「蒸らし時間」タグアーカイブ

おまけの中国茶を飲んで

普段飲むお茶は、海外紅茶か日本茶。
でも、中国茶もどんなのがあるのか知りたくなったので、中国茶のお店に蓋碗などを買いに行った。

IMG_4735.JPG

そこで貰った中国茶。

葉っぱの形状が平たい。お湯を注いでも、形状はほとんど変わらない。たぶん揉んでいなさそう。
味を愉しむより香りを愉しむお茶。

3,4煎飲んだけれど、もう少し味が強いのが飲みたくなって、熱湯を注いで、ほったらかしで蒸らすようにした。
それで飲むと、香りが強くなり、軽く渋みが出てて好みに。
たぶん、この飲み方は作り手の想定ではないような気がする。

翻って、日本茶の主流のお茶である煎茶は一煎目が勝負!みたいな製法で葉っぱを揉んで香味の抽出を速くしている。
お湯の温度が高いと思ったような香味で抽出するのが難しくなる。

和紅茶も含めて海外の紅茶も抽出時間は煎茶に比べると長め。
あまり、何煎も飲む感じではない。

中国茶を飲んで、日本茶、紅茶の蒸らし時間のタイミングというか、時間の流れが違う。
中国茶がゆったりしているような感じがした。

もう一回分あるので、ゆったり飲むことにしよう。

おしまい。

私見:茶葉入り、茶葉なしのポットオブティーを考える

ポットオブティーの記事を二つ(ティーハウスムジカおうち)書きました。
どちらも特に思うところは書いていません。
と言うことで、思うところを書きたいと思います。

ポットオブティーとは

ポットで紅茶を提供することを指します。お店でも、おうちでも同じ。
ポットでなく、カップで提供する場合は、カップオブティーと言います。

添付ファイル001.jpg

ポットオブティーで、しばしば議論になるのがポットに葉っぱが入ったままか、葉っぱが抜いてあるか。
正直、飲む立場から言えば、「美味しいかどうか」の方が重要だと思います。

葉っぱが入っていても不味ければ、論外。
葉っぱが入ってなくても、美味しければオッケー。

自分の視点でいうと

僕は、お茶を淹れたがり。なので、乾燥した葉っぱから、どのような香りや味が出せるのかが気になります。

なので、美味しいかどうかだけではなく、どんな風に淹れたから、その味が出たのか?が知りたい。
なので、お店なら淹れているところが見えるカウンター席とかが好きです。

その視点から進めると、ポットの中に葉っぱが入っている方がありがたいんですよね。
というのも、一杯目、二杯目、三杯目と蒸らし時間によって、葉っぱの魅力が変わるのが分かるから。

でも、蒸らし時間によって、苦手な香味が出てくる葉っぱなら、カップオブティーの方が良かったと思うこともあります。

お店は茶葉を選んでいる

お店は自分で扱う商品なのですから、商品特性を理解しています(いるはずです)。

紅茶屋さんで買った紅茶を淹れる場合、まず試しで、葉っぱ入りのままポットでカップ三杯、蒸らし時間が異なる状態で確認します。
それから、どの淹れ方がよさそうかを考えるのですが、たいていポットから葉っぱを抜いて提供している紅茶屋さんの葉っぱは、適切な時間で葉っぱを抜いた方がおいしい様な気がします。

逆にポットに葉っぱを淹れて提供している紅茶屋さんは、葉っぱを抜かない方が味わいがあるような。

渋い?渋くない?

渋さの耐性というか、心地よく感じる渋さの強度というのは、慣れとか個人差が大きいです。

例を挙げると、ヌワラエリヤの爽やかなキュッとする渋み。
これ少しでも入っているとダメッという人がいます。(想定、ウチの母)
紅茶液を薄く抽出することもできますが、それよりも、いつも美味しく飲んでいるミルクティー向きの紅茶を出す方が、母も僕もお互い幸せだなぁと思います。
ダメ出しを食らった後に思うことがしばしばあるんですけれど、たまには実家でもキュッとする渋みの紅茶淹れたいんですよね・・・

まとめ

紅茶は、嗜好品で飲み物。
自分に合った種類の紅茶を選んで、美味しいと思う淹れ方で飲むのが幸せだと思います。

よかったら、ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法をどうぞ。
老舗紅茶屋さんでの喫茶(ヌワラエリヤとピーククォリティーヌワラエリヤ)はいかがでしょうか。

和紅茶、淹れよっ!

日本で製造された紅茶を和紅茶と言います。
今じゃ、ずいぶん増えました。
けれど、数年前と比べても、淹れ方自体は変わらないです。
ざくっと、昔と今について、書いてみました。

昔むかし

といっても、数年前。和紅茶をいくつか淹れてみて、海外紅茶と比べて、香りも味も出方が緩やかすぎると感じていました。

あるとき、旅先で和紅茶を紅茶がメインの喫茶店でポットで淹れて貰いました。
普通の蒸らし時間を待って、試しにカップに少しだけ注ぎ、飲んでみると、
「薄い・・・」
店主さんも同じ感想でした。

少し店主さんとお茶やお店のことなど、雑談して時間が経ったんです。
なにげにポットに残っている和紅茶をカップに注ぐと、
「?。さっきより、だいぶん香りも味も良くなっているなぁ」

つい今しがた、2時間ほど前

封を開けていた和紅茶の袋に鼻を近づけました。
青みもあるけれど、香りの要素が複雑で芳醇。
これをそのまま紅茶として淹れることが出来たら、美味しいのに。
でも、前飲んだときは、このイメージでは入らなかったんだよなぁ。

とりあえず青みのある和紅茶は、朱泥焼の急須で淹れると青みが和らぐので、湯通しなしでお茶っ葉を入れ、熱湯を注いで、堂島ムジカの柔らかくなったティーコジーで保温しました。

つい、さっき

和紅茶を淹れたことをすっかり忘れて、急須からコップに注いで飲んでみると。。
さめてぬるくなっているけれど、茶葉の香り味が十分抽出されて、味に深みが出ていました。
でも、この季節、ぬるいお茶より、温かいお茶が飲みたいんです。

というわけで、一工夫。
急須の和紅茶の残りを手鍋に注いで、ガスで加熱。
暖かくしました。
香りがたって、すごく美味しくなったんです。
香味の深みも、だんぜん沢山感じます。

IMG_3844.JPG
冷めた和紅茶、温めた和紅茶

まとめ

だいたい、昔々も今もどうやったら美味しい状態になるかという点で同じ様なことを考えています。
和紅茶にかぎらず、お茶の香味の出方は、抽出時間にとっても左右されます。

特に和紅茶の香味が引き出せていないと感じるときは、長く蒸らせば改善するというのは、経験済み。
でも、かる~く30分以上蒸らさないと、その効果を実感できないのが残念。
実感して貰いたくて、茶淹で昔、第一回目の「和紅茶の茶話会」を企画したんです。

和紅茶の淹れ方を工夫していて、昔と今を考えつつ、そんなことを思ったのでした。

おしまい。

よかったら、つめたい、あつい、時間のからまりをどうぞ。
ポットで、お茶っ葉から紅茶を淹れる方法もいかがでしょうか。

手軽に熱いお湯で緑茶を淹れる方法

先日、母の日常茶が玄米茶だという記事を書きました。
今回は、お手軽な淹れ方について、書きます。

読まれている方は、たぶん…

上記のような横手持ちの急須とか、そうでなくても土瓶型の急須を想像すると思います。

でも、そうじゃない物を使います

スーパーとかで、蓋付きの湯飲み売ってますよね。
蓋だけじゃなくプラスチックのフィルターの茶こし付きで。
それで、交換用にフィルターだけ売っているところも結構あると思います。

湯飲みと蓋は使わず、フィルターだけを適当なコップにいれて、フィルターの中に、茶筒から乾燥茶葉の玄米茶をいれる。
そこに熱い湯を注ぐ。
蒸らし時間は計らず、適当にいい頃かな?と思ったときにフィルターを皿に上げれば、出来上がりです。

この方法、よくよく考えてみると

合理的。わざわざ、専門の蓋と湯飲みを新たに買う必要がなく、フィルターだけ買えばいいのだから。

湯呑みを新たに買った場合は、収納場所が要りますから。
それに、金網タイプの物より、プラスチックフィルターの方が熱くならないし。

一人で飲むのに、急須はたいそう。
この方法なら手軽だし、お行儀がよいとはお世辞にも思えないけれど、習慣にできそうですよね。

IMG_0753.JPG

写真は上記の記事とは直接関連しませんが、プラスチックのフィルターの写真があるので、載せました。

実は…

母がこの方法で淹れているのを最初見たとき、衝撃でした…
まぁ、日常的にお茶淹れるようになったのは良いけれど、そう来るか…と。
僕が淹れるときは、急須を使っていたので、フィルターだけという発想はありませんでした。

まとめ

お茶を淹れるのに、専用の急須がある方が便利ですけど、手軽とは言い難い面もあります。
比較的入手しやすいプラスチックフィルターの茶こしを使った、お手軽な緑茶の淹れ方を紹介しました。
この方法では熱いお湯で淹れても美味しい茶葉、例えば玄米茶、ほうじ茶、番茶なども必要なので注意して下さい。

紅茶を手軽に飲みたい!と思われている方は、こちらをどうぞ。

おまけ

秋田諸越の秋田杉の写真。
IMG_0754.JPG

フィルタで加工しているので色目が実物と違います。
凹凸の陰影は肉眼だと見えるんですけれど、写真には撮りづらい。
部屋を暗くして、暗いところでも撮影できるコンパクトデジカメで撮りました。
こういう陰影で、きれいな物作る文化っていいなぁと思います。
なので少し手間をかけて撮影してみました。

よかったら、お茶ないのん?…日常茶について考えてみるをどうぞ。

どんなお茶が好きですか?

僕がお茶好きなことは、面識があり話をしたことがある人はたぶん認めてくれることだと思います。

その中でも、付き合いというか、話す時間が長くなってくると、僕のことを「メッチャ」お茶好きな人、お茶バカ、お茶マニアと認識するようになるらしい。

昨日、村シェフさんに「ぶっちゃけ、お茶マニア」と言われてしまいました。
実は、今でも自分ではよく分かっていないのですが…

紅茶を自分で淹れるようになって、しばらくしたときに、お茶をどうやって作っているのか興味が出ました。
そのときは紅茶を生産しているところが日本にあるのを知りませんでした。
紅茶も緑茶もお茶の木から作るらしい。
それじゃあと、大阪から近い京都で緑茶の茶摘み体験に参加しました。
そんなこんなの関心の赴くまま日本茶への興味も膨らみ、今では紅茶も日本茶も淹れて飲みます。

それでお茶関連で知り合った方からタイトルの「どんなお茶が好きですか?」と尋ねられるんですけれど、答えにいつも困っていて。
たくさんのお茶を知ると、その時、その場で飲みたいお茶が変わるので、特別好きなお茶が出てこないんです。

でも、想い入れのあるお茶はあります。
紅茶屋さんや日本茶屋さんのスタッフさんと話すようになったキッカケのお茶とか、僕がたまたま持って行ったお茶を気に入ってくれた紅茶屋さんが後で仕入れるようになったティーバッグとか…

特別な想い入れというでなく、最初に淹れ方を覚えた一番よく飲むお茶というのが好きなお茶になるかもしれません。でも、こうなると好き嫌いじゃなくて、ないと困るんです。

僕にとって、そんなお茶がムジカティーの「DOJIMA BREAKFAST」。
このミルクティー向きの紅茶は、最初に購入した当時、一番安価で且つ、350gの袋入りか、226gの缶入りしかありませんでした。

初めて淹れて、一発でおいしく淹れることが出来るわけありません。
美味しく入らないけれども、たくさんあるので、自分が美味しいと思うまで、繰り返し練習できます。
美味しく入らないと悔しいので、葉っぱの量を変えてみたり、蒸らし時間を変えてみたり、やっている内においしく淹れられる様になりました。
そうすると楽しくなって、しばらくはこればっかり。
そうすると、飲む頻度の多いお茶は、濃いのが好みになるらしい。

あまり行ったことない喫茶店で「DOJIMA BREAKFAST」を注文したことがありました。
飲むと、普段飲んでいるものより薄い。
どうやら、濃いのしか美味しく感じなくなってしまったようです。

本家本元の堂島ムジカでも、気になったので「DOJIMA BREAKFAST」をオーダーしたら、こちらも普段自分が淹れるものより薄い。
思っていても、機会がなければ、スタッフさんにも、こんな話しません。

常連になると、言う機会もやってくるんですねぇ。
「DOJIMA BREAKFAST、僕が淹れるのより薄い」とスタッフさんに言ってしまいました。
スタッフさん「他のお店と比べて、どう?」

記憶をたどって、僕「他の店より、ここ(堂島ムジカ)のが濃いです」

スタッフさん「ウチで出してるDOJIMA BREAKFASTが他の店より薄かったら問題だけど、そうでなかったから良かった」

この会話って、たぶんお茶好きでない人から見たら、バカな会話なんでしょうね…

「DOJIMA BREAKFAST」は、堂島ムジカで一番売れている紅茶だそうで、ムジカのことを「堂島屋」とまで言うことがあるそうな。

と言うわけで…
堂島ムジカの喫茶の営業は、9月25日まで。残り二日(24日と25日)です。
ショップの営業は、10月中旬までとのこと。

2013-09-28加筆。10月初旬に芦屋に事務所を移して、個人への販売、業務用の卸は継続するとのこと。
新しい動きを準備中みたい…
たぶん少しずつ動きが明らかになっていくようです。
今は、堂島を離れる作業で大変。
ゆっくり見守りたいし、もしこのブログを読んだ人がいたら、見守って欲しい。
お店の方からのメッセージ
「喫茶は今ないけれど、ムジカの紅茶の販売は続くので、その点は心配しないで」
とのこと。

2013-10-12加筆。随分とものが搬出されてて寂しくなってますが、堂島ムジカ、ショップの閉店は2013-10-17とのこと。