「シェアとか共有とかコモンズとか」カテゴリーアーカイブ

すてきだなと、おもうこと(まちライブラリーブックフェスタにいる中で)

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、借りた本『「暮しの手帖」とわたし 大橋鎭子』を読んでます。

長く、とっても長く続けれらている雑誌の最初の立ち上げのキッカケ、動機、背景が丁寧な言葉で綴られています。
続けていく中で大事にしていること、新しい企画を育ててゆく流れ、とっても面白いです。

読んでいて思ったのは、自分の言葉遣いが他人から影響受けてるし、言葉の選び方だけでも時代性があるなぁ、と。

面白い!、おもしろい!、いけてる!、やばい!、などなどが頭をよぎりました。

最後の「やばい!」なんていうのは、自分じゃ使いません。
在りし日の堂島ムジカでスタッフさんから聞いた話から。
マスターが高校生?か専門学校の人に対して紅茶の講座をしたときに、よい、素敵、とっても感動した!という時に使ってた言葉だと紹介してくれました。

さて、件の本でも、掲載当時の文章や画数の多い難しい漢字がそのままで出てきます。
本から浮かび上がる時代性があるんですよね!

ちょっと話は飛びますけれども、物語する芸術祭in空堀、終了しました。
スタッフなので広報で色んな所にマップ付きパンフレットを置いてもらいに行きました。
その一つが、大阪市の北側にある中崎町、葉ね文庫さん。
マップ付きパンフレットを届けた日は、たまたま雑誌を編集した関東にお住まいの詩人の方が来られるイベント日で。

もったいないから参加したんです。
その時、その場のやり取りの詳細は書きませんが、とってもとっても白熱したイベントになってしまって。
でも、実は一番感じたことは「ここに集まった人たちが発する言葉は、少し貯めがある。」「ことばをとっても大切にする人たちだな」って。

実は、物語する芸術祭in空堀のたぶん一番大きなきっかけは、まちライブラリーブックフェスタ2017in関西で大阪市中央区エリアで、何かエリアを見せる企画をしてもらえないかと打診があったというところから。
だから、自分じゃ違う話をしてるつもりはないんです。

ここらで、まとめに入りたいと思います。

まちライブラリーは、人によっていろんな面を切り取れると思います。
今回のこのブログ記事で表したいのは、まちライブラリーのイベントって、世代間とかジャンルとか興味の違った人たちのやり取りが生まれる場所じゃないかな?というところ。
たぶん、二回目のまちライブラリー@もりのみやキューズモールの植本祭だったと思う。
イベントに参加してくれた小学生高学年の女の子と小さなお子さんのいる女性が一緒の会に参加してました。
自分がお世話人をやってるだいたい新月の会でも、世代が違っていたり。性別も違うことも多いけれど。

僕は、そういうところがとっても面白いし、素敵じゃないかなと思ってます。
本って、そんなに即効性のあるツールじゃないのに、イベントたくさんやってるまちライブラリーブックフェスタってヘンっとも思ってますけれど(笑)

IMG_6721.JPG

ところで、この文章を書くのにかけているBGMは「確かめに行こう」。
3人組のロックバンド、ピロウズのシングルにもなっていない名曲。

僕の記憶だと雑誌に「ピロウズの曲は、辛い人に刺さるんですよね。」という書き方されてたと思ってた。
で、実際に確かめると違ってた(笑)

「心に染みる」とか「心に忍びこむ」とか(Talking Rock!10 OCTOBER 2009 No.016 P.47)
というわけで、まだまだ続くまちライブラリーブックフェスタの中にいる気分を書き表してみました。



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

場所に似合うってこと

もう随分前になっていて、あんまり実感がなくなっているのですが、今って大学受験シーズンなんですね。

昨日、まちライブラリー@OIC(立命館大学茨木キャンパス)に本を返しに行ったら、こんな看板が立っていました。

IMG_4697.JPG

福袋で借りた本が、フィンランド高校留学した方の本「青い光が見えたから」で。高校に入るまでから高校を出るまでの内容、つまり最後らへんは大学受験に関する内容もあったりして、えらくタイムリーで。
昨日の受験生たちの中で、もし、このキャンパスに来ることになったのなら手にしてほしい本かもしれないなぁ。
(あ、でも本当は中学生にお勧めの本かも。。。)

種ノ箱は、長屋を改装した建物の中にある畳のある和室の空間。
うーんとやっぱり、日本茶と和菓子が似合うんやろうか?

そんなことを考えてしまいました。

ところで、種ノ箱から歩いて10分くらい北のところにあるまちライブラリー@もりのみやキューズモールでは、もりのヤミーブックスという企画をされています。
福袋の発展版みたいなもので、どんな本が入っているかわからない、少しだけヒントの紙が添えられています。

IMG_5288.JPG

良かったら、見てみて下さい。
2月のテーマは「あまい・にがい」。
お茶好きさんの視点で言えば、これってお茶のこと?とか思っちゃいました。

それではまた~



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

【告知】11/19(土),20(日)まちライブラリー@種ノ箱のイベントを開催します!

露地再生複合施設 宰-つかさ-の種ノ箱にて、まちライブラリー@種ノ箱のイベントを週末の土曜、日曜に開催します。

11/19(土曜)は、午後2時より本を使って遊びます♪
本を二冊お持ち寄り下さい。できればジャンルの異なるものでお願いします。

本を使っていろいろ遊んでみようの会@種ノ箱
https://www.facebook.com/events/576775572523353/

12984f2c-8bf4-4d47-af52-eab928f2746a

11/20(日曜)は、おやつ時に開催します。
「おうちにあると嬉しい本」を一冊お持ち寄り下さい。
その本を紹介しあって、お茶とお菓子をいただきながら、おしゃべりする会です。

茶の間のショーケースに本を植える会
https://www.facebook.com/events/1363686827005286/

5e90c37e-c99c-4d42-9038-4afa58b2434c

いずれも参加費:800円(お茶、お菓子付き)

参加表明は、フェイスブックのイベントページで「参加予定」にするか、 takiho@chaai.info までメールを頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

住み開きのお話

住み開きとそうでない(住み開きではない)ものの違いは、家だからできることを意識しているか、どうか。 ーアサダワタルさんー

 

お家とお店が半々のような種ノ箱という場所を作った後のタイミングで、比較的山奥の田舎の畳の居間が4つある民家に、アサダワタルさんという色々やっている人の話を聞きに行きました。

う~ん。
正確な動機は、なんだか面白そう、知り合いが会場近くの街を案内してくれる時間を作ってくれたので、これは行っておかないととっても後で損をしたような気分になりそうと思ったから。

アサダさんの話を最初に聞いたのは、スタンダードブックストア心斎橋で、「コミュニティ難民のススメ」の出版トークシリーズ、最終回。
分野の境界を生きる人たちとのトーク。
この内容についてはブログに書いていないけれど、スタンダードブックストア心斎橋の恒例のイベントチラシの裏にびっしりメモを書いていて、何か気になるたびに見返している。

CDと本がほぼ同時にリリースされる前に開かれたライブトークイベントにも行ったし、REAL 35のも、他にもたくさん行ったのだけど。

アサダさんに最初に興味を抱いた「住み開き」の話を伺うのが初めてだったということに、今回行ってみてやっと気付いたのでした。

  • だれかがやってきて、炊事場でなにかをし始める。
  • 車座になっておしゃべりする。
  • 来るまでは知らなかった人と知り合う。
  • 比較的近い地域の話題で盛り上がる。

そういったことを体感しながら、アサダさんの活動遍歴と、住み開きの関係、会場となったてれれの下之坊さんとの出会いとコラボの話を聞いて、自己紹介とか、時間が無くなって一言感想とか。

バーベキューも、みんなでガヤガヤ用意。
火を熾して、板をくべて、羽釜で赤飯。
ブロックを左右の端において、その上に網、もう一回ブロックを置いて網を置いて、二段のコンロ。

野菜の焼いたのとか、アジとか、ソーセージとかとか。

拳より二回りほど大きな丸いアルミホイルの塊がコンロの中にゴロっと入っていて。
軽く変なもんがいるなぁと、あんまり気にかけていなかったら、会場を後にする直前で、中身が焼リンゴと判明!
シナモンシュガーをかけてもらって、美味しくいただきました。

なんですかね、お家だからできることって、意外と身近で気が付かないほど小さい内容で、とっても大切なことかもしれない。

この文章を書いていて、そんなことを思ったのでした。

おしまい。

IMG_2362.JPG
イベントの正式名称は、これでした。「滝畑てれれチセ 一週年お祝の会」
IMG_2357.JPG
羽釜でお赤飯を炊きましたっ!!、美味しかったです!
IMG_2360.JPG
キャンドルナイトですよ~
IMG_2365.JPG
お祝いだからお赤飯っ!
IMG_2366.JPG
網の上は具沢山!
IMG_2367.JPG
焼リンゴとシナモンシュガー

露地再生複合施設、宰の場所の名前

今日は7/10です。
ちょうど、4ヶ月前の3/10に玉造の長屋再生複合施設の一回目の見学会が開催されました。

f89d676e-0d49-4d0c-b44a-c6fa47250d09

改装前の長屋を見て、周辺をまちあるきする企画です。

参加する動機は、こんな感じ。

ひょんなあまりよろしくないキッカケがあって、
コワーキングスペース「往来」(おーらい)を利用していた縁でからほり倶楽部に顔を出すようになりました。
それから直ぐに開催されたからほり倶楽部の長屋ツカウツナグフォーラムにスタッフとして参加して、長屋に興味を持ち始めました。

長屋って何や?という極あっさりした疑問をもって、知りたくなり、とりあえず参加してみようと見学会に参加しました。

そもそも長屋の一室を借りるつもりで見に行ったわけではなかったんです。

見学会で、長屋をなぜ改装したいかをオーナーさんから話を聞いたり、担当する六波羅真建築研究室の方から「このあたりを宰相山(さいしょうやま)、宰相というところから宰にした」と名前の由来を聞いたり。

宰の南の三光神社、軍人墓地、北側の玉造稲荷神社、越中井や大阪カテドラル聖マリア大聖堂などをまちあるきして。

b438c97e-2eea-4a0c-af94-ac117f457c5a

c0fcbbac-6c39-49a9-8c19-2350ed46e9de

90295251-f0e0-4316-ba45-6612b1f90291

まちあるきの最後にちょっと寄り道。
コンビニで買い物して三光神社の方へ歩いていったら、やけに気持ちのよい通りだと思ってしまい、最後に長屋に戻って、また少しお話を伺っていると、自分が使う想定であれこれ検討したら面白くなってきて。

前回の宰の記事を読まれた方から、住まいとして使うように読めたよと感想をいただきました。
でも、長屋は住まいとしてではなく事務所(サロン)で使う想定です。
というのも、部屋の大きさと、お茶を淹れるのに不自由のない炊事のできるキッチンを付けると、風呂的設備は金額としても部屋の雰囲気としても、ちょっと使いにくくなりそうだったので、風呂なし。
というわけで、近くに別途住居を借りることにしました。

今、宰の一階の通りに面した壁は、広くなっています。

678426d3-7676-4b3c-bcbd-ac10f39b505e

ウチは二階なので、今どうなっているのか知りません。
言えば見せて貰えるんでしょうけれど、工事の最初に見たきりです。

建物の名前は、「露地再生複合施設、宰(つかさ)」になりました。
オープンは9/1です。

93179612-2581-4642-afd3-97e568462b7c

それで、自分の場所の名前を決めました。

「種ノ箱」

なんで、この名前にしたのかは、また追々書きたいと思います。

それでは、また。

長屋と古民家住宅

玉造の長屋の改装物件、宰(天王寺区空堀町長屋再生複合施設プロジェクト「宰-つかさ-」)の一室を契約しました。
これまで、長屋なんて縁遠かったのに。

ふと宰の見学会で、ふと不覚にも三光神社の北側の東西の通りが気持ちよく、適度な狭さ四畳半もかなり気に入って。
実際には、四畳半+三畳ちょっとを合わせたところにキッチンを付けてもらうんだけれど。

あんまり強く意識していなかったのですが、僕は古い民家に興味があるようです。
かまどがあったり、井戸があったり、木造だったり。
なんかキョロキョロ眺めちゃうんですよね。

4月後半には、まちライブラリーのブックフェスタで堺市の古民家、兒山家住宅のイベント「古民家ライブラリーをつくろう!」でも行って、めちゃくちゃ楽しんじゃいましたし。

でも、兒山家のような大庄屋のようなお家と古い長屋がどうちがうのかというのは全くよく分かっていなくて。何が違うんだろう?と思っていました。

それで、自分が借りることになってしまった長屋を知りたいと、自分が読めそうな本「大阪 新・長屋暮らしのすすめ」を読んでみると…

分かったのは、長屋はざくっというと古い規格の揃った集合住宅ということらしい。
第二次世界大戦前、大阪は大大阪と呼ばれるほど人が集まってきて、職と住むところが近かった。その人たちが住んでいたのが長屋。
本当に都市らしい住まいだったみたい。

一方、大きな古民家住宅は、基本的に一世帯とその雇われ人が住まう構成になっていたみたい。(少なくとも兒山家住宅だとそうなっていた)

ところで、宰は改装工事が始まっていて、9/1オープン予定。
一階の壁やら天井やらを抜く工事開始日に見学させてもらったんだけれど、今のアパート住まいから見ると、すごい工夫があって。
そもそも、10何号室まで、引き戸が連なっています。
隣同士の引き戸でも、こっちは1階あっちは2階になってたりします。
たぶん世帯の人口が増えたんでしょうね。当初1階と2階が別々の世帯が使われていたところでも、一つの引き戸から1階と2階にいけるように改造されていたり。
なんというか、長屋というのはここまでモジュール化されて拡張性が高いのかと感心しました。

あ、でも兒山さんところのイベントの時でも、「民家というのは建てられた当初が完成型ではない。住み続けて、その時代時代に合うように、ある程度便利に改装されていくものだ」という内容のことも聞いていたので、長屋もそうなんだと思いました。

まだ改装中なので長屋を使っているわけではないのですが、からほり倶楽部のイベント「長屋ツカウツナグフォーラム」で知ったのは、長屋は人の距離が近いということ。
人の声も聞こえやすいし、路地を通ると台所で作っている料理の香りが漂ってくる。
そういうところも、これから感じられるといいなぁと思っています。

さて、宰の工事はどんどん進んでいて、アスファルトだった路地が、先日6/5はアスファルトが剥がされていました。

IMG_0746.JPG

今後は、宰の話題をちょこちょこ書いていこうと思います。

始まりはダッシュでなく散歩から(ブックフェスタ始まりました~)

イベントを開催したり、参加したりして、いろいろ遊ばせてもらっている、まちライブラリー
4/16(土)から5/15(日)は、ブックフェスタ2016 in 関西 です。
ざっくり言えば、本を絡めたお祭りを一か月やるんです。

b59101ad-55d3-400e-8a87-133cd45fd159

それで初日の4/16は、A’ワーク創造館に日本茶インストラクターのゲストとして呼んでいただき、鹿児島県の新茶を淹れました~!

ac1c4bd5-0170-44d1-9a42-dc5312f38930

13:00開始~~~
なんですけど、いきなりお茶は淹れず、散歩しました (^^;

えっ?だって…

みんなで周辺を少し歩くことで、初対面の方もいるし、いろいろお話するキッカケとかになるかなと。
やっぱり、春の晴れた日に外の空気吸うのって気持ちいいじゃないですか。

打ち合わせでは、桜咲いてるの見えたらいいね!と言ってたんですけど、ほとんど散っちゃってました。

残念。

でも、桜の木を見て芽が出てきてるねとか、
そこにいつもは猫がいるんですよ~とか、
もう少ししたらテニスコートがあってテニスしてたりするんですよとか、
劇団ありませんでしたっけ?とか、
古墳を模した原付バイクの堺市のナンバープレートを発見したりとか。。。
会話のタネがいろいろ出て、歩いてみると結構発見がありました (*^^*)

A’ワーク創造館に戻ってきて、自己紹介と持ち寄った本の紹介が始まって、僕はお茶の準備を開始。

お茶の袋を開けて、香りを聞いてもらって。
淹れて、飲んで味わってもらって。
でも、その前に、スタッフ側が用意したお菓子以外に参加者さんの差し入れがたんまりあって。

ん?これって、いつもの府大のまちライブラリーのお誕生日会状態ではないか。
(4/26(火)にお誕生日会します)

ほんと、バラエティーに富んだのお菓子がテーブルに並んでました。
(しまった、写真撮り忘れました。ごめんなさい)

テーマが設定されてはいるものの、集まった本は持ってくる人の個性が出ます。
リラックマのExcelの本だったり、コーランだったり、ソーシャルデザインの本だったり、映画の原作漫画だったり。
本の紹介タイムは、持ってきた人の人柄に触れる機会だったりするのかも。

69ffc36a-17f1-4ffb-80bf-1fd890d0d227

本と居場所という話の流れでは、学校の図書室などで本を読んでた~という人が多かったです。僕もそうでした。

いろいろと取り上げるべき話題があったような気がしますが、印象的だったのがA’ワーク創造館の職員で定期的に開かれているというビブリオバトルのチャンプの話。
毛全書ですよ。髪の毛の話の全書だそうです。
チャンプさんは、この本から二つネタをいう準備をしていたそうですが、一つのネタだけで時間が来たようで。
まぁ、予想はつくと思いますけど、おでこが広いお話だけで終わったそうです。

お茶とお菓子と本で人が集うと話は尽きず、出入り自由だったので参加者さんの入れ替わりもあったりして、終始和やかに、ほんといろんな話題が出て楽しかったです。

参加者の皆さま、A’ワーク創造館のスタッフさん、ありがとうございました!

bba55c0c-fe8c-4241-bdf8-ce382bc189cd

あらためて書くのも、変かなと思わなくもないのですけれど。
本を通して人がつながる場所、まちライブラリーは、そんなところだと思っています。

増えてます!まちライブラリー!!4月5月にブックフェスタありますよ!!!

まちライブラリーというのは、本をみんなで持ち寄って、まちの中のある場所に本棚を作る取り組み。
僕の中では、「みんなで作る、わたしの本棚」というイメージです。
昨年末、まちライブラリーに関連する本のPOP作りのイベントで、こんなの作りました。

f16070b7-21eb-475e-9e66-f15969580af5

(ここで作成風景とか、選抜されたPOPが本屋さんに並んでいる様子を伺えます。みんな気合いはいってて、見てて楽しい。僕は一緒に作っていたので、その時の内容が思い浮かぶので、なお楽しい)

まちライブラリーでは、随時本の寄贈を受け付けていますが、イベントで指定されたテーマの本も集まります。

本でイベントってのも、ちょっと慣れないと不思議な感じですけれど。
イベントで本が集まって、そういう本棚ができるというのも、なかなか素敵なところだと思っています。

自分でも、まちライブラリーでイベントを少しずつ実施し始めて、わかったのは
「初めてのことは、勝手が分からん!!(涙)」
と言う当たり前と言えば当たり前のこと。

まちライブラリーでは、それぞれの場所でライブラリーの利用条件がことなったり、イベント利用条件もそれぞれの場所で異なります。

イベント利用条件は、まちライブラリー@大阪府立大学だったら会員登録している人、まちライブラリー@もりのみやキューズモールだったら会員登録+利用時に500円(ドリンク代)となっているようです。
(細かい規約はスタッフさんが教えてくれます)

今まで参加したイベントを見ると、
「会員の人の人がカタリストの場合もあります」
が、
「会員の人が世話人になって、お話しするカタリストは会員ではない人」
の場合もあったり。

と、そんな細か~いことを書いてみてるのは、4/16(土)-5/15(日)に開催される「まちライブラリーブックフェスタ2016in関西」に参加しようと企んでいるからです!!
(自分以外の人も巻き込む魂胆があります)

ざっくり言うと、関西に点在する本のある場所「ブックスポット」でイベントを開催するキャンペーン期間!
ブックスポットは、各地のまちライブラリーや企画に賛同する公共図書館、本屋さんや、本をおいているスペースなど。

まぁ、なんですね…キッカケは些細なことで。
先日「本を使っていろいろ遊んでみようの会」をまちライブラリーのスタッフさんと相談して企画、そして実施したんですよ。
それが思いの外、思い以上に、とてもとても盛り上がって楽しかったんです。
本であそぼ!企画を継続、拡散したいという野望の元、ブックフェスタに絡もうかなっと。

個人的には、お茶も(たぶん)淹れたりできれば、嬉しいけど。

まぁ、そんな感じで、本と人に出会って、まちに出かけに行こうかと思っとる次第です。

この文章を読まれた方で、ご興味、ご関心を持たれた方は企画を持ち込まれてみてはどうでしょう、企画募集中とのことですし。
(本であそぼ!企画で出張もたぶんします。ブックスポットを持っている方、よろしければお誘い下さい)

というわけで、宜しくお願いします。

夜のまちあるき、かつての花街、宗右衛門町。(観光家・陸奥賢と大阪ゲニウス・ロキを探るVol.04)

「陸奥さん、あやしいな」(by 中川さん)
「あやしいでしょ」(by 陸奥さん)
主催者どうしの忌憚のない掛け合いで…
(陸奥さんのマントと帽子の格好を評したもの)

夜19時。スタンダードブックストア心斎橋に集合しました。
1時間半ほどのまちあるき。
今回は、宗右衛門町近辺でした。

ef65dce7-923d-42ef-b751-e16ee15142e9

今はなかなか騒がしいディープなところですが、明治時代の昔は有名な花街だったそうで。

古い地図を見ながら、要所要所で陸奥賢(むつさとし)さんの案内で、まちあるき。
撮った写真でGoogleフォトで作ったストーリーは、別途見てもらうことにして…

何というか知らなかったとは言え、花街というのは高級料亭や老舗お茶屋(芸妓さんとかと遊ぶ場所)で。
芸妓さんに、芸を教えたり、絵や詩を教えたりする場所でもあったんだそうな。
なんというか、平安時代とかだと思うんだけれど、そのころの貴族が社会的な関係を円滑に勧めるための基礎素養だったと思われる漢詩や和歌、絵などが、明治時代は花街がその役割の一部(もしかしたら大部分?)だったなんて。

でも、その花街は太平洋戦争で空襲で、多くの芝居小屋は焼けてしまい無くなります。
昔の地図どおりのお店はほとんどなかった。

でも、地名には由来が残っているものもあり。
太左衛門橋は、芝居好きな太左衛門さんが、自分の家から川向こうにある芝居小屋へ行くのに、近くに橋がなくて難儀したので、自分の家と芝居小屋を繋ぐために作ったんだとか…
なんとも、イラチな人やったんかなぁ。

堺筋の安井道頓さんの碑まで歩いて、少し北に行って、三津寺筋を帰るルート。

わらわらと総勢15,16名くらいで出発地点のスタンダードさんに戻って。カフェで、陸奥さんとスタンダードブックストアの中川さんのトーク。

3回目にも参加していたのですが、知らなかった!(聞き漏らしてた…?)

そもそも、この企画、このところ中川さんが福岡の久留米とか、鳥取とか、愛媛の松山とか地方都市を行くことが多くなって。

「(地方都市の)みんな、自分ところの街愛してるよなぁ。じゃぁ、自分は大阪のこと、どうやろ?
あんまり知らんなぁ。
自分の店の周りのことも、あんまり知らんから、まちあるきやろう!」(by 中川さん)

ということで、陸奥さんと相談して始まったんだそうな。

ふむふむ、中川さんの個人的な動機から、みんなが参加できるイベントになってるところが面白いなぁ!

希望したので、カレーとドリンクのセット(1000円)を頂きました。
カレーおいしかったです。写真なくてスミマセン。
阿倍野のスタンダードさんにも行くんですけれど、フードメニュー店舗によって違うんですよね。最近やっと気付きました。

ま、そんなわけで、まとめとかんと、自分でも忘れるし、少しでも思い出すキッカケに。
大阪にも関心を少しでも持ってほしいので、サラッと書きました。

ところで、宗右衛門町って、添え物(そえもん)の当て字ではないやろうな。
でも、方言は音の響きにえぇ味がありますねぇ。

念の為、フル名称とリンク。

【TRAVEL】11/30 19:00 STANDARD BOOKSTORE traveler presents 『観光家・陸奥賢と大阪ゲニウス・ロキを探るVol.04』

に参加しました。

おしまい。

[終了] お茶に触れる、第2回 もりの植本祭(2015年12月20日、まちライブラリー@もりのみやキューズモール)

お茶は飲むだけじゃありません!
元々は、チャノキという植物の葉っぱを乾燥したもの。
触れて感じてお喋りして、飲みたいお茶っ葉に投票して、いれて飲みます。

IMG_6391.JPG

IMG_6392.JPG

第2回 もりの植本祭(まちライブラリー@もりのみやキューズモール)のカタリストとして参加します。
まちライブラリーは、みんなで本を寄贈して育てていくライブラリー(図書館)で、
植本祭は、複数のテーマを同時に開催して、本を持ち寄ってワイワイするイベントです。
カタリストは、テーマに沿って話す人といったところ。

お茶っ葉に指や手で触れるので、衛生面を考慮して、ウェットティッシュで手を拭いてから、お茶に触れて頂きます。

日付:2015年12月20日(日曜日)
時間:16:30-17:45(第3ターム)
場所:まちライブラリー@もりのみやキューズモール(大阪市中央区森ノ宮中央2-1-70)

参加費:500円(1ドリンク付、お茶も淹れて飲みます)
持ち物:「お茶」もしくは「触れる」からイメージされる本
申 込:申込フォーム(他のテーマも面白いものがあります。懇親会もあります。是非ご参加検討して見てください!)

Googleフォトで作った、アニメーションより見栄えのいいもの(ストーリーイメージ動画)

アニメーション。
IMG_6383-ANIMATION.gif