「紅茶」カテゴリーアーカイブ

TeaMeeting in 種ノ箱(1回目)、開催しました〜!

紅茶の人、やすえさん(TEASPOTさん)に種ノ箱にお越しいただいて、TeaMeeting in 種ノ箱を開催しました!

TeaMeetingは、やすえさんが不定期に開催されている、基本的にいろんな紅茶を飲んで、おしゃべりするというゆったりした企画です。
種ノ箱の店主である筆者は、なんどかTeaMeetingに参加していました。
でも、自分のスペースでTeaMeetingを開催するのは初めて。
今回は、初めてなので、とりあえずおしゃべりはやすえさん、お茶淹れは筆者が担当としました。

さて、いざやってみると、人が着始める時間はみんな、なんとなく同じ時間で。
だから、わっと増えて。
人が増えて集うと、色んな話がでました。
新しい参加者が来られたり、出る方もいたり、そういうタイミングで少し話の流れが変わったりして。

出てきた話のキーワードを書き出してみると、お茶会、まちライブラリー、文化、セクシャリティー、ムジカ、元町ムジカ、ピエロハーバー、イベントの準備や広報、建築、文化財保存、お菓子、スリランカ、ひとくくりにすると北摂など。

淹れた紅茶に一言コメントをつけて紹介すると、
“和紅茶いきましょ”で「月ヶ瀬健康茶園、べにひかり」。
あっ、ふくろ。。。「PARCIC、アールグレイ紅茶」。
飲んだことないんです。「ムジカティー、スペシャリティダージリン、D&DEPARTMENT PROJECT」。
ここらいきましょ「ムジカティー、ヌワラエリヤ」。
現地で買ってきたー「Dilmah、RATNAPURA」。
どっちにする?「ムジカティー、杵築紅茶、べにふうき」。
そろそろブレンド(心の声)「ビューリーズ、ゴールドブレンドティー」。
やっぱ「ムジカティー、ラプサンスーチョン」。
香りに負けないのって?「ムジカティー、プライドオブスリランカ」。

D6BF9439-74A8-4B2A-80B5-8B9065AE79FE.jpg

最後は、さわやか「ムジカティー、杵築紅茶、べにさやか」。

IMG_7486.JPG

ご参加ありがとうございました!!

番外編として、みなさんが帰られたあとに、お皿にあけたお菓子をさらおうと、再び紅茶を、写真のロイヤルミルクティーブレンドを淹れました。
実は、おおっ!と思ったのは、福だるま。
お客様のお菓子の持ち込みだったんですけれど、先日京都市内のお店の前を通ったんです、福だるま、買おうとして買いませんでした。
結果的に、買わなくって正解だったようです(苦笑)。

IMG_7494.JPG

次回のTeaMeeting in 種ノ箱は、夏まっただ中の8月13日(日曜日)の予定です。
詳細が決まったら、お知らせする予定です。
ご都合よろしければ、紅茶を飲みに、おしゃべりしに、そのほかの理由でも、お越しくださいね。

では、これにて!

杵築紅茶の「べにさやか」さん

神戸ムジカで購入した杵築紅茶は、べにふうきとべにさやか。
先日べにふうきを開封して、今日べにさやかを開封。

袋からは、すきっと背筋が伸びるような、ピンとした香りがします。

筆者は、堂島ムジカでもらった資料を保管しています。
ふと、杵築紅茶のを出してみると、2011年6月に、べにふうき、べにたちわせ、べにさやか、桜花入りの記載があります。
確かに、べにたちわせ、ありました。
別の年には、そうふうもあったはず。

IMG_7184.JPG

さて、ポット大でべにさやかを入れてみると、カップ一杯目は淡い感じ。
香りがなんとなく南国を思わせます。

IMG_7185.JPG

カップ二杯目は濃くなった感じでお茶だけで楽しめてしまう。

IMG_7186.JPG

カップ三杯目、濃くなってバランスが悪そう。。
飲みづらくなってしまった。
ちょっとお菓子と一緒にしたらどうかな?

IMG_7187.JPG

バームクーヘンと一緒にいただくと、はっきりと香りが浮かんできて美味しくいただきました。

620850d6-fa9a-4fca-add5-ea5959d903c4

ごちそうさま。

IMG_7190.JPG

色んなお茶があるけれど、それぞれで楽しめたらいいなぁと、よさそうな組み合わせを今も探してます。

シンプルな紅茶のたのしみ

紅茶をたのしむ、といっても、いろんな楽しみ方があるんだろう。

朝の起き抜けに、濃いめで目覚まし代わりだったり。
お昼に、昼食に添えたり。
午後に友人たちと談笑しながらだったり。
夕方に一息付くためだったり。
夜にくつろいでだったり。

今年の杵築紅茶べにふうきをムジカティーのポット大で、ティーカップ三杯で飲んでみたら、一杯目と二杯目と三杯目では、香りのふくらみも水色もピリッとした収斂味も違っていて。

731fc1a2-d168-412c-84c5-81ce71a5dee8

そういえば、在りし日の堂島ムジカで楽しんでいたような、ケーキとティーカップ三杯の変化をたのしむ紅茶の飲み方、この頃ずっとしてなかった。

紅茶といっても、いろんな楽しみ方があるんだろう。
だれど、たまには堂島ムジカのときのようなポット一つだけ、カップの紅茶を飲み干す毎に、かわるたのしみ方、ゆったりとやってみるのも悪くない。

杵築紅茶べにふうきは、神戸ムジカで、購入しました。

a0a666f2-3362-40cc-8529-dd4b3312d4eb

ミルクティー、三段活用

愛用しているムジカティーのポット大は、これもムジカティーのティーカップで3杯分がちょうど注ぎ口の一番下にあたります。

ミルクティー向きのタンザニアの紅茶「アフリカンブライドティー」を飲むのに、meijiのチョコをブラック、ミルク、ハイミルクを用意。

IMG_5465.JPG

ムジカのポットを使うときは、基本的に茶葉をいれたままにしてます。
そうすると、一杯目の比較的薄めのときは、ブラックチョコで。
それほど濃くないので、エグミがほとんどなく、ちょうど。

二杯目の少し濃くなったときは、ミルクチョコで。アフリカンブライドティーは、ほとんどエグミのない軽めの紅茶なんですけれど、このときは少し多めに茶っ葉を入れてしまって、ミルクチョコで、ちょうどいい感じ。

そして、三杯目の濃いのは、ハイミルクチョコで。エグミを感じてしまったので、ミルクも紅茶に投入して、ミルクティーに。ええ感じにチョコとミルクティーを楽しめました。

というわけで、チョコのミルク感とミルクティー向きの紅茶との楽しみ方のご提案。

いかがでしょうか。そんなに大変なことはないと思うので一度お試しを〜

木曜日にお茶を飲もう♪(アッサムティー)を振り返って

昨日は、まちライブラリー@もりのみやキューズモールで「木曜日にお茶を飲もう♪」を開催しました。

お茶は、アッサムティーで。

インドの紅茶です。ミルクティー向き。
牛乳を常温近くにしたものを添えて、お好みでミルクティーに出来るようにして。
参加者の方とおしゃべりしてて、最近クリームを添えるのではなくて、牛乳を添えるお店増えたよね、ていう話題がありました。
クリームだとおいしくないんですよね。牛乳がいいです。
牛乳、温めすぎるとミルクの香りがしすぎるので、常温ぐらいで。

最初に出したのは、ころころっとしたまん丸のCTC製法のアッサムティー。
参加者の方の持ってこられた紅茶の本を開いて、CTC製法の写真を一緒に見ながら学びました。
CTC製法のアッサムティーは、コクがしっかりしていて、明治のチョコレートと一緒に。

IMG_3006.JPG
明治のチョコレートと紅茶

明治のチョコレートは、確かアールグレイの会の時に参加してくださった方が、「チョコレートはコーヒーでしょ!なんで紅茶?」と言われていたので、この紅茶ならチョコレートが良いかなと思って。

たくさんたくさんアッサムティーを含めて、お茶のおしゃべりをして、今回のメインの小豆のマフィンをオーダー。
紅茶をオーソドックス製法のアッサムティーを淹れて、一緒にいただきました。

IMG_2929.JPG
小豆のマフィン。11月の期間限定品。先日、伊勢茶の抹茶の原料、碾茶のお話で食べておいしかったので、リピート

オーソドックス製法の方が香りがよく、CTC製法のように早く抽出されない分あっさりしているけれども、ちょうどマフィンと合う感じでした。
ミルク(牛乳)を紅茶に入れなくても、いい感じ。
あ、でもミルクティーにして飲まれている方もいらっしゃいましたよ。

お茶があるから、お菓子があるから、本があるから、話が弾む。
まぁ、そんな緩い感じで、木曜日にお茶を飲もう♪、まちライブラリー@もりのみやキューズモールで月一回、開催しています。

IMG_2994.JPG
紅茶のパッケージとコジーと、持ち寄られた本たち。パンの本は、パンなら紅茶にも合うだろうという選書だそうです

これまでに取り上げたお茶たち。

  1. アールグレイ(2016.2)
  2. ダージリン(2016.3)
  3. 新茶(2016.4)
  4. 日本茶、煎茶(2016.5)
  5. 半発酵茶(烏龍茶)(2016.6)
  6. 水出し茶(2016.7)
  7. ミルクティー(2016.8)
  8. 日本の紅茶(2016.9)
  9. ほうじ茶(2016.10)
  10. アッサムティー(2016.11)

来月も何かのお茶を取り上げて開催する予定なので、ご都合が合えばご参加いただけると嬉しいです。
では、また〜

古民家ライブラリーをつくろう!のお茶(まちライブラリー ブックフェスタ2016 in 関西)

どこから書こうかな…

一つのお茶を選ぶ過程。
書かなければ見えない世界。

ビューリーズというのは、紅茶をよく飲む国、アイルランドの老舗紅茶屋さんです。
ダブリンという港町にお店があります。

イギリスと同じく、ミルクティーで紅茶を飲むのがその国の人の飲み方みたい。
というのも、ビューリーズの紅茶を濃いめに淹れてミルクを加えると美味しいから。

一口に紅茶と言っても、飲む場面により使われる種類が違います。
同じメーカーでも、種類がたくさんあるのはそのため。

たとえば、アイリッシュブレックファースト。朝に飲みますね。
ゴールドブレンド、場面をあまり選ばない。朝でも昼でも夜でも。
アイリッシュアフタヌーン、いわゆる午後の紅茶ってところでしょうか。

なんば、大国町にある大阪府立大学のサテライトキャンパスI-Siteにあるまちライブラリー@大阪府立大学で、去年の12月のお誕生日会を開催しました。そのときに淹れた紅茶は、ビューリーズのゴールドブレンド。
皆さん美味しいと言っていただいて、たくさんのお代わりのリクエストがあって、忙しかったのですけれどメッチャ楽しかったです!

さて、昨日は堺市陶器北にある登録文化財、兒山家住宅ナヤ・ミュージアムにて、まちライブラリーを作るイベント「古民家ライブラリーをつくろう!」に参加しました。
淹れた紅茶は、ビューリーズのアイリッシュアフタヌーン。

ざっくりいうと、アイリッシュアフタヌーンの方がゴールドブレンドより香りよく、ちょっと上等な気分にさせてくれます。

まちライブラリー@大阪府立大学のお誕生日会が最初のキッカケになって繋がったご縁。
以前別のところで淹れたときに好評だったアイリッシュアフタヌーンなら、喜んでもらえるだろうと選びました。

昨日は、持ち寄った本の紹介タイムが終わった後のライブラリーづくりのタイミングで、アイリッシュアフタヌーンにミルクを添えてお出ししました。
本を持ってきたオーナーとして、一言感想カードに書いて、みんなで本棚に本を収める時間。

本棚の部屋は、兒山家の入り口を入って、すぐ右。
昔は男衆部屋だったところ。

扉を開けっ放しにしているから、母屋の縁側で紅茶を淹れる準備をしていても、話し声がわずかながら聞こえてくるんです。
第一弾の紅茶をお出しした後に
「秋保さんに講釈してもらわな…」って。
第二弾の紅茶の準備中だったので、男衆部屋に入って、ざくっと紅茶の説明を駆け足でして。

お茶、皆さんにとっても喜んで貰えたようで嬉しかったです。

アイルランドにはシャムロックという四つ葉のクローバーがシンボルで、たしか幸福をあらわしていたような(うろおぼえ。間違ってました…、ここを読んでください)。

みんなで、わいわい。
民具などのあるナヤ・ミュージアムを見学して、お茶飲んだり、兒山さんの用意して下さったお菓子を戴いたり、その結果本棚ができて、たのしい一日でした。

148b79b6-15ed-4386-8161-38842d75bd96

参加者一人ひとりの視点で見え方が違うのかもしれない。
だけれど、たぶん皆さん楽しんで帰れたんじゃないでしょうか。

そんなこんなもあったりして、
ブックフェスタの一週目が終わって、二週目に入りました。
面白い企画まだまだありますので、よろしければのぞいてみて下さい~

なんだろう、いつもしない、この香りは…

ふだんは、香水の香りなんてしないところから

なぜか香水のような香りが漂ってくる…

強いていえば、アールグレイに近いような

?!合点がいった。

先日の「木曜日にお茶を飲もう」で、アールグレイ紅茶のポットを持ち運ぶのに使ったティーコージー。
今朝の紅茶いれるのに使ってた。

129abfde-21f9-4db2-bd35-4b169c264b17

紅茶あるある話かも知れない。

フレーバーティーがよくでる紅茶屋さんだか、よくフレーバーティーを飲む人だったりすると、茶こしやティーコージーに香りが染み着いていたりする。

生活習慣の香りとでも言うんだろうか?

ここまで読んでくれた人は気付いたかも知れないのだけれども、僕はそれほどフレーバーティーを飲む方ではないなぁ。

そんなことを思った朝でした。

紅茶を美味しくいただく為に普段していること

紅茶を飲むときに、心がけていることを書き出しました。
なんとなく共有したら、自分以外の他の人も楽しむことが出来そうな気がしたので。

・ストレートティー
さっぱりスッキリ系のヌワラエリヤなどは、少し茶葉少な目に。
食事やスィーツと一緒なら、多少茶葉を多くして渋めの方が美味しくいただける。
ただし、渋めに淹れて、紅茶より先に食べ物を食べ切ってしまうと、紅茶が飲みづらくなってしまいます。なので、紅茶の量を少なくした方が良いかも知れません。
この系統の紅茶は冷めると、渋みが増える傾向にあるので、暖かい内に飲んだ方が美味しいです。

・ミルクティー
茶葉多めで、コクが出るようにした方が美味しいと思います。
いつもよりミルク多めにすると、意外と美味しいポイントが発見出来るかも。
ミルクティーは冷めても、何故か美味しい。
僕は普段、砂糖を入れないけれど、疲れているときに砂糖を加えていただくと落ち着いて、より美味しく飲める気がします。

・紅茶が濃く入ってしまったとき
ストレートティー向けならお湯を加えて薄める、ミルクティー向けならミルク(牛乳)を多めに加えて砂糖を入れます。
でも濃すぎると、お湯やミルクを足しても、飲みづらい時もあるので、やっぱり淹れる段階の茶葉の量は考えること。

・食べ物の有無
食べ物の有り無しで、美味しい頃合いの茶葉の種類や量が違うので、これでどうかな?と試しながら、自分の好みを探す作業は必要な気がします。

26 - 1

色々書き出してみました。
少しでも、紅茶を美味しくいただけるヒントになったなら嬉しいです。

おしゃれ×紅茶×容れ物

先日、お茶友達さん「TEASPOT」とギャラリー&イベントスペースさん「itochiha」のイベント「TeaMeeting & itochiha図書館びらきと、本の登録会」に参加しました。

ちゃぶ台形式で、一つのテーブルにお菓子と紅茶を真ん中において、テーブルを囲むように座って、おしゃべりするスタイル。
ふっと涌いた一つの話題が現れて、しばらくすると消える。
そして、また次の話題が涌いてくる。
そんな時間でした。

参加者の方から、紅茶の保存に関しての質問が出ました。
紅茶講師であるお茶友達さんは「光を通さない密閉性のある昔からある缶がいいです。透明の光を通す容れ物だと傷みが早い」と回答されていました。

で、思い当たるフシが…

青いお花の入ったフレーバーティー(ティーバッグではないアルションブルー)を買ったんですよね。
乾燥した中国産の紅茶葉の中に鮮やかな青いお花が見え隠れして、見た目がよいんです。
中が見えない容器に入れても、見た目が楽しくない。
それで透明の容器を買ってきて、その中に入れて、でも光を通すと痛むからって、新聞紙で包んで。
このお茶を容れるときに新聞紙を取って、中が見えると楽しいからニヤニヤして。

また、昔通った紅茶教室「ティージョルノ」で、自分で裁縫をして、ティーバッグを作るのに参加したことがありました。
裁縫なんてまず、ワタクシしません。
それなのに、お茶のことだからと勢いと関心で乗り切って、ちくちくとティーバッグを作り上げて。
(そういえば、少し前に堺の手ぬぐいやさん「にじゆら」の企画で、ちくちくしました。)

先生から名前を付けるように言われたから、気分で名前も付けて。
後日、紅茶教室でこのティーバッグが話題に上って、「どうしました?」と尋ねられて、「飲んじゃった」と回答したら、「折角作ったのに勿体ない!!」って言われて。

お茶って飲むものだから、飲まないと楽しくないと思うんだけれど…と心の中で、つぶやいて。

たぶん、おしゃれだから飾っとくというのが想定された使い方みたい。
でも、名前を「午後のひととき」にしたから、いつまでも置いとくもんでもないでしょ!って思って飲んだんだけど。
まさか、後日尋ねられると思っていなかったし、ましてや非難されるとは…

ということで、「おしゃれ」と「紅茶」と「容れ物」を取り上げてみました。
紅茶好きさん、コノ話を取り上げると、盛り上がりそう。
「実は…」という話が、一人ひとりにありそうな予感。

それでは、また。

当日撮影したTEASPOTさんの創刊号の表紙のキャプチャ。
26 - 1

another moon, another teatime!(スコーンって丸かったら、月っぽくない?)

お店で飲んだ紅茶を自分で淹れてみたくなって、茶葉を購入。
でも、お店で飲んだときのように美味しく淹れられなくて、何度目かの挑戦。

スコーンもお店で食べるのではなく、お持ち帰りしたもので。
少し水道水で、濡らしてオーブントースターで3分。少ししてから1分で暖める。
オーブントースターの扉を開けると、出来立てみたいな良い香りが漂ってきた。

スコーンは二種類、ココアとプレーン。
真ん中で二つに割って、その内側にジャムを塗る。
ジャムも二種類用意した。りんごキャロットと文旦。

15 - 1

先にプレーンに手を付け、文旦のジャムを塗り、紅茶を頂く。
「やった!今回の紅茶は美味しく入った!」
サクサクっと、プレーンのスコーン一個がお腹に入る。
紅茶もカップ一杯飲んじゃった。

二杯目の紅茶をカップに注いで、ココアのスコーンに手を付ける。
ここでも、文旦のジャムを先に塗って食べたところ、メチャ旨かった。
ココアの香ばしさと甘みが、柑橘系の酸味とほんの少し軽いエグミの文旦ジャムと合わさって、メチャクチャ似合ってた!

カップ半分くらいをストレートで飲んで、ミルクを足して、ミルクティーにする。
香りも味もミルクに負けず、いい感じにまろやか。
りんごキャロットのジャムとココアスコーンも悪くない。

三杯目はスコーンがなくなって、紅茶だけ。
ポットの中に茶葉が入っているから、三杯目はかなり濃くなった。
カップに注いで、口を付けず、ミルクを多めに入れた後、口に含む。
「まだちょっとコク強い、濃いなぁ」
ミルクを追加して、ミルクティーの水色がより白くなったのを見て、再度口に含んだ。
「うん、今度は丁度良くなったかな♪」

というような、ティータイム。

お店で飲むのも良いけれど、自分ちであれこれ準備するのも悪くない。
それぞれの場面でお茶の楽しみがあるからそういうトコもいいなぁと思ったのでした。

タイトルは、the pillowsのシングルB面アルバム「Another morning, Another pillows」にひっかけて。