「鹿児島」タグアーカイブ

新茶の季節です~地域と品種の遅速~

皆さん、もう新茶は飲まれましたか~?

お茶の摘み取り、始まっている地域もあれば、これからのところもあります!
日本列島の暖かい地域から茶摘みが始まるので、基本的に桜と同じように南から北に移っていきます。

筆者が入手した新茶は、鹿児島県の種子島産で、品種は松寿。
品種の特徴を知りたくなって、登録品種データベースを見てみました。
結果はこちら

「くりたわせ」という品種の枝変わりとのこと。
気になって、「くりたわせ」をウェブ検索してみると、記念碑があって、種子島で栗田さんという方が選抜されたとのこと。

松寿という品種、あんまり関西で栽培されているの聞かないなぁと思ったら、くりたわせが種子島で選抜されて、その枝変わりだからなのかも理由なのかもしれませんね。

さて、「くりたわせ」を漢字で書くと「栗田早生」。

標準的な品種より、早く収穫時期を迎える品種を「早生(わせ)」といいます。
遅い場合は「晩生(おくて)」。(Wikipediaの早晩性を参照しました)

「くりたわせ」は名前からわかるように、早生品種。

場所によって、農家さんによって、複数の品種を育てている場合があります。

その一つの理由として、製茶工場の加工能力には限界があるので、越さないように。
同じ地域でも日当たりによって、お茶の葉っぱの収穫時期が違うそうです。
それでも、品種が同じだと、収穫時期が被ってしまうことも。
なので、避けるには、収穫時期が異なるように品種を変えるそうな。

あ、もしかしたら、松壽が新茶一番乗りなのも、早生品種だからより早くなるのかも知れませんね~

和菓子教室のお土産と、新茶の種子島産の松寿。春ですね~

京都の宇治茶の主要生産地の和束町で、新茶の摘み取りが始まったそうです。

まだまだ、新茶いろんな地域のお茶出てくると思います。
場所が違えば、香りもお味も違うので、機会があったら、ぜひいろんな新茶を楽しんでみてくださいね~

では、またー

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

たまたま茶会記(マップを使って地域のお菓子事情を知ろう♪)

茶会記というものがあります。
昔、お茶したときに、どんなことしたかを記した記録。
たまたま茶会というのを先日開きました。
メンバーとか、お茶お菓子全部書くのがほんまもんの茶会記のようなのですけれど、ゆるくやってみたいので、ざくっと書いてみます。

筆者は、昭和30年代に建てられた木造長屋をリノベーションした複数の店舗が入る露地再生複合施設 宰-つかさ-種ノ箱という紅茶と日本茶のサロンをしています。

大阪・玉造を取り上げた、お散歩観光マップ「たまたまっぷ」の在庫保管場所が宰になっています。
ただマップを見てるだけじゃもったいないから、たまたまっぷで楽しいことできないか、お客様と話していたら、お茶会をしよう!ということになりました。
たまたまっぷに掲載されているエリア内のお店のお菓子を持ち寄る、お茶会。

やってみると、エリアが結構広い!
twitterで検索して出てきた玉造のお菓子屋さん情報は、古くなっているところもあって、残念ながら閉店しまったところもチラホラありました。

そういった中、各人がチョイスしたお菓子たちはこんなのでした。

IMG_6665.JPG

実は、お茶会するときって流れが大事で、脈絡なくやるとちょっと楽しめないときもあるんですよね。
お腹のすき具合どうですか?とか、暑くないですか?とかそんなちょっとしたことを確かめながら。。。

最初は軽めのクッキーから。後味すっきりの香りのよい半発酵の釜炒り茶、柴本さんの「釜茶 香り 美」を合わせました。

お豆腐屋さんのドーナツは、鹿児島の新茶。品種はゆたかみどり。
コクのある香りのよいお茶で。少し新茶らしく生っぽいフレッシュな部分もあり。
ドーナツがちょうど程よい甘さなので、お茶もお菓子もとっても引き立つ組み合わせでした。

次はお煎餅とは、佐賀の和紅茶専門店、紅葉(くれは)の静岡まりこ紅茶で。
好評でしたよ、この組合せ。

後は、ゆるゆるおしゃべりしながら、沖縄のジャスミン茶の「さんぴん茶」でフィナーレ。

なかなか、お店情報をマップを確認しながらお茶会するのって、楽しかったです。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました~

自分の住む近くのマップあれば、同じような感じでお茶会は開けると思うので、よかったら試してみてください。

来月は、からほりらへんを使って、空堀界隈のお菓子でお茶会します(*^^*)
宜しければ、ご参加ください~♪

では~

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

木曜日にお茶を飲もう♪を続けています。

木曜日にお茶を飲もう♪というイベントをまちライブラリー@もりのみやキューズモールで開催しています。

毎月一回木曜日の夜に、お茶でゆるゆるしながらおしゃべりする会。
ただ自分がおしゃべりしたいだけと言えばそうなんですけれど、日本茶インストラクターというお茶の資格を持っているので、毎回お茶のテーマを設定してます。

テーマというと、まちライブラリーのイベントでは、予め設定されたテーマの本を持ち寄ることが多いです。
木曜日にお茶を飲もう♪でもテーマを設定していますが、いつも「お勧めの本」。
気軽に参加してほしいので、基本的にどんな本でもオッケーにしてます。

さて、先日は国産紅茶を取り上げました。
日本で作られているお茶というと緑茶がほとんどですが、生産量は少ないながらも紅茶や烏龍茶(半発酵茶)も生産されています。

僕は、海外の紅茶をいれ始めて、お茶に興味を持つ様になったので、日本の紅茶にも関心があります。
だいたいは飲んだことがない国産紅茶を見かけたら購入して、どんな香りがするのか味がするのか、どういうお菓子や食べ物と合いそうかというようなことを調べてみたり、かといっておいしいのをまた飲んでみたいので、以前飲んでおいしかったのを購入したりしています。

直近で開催した木曜日にお茶を飲もう♪で、お出ししたのは鹿児島の小牧緑峰園さんのフルーツフレーバーティーの水出しと、熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうき

フルーツフレーバーティーは、ハイビスカスやローズヒップなどが入っているので、華やかな香りもして、少し赤みがかった水色(お茶の専門用語で「すいしょく」と呼びます。液体のお茶の色を指します)でした。
湿度が下がってきているとはいえ、まだ少し外は暑いので、まちライブラリーに入って最初に飲みたいのは、冷たくてスッキリしてるお茶だろう。というチョイスです。

IMG_2103.JPG

初めて、まちライブラリー@もりのみやキューズモールに来られた参加者の方がいらっしゃったので、簡単にもりのみやキューズモールのまちライブラリーの説明をしたり。それから、いれたお茶の説明をしたり、持ち寄った本の紹介をしたり。

サイドディッシュの注文をして、二つ目の熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうきを熱湯を使ってポットでいれました。
飲まれた方の感想は、ジャスミン(茶)のようだ、さっき飲んだのとはまた違うねぇとコメントがありました。

IMG_2104.JPG

そんなこんなで、ゆるゆると木曜日にお茶を飲もう♪、続けてます~

IMG_2106.JPG

地元のお茶の勉強会~ほうろくでほうじ茶編~

お煎茶からほうじ茶が作れることをご存知ですか?

お煎茶を適度に炒ると、ほうじ茶が作れます。
フライパンでもできるんですけれど、炒るため専用ほうろくでやった方が楽しいです。

というわけで、地元のお茶の勉強会で、参加者の方からほうじ茶やりたい!とのリクエストがあったので、やりましたよ、ほうろくでほうじ茶。

カセットコンロにほうろくを置いて、少し熱した後にほうじ茶のもとになる煎茶を入れて。

IMG_1794.JPG

それぞれで、お煎茶の分量も違う、炒り加減も違う、同じ大きさの急須でお湯を注いで湯呑に注ぐタイミングも違う。

そうすると、作った人のほうじ茶は随分と違った印象のお茶になりました。

それから、別のお煎茶で僕が普段やっている感じで炒って、みんなで飲んで。
これも、他のと違うほうじ茶で。

一息入れる感じで、経路の違う僕自身が去年の9月にブレンドした玉露を水出しで、いただいて。

お菓子が、ニッキのおせんべい。

これなら紅茶が似合うんじゃないかと、鹿児島産のべにふうきの外連味のないしっかりした国産紅茶を淹れて。

そうして、売り物のほうじ茶はどんな感じかを確認するために、ほうじ茶を淹れて。

都合、6種類。
ちょっと種類は多めだけれども、僕も含めて参加者の感想は「ゆったりとお茶を楽しんだよね」。

IMG_1795.JPG

次回は、地元ではなく僕が新しくオープンする種ノ箱でやってみることになりました。
さて、どんな印象を参加者の方も、僕も持つんだろう。

ちょっと、いや、とっても楽しみです!

お茶班で、大阪玉造の中国茶サロン #可笑的花 の #お持ち寄り茶会 に参加。予め準備すると、おしゃべりできて良かった(*^^*) 水出し二種「ブラウン、フィルターインボトル(小)、静岡 釜茶柴本 すっきり香 釜茶」「レッド、フィルターインボトル(大)、鹿児島 小牧緑峰園 峰の誉 紫パッケージ」軽く煮出し後、冷却「鹿児島 小牧緑峰園 べにふうき ティバッグ、国産紅茶」氷出し「京都福寿園本店地下一階京の茶蔵、キミと僕とお月様(オリジナルブレンド茶)、玉露」 (Instagram)

お茶班で、大阪玉造の中国茶サロン #可笑的花 の #お持ち寄り茶会 に参加。予め準備すると、おしゃべりできて良かった(*^^*) 水出し二種「ブラウン、フィルターインボトル(小)、静岡 釜茶柴本 すっきり香 釜茶」「レッド、フィルターインボトル(大)、鹿児島 小牧緑峰園 峰の誉 紫パッケージ」軽く煮出し後、冷却「鹿児島 小牧緑峰園 べにふうき ティバッグ、国産紅茶」氷出し「京都福寿園本店地下一階京の茶蔵、キミと僕とお月様(オリジナルブレンド茶)、玉露」 (Instagram)

始まりはダッシュでなく散歩から(ブックフェスタ始まりました~)

イベントを開催したり、参加したりして、いろいろ遊ばせてもらっている、まちライブラリー
4/16(土)から5/15(日)は、ブックフェスタ2016 in 関西 です。
ざっくり言えば、本を絡めたお祭りを一か月やるんです。

b59101ad-55d3-400e-8a87-133cd45fd159

それで初日の4/16は、A’ワーク創造館に日本茶インストラクターのゲストとして呼んでいただき、鹿児島県の新茶を淹れました~!

ac1c4bd5-0170-44d1-9a42-dc5312f38930

13:00開始~~~
なんですけど、いきなりお茶は淹れず、散歩しました (^^;

えっ?だって…

みんなで周辺を少し歩くことで、初対面の方もいるし、いろいろお話するキッカケとかになるかなと。
やっぱり、春の晴れた日に外の空気吸うのって気持ちいいじゃないですか。

打ち合わせでは、桜咲いてるの見えたらいいね!と言ってたんですけど、ほとんど散っちゃってました。

残念。

でも、桜の木を見て芽が出てきてるねとか、
そこにいつもは猫がいるんですよ~とか、
もう少ししたらテニスコートがあってテニスしてたりするんですよとか、
劇団ありませんでしたっけ?とか、
古墳を模した原付バイクの堺市のナンバープレートを発見したりとか。。。
会話のタネがいろいろ出て、歩いてみると結構発見がありました (*^^*)

A’ワーク創造館に戻ってきて、自己紹介と持ち寄った本の紹介が始まって、僕はお茶の準備を開始。

お茶の袋を開けて、香りを聞いてもらって。
淹れて、飲んで味わってもらって。
でも、その前に、スタッフ側が用意したお菓子以外に参加者さんの差し入れがたんまりあって。

ん?これって、いつもの府大のまちライブラリーのお誕生日会状態ではないか。
(4/26(火)にお誕生日会します)

ほんと、バラエティーに富んだのお菓子がテーブルに並んでました。
(しまった、写真撮り忘れました。ごめんなさい)

テーマが設定されてはいるものの、集まった本は持ってくる人の個性が出ます。
リラックマのExcelの本だったり、コーランだったり、ソーシャルデザインの本だったり、映画の原作漫画だったり。
本の紹介タイムは、持ってきた人の人柄に触れる機会だったりするのかも。

69ffc36a-17f1-4ffb-80bf-1fd890d0d227

本と居場所という話の流れでは、学校の図書室などで本を読んでた~という人が多かったです。僕もそうでした。

いろいろと取り上げるべき話題があったような気がしますが、印象的だったのがA’ワーク創造館の職員で定期的に開かれているというビブリオバトルのチャンプの話。
毛全書ですよ。髪の毛の話の全書だそうです。
チャンプさんは、この本から二つネタをいう準備をしていたそうですが、一つのネタだけで時間が来たようで。
まぁ、予想はつくと思いますけど、おでこが広いお話だけで終わったそうです。

お茶とお菓子と本で人が集うと話は尽きず、出入り自由だったので参加者さんの入れ替わりもあったりして、終始和やかに、ほんといろんな話題が出て楽しかったです。

参加者の皆さま、A’ワーク創造館のスタッフさん、ありがとうございました!

bba55c0c-fe8c-4241-bdf8-ce382bc189cd

あらためて書くのも、変かなと思わなくもないのですけれど。
本を通して人がつながる場所、まちライブラリーは、そんなところだと思っています。

そ〜ろと、春が近づいています♪

二月も半ばです。
一昨日、昨日とお昼の気温は高め。
なんだか春が近いのかな?と思わせる陽気で。

しかも、雨が激しく降ったり、風も強かったりしましたし。

でも、夜と朝はしっかり気温が下がるので、体調管理には気をつけたいです。

さて、話はもう一度、少しすこし前の日に戻って、土曜日のこと。
朝の時点では少し暖かいなと思っていたところが、お昼近くになるとずいぶん暖かい。

もう春なんじゃないか?と、そんな気分になりました。
その日の午後は、府大のまちライブラリーの2月お誕生日会。
春の気分が出てきたので、持って行くお茶を追加しました。

df1c2e26-46e0-489a-b6fa-8cbc1dcb5759

別の機会に封を開けるつもりだった「春待ち茶」。
素敵なネーミングですね。

鹿児島のおくみどり、八女のかぶせ茶、高級抹茶の原料の碾茶のブレンドだそうです。

お誕生日会では桜餅を食べ始めた直後に、楽しんでいただきました。
美味しいと言っていただけたので、淹れた自分としては嬉しかったです。

色んなお茶があります。
そのときの気分や季節に合わせて、お茶を楽しむのもどうかな?
と思ったので、少しご紹介しました。

おしまいです。
それでは、また。

よかったら、だしパックー>水出してん茶ー>てん茶の茎茶!!をどうぞ。
茶摘みと、紅茶工場見学と、かぶせ茶と、ぼた餅!もいかがでしょうか。

美味いチョコケーキに飽き足らず、きな粉のよもぎ餅に手を出す。美味しいからシアワセ(*^^*) #お茶の時間 #和菓子 #よもぎ餅 #深蒸し #煎茶 #鹿児島 産 from Instagram

美味いチョコケーキに飽き足らず、きな粉のよもぎ餅に手を出す。美味しいからシアワセ(*^^*) #お茶の時間 #和菓子 #よもぎ餅 #深蒸し #煎茶 #鹿児島 産 (from Instagram)

鹿児島の黒砂糖のお菓子 #げたんは と #志布志 の #福茶 。美味しく頂きました(*^^*) #お茶の時間 from Instagram

鹿児島の黒砂糖のお菓子 #げたんは と #志布志 の #福茶 。美味しく頂きました(*^^*) #お茶の時間 (from Instagram)

菓子、しぐれ。品種茶、あさつゆ。銘の取り合わせで雰囲気を。 #お茶の時間 #鹿児島 茶産地は #志布志 from Instagram

菓子、しぐれ。品種茶、あさつゆ。銘の取り合わせで雰囲気を。 #お茶の時間 #鹿児島 茶産地は #志布志 (from Instagram)