「静岡」タグアーカイブ

たまたま茶会記(マップを使って地域のお菓子事情を知ろう♪)

茶会記というものがあります。
昔、お茶したときに、どんなことしたかを記した記録。
たまたま茶会というのを先日開きました。
メンバーとか、お茶お菓子全部書くのがほんまもんの茶会記のようなのですけれど、ゆるくやってみたいので、ざくっと書いてみます。

筆者は、昭和30年代に建てられた木造長屋をリノベーションした複数の店舗が入る露地再生複合施設 宰-つかさ-種ノ箱という紅茶と日本茶のサロンをしています。

大阪・玉造を取り上げた、お散歩観光マップ「たまたまっぷ」の在庫保管場所が宰になっています。
ただマップを見てるだけじゃもったいないから、たまたまっぷで楽しいことできないか、お客様と話していたら、お茶会をしよう!ということになりました。
たまたまっぷに掲載されているエリア内のお店のお菓子を持ち寄る、お茶会。

やってみると、エリアが結構広い!
twitterで検索して出てきた玉造のお菓子屋さん情報は、古くなっているところもあって、残念ながら閉店しまったところもチラホラありました。

そういった中、各人がチョイスしたお菓子たちはこんなのでした。

IMG_6665.JPG

実は、お茶会するときって流れが大事で、脈絡なくやるとちょっと楽しめないときもあるんですよね。
お腹のすき具合どうですか?とか、暑くないですか?とかそんなちょっとしたことを確かめながら。。。

最初は軽めのクッキーから。後味すっきりの香りのよい半発酵の釜炒り茶、柴本さんの「釜茶 香り 美」を合わせました。

お豆腐屋さんのドーナツは、鹿児島の新茶。品種はゆたかみどり。
コクのある香りのよいお茶で。少し新茶らしく生っぽいフレッシュな部分もあり。
ドーナツがちょうど程よい甘さなので、お茶もお菓子もとっても引き立つ組み合わせでした。

次はお煎餅とは、佐賀の和紅茶専門店、紅葉(くれは)の静岡まりこ紅茶で。
好評でしたよ、この組合せ。

後は、ゆるゆるおしゃべりしながら、沖縄のジャスミン茶の「さんぴん茶」でフィナーレ。

なかなか、お店情報をマップを確認しながらお茶会するのって、楽しかったです。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました~

自分の住む近くのマップあれば、同じような感じでお茶会は開けると思うので、よかったら試してみてください。

来月は、からほりらへんを使って、空堀界隈のお菓子でお茶会します(*^^*)
宜しければ、ご参加ください~♪

では~



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

お茶班で、大阪玉造の中国茶サロン #可笑的花 の #お持ち寄り茶会 に参加。予め準備すると、おしゃべりできて良かった(*^^*) 水出し二種「ブラウン、フィルターインボトル(小)、静岡 釜茶柴本 すっきり香 釜茶」「レッド、フィルターインボトル(大)、鹿児島 小牧緑峰園 峰の誉 紫パッケージ」軽く煮出し後、冷却「鹿児島 小牧緑峰園 べにふうき ティバッグ、国産紅茶」氷出し「京都福寿園本店地下一階京の茶蔵、キミと僕とお月様(オリジナルブレンド茶)、玉露」 (Instagram)

お茶班で、大阪玉造の中国茶サロン #可笑的花 の #お持ち寄り茶会 に参加。予め準備すると、おしゃべりできて良かった(*^^*) 水出し二種「ブラウン、フィルターインボトル(小)、静岡 釜茶柴本 すっきり香 釜茶」「レッド、フィルターインボトル(大)、鹿児島 小牧緑峰園 峰の誉 紫パッケージ」軽く煮出し後、冷却「鹿児島 小牧緑峰園 べにふうき ティバッグ、国産紅茶」氷出し「京都福寿園本店地下一階京の茶蔵、キミと僕とお月様(オリジナルブレンド茶)、玉露」 (Instagram)

日本茶というけれどでも誰がいうの椿の仲間あれだけなんて #短歌 #吟遊茶人 #teatime #栗入りタルト #ハーブティー #静岡 #松崎産レモングラスハーブティー from Instagram

日本茶というけれどでも誰がいうの椿の仲間あれだけなんて #短歌 #吟遊茶人 #teatime #栗入りタルト #ハーブティー #静岡 #松崎産レモングラスハーブティー (from Instagram)

【アクセスランキング】2014年12月(日本茶AWARD2014多し)

しばらくお休みしていたアクセスランキング、これからは月ごとにやってみます。
集計が済んでいなかった昨年の12月分から。

2014年12月のTOP10

  1. 終わったからいいよね。テイスティングの風景。 #日本茶 #日本茶AWARD2014 #テイスティング from Instagram
  2. 日本茶AWARD2014、サロンのトップバッターは、京都府相楽郡南山城村の中窪さん、かっこいい(^_^) #日本茶 #日本茶AWARD2014 #うまいお茶 from Instagram
  3. お煎茶が甘いっ!
  4. 結果発表(古くて新しい日本茶の品評会 – 日本茶AWARD2014)
  5. 日本茶AWARD2014が終了しました。新しい日本茶の世界が広がったかも知れない。 #日本茶 #日本茶AWARD2014 #イベント #渋谷ヒカリエ from Instagram
  6. 静岡★ブドウの香りがするお茶。高橋達次さんのサロン。(2014-12-7,15:15) #日本茶 #日本茶AWARD2014 #渋谷ヒカリエ #水出し from Instagram
  7. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  8. 茶こしが無い時の紅茶の入れ方
  9. 宮崎茶房、有機紅茶[みなみさやか]と「くるみ餅」。3位入賞、おめでとうございます! #和紅茶 #お茶の時間 #日本茶AWARD2014 from Instagram
  10. ムジカティーの紅茶を売っているところ

コメント

7位,8位以外は、12月の記事。日本茶AWARD2014の記事が多い中、3位の「お煎茶が甘いっ!」(この記事がランクインしているのが嬉しい)、10位の「ムジカティーの紅茶を売っているところ」が入りました。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2014年12月25日.

twitterで再掲して少しでも反応のあった過去記事(2015-02-25)

twitterに、コメントをつけて過去の記事を取り上げています。
ひとつでも、クリックがあった記事をコメントつきで紹介します。
なお、重複して取り上げた記事もありますが、コメントが違うので、そのまま載せました。

 

自分が興味を持った内容を記事に書いているので、他の方がどれに関心があるのかを知るためにまとめて見ました。

image.jpg

お茶淹れのプロを目指す人に役立つかも知れないテクニック(静岡梅ヶ島の和紅茶合宿編)

静岡県静岡市の梅ヶ島、初回に訪れた和紅茶合宿(かなざわゆうさんのページ梅ヶ島の齋藤さんのページ)では、和紅茶と煎茶を淹れました。

次のミッションに対して、お茶淹れテクニックを駆使しました。

  • 電気ポットで浮いてしまう紅茶の茶葉対策
  • 炊事場で急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっているのを茶殻だけまとめたい
  • えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶を美味しく飲みたい
  • 香りのよい渋みが強めの煎茶を多人数で、美味しく淹れたい

ざっと、シチュエーションとやったことを御紹介します。

電気ポットで浮いてしまう紅茶の茶葉対策

一日目の夕食後、ご歓談タイム&お茶会。
和紅茶を淹れるため、湯通しして暖めた陶器のポットに、紅茶の茶葉を入れて、電気ポットのボタンを押しました。
ボコボコと音がして、お湯がポットに入っていくのですが、茶葉が浮いてしまいます。
茶葉がお湯に浸かってくれないとお茶の美味しい成分が抽出されません。
こんな困った状況は初めて。

ふと、対策が思い浮かんだので、スタッフの平野さんにお願いして、柄の長いスプーンを旅館から借りていただきました。
そのスプーンを使い、中身をゆっくり混ぜて、茶葉がお湯に浸かるようにしました。

この操作の背景は、ムジカの元スタッフさんの試飲を参考にしました。
元スタッフさんは、試飲するときはポットのフタを開け、中身をスプーンでゆっくりかき混ぜ、しっかり茶葉が開いていることを確認されていました。
その情景を覚えていたので、咄嗟に、この操作で対応できると踏んだのです。

炊事場で急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっているのを茶殻だけまとめたい

夕食後をした広間を片づけで、炊事場に行きました。
スタッフさんが困っています。
話を伺うと、急須を洗って茶殻をボールに集めたけれど、水と茶殻が混ざっている。茶殻だけをまとめたいが、ネットがない。

そこで、大きめの急須を茶こし代わりに使いました。
ボールをゆっくり傾けて、水と茶殻が混じったものを急須に入れ、急須からは、水だけ出す。
そうすると、茶殻だけを取り出すことが出来ます。
これも、その場で思いついたことです。

えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶を美味しく飲みたい

二日目の、和紅茶を含むテイスティング。
たくさんの紅茶が並んだのですが、中には、えぐく感じるほど濃く入ってしまった紅茶もありました。
これ、ミルク(牛乳)を入れると美味しそうなんだけど、周りを見回してもミルクがない。
ミルクが欲しい!と訴えて、梅ヶ島にお住まいがある齋藤さんにお家まで取りに行って頂きました。
これで、ミルクを加えて、えぐかった紅茶が美味しく頂くことが出来ました。
後日、このときに、写真家の方と再会したときに、ミルクティーの旨さをこれで知ったと(恨めしそうに?なぜ?)、教えてくれました。

ミルクが欲しい!と一緒に訴えた青木さんに、上記の話をしたら、「嬉しいこと言ってくれるねぇ~」と喜んでくれました。

そんな後日談もある、楽しい思い出です。
斎藤さん、改めて、ありがとうございました!!

香りのよい渋みが強めの煎茶を多人数で、美味しく淹れたい

旅館の「くさぎ里」のオーナーさんが栽培されている煎茶は、香りがよく渋みが強めだと踏んでいたのですが、自分が入れる機会がありませんでした。

そこで、二日目のお昼。梅ヶ島での最後の食事の時に、このお茶を淹れさせてくれっ!と志願して、お茶を淹れました。

実は、前振りがあります。
梅ヶ島での二日間、他人が淹れたこの煎茶を飲み、渋いと感じていました。なんか、香りが良さそうなのに、渋みが強く出過ぎている。
この煎茶が淹れられる度に、急須のフタを開けて、茶殻の状態と香りを確認して、「本当はこの煎茶、こんな味なんだろうか?」と思っていたのです。

なので、食事の準備で、かつ時間も結構押している中、無理言って、時間を貰って、お茶を淹れました。
セオリー通り、お湯の温度を下げることに心を砕きました。

土瓶タイプの大きな急須に、お湯を入れ、第一段階の湯冷ましとする。
次に、別の同じ土瓶タイプの急須に、最初の急須のお湯を入れ、第二段階の湯冷ましとする。
最初の急須に、茶葉を多めに入れ、二番目の急須のお湯を入れていく。
フタを時折開け、茶葉が開くのと、香りを確認しながら、最後はえいっと、回し注ぎをしました。
確か、茶葉がお湯を吸うので、二煎目も入れた筈。(時間が経っていて正確ではないかも知れない)

日本茶インストラクターでもあるスタッフの平野さんから、「美味しいです!」と言っていただけましたし、自分で飲んでも、旨みも渋みも香りもいい感じだったので、ドキドキしましたが成功と言って良いと思いました。

なんで思い出したかというと

先日、手鍋で煮出した茶殻入りの紅茶を分けるのに、大きな急須で紅茶だけ取り出しました。
そういえば似たような操作をしたな。梅ヶ島だったっけ?
他にも色々やった覚えがある。何だったっけ?
と、記憶をたどってみたら、全部思い出しました。

「二日間で、何しとってん>自分」というようなお茶淹れテクニックの御紹介でした。

IMG_0472.JPG
梅ヶ島温泉郷めぐり「券」、ウメケン。

 

おしまい。

静岡県静岡市の安部川源流近くの梅ヶ島のこと

数年前に和紅茶のセミナー合宿があって縁が出来た梅ヶ島(かなざわゆうさんのページ梅ヶ島の齋藤さんのページ)。
昨年、6月に別の縁から、再度梅ヶ島に行きました。

image.jpg

茶摘み体験の後お昼に、こんなステキなご飯を頂いたのですが、食事をしただけではありません。
ワタクシ、現地で煎茶を淹れさせていただきました!
しかも、出来立てホヤホヤの「隠れ茶」。
梅ヶ島は標高が高く、他の茶産地と比較すると、芽の育つ時期が遅くなります。それで、この時期に一番茶の製茶が終わって、袋詰めが出来たばかり。

外パッケージ袋なしの袋で、現地でコーディネイトして下さった齋藤さんから
「はいっ、これ使って下さい。お湯は、ここ。湯冷ましがないので、この(蛇口を指して)お水を使って下さい。それじゃあ、よろしくお願いします!」
と、こんな感じで。

さて、焦りました。
だって、お煎茶淹れるときに、湯冷まし無しでお湯を冷ましたことがなかったのですもん。

時間も押していて、えぃ!と、こんな感じで淹れました。

隠れ茶の袋に鼻を近づけると、コクのある深みと美味しそうな青い香りのする上等な煎茶の香りがします。
となると、高温で淹れて、渋みを強調すると美味しく頂くことは出来ません。
かといって、温度が低すぎると、香りを楽しむことが出来ない。

目指すは、65℃くらいかな?

大きな土瓶タイプの急須に、6-7割、(たしか沸騰したての)お湯を淹れ、1.5割ほど、水を入れて、急須をユックリ回すようにして温度が均一になるようにしました。

それから、お茶っぱを投入。上から入れたので、お湯に浮いてしまうから、再び、前回よりもユックリ急須を回して。

それから、みんなが持っている湯飲みめがけて、急いで注ぎ回りました。
回し注ぎはしてません。

というのも、参加者がそれぞれの場所でくつろいでいて、湯飲みがすでに散らばっていたので、出来なかったのです。
また、急いだのは、お湯に茶葉が浸かっているので、時間が経つと成分がどんどん出てくる。
ということは渋くなってしまうかも知れない。

内心かなり、冷や汗をかきながら淹れたのですが、飲んでいただいた方には大好評で、美味しいと言っていただきました。
出来立て「隠れ茶」の魅力をお伝えできたんじゃないかと思います。

また、帰りのバスで、齋藤さんから託された和紅茶、山霧の香りの水出しも皆さんに大好評でした。
すっごく、楽しかったです。
帰ってからも摘んだ生葉を発酵させて、紅茶を作ったので、楽しさも、しばらく続きました。

なんで今頃これを書いているかというと、つい先日、フェイスブックで梅ヶ島を思い出させる人たちの交流があったので、当日のことを鮮明に思い出したのです。
勿体ないので、記事にしました。

最後に、安部川源流へ向かう道の写真をお楽しみ下さい。
(時間及び通行止めがあって、源流までは行っていません。)

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

おしまい。

話題の「天の茶助」で気になった「お茶汲み」「茶番頭」

つい先日、第65回ベルリン国際映画祭があって、最高賞の金熊賞をめざすコンペティション部門に参加の「天の茶助」のニュースが流れていました。

主演の松山ケンイチさんの役が天界の「お茶汲み」もしくは「茶番頭」とのこと。

・「お茶汲み」が使われている記事
ストーリー(リンク切れ)

・「お茶くみ」が使われている記事(多数あり。一例)
松山ケンイチ「天の茶助」主演でSABU監督と再タッグ!ヒロインは大野いと(http://eiga.com/news/20140521/1/)

・「茶番頭」が使われている記事
「天の茶助」松山ケンイチ、大野いとがベルリンレッドカーペットに登場(http://eiga.com/news/20150214/7/)

「お茶汲み」という言葉は知っていても、親しみがなかったので調べて見ました。

image.jpg

類義語は以下を参照したところ、漢字か平仮名かの違いしかなかった。
Weblio類語辞書の「お茶汲み」

汲むという言葉が、井戸などからバケツに水を入れる意味しか知らず、お茶を汲むという言い方に違和感があったので、調べました。
goo辞書の「くむ」

器につぐという意味もあるんですね。

で、次に茶番頭。あまりウェブ検索ではヒットせず、どうやらお茶会を取り仕切る人という意味みたい。

八重の桜 山本覚馬(「山本道珍は会津藩で茶番頭」と記載されています)

山本道珍の説明で、茶頭と書かれている場合もあったので、たぶん上記の認識であっていると思います。
千利休は、織田信長や豊臣秀吉の茶頭と言われていますから。

うーん、となると、松山ケンイチさんの今回の役に「茶番頭」が使われるのは違和感があります。

ところで、お茶くみのイメージは、お茶を出すとか運ぶ人。
「《茶況》 「お茶タクシー」2期生が始動」(中日新聞の記事、リンク切れ)の「お茶タクシー」という記事を最初見たとき、お茶を運ぶのかな?と一瞬思ったんですけれど、違いました。
静岡の茶処を観光案内してくれるタクシーだそうです。

知らない言葉を調べると、いろいろ深いですね。

静岡島田のさすき園の白。茶の字の真ん中は、富士山をイメージしてるんです!」by お店の人(*^_^*) #渋谷ヒカリエ のD&Dで入手。 from Instagram

静岡島田のさすき園の白。茶の字の真ん中は、富士山をイメージしてるんです!」by お店の人(*^_^*) #渋谷ヒカリエ のD&Dで入手。 (from Instagram)