「お茶」タグアーカイブ

玉露や抹茶とは、なんぞや?(出来るだけ分かりやすう書いたつもり)

日本茶の種類を詳しく知らない方を想定して、玉露や抹茶を説明します。

まず、日本茶というのは、日本で育てられた茶の木から製造された緑茶、烏龍茶(ウーロン茶)、紅茶のことを指します。

緑茶は、茶の木から葉っぱを摘んで、蒸気や釜などの熱をかけて、酸化酵素の働きを止めることで、緑色を残して、加工するお茶のことです。

紅茶は、茶の木から葉っぱを摘んで、湿度温度を調節して、酸化酵素を働かせて、酸化を完全に行い、茶色にして、加工するお茶のことです。

烏龍茶は、茶の木から葉っぱを摘んで、湿度温度を調節して、酸化酵素を働かせますが、酸化を完全にするのではなく、途中で熱をかけて、酸化酵素の働きを止めて、加工するお茶のことです。

水分を蒸発させて、乾燥された状態で保管されるので、お店で販売されているのは、乾燥茶葉ということになります。
お茶を飲むには、煎茶のように「乾燥茶葉にお湯に注ぎ、成分を抽出した液体を飲む」か、抹茶のように「粉末状の乾燥茶葉の場合はお湯に溶かして、飲み」ます。

さて、日本茶の中で一番飲まれているのが、緑茶です。
日本では、おダシのような味のする旨み成分の多い緑茶が好まれる傾向にあります。

旨み成分のアミノ酸類と渋み成分のカテキンの比率は、茶の木の栽培方法により、変化させることが出来ます。
仕組みは次の通りです。

茶の木のアミノ酸類の主な成分は、テアニンです。
テアニンは、根の部分で作られて、根から幹、枝を通って、葉に移動します。

ここが重要な点ですが、葉に移動したテアニンは、日光に当たると、渋み成分のカテキンに変化します!

渋みが少なく旨みの多い緑茶を作るには、テアニンからカテキンの生成を抑制する、つまり日光を遮る作業を行います。
この作業を「覆い」と言います。

image.jpg
本ずづくりプロジェクトで、よしずを敷き、藁を振る、覆いをするため、棚の上に乗った。奥にいるのが私の筈。

 

玉露や抹茶の原料となる碾茶(てんちゃ)は、新しい葉が出てから、20日以上覆いをして、葉を摘んで、乾燥茶葉に加工したものです。
玉露は、煎茶と同じ方法で加工したもので、行程に葉っぱを揉む作業があります。
一方の碾茶は、葉っぱを揉まず、葉のシート上の形状を残します。

玉露と碾茶を製造できる工場がある場合は、どちらが需要があるかを予想して、玉露を多くするか、碾茶を多くするかを調節するそうです。

ところで、覆いを行った茶の木は、光を遮られるので、ストレスを感じたり、弱ったりします。
玉露や碾茶は覆いをする期間の長いので、次の年も、良い葉をつけて貰うには弱ってしまった茶の木への対策が必要です。
病害虫の発生を防ぐ注意が増えるでしょうし、適切なタイミングで肥料をやって元気を取り戻して貰う必要があります。
覆いをする分、栽培の手間が多くなるのです。

というわけで、出来るだけ、かみ砕いて記載したつもりですが、いかがでしょうか。
こうして紐解いてみると、玉露や抹茶が、手間をかけて、大事に育てられた茶の木から作られたお茶だと言うことが分かると思います。

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

本ずてん茶の水出し!こんな感じ〜♪ #お茶の時間 from Instagram

本ずてん茶の水出し!こんな感じ〜♪ #お茶の時間 (from Instagram)
筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

なんとなくレモンティー

先日、受験した日本茶インストラクター二次試験の結果が発表されて、無事合格しました。

で、書類に添付する証明写真を写真屋さんにお願いしたところ、証明写真を何に使うのかを尋ねられて、長話に。
大阪に外国の方来られているけれど、どこに行ってると思う?黒門市場だよ、とか。どういう感覚で購買しているのかとか。
昔は、会議で出るのはコーヒーだったけれど、今はほとんどがペットボトルのお茶だよ、とか。

まぁ、他にも色々お話ししたんですけれど、今朝は、なんとなく伝統的な紅茶でなくレモンティーを飲みたくなりました。
IMG_5289.JPG

レモンのこの切り方だと、居酒屋の唐揚げを思い出してしまった。

普段レモンティーにすることはないのでやってみて分かったんですけれど、水色が薄くなるんですね。
皮のところが入ると渋くなると、ものの本(紅茶の事典)に書いてあったので、果汁だけ入れたのですが。

昔飲んだレモンティーの味とは違う感じになったので、これも普段あまり入れない砂糖を大量に入れました。
少しは飲みやすくなりました。

因みに紅茶は、ヌワラエリヤを選択。キリンの午後の紅茶のレモンティーに入っていると書いてあったので参考にして。
もう一つ加えると、ヌワラエリヤは、セイロンティーの分類でハイグロウンティー(高地産茶)と呼ばれます。
実は、老舗紅茶屋のムジカティーとヌワラエリヤに纏わる話もあったりします。

ごちそうさま。

話題の「天の茶助」で気になった「お茶汲み」「茶番頭」

つい先日、第65回ベルリン国際映画祭があって、最高賞の金熊賞をめざすコンペティション部門に参加の「天の茶助」のニュースが流れていました。

主演の松山ケンイチさんの役が天界の「お茶汲み」もしくは「茶番頭」とのこと。

・「お茶汲み」が使われている記事
ストーリー(リンク切れ)

・「お茶くみ」が使われている記事(多数あり。一例)
松山ケンイチ「天の茶助」主演でSABU監督と再タッグ!ヒロインは大野いと(http://eiga.com/news/20140521/1/)

・「茶番頭」が使われている記事
「天の茶助」松山ケンイチ、大野いとがベルリンレッドカーペットに登場(http://eiga.com/news/20150214/7/)

「お茶汲み」という言葉は知っていても、親しみがなかったので調べて見ました。

image.jpg

類義語は以下を参照したところ、漢字か平仮名かの違いしかなかった。
Weblio類語辞書の「お茶汲み」

汲むという言葉が、井戸などからバケツに水を入れる意味しか知らず、お茶を汲むという言い方に違和感があったので、調べました。
goo辞書の「くむ」

器につぐという意味もあるんですね。

で、次に茶番頭。あまりウェブ検索ではヒットせず、どうやらお茶会を取り仕切る人という意味みたい。

八重の桜 山本覚馬(「山本道珍は会津藩で茶番頭」と記載されています)

山本道珍の説明で、茶頭と書かれている場合もあったので、たぶん上記の認識であっていると思います。
千利休は、織田信長や豊臣秀吉の茶頭と言われていますから。

うーん、となると、松山ケンイチさんの今回の役に「茶番頭」が使われるのは違和感があります。

ところで、お茶くみのイメージは、お茶を出すとか運ぶ人。
「《茶況》 「お茶タクシー」2期生が始動」(中日新聞の記事、リンク切れ)の「お茶タクシー」という記事を最初見たとき、お茶を運ぶのかな?と一瞬思ったんですけれど、違いました。
静岡の茶処を観光案内してくれるタクシーだそうです。

知らない言葉を調べると、いろいろ深いですね。

茶こしが虫眼鏡に見える(^_^)自分で摘んで製茶した和紅茶とセイロンティーのブレンドと、かんころ餅。 #お茶の時間 from Instagram

茶こしが虫眼鏡に見える(^_^)自分で摘んで製茶した和紅茶とセイロンティーのブレンドと、かんころ餅。 #お茶の時間 (from Instagram)

東京、青山ファーマーズマーケットにて入手。国産100%ハーブティー!整え茶「ゆったり」〜♪ #お茶の時間 #teatime from Instagram

東京、青山ファーマーズマーケットにて入手。国産100%ハーブティー!整え茶「ゆったり」〜♪ #お茶の時間 #teatime (from Instagram)

長崎カステラ、一本独り占め♪熱湯シリーズ、紅茶、番茶、焙じ茶。さて、次は何を飲もうかな〜♪ #お茶の時間 #teatime from Instagram

長崎カステラ、一本独り占め♪熱湯シリーズ、紅茶、番茶、焙じ茶。さて、次は何を飲もうかな〜♪ #お茶の時間 #teatime (from Instagram)