「お茶の時間」タグアーカイブ

ざわり、したざわり

粒が気になる。
ざらつきそう。

穴を越えてくる。
穴が大きすぎるんだ。

穴を小さくする?
漉す網の目の細かいのを使う?

いっそ、お茶パック使う?
ダストだったら、そうしてもいいかな。(BOPFより細かい)

結局、こうしました。
大きな網の目と小さな網の目の二重になった茶こし。

急須も実は、深蒸し茶でも大丈夫な、中に細かい目の網のん。
細かい葉っぱは、焦げやすいので、火加減注意!でございます。

おいしく楽しいお茶の時間を〜♪
では、またー



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

これ、いれて!

降って湧いたような状況で、
「あなたなら、どうする!?」
みたいな、ちょっとわけわからないけど、何かやらないとなんだかなぁという時ないですか?

そういうとき、咄嗟のことで反射的に動く人もあれば、落ち着いて対処する人もいるし、トラブル慣れして野次馬になったり、どうなってるんだろと周りの状況を確認しようとする人もあったり。

なんだか人って、同じところはあるのだけど、一人一人過ごしてきた時間や接してきた人や環境、どう思ったかとかで違うようになるもんじゃないでしょうか。

そいで、いつものお茶のことに目を向けてみると、
お茶を淹れるというのも、淹れる人によって違うお茶になると言われています。

じゃあ、自分がおいしくないなぁと思っているお茶を人に淹れてもらったら、おいしい場合もあったりするかも。(希望的観測ですかね…)

ちょっと、よかったら試してみてくださいな。
「これ、いれて!」
と言ってみるだけです。(お茶の袋とか缶を持って、頼んでみるんです)

去年の奈良の地紅茶サミットで入手した紅茶をお客さんに選んでもらって淹れたお茶。一応「これ、いれて!」に含めてもいいと思う。

ま、言う前に関係性を良くすることはしておかないと、白い目で見られるでしょうけど(^^;;

お茶の時間が増えますように♪

では、また〜



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

できれば、みんなでお茶を

お茶に興味を持ってます。
どんな種類があるのかに関心があるから、お財布と相談しながら、自分の知らないお茶を求めることが多いです。

袋を開けるときにどんなのだろうと思って、開けたら開けたで
どんな香り?
形は?
色は?
となったり。

どういう風にいれると、おいしくはいるんだろう?
お湯の温度は?
抽出時間は?
どんなお菓子と似合うんだろう?
ということが、とっても気になるのですけれど、あんまり一人で飲むのが得意じゃないんですよね。

イベントとかでなく実家にて。(2016.1.1撮影)

種ノ箱という店以外でも、イベントだったりとかで、お茶を定期的に淹れることをしてます。
お茶好きやお茶マニアでない方もいたり、お茶に関心のある人だったり、そうでなかったり。

なんとなく集まるキッカケにお菓子とお茶の時間をくっつけとくと、いい雰囲気になるから。

そういうお茶の利用が結構好きだったりします。
色んなお茶を知ることも大事だけれど、楽しむ心を忘れないように。
とりあえず、好きなもんは好き!と書いときます。

初心忘るべからず(^^;;

店のことから外れるようで外れてない内容をこのブログでは書いてます。
種ノ箱オープンして、一年が経ちました。
ありがとうございます。
今後とも、ゆるやかによろしくお願いします。

では、またー