「お店」タグアーカイブ

お茶と本と、人の縁。

いきなりですが、自分ではハッキリ意識してなかったのですけど、お茶好きと茶道を嗜(たしな)む人は、違うんですね

IMG_3475.JPG

京都市内の古本屋さんで入手した1976年4月1日、初版発行の「緑茶読本」。
帯に、「お茶好きのあなた、茶道を嗜むあなたの座右の書」とあります。

お茶やってます!と自分のことを説明しても、すぐに茶道の方?と誤解されちゃいます。
自分のお茶に対する関心は、美味しいお茶、珍しいお茶、淹れていると楽しくなるお茶です。

さて、先日、自分のスペースの種ノ箱をお休みして、もりのみやキューズモールのお茶のイベント『伊勢茶を楽しむ  ~実は碾茶(抹茶)も三重なんです!~ 』でお茶友達から紹介されたお抹茶の飲み比べイベント「12月講座 お抹茶利き茶会(飲み比べ会)【限定5名様まで】」に参加してきました。

10種類ものお抹茶を2時間という短時間に飲み比べるというなかなか体験することの出来ない企画です。
結論から書くと、めっちゃ楽しかったです。

IMG_3445.JPG
お抹茶の色の違いがわかりますか?
IMG_3451.JPG
並ぶのがこんなに楽しくなるのって。面白かったです。
IMG_3456.JPG
肉眼だとほんの少し色合いが違ったような。飲むと味は、もちろん違うのがわかりましたよ。

個別で書き出してみると、
お抹茶の色が違う、点て易さも違う、旨み渋みも違う。
味わいのバランスも、なかなか違う。
わいわい、がやがや、お茶好き通しの気安さで、各自作業分担なんかもして、進行もめちゃスムーズ。

IMG_3441.JPG
あれ?、初めて行った時もこの看板だったかな?
IMG_3440.JPG
一箱古本市、楽しげでした(*^^*)

それに考えてみると、久々の完全なる休みで開放感がある上に、滅多にないお抹茶のたくさんの種類、ノリの良い進行で、通常の古本屋さんのみつづみ書房に一箱古本市(軒先での開催が発祥。一箱古本市とは?に詳細が書かれてます)がくっついている。
豪勢すぎます。
お茶も、本も楽しみました。
(本をまとめてもらった紙袋が、まあ重たかったです ^^;)

夕方から、本つながりでもあり、京都のスペースつながりでもあるお知り合いが企画されたZineのイベント「ノマドウーファー、ブラジルへ行く(Zine刊行記念!)」に参加しました。
こちらも、濃密で自分が言っていない世界の話を人の体験を通して知る。その内容を本(Zine)にしていてZineを読めばある程度再現できるとはいえ、直接質問が出来るって、「おいしい企画」だなっと。

IMG_3462.JPG
カード立てに「MORI NO COFFEE」と書いてある。

(イベントを企画して、本を手売りするという内容は、アサダワタルさんのスタンダードブックストアでの話「アサダワタルの極つき十三夜」(Vol.01の話だったかは記憶あやしい)を思い出しちゃいました。)

IMG_3460.JPG
はっちのロゴをキレイにかたどったオブジェ。キラキラしてた。

少し早めに到着したので会場の「はちみつとフリーペーパーのお店 はっち」で、フリーペーパーを物色していたら、「この味をずっと忘れない」という文字に出会いました。百(もも)の3号。

ページをめくって目次に目をやると、なんとお抹茶飲み比べの最後にいただいた山本甚次郎さんのしっかりした記事が含まれていました。
めっちゃ得した気分です。

お茶も本も、いろいろ楽しかった一日でした。
いずれにせよ、いろんなつながりや人との縁に感謝です!

住み開きのお話

住み開きとそうでない(住み開きではない)ものの違いは、家だからできることを意識しているか、どうか。 ーアサダワタルさんー

 

お家とお店が半々のような種ノ箱という場所を作った後のタイミングで、比較的山奥の田舎の畳の居間が4つある民家に、アサダワタルさんという色々やっている人の話を聞きに行きました。

う~ん。
正確な動機は、なんだか面白そう、知り合いが会場近くの街を案内してくれる時間を作ってくれたので、これは行っておかないととっても後で損をしたような気分になりそうと思ったから。

アサダさんの話を最初に聞いたのは、スタンダードブックストア心斎橋で、「コミュニティ難民のススメ」の出版トークシリーズ、最終回。
分野の境界を生きる人たちとのトーク。
この内容についてはブログに書いていないけれど、スタンダードブックストア心斎橋の恒例のイベントチラシの裏にびっしりメモを書いていて、何か気になるたびに見返している。

CDと本がほぼ同時にリリースされる前に開かれたライブトークイベントにも行ったし、REAL 35のも、他にもたくさん行ったのだけど。

アサダさんに最初に興味を抱いた「住み開き」の話を伺うのが初めてだったということに、今回行ってみてやっと気付いたのでした。

  • だれかがやってきて、炊事場でなにかをし始める。
  • 車座になっておしゃべりする。
  • 来るまでは知らなかった人と知り合う。
  • 比較的近い地域の話題で盛り上がる。

そういったことを体感しながら、アサダさんの活動遍歴と、住み開きの関係、会場となったてれれの下之坊さんとの出会いとコラボの話を聞いて、自己紹介とか、時間が無くなって一言感想とか。

バーベキューも、みんなでガヤガヤ用意。
火を熾して、板をくべて、羽釜で赤飯。
ブロックを左右の端において、その上に網、もう一回ブロックを置いて網を置いて、二段のコンロ。

野菜の焼いたのとか、アジとか、ソーセージとかとか。

拳より二回りほど大きな丸いアルミホイルの塊がコンロの中にゴロっと入っていて。
軽く変なもんがいるなぁと、あんまり気にかけていなかったら、会場を後にする直前で、中身が焼リンゴと判明!
シナモンシュガーをかけてもらって、美味しくいただきました。

なんですかね、お家だからできることって、意外と身近で気が付かないほど小さい内容で、とっても大切なことかもしれない。

この文章を書いていて、そんなことを思ったのでした。

おしまい。

IMG_2362.JPG
イベントの正式名称は、これでした。「滝畑てれれチセ 一週年お祝の会」
IMG_2357.JPG
羽釜でお赤飯を炊きましたっ!!、美味しかったです!
IMG_2360.JPG
キャンドルナイトですよ~
IMG_2365.JPG
お祝いだからお赤飯っ!
IMG_2366.JPG
網の上は具沢山!
IMG_2367.JPG
焼リンゴとシナモンシュガー

ひとりのお茶、みんなのお茶

突然ですが、お茶は、ひとりで飲みますか?
みんなで飲みますか?

と、いうのもふと、ひとりとみんなとでは、なんか違うなぁ~と気付いたことがあって。

ひとりで飲んでると、おいしいも渋いも甘いも苦いもスッキリも、話す相手がない。
一緒にテーブルを囲んでいても、別々の違うものを飲んでいたら、あんまり、飲み物のこと、話しづらいですよね。

でも、みんなで一緒のお茶を飲んだりすると、お茶の話題になりやすい。特にちょっとおいしいお茶だと。

輪をかけて言うと、おいしいお菓子もあると尚のこと、話が弾む。

先日、まちライブラリー@大阪府立大学で、サロンを開催しました。
お茶は、羽間農園さんの春番茶。香りのよいお番茶なので、僕は好きなんですよね。

そのときに出したのは、寒天が使われた宝石みたいな透けてみえる黄色いお菓子。
ジャスミンとかミントとか、いろいろ入っていて、京都吉田山大茶会で、宮崎茶房さんのブースで買ったもの。熊本で作られたらしい。
これも、美味しかったので、「こんなの食べたことない~!」という参加者さんの声がありました。

本のイベントだから、持ってきた本の紹介をしたり、そこをキッカケに、いろいろお喋り。

後半に、お茶はルピシアのダージリンファーストフラッシュを淹れました。
二つ目のお菓子は、長堀橋より南にあるカステラ専門店のカステラ
ふわっとしてて美味しく、みんなニコニコして、また話に弾みがついて。

そう言えば、シナモンのコウモリクッキーも出したんだ。これも美味しかったから。

f5e8966b-0655-4989-b5df-182edb66cb0f

と、これってお店で、てんでばらばらに飲み物もケーキなどのお菓子を注文しても、あんまりお茶の話、お菓子の話で盛り上がるってことなりにくいかも…と思って。

お茶の効能というと、薬効とか健康効果とかに注目が行きやすい。
でも、こんなことも効果の一つかなぁ~と思ったりしたのでした。

おしまい。

古民家ライブラリーをつくろう!のお茶(まちライブラリー ブックフェスタ2016 in 関西)

どこから書こうかな…

一つのお茶を選ぶ過程。
書かなければ見えない世界。

ビューリーズというのは、紅茶をよく飲む国、アイルランドの老舗紅茶屋さんです。
ダブリンという港町にお店があります。

イギリスと同じく、ミルクティーで紅茶を飲むのがその国の人の飲み方みたい。
というのも、ビューリーズの紅茶を濃いめに淹れてミルクを加えると美味しいから。

一口に紅茶と言っても、飲む場面により使われる種類が違います。
同じメーカーでも、種類がたくさんあるのはそのため。

たとえば、アイリッシュブレックファースト。朝に飲みますね。
ゴールドブレンド、場面をあまり選ばない。朝でも昼でも夜でも。
アイリッシュアフタヌーン、いわゆる午後の紅茶ってところでしょうか。

なんば、大国町にある大阪府立大学のサテライトキャンパスI-Siteにあるまちライブラリー@大阪府立大学で、去年の12月のお誕生日会を開催しました。そのときに淹れた紅茶は、ビューリーズのゴールドブレンド。
皆さん美味しいと言っていただいて、たくさんのお代わりのリクエストがあって、忙しかったのですけれどメッチャ楽しかったです!

さて、昨日は堺市陶器北にある登録文化財、兒山家住宅ナヤ・ミュージアムにて、まちライブラリーを作るイベント「古民家ライブラリーをつくろう!」に参加しました。
淹れた紅茶は、ビューリーズのアイリッシュアフタヌーン。

ざっくりいうと、アイリッシュアフタヌーンの方がゴールドブレンドより香りよく、ちょっと上等な気分にさせてくれます。

まちライブラリー@大阪府立大学のお誕生日会が最初のキッカケになって繋がったご縁。
以前別のところで淹れたときに好評だったアイリッシュアフタヌーンなら、喜んでもらえるだろうと選びました。

昨日は、持ち寄った本の紹介タイムが終わった後のライブラリーづくりのタイミングで、アイリッシュアフタヌーンにミルクを添えてお出ししました。
本を持ってきたオーナーとして、一言感想カードに書いて、みんなで本棚に本を収める時間。

本棚の部屋は、兒山家の入り口を入って、すぐ右。
昔は男衆部屋だったところ。

扉を開けっ放しにしているから、母屋の縁側で紅茶を淹れる準備をしていても、話し声がわずかながら聞こえてくるんです。
第一弾の紅茶をお出しした後に
「秋保さんに講釈してもらわな…」って。
第二弾の紅茶の準備中だったので、男衆部屋に入って、ざくっと紅茶の説明を駆け足でして。

お茶、皆さんにとっても喜んで貰えたようで嬉しかったです。

アイルランドにはシャムロックという四つ葉のクローバーがシンボルで、たしか幸福をあらわしていたような(うろおぼえ。間違ってました…、ここを読んでください)。

みんなで、わいわい。
民具などのあるナヤ・ミュージアムを見学して、お茶飲んだり、兒山さんの用意して下さったお菓子を戴いたり、その結果本棚ができて、たのしい一日でした。

148b79b6-15ed-4386-8161-38842d75bd96

参加者一人ひとりの視点で見え方が違うのかもしれない。
だけれど、たぶん皆さん楽しんで帰れたんじゃないでしょうか。

そんなこんなもあったりして、
ブックフェスタの一週目が終わって、二週目に入りました。
面白い企画まだまだありますので、よろしければのぞいてみて下さい~

わたくし宝(たから)の瓶(びん)と書いて、宝瓶(ほうひん)と申します

日本茶の代表的なお茶、煎茶をいれる場合に一般的に知られていない専門の急須を使います。

宝の瓶と書いて、宝瓶(ほうひん)と読みます。

よく知られている蓋の上にツルの付いた土瓶タイプの急須とは異なり、ツルがありません。

宝瓶の特徴を挙げてみると。

・少量のお湯を注ぐ
・上等な煎茶をいれるのに使う
・お茶を注ぐときに調整しやすい
・茶葉の広がりもしっかり見える
・蓋の口が広いので、茶殻も捨てやすく、洗いやすい
・お茶を注いでいる動作が、見た目で綺麗

上から見たイラストを含めて、こんな風に使います。
蓋をはずして、お茶っ葉をいれ、お湯を注ぎ、蓋をする。
305862cb-e0ab-496f-883f-aa75966968e0

お茶を茶碗に注いでいる動作はこんな感じ。

69626588-1f85-4312-b160-344b765efda7

注いだ後のお茶っ葉が膨らんでいることが分かりますでしょうか。
膨らんだ状態を、お茶がひらくと専門用語で言ったりします。

9ef6e1f9-422b-4321-ba2e-b4155ee050ca

今日、日本茶のイベントに参加して、宝瓶が初めてという方に出会ったので、以前に撮っておいた写真を加工して、少し解説してみました。

昔、茶器があまりなく少しずつお茶の道具をそろえていきました。
茶器が増えてゆく楽しみがありました。

宝瓶を入手したときも、はじめは不器用で。
お店でどんな風に扱われていたかをまねて、本当に、ぎこちない動作でした。

それが、何度も使っている内に、スムーズに扱えるようになっていって。
こうなってくると、お茶をいれるのがすっごく楽しくなってくるんですよね。
お茶を飲むより、いれるのが楽しくなるという。

イベントで使われたお茶も買ったし、自分ちの宝瓶を使ったら、どう変わるかなぁ~と、やってみたくなりました。

おしまい。

木曜日にお茶を飲もう♪を始めました!

贔屓客床屋とお茶屋支えてる昔の話か今も同じか

もりのみやキューズモールのまちライブラリーで、木曜日にお茶を飲もう♪、第一回目を開催しました。
フェイスブックのページ

テーマは紅茶、アールグレイで。
おそらく一番知られている紅茶かと思います。

cb1c41ae-70fd-49a6-ac5f-87b5268e6430
(写真はアールグレイのイメージです^_^;)

自己紹介を兼ねた「私とアールグレイ」というネタで始まり、トワイニングのアールグレイを飲んでいただきました。
その後は、アールグレイの謂われについて、簡単にご紹介。

持ち寄っていただいた本の紹介タイムで、side dishのオーダーをして、二つ目のスタンダードブックストアで入手したアールグレイを準備。

そうこうしている内に、side dishが到着して、軽食の歓談タイム。

食べ物があって飲み足りないなぁと思い、三つ目にあべの近鉄百貨店のACパークスのアールグレイをお出ししました。

都合、3種類飲んでいただきました。

アンケートを読ませていただくと、飲み比べができて良かったとかメーカーで違うことが分かったというコメントがたくさんあり…

主催のカタリストとしては、飲み足りないのは申し訳ないと思った次第で結果的に三種類飲んでいただく形になりました。

それで、思い出したのは、ペットボトル緑茶の綾鷹の上林さんの記念館で、聞いた話。
「お茶屋と床屋は、贔屓客で持っている。」
各お店で味とかサービスが違っていて、贔屓客(固定客)がいて、商売が持っていると言うことらしい。

イベントを振り返って、そんなことを思ったのでした。

おしまい。

夜のまちあるき、かつての花街、宗右衛門町。(観光家・陸奥賢と大阪ゲニウス・ロキを探るVol.04)

「陸奥さん、あやしいな」(by 中川さん)
「あやしいでしょ」(by 陸奥さん)
主催者どうしの忌憚のない掛け合いで…
(陸奥さんのマントと帽子の格好を評したもの)

夜19時。スタンダードブックストア心斎橋に集合しました。
1時間半ほどのまちあるき。
今回は、宗右衛門町近辺でした。

ef65dce7-923d-42ef-b751-e16ee15142e9

今はなかなか騒がしいディープなところですが、明治時代の昔は有名な花街だったそうで。

古い地図を見ながら、要所要所で陸奥賢(むつさとし)さんの案内で、まちあるき。
撮った写真でGoogleフォトで作ったストーリーは、別途見てもらうことにして…

何というか知らなかったとは言え、花街というのは高級料亭や老舗お茶屋(芸妓さんとかと遊ぶ場所)で。
芸妓さんに、芸を教えたり、絵や詩を教えたりする場所でもあったんだそうな。
なんというか、平安時代とかだと思うんだけれど、そのころの貴族が社会的な関係を円滑に勧めるための基礎素養だったと思われる漢詩や和歌、絵などが、明治時代は花街がその役割の一部(もしかしたら大部分?)だったなんて。

でも、その花街は太平洋戦争で空襲で、多くの芝居小屋は焼けてしまい無くなります。
昔の地図どおりのお店はほとんどなかった。

でも、地名には由来が残っているものもあり。
太左衛門橋は、芝居好きな太左衛門さんが、自分の家から川向こうにある芝居小屋へ行くのに、近くに橋がなくて難儀したので、自分の家と芝居小屋を繋ぐために作ったんだとか…
なんとも、イラチな人やったんかなぁ。

堺筋の安井道頓さんの碑まで歩いて、少し北に行って、三津寺筋を帰るルート。

わらわらと総勢15,16名くらいで出発地点のスタンダードさんに戻って。カフェで、陸奥さんとスタンダードブックストアの中川さんのトーク。

3回目にも参加していたのですが、知らなかった!(聞き漏らしてた…?)

そもそも、この企画、このところ中川さんが福岡の久留米とか、鳥取とか、愛媛の松山とか地方都市を行くことが多くなって。

「(地方都市の)みんな、自分ところの街愛してるよなぁ。じゃぁ、自分は大阪のこと、どうやろ?
あんまり知らんなぁ。
自分の店の周りのことも、あんまり知らんから、まちあるきやろう!」(by 中川さん)

ということで、陸奥さんと相談して始まったんだそうな。

ふむふむ、中川さんの個人的な動機から、みんなが参加できるイベントになってるところが面白いなぁ!

希望したので、カレーとドリンクのセット(1000円)を頂きました。
カレーおいしかったです。写真なくてスミマセン。
阿倍野のスタンダードさんにも行くんですけれど、フードメニュー店舗によって違うんですよね。最近やっと気付きました。

ま、そんなわけで、まとめとかんと、自分でも忘れるし、少しでも思い出すキッカケに。
大阪にも関心を少しでも持ってほしいので、サラッと書きました。

ところで、宗右衛門町って、添え物(そえもん)の当て字ではないやろうな。
でも、方言は音の響きにえぇ味がありますねぇ。

念の為、フル名称とリンク。

【TRAVEL】11/30 19:00 STANDARD BOOKSTORE traveler presents 『観光家・陸奥賢と大阪ゲニウス・ロキを探るVol.04』

に参加しました。

おしまい。