「品種」タグアーカイブ

新茶の季節です~地域と品種の遅速~

皆さん、もう新茶は飲まれましたか~?

お茶の摘み取り、始まっている地域もあれば、これからのところもあります!
日本列島の暖かい地域から茶摘みが始まるので、基本的に桜と同じように南から北に移っていきます。

筆者が入手した新茶は、鹿児島県の種子島産で、品種は松寿。
品種の特徴を知りたくなって、登録品種データベースを見てみました。
結果はこちら

「くりたわせ」という品種の枝変わりとのこと。
気になって、「くりたわせ」をウェブ検索してみると、記念碑があって、種子島で栗田さんという方が選抜されたとのこと。

松寿という品種、あんまり関西で栽培されているの聞かないなぁと思ったら、くりたわせが種子島で選抜されて、その枝変わりだからなのかも理由なのかもしれませんね。

さて、「くりたわせ」を漢字で書くと「栗田早生」。

標準的な品種より、早く収穫時期を迎える品種を「早生(わせ)」といいます。
遅い場合は「晩生(おくて)」。(Wikipediaの早晩性を参照しました)

「くりたわせ」は名前からわかるように、早生品種。

場所によって、農家さんによって、複数の品種を育てている場合があります。

その一つの理由として、製茶工場の加工能力には限界があるので、越さないように。
同じ地域でも日当たりによって、お茶の葉っぱの収穫時期が違うそうです。
それでも、品種が同じだと、収穫時期が被ってしまうことも。
なので、避けるには、収穫時期が異なるように品種を変えるそうな。

あ、もしかしたら、松壽が新茶一番乗りなのも、早生品種だからより早くなるのかも知れませんね~

和菓子教室のお土産と、新茶の種子島産の松寿。春ですね~

京都の宇治茶の主要生産地の和束町で、新茶の摘み取りが始まったそうです。

まだまだ、新茶いろんな地域のお茶出てくると思います。
場所が違えば、香りもお味も違うので、機会があったら、ぜひいろんな新茶を楽しんでみてくださいね~

では、またー

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

いずみや茶舗、猿島烏龍 緑 MIDORI

大小さまざまなお茶会、実はいろんなところでされてたりします。
お茶好きを続けてると、そういった情報は流れてくるもので。

でも、規模とか開き具合(どのくらいオープンか)とか、気軽に参加できるのかとかが結構違っていて。

先日の大大阪お茶会。
ふたを開けるまで、どうなるかな?とスタッフとしては気を揉んでいたんですが、うれしい悲鳴で大盛況でした。

とはいうものの副作用はないわけはなく、チャノキ(カメリア・シネンシス)のお茶、一個しか買ってない!という結果で。

せっかくなので、ちょっとそのお茶のゆるいレポートを書いてみます。

いずみや茶舗さんの猿島烏龍 緑 MIDORI。
単一品種だそうですが、記載がないです。

日本でも烏龍茶、半発酵のお茶作られてます。
緑茶と紅茶の間の子が、半発酵のお茶、烏龍茶という分類になります。
今回の猿島烏龍は、茨城県猿島郡だそうです。

飲むとあまく、花のような香りが口の中に残り、すっきりした感じ。
以前飲んだことのある中国のお茶、四季春に似てるような。
でも四季春より青い野菜のような感じは少ない感じ。

水色が透き通っていて、綺麗ですね~

ほとんどにごりがありません。きれいな水色!

お茶の葉っぱも、おっきいです!

半発酵のお茶らしく、お茶っ葉の縁が茶色いのが見えるものもありますね。

練乳のような甘さのあるクッキーと一緒に、ゆるゆるいただきました。

クッキー、せっかくだから六文銭っぽく並べてもよかったのかも。後の祭り、、、かな(^^;;

ごちそうさまです!

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

適度な区切りで、快適なお茶ライフを〜

そろそろ、種ノ箱は一年になろうとしています。
畳の部屋は、ほのかな香りが豊かだなぁと、ちょいと早起きして水出し番茶を仕掛けてると、そんなことを思いました。

さて、品種茶というのは、同じ特性をもった茶の木というのは、ここらで書きました。
品種が同じでも味が違うというのは、どこが違うんでしょうか?

たぶん、土、気候、肥料のタイミング、生葉の摘み取りのタイミング、製茶の加工のやり方、乾燥具合、いれ方かな?と思います。

じゃあ品種の味、どういう特性があるかを知るには、どうしたらよいでしょうか?

思いつく答えを書き出してみると、

  • 同じ品種のお茶の産地ちがい
  • 生産者ちがい
  • 一番茶(だいたい初夏、ほぼ春)と二番茶(だいたい初夏の次、ほぼ夏)ちがい
  • 深蒸し茶にするか、普通蒸しの緑茶にするかなどの加工方法ちがい
  • 緑茶、半発酵茶(烏龍茶)、紅茶(強発酵茶)などの発酵度ちがい

かな。

あげてみると色々と比較の内容が変わることが、なんとなくわかると思います。

でも、これ全部をいっぺんに楽しみながらやるのは、ちょっと大変なんですよね。

お茶を同じ品種でそろえて、ちがい別に数を用意すること。
数がありすぎると、いれる道具も数が必要だし、いっぺんに飲んでも、よくわからなくなってしまうこと。
飲み過ぎたら、お腹が茶腹と言って、お茶で満タンになって、しんどくなってしまうこと。
上等なお茶を飲みすぎたら、お茶酔いという状態も。

みなみさやかを楽しむ茶会の準備。それ以外も楽しむ予定。

だから、当たり前かも知れないけれど、適度な区切りが大切かなぁと思います。

と、そんなことを思いました。

細かいことをふわふわと最近書き出してます。
では、また〜

紅茶向きの品種があるんです!

一つのお茶の木から、緑茶も紅茶も半発酵茶(烏龍茶)も作ることができます。
あくまで作ることができる、であって、向き不向きはあるようで、品種は緑茶向き、紅茶向きと言われたりします。

今のところ、日本では半発酵茶が少ないからか、半発酵茶向きという記述は見かけたことがないです。

さて、日本の紅茶向き品種には、「べに○○」と付けられるそうです。
たぶん、「べにふうき」をご存じの方はいらっしゃるのではないかと思います。
「べにひかり」、「べにほまれ」、「べにたちわせ」、これらは紅茶向きと言われます。
というか、この三つは紅茶で加工された物しか飲んだことがないです。

日本で一番栽培されている品種の「やぶきた」は、緑茶でも紅茶でも飲んだことがあるんですけれど。

品種でなにが変わるかというと、味や香りが変わります!

日本で作られた紅茶、和紅茶とか国産紅茶という名前で見かけることが増えてきています。
緑茶より、品種の名前が書いてあることが多いように思います。
品種に注目して、入手したり飲んだりして味や香りを楽しむのも、お茶の楽しみ方の一つだと思います。
「わたしは、やっぱり△△(お好きな品種名で)が好みやわ〜」を頭の中とか、心の中で呟いてみてください〜

IMG_2101.JPG

それでは楽しくおいしいお茶ライフを〜
では、またー!

そういえば、日本茶って何だろうと思われた方は、こちらをご覧ください。

茶葉の違い〜在来と品種茶と製茶と…〜

お茶の味を決める要素は、いろいろあるような気がします。

いれ方だったり、製法だったり、品種だったり、栽培方法だったり、土地とか土の味だったり、保管状況だったり。
たぶん他にもあるんじゃないかな、と思います。

タイトルにいれた在来とは、その土地で育ったというような意味。お茶の場合だったら、だいたい種から育った一つ一つの株で、味や香り、成長の特性、病害虫に対する耐性が異なる。

品種茶というのは、一つの茶の木から枝を取って、枝分けして苗を作って、同じ特性をもつお茶で茶畑を構成して作った感じ。

栽培したお茶を製茶で、緑茶にしたり、半発酵茶(烏龍茶)にしたり、紅茶(強発酵茶)にしたり。

お茶は、多くの場合ブレンド(合組)して、味や香り、値段を調整して品質を保っています。

でも、品種があったり、栽培方法が違っていたり、製茶の仕方が違っていたり、そんなことをたまには、これどうなっているんだろう?と思うことは、結構頭の中をくすぐるんじゃないかな、と思いました。

冷茶総選挙で、10種類の冷たいお茶が並んで面白いなぁと思って、時間が経って、なんでかな?をキッケケに、さくっと書いてみました。

ee0ca6e8-969a-4443-8ebc-21de1435b67f

おいしくたのしいお茶ライフを送りたいですね(^^)

では、また~

よかったら、日本茶と珈琲の品種雑感:単一品種と在来種をどうぞ。
紅茶向きの品種があるんです!もいかがでしょうか。

TeaMeeting in 種ノ箱 Vol.2を開催しました!!

紅茶の人、やすえさんが不定期に開催されているTeaMeeting(ざっくりいうと紅茶を飲んでおしゃべりしましょう♪)を種ノ箱でやる会です。
今回で、二回目になります。

朝11:00から始まり、19:00(20:00完全終了)という予定。

前回は、午後のおやつ時ぐらいからピークで最後までなかなか濃ゆい会でした。

今回は、最初から参加者の方がいらっしゃって、お盆だからかなぁと、やすえさん。

一つ目は、奈良月ヶ瀬健康茶園のべにふうきです。

奈良月ヶ瀬健康茶園さんのパッケージ、イラスト、いいですよね。

べにふうきがストレート向きな感じだったので、お次はミルクティー向きなムジカティーのサバラガムワ。

ここで、ミルクピッチャーに牛乳いれて、テーブルに置きました。
サバラガムワは、やすえさんのされているあべのbase240のTEASPOTでも置いてるそうです。スケジュールはこちら

そんな感じで、おしゃべりしつつ、二種類飲んだところで、特殊なルートで入手されたらしいダージリンファーストフラッシュ。
紅茶にしては青い葉っぱで、形状もOP(大きな形)。
いいお茶でしたね~。

そんな感じでスタートして、お菓子の差し入れもあったり。

やわらかめで飲みやすいインドのニルギリ(ムジカティー)。

それならと、ムジカティーのセレブレーションブレンドで、ちょっと華やかに。

ずっと、着香の紅茶がなかったので、変化を付けましょ!で、犬猫紅茶店のアールグレイブレンド(ティーバッグ)。
パッケージのイラストがかわいいよねっという声いただきました。

ふわっと甘い香りのミルクティーにするとおいしいラトナプラ。
丸い缶が、存在感ありますよね。

お次は、ムジカティーのオータムナルダージリン。
ダージリンは、今年紛争が起きてるので、茶畑荒れてるそうな。

シルバーポットのウヴァ。参加者の方の紅茶です。


この会は、紅茶の持ち込みも、お菓子の差し入れも大歓迎です(^^)

ちょっと一休憩的に、日常茶のムジカティー、堂島ブレックファーストを。
丁度、金時まんじゅうの差し入れもあり、ええ感じでした♪

大人も子供も真ん中にちゃぶ台をひとまとめにして集まってるので、なんかくつろいで色んなおしゃべりしてて、いい感じ。

ウヴァももう一つということで、ムジカティーのビンテージウヴァ、アイスラビイ茶園。

ここらで日本の紅茶も、いかが?
ということで、奈良の大和高原、都祁の羽間農園の紅茶を。品種はさやまかおりです。


おいしい(*^^*)、香りがいいねという声ありました。

自分の知っている限りでは、関西スーパーでしか見かけたことのない日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド。今回いれた紅茶の中で、これだけがCTCですね。

そして、ラストは先日届いた手摘みの特製、京都南山城紅茶!!

 

合計14種類。
改めて、紅茶って色んな種類あるんですね。。

ざっと、紅茶だけの紹介記事みたいになっちゃいましたが、参加者の皆さん、とっても銘々色んなおしゃべりされてました。
情報交換あり、これからのイベントの相談事あり、将来は?という流れから最新のプリキュアの設定に感心したり驚いたりやらあり、ほんといろんな話題がありました。

こういう機会もたまには、いいなぁと思います。

当日届いたばかり、出来立てほやほやの紅茶のフリーペーパー「TEASPOT通信Vol.4」もチラシコーナーに配置しました。

次回は、10月14日の予定です。
よろしければ、ご都合合えば、ご参加いただければと思います。

では~

前回が気になる方は、「TeaMeeting in 種ノ箱(1回目)、開催しました〜!」をどうぞ。

保存

たまたま茶会記(マップを使って地域のお菓子事情を知ろう♪)

茶会記というものがあります。
昔、お茶したときに、どんなことしたかを記した記録。
たまたま茶会というのを先日開きました。
メンバーとか、お茶お菓子全部書くのがほんまもんの茶会記のようなのですけれど、ゆるくやってみたいので、ざくっと書いてみます。

筆者は、昭和30年代に建てられた木造長屋をリノベーションした複数の店舗が入る露地再生複合施設 宰-つかさ-種ノ箱という紅茶と日本茶のサロンをしています。

大阪・玉造を取り上げた、お散歩観光マップ「たまたまっぷ」の在庫保管場所が宰になっています。
ただマップを見てるだけじゃもったいないから、たまたまっぷで楽しいことできないか、お客様と話していたら、お茶会をしよう!ということになりました。
たまたまっぷに掲載されているエリア内のお店のお菓子を持ち寄る、お茶会。

やってみると、エリアが結構広い!
twitterで検索して出てきた玉造のお菓子屋さん情報は、古くなっているところもあって、残念ながら閉店しまったところもチラホラありました。

そういった中、各人がチョイスしたお菓子たちはこんなのでした。

IMG_6665.JPG

実は、お茶会するときって流れが大事で、脈絡なくやるとちょっと楽しめないときもあるんですよね。
お腹のすき具合どうですか?とか、暑くないですか?とかそんなちょっとしたことを確かめながら。。。

最初は軽めのクッキーから。後味すっきりの香りのよい半発酵の釜炒り茶、柴本さんの「釜茶 香り 美」を合わせました。

お豆腐屋さんのドーナツは、鹿児島の新茶。品種はゆたかみどり。
コクのある香りのよいお茶で。少し新茶らしく生っぽいフレッシュな部分もあり。
ドーナツがちょうど程よい甘さなので、お茶もお菓子もとっても引き立つ組み合わせでした。

次はお煎餅とは、佐賀の和紅茶専門店、紅葉(くれは)の静岡まりこ紅茶で。
好評でしたよ、この組合せ。

後は、ゆるゆるおしゃべりしながら、沖縄のジャスミン茶の「さんぴん茶」でフィナーレ。

なかなか、お店情報をマップを確認しながらお茶会するのって、楽しかったです。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました~

自分の住む近くのマップあれば、同じような感じでお茶会は開けると思うので、よかったら試してみてください。

来月は、からほりらへんを使って、空堀界隈のお菓子でお茶会します(*^^*)
宜しければ、ご参加ください~♪

では~

イベント予定(2017-2-5)

ちゃあいブログを書いている秋保のイベント予定です。
大阪市天王寺区空堀町の露地再生複合施設 宰-つかさ-の2階の種ノ箱のイベントを含みます。
フェイスブックページに内容を記載しています。

お申し込みはメールでも承っています。フェイスブックをされていない場合は、 takiho@chaai.info までメールにてお申し込みください。

よろしくお願いします。

上級煎茶の「いいお茶」をキッカケに

上級煎茶というのは、一般的に70℃のお湯で淹れると美味しいお茶。
日本茶インストラクターのテキストでは、上級煎茶というのは目安として70℃のお湯で淹れると記載されています。
逆の表現ですね。

煎茶について、筆者が「いいお茶」という表現をはじめて聞いたのは、確かホットプレートの手揉み茶の体験だったはず。

京都府のいくつかの茶産地に行って、茶農家さんの話を聞いたり、製茶工場を見学したり、お茶っ葉から淹れたりして、日本茶インストラクターになった今だからこそわかるのだけど、ホットプレート手揉みの段階で言われていたいいお茶というのは、上等な煎茶になるように栽培されて摘まれた乾燥していないお茶っ葉という意味。

IMG_0257.JPG
手揉み茶(伊勢茶、つまり三重県産)。

ここまで書いて、疑問が出てきて。
日本茶インストラクターのテキストでいう上級煎茶というのは、たぶん上等な煎茶をブレンドしたものを指すのだろう。
でも、単一の品種で上等な煎茶というのもあるし、そういうものを上級煎茶とは指していないのだろうな…ということ。

そういえば、16期の日本茶インストラクターの二次試験のインストラクションでは、紅茶や烏龍茶、抹茶(薄茶)の出題はなかった。
つまり、一般的に日本茶といえば、玉露、上級煎茶、中級煎茶、ほうじ茶を指すよねっ!ということなのかな。

自分が最初にお茶を淹れ始めたのが、海外産の紅茶で、その後、ほうじ茶、煎茶ときたので、インストラクションに紅茶があってもいいのにという感じがする。
とはいえ、色んな国産紅茶をいれて飲んでみて気づいたんだけど、日本で栽培された紅茶が、一つの淹れ方で説明しにくいような気がしてます。

上級煎茶の話をするつもりが、ちょっと違う方向になってきたので、この辺で終わりにします。

では、また~!

4月もやりました!地元で気軽なお茶の勉強会、続けてます~♪

一ヶ月に一回やっている地元のお茶の勉強会。
ゆるっとした時間。

持ち寄ったお茶について、僕が解説したり、いれて飲んだり、お菓子も食べたりしてます。

IMG_9754.JPG

今回は、お水の違いを試してみようと言うことで、京都の一保堂茶舗さんの薫風で、水出しをしてみました。
浄水器のお水と酸化還元水。酸化還元水の方が少し渋みが強い感じ。
逆に、浄水器の方があまい感じでした。

IMG_9755.JPG

京都吉田山大茶会で入手した宮崎県五ヶ瀬町の宮崎茶房さんのティスティングセットから、在来の白茶。
在来って、種から育った茶の木なんですよ。
「たかちほ」とか「やまなみ」は品種茶といって枝分けして育ててて、DNAが同じなんですよって解説したり。
やぶきたが一番日本では多いんですよとも、言っておいて。

最後は、バンッ!

936e5452-93d9-490b-afcc-c56eb68ad725

日本で一番早い種子島産の新茶を飲んで。
二煎飲んで、茶殻食べれるよねっ!という話が出たので、出汁醤油を掛けて食べてみたり。

持ち寄ったお茶をみんなと一緒に頂くだけでいろいろお喋りができる、気軽でたのしいやり方だなぁと思います。

たぶん、それほど難しいコトじゃないと思うので、よければ試してみて下さい~