチオシ記事にしたため。
伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方」がコンスタントにアクセスがあるので、本ず関連の記事を増やして、ランクインが増えました。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2015年1月.

【アクセスランキング】2015年1月(紅茶半分、日本茶半分)

集計が済んでいなかった2015年1月分を集計しました。

2015年1月のTOP10

  1. ほうじ茶の淹れ方説明で思ったこと
  2. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  3. 昨日の茶摩さんでの紅茶で初釜の光景。分かる人には衝撃的な写真かな。豪快にティーキャディーから、そのまま入れてます! from Instagram
  4. お茶と食べ物の相乗効果
  5. 対馬紅茶、紅ふうきの感想
  6. 夜のおやつ。熱湯でサラッと淹れた深蒸し煎茶と一緒に頂く。意外に渋みとコクが合うかも。 #お茶の時間 from Instagram
  7. あると嬉しい。ティーコジーのあれこれ
  8. いろんなお茶入れました
  9. 手軽で場所をとらない紅茶の茶器
  10. 茶こしが無い時の紅茶の入れ方

コメント

1月の記事は、1,3-6,8位。寒い冬の季節に恋しくなるほうじ茶や、初釜の記事がランクインしました。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2014年12月.