「ブログ」カテゴリーアーカイブ

だれかの何かを動かすもの

それは「音楽」かもしれないし、「ことば」かもしれないし、「きづかい」かもしれないし、「たべもの」だったり、「場所」だったり、「発表の機会」だったりするのかもしれない。

もしかしたら、もしかしたら、、
「お茶」だったりする場合があるのかもしれない。

少しの気持ちで未来は変えられる。

しばらくはあっていないけれど、親しくさせていただいている方とやり取りをして浮かんだ言葉。

大事にしたいし、そうありたいです。

ステキなお茶が淹れられますように。

259de8f3-5518-436c-844b-91f1fcd6af13

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

何か分からないけれども、その場に居合わせること

イベントがあるとして、いつもそのテーマに興味があるから参加する訳ではないです。

何か他のついでで近くに行ったから。
知り合いがいるから。
テーマよりも取り組みが面白いから。

訳が分からないから、とりあえず参加したら何か分かるかも知れないというのもあるかも。

普段の自分が居る場所と違うところを持つというのは、大切なこと…らしいです。
仕事に関連する職場とプライベートに関する家庭と、それ以外での居場所というのが。
サードプレイスという言葉で言われています。

ちょっとした未知との遭遇のイベントは、日常と非日常という言葉でも言えそうな気もします。

言葉でいうと括り、分類分け、カテゴリーができてイメージするモノが固まってしまう。

最近、訳の分からない状態をそのままで、自分がどう感じるかを知りたくなっていて。

30 - 1
キッズミートアートの看板。

今日は大阪、谷町9丁目のパドマ幼稚園・浄土宗大連寺・應典院で開催されたキッズ・ミート・アート2015に行ってきました。
僕の日常で、幼稚園を含むそれより下の子供を見る機会がないので新鮮でした。

絵本の読み聞かせに参加したら、大人の問いかけに対して、子供の回答が一通りではない。

うーん、と悩んで、言葉にならない子。
パッと答える子。
ちょっと考える時間があってから、言葉にする子。

言葉も、海とか、従兄弟のウチに泊まったこととか。
使い方も大人と違う。

頭の中をガラガラと崩すには、ちょうど良かったのかも。

とは言え、お父さんお母さんにとっては、子供達といつもいれば、そういう訳の分からん状態に置かれちゃうので、僕のこの悠長な感想にはならないと思います。

と、お茶の準備をしながら、そんなことを思ったのでした。

30 - 2
地元のパン屋さんのスコーンと、應典院で購入したマフィンと、インドネシア産の紅茶と一緒に。

おしまい。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

ブログのキャッチフレーズを変えました!(「プレイフル・シンキング」読後の影響)

「お茶との出会いが広まりますように」をブログのキャッチフレーズにしていたのですが、よりアグレッシブに「茶の間(MA)を広げる実験場」に変えました。

というのも、「お茶との出会いが広まりますように」と願うだけじゃ物足りない。
行動に移す仕組みにした方がやりやすい。
「茶の間(MA)を広げる実験場」と書いた方が行動しやすそうと思ったからです。

プレイフル・シンキング」という本を読んだ影響です。
著者の上田信行さんの肩書きが「ネオミュージアム館長」。
ネオミュージアムは、奈良県吉野川のほとりにある、学習環境デザインとメディア教育の実験的アトリエとのこと。

この本の帯には、「Can I?(できる?)ではなく、How?(どうやる?)で考えると仕事は楽しくなる。」とありました。
実際に読んでみると、仕事を楽しくするための考え方が書いてあり、大変興味深く読ませてもらいました。

「空間と活動をリンクさせるために、空間に名前をつけるのもひとつの方法」との記載があったので、キャッチフレーズの変更という形で、実践してみました。

ところで、「プレイフル・シンキング」の入手のいきさつが個人的に面白かったので、そのことを書きます。

ある時に、お茶の淹れ方を楽しく伝えるのに、ワークショップをするのが良さそうと考えて、フェイスブックで流れてきたワークショップの上田さんの記事を読んで、本文中に出てきた「プレイフル・ラーニング」というワークショップに関する本が欲しくなりました。
それで調べてみると、絶版。実際に本屋にも足を運んだのですが、入手出来ませんでした。
そこで、同じ上田さんの本ということで、大型書店で手に取ったのが、今回の「プレイフル・シンキング」。

「あれっ? どこかで見たことのある本だなぁ??」

実は、この「プレイフル・シンキング」、購入前に参加したイベントで、紹介されていた本だったんですよね。
イベントのときは欲しいと思わなかったのに、時間が経って、自分の問題意識が「仕事を楽しくしたい」に変わったから、買いたくなったという。

どういう経緯で入手したかは別にして、読んで為になった本は、ご紹介したくなるので、取り上げてみました。

ご興味のある方は今でも本屋で入手可能なので、是非手にとって見て下さい。
きっと新しい発見があるんじゃないかと思います。

IMG_5533.jpg

土曜日は…

タバコを吸わない人は、タバコのにおいダメな人が結構いると思います。

喫茶をされているお店としては、禁煙にするか、分煙にするか、はたまた喫煙可能にするか悩みどころ。
堂島ムジカの場合は、土曜日の開店11:00から18:00(夕方の6時)まで禁煙というものでした。IMG_1895.jpg

大好きな紅茶屋さん

お茶好きな皆さん、お茶はどこで買いますか。

お気に入りのお店があると、お茶を飲む楽しみも増えますよね。

僕がお茶をたくさん入れるようになったキッカケは、大阪の堂島にあるムジカという紅茶屋さん。

お店は4階建ての商業ビルの三階。
エレベーターに乗り、三階の扉が開くとソコは、倉庫?

紅茶の入った木箱や茶色の袋がデンっと積み上がっています。

日本なのに、不思議な多国籍な雰囲気に満ちています。

入り口すぐがショップ。
紅茶の葉っぱや、ポット、ポットにかぶせるコジー(スリランカ製で一つ一つ違っていてたのしくなる品)、紅茶缶(ティーキャディー)、葉っぱの秤(ティーメジャー)などが売られています。

左手に進むと、喫茶スペース。
ムジカという名前の由来は、開店当初がクラシック音楽の音楽喫茶店だったから。
オーディオが普及して、音楽喫茶では商売が難しくなったときに、紅茶メインの喫茶店に転換したらしい。

外が見えるガラス張り近くの席は、1-2人の少人数スペース。
僕のお気に入りの場所は、一番奥の二人掛けの席。
一人で行くのに、夜遅くだと空いているから、ここばっかり座って、外を眺めながら、紅茶を飲んでました。

お店をぐるっと見回すと、紅茶のポットやパッケージ、紅茶資料がたくさん置かれています。ホント、紅茶が溢れてる。そんな空間です。

僕はお茶好きになる前から甘いもん好き。
紅茶にケーキは欠かせません。
木の実のタルトが素朴で、お茶に合わせ易くて、たぶん今ままで一番注文したと思う。
「なめこ」というケーキがビジュアルと味ともに訴えるものがあるので、一番有名みたい。

そんなこんな色々な思い出のある堂島ムジカが2013年9月25日に閉まることになりました。
ムジカのお茶の販売は続くとのことですが、この記事で書いた堂島ムジカの雰囲気はなくなってしまうようです。

一言でいうなら、さびしい。

でも、お茶の魅力をいつも見せてくれた空間に「ありがとう」という気持ちでいっぱいです。

堂島ムジカの残り時間が少なくなっても、お茶があれば、たぶん僕は色々なことを思い出せるし、新しいお茶の記憶も増やすことが出来る。

そう悲観することもないはずだけど。

気になった人は、残り時間が少ないけれど、行ってみて下さい。
日本の紅茶屋さんのトップランナーを垣間見ることが出来るはずです。

それで、紅茶淹れて飲んでみようという人が増えるといいな。

おしまい

ブログ、はじめてみます

先日、終了した宇治茶「本ずづくりプロジェクト」、幸いにも全4回参加できました。

内容が大変面白かったので、フェイスブックで公開した内容も含めて、もっと多くの人に見てもらえるように、ブログに載せたいと思います。
まだ勝手がわからないので、やります宣言だけ。
(そのまま公開できないので再編集予定)
IMG_0612.JPG
4回目の本ず設置体験での寒冷紗玉露と本ず玉露の比較