「お茶」タグアーカイブ

新茶の季節です~地域と品種の遅速~

皆さん、もう新茶は飲まれましたか~?

お茶の摘み取り、始まっている地域もあれば、これからのところもあります!
日本列島の暖かい地域から茶摘みが始まるので、基本的に桜と同じように南から北に移っていきます。

筆者が入手した新茶は、鹿児島県の種子島産で、品種は松寿。
品種の特徴を知りたくなって、登録品種データベースを見てみました。
結果はこちら

「くりたわせ」という品種の枝変わりとのこと。
気になって、「くりたわせ」をウェブ検索してみると、記念碑があって、種子島で栗田さんという方が選抜されたとのこと。

松寿という品種、あんまり関西で栽培されているの聞かないなぁと思ったら、くりたわせが種子島で選抜されて、その枝変わりだからなのかも理由なのかもしれませんね。

さて、「くりたわせ」を漢字で書くと「栗田早生」。

標準的な品種より、早く収穫時期を迎える品種を「早生(わせ)」といいます。
遅い場合は「晩生(おくて)」。(Wikipediaの早晩性を参照しました)

「くりたわせ」は名前からわかるように、早生品種。

場所によって、農家さんによって、複数の品種を育てている場合があります。

その一つの理由として、製茶工場の加工能力には限界があるので、越さないように。
同じ地域でも日当たりによって、お茶の葉っぱの収穫時期が違うそうです。
それでも、品種が同じだと、収穫時期が被ってしまうことも。
なので、避けるには、収穫時期が異なるように品種を変えるそうな。

あ、もしかしたら、松壽が新茶一番乗りなのも、早生品種だからより早くなるのかも知れませんね~

和菓子教室のお土産と、新茶の種子島産の松寿。春ですね~

京都の宇治茶の主要生産地の和束町で、新茶の摘み取りが始まったそうです。

まだまだ、新茶いろんな地域のお茶出てくると思います。
場所が違えば、香りもお味も違うので、機会があったら、ぜひいろんな新茶を楽しんでみてくださいね~

では、またー

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

どうすれば、このお茶おいしくなるんやろ?

うまみの強い、でも渋みが隠れている煎茶があります。
とあるお菓子とベストマッチな状態、つまり「うまいっ!」を体験したくて。

熱湯でさらっと。

お湯の温度、抽出時間、お湯とお茶っ葉の量を調整して、試しだめし。

そうやって探ってみて、どうすれば、ええ感じかを調べてみる。

ええ感じを体験できたら、めちゃ楽しくなります。
こういう幸せが増えたら、いいなぁ。

同じお茶っ葉で水出し。ずいぶん長めの抽出時間で。

と、そんなことを昨日を思いました。

では、また~

筆者個人のイベント予定 筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

その場所だからこそ

この場所とか、あの場所だからこそ、したいことって、何となくあるような気がしました。

筆者の店「種ノ箱」は、長屋を改装したところで二階に入居していて、出窓がついてます。

チャイを作ったら、なんとなく出窓で撮影したくなって、こうなりました。

twitterのお茶好きで猫舌さんの投稿を見て、そういえば堂島ムジカで、こんな風にええ紅茶の香りを楽しみながら飲んでたなって思いだして。

2012年4月28日撮影、堂島ムジカにて。

温めたカップに少なめに紅茶を注いで、カップに鼻を近づけて、カップの水面が縁に少し上がるくらいに丸く水平に揺らして、時々香りを楽しみ、偶にちょっと冷めたかなと思ったくらいに恐る恐る口をつける。

筆者も猫舌なんです。

フロアの片面全部がガラス窓で、外に向くカウンター席が定位置で。高めのイスで足をぶらぶらさせながら、ふぅふぅって、ええ紅茶をすすってました。

他の場所では、ほとんどやることがなかったから、堂島ムジカの雰囲気がそうさせてたのかも(^^;;

皆さんにも、この場所でしかしないことって、ありませんか?

今回は、そういうお話でした。

では、また~

お抹茶とほうじ茶と、お雛様

和室というか、木というか畳というか、そういうところにお抹茶なんだかよくって、陰影が綺麗な気がします。

点てたお抹茶の写真がいい感じで。

続きを読む お抹茶とほうじ茶と、お雛様

ティーバッグは、便利ですね!

お茶と本のイベント企画「木曜日にお茶を飲もう♪」や、お茶友達のお誘いでイベントの紅茶出店のお茶淹れ担当でティーバッグに大変お世話になりました。
続きを読む ティーバッグは、便利ですね!

ティーバッグのジャンピングって、どうなの?

「ティーバッグのジャンピングって、どうなの?」
というご質問をフェイスブックのお友達からいただいて、
「あっ、これブログにも載せた方がいいかも」
と思ったので。

続きを読む ティーバッグのジャンピングって、どうなの?

ティーバッグは手軽、というと…

皆さん、ティーバッグでお茶淹れて飲みますか?

実は、筆者はリーフというかお茶っ葉派で、茶葉の量をはかって淹れる方が好みだったりします。
とは言うものの、環境というかティーバッグしか手に入らないお茶もあったりするし、メリットとデメリットを理解して使い分けたら、賢いような気がします。

ティーバッグのメリットとデメリット、思いつくだけ書いてみると、

  • メリット
    • 茶葉をはからなくてよい。
    • 茶殻の処理が楽。
    • スパイスいりとかハーブブレンドは便利。
    • 少量で売っていることが多いので、試しに買いやすい。
  • デメリット
    • 細かく茶葉の量が調整できない。
    • お茶っ葉が開くところが見にくい。
    • スパイスをホールから使うより香りのたち方がちょっと弱いかも。
    • リーフより若干割高。

メリットを書いてから、対応するデメリットを書いていったので、ティーバッグの良いところとリーフの良いところが逆に出てる形になりました。

そういえば、筆者が最初に紅茶いれ始めたときは、ティーバッグのキャラメルのフレーバーティーだったような。。。

メリット、デメリットに入れづらかった内容として、フィルターの香りと味があります。
紙フィルターの香りが出るのが気になる人もいらっしゃるし。紙じゃなく、ナイロンメッシュのも、最近ありますよね。
リーフだと紙フィルターの香りはないけれども、茶こしが金属製か、布か竹製かとかで、香りとか金属っぽい味が出ることもあるから、気になる人はちゃんと選ばないといけなさそうです。

エアバッグみたいに膨らむのもあります。紐のない丸い座布団タイプのティーバッグ。

今のところは、これくらいかなと思います。
ティーバッグを取り上げるイベントを近々控えてるので、ちょっと整理してみました。

土瓶急須のツルがいい♪〜ポットの持ち手が熱い!問題(^^)〜

筆者は、紅茶を淹れるところから、お茶に興味を持ち始めて、日本茶に興味を持って、日本茶インストラクターという資格も取得しました。

それで、声を大にして言いたいことがあります。

続きを読む 土瓶急須のツルがいい♪〜ポットの持ち手が熱い!問題(^^)〜

いずみや茶舗、猿島烏龍 緑 MIDORI

大小さまざまなお茶会、実はいろんなところでされてたりします。
お茶好きを続けてると、そういった情報は流れてくるもので。

でも、規模とか開き具合(どのくらいオープンか)とか、気軽に参加できるのかとかが結構違っていて。

先日の大大阪お茶会。
ふたを開けるまで、どうなるかな?とスタッフとしては気を揉んでいたんですが、うれしい悲鳴で大盛況でした。

とはいうものの副作用はないわけはなく、チャノキ(カメリア・シネンシス)のお茶、一個しか買ってない!という結果で。

せっかくなので、ちょっとそのお茶のゆるいレポートを書いてみます。

いずみや茶舗さんの猿島烏龍 緑 MIDORI。
単一品種だそうですが、記載がないです。

日本でも烏龍茶、半発酵のお茶作られてます。
緑茶と紅茶の間の子が、半発酵のお茶、烏龍茶という分類になります。
今回の猿島烏龍は、茨城県猿島郡だそうです。

飲むとあまく、花のような香りが口の中に残り、すっきりした感じ。
以前飲んだことのある中国のお茶、四季春に似てるような。
でも四季春より青い野菜のような感じは少ない感じ。

水色が透き通っていて、綺麗ですね~

ほとんどにごりがありません。きれいな水色!

お茶の葉っぱも、おっきいです!

半発酵のお茶らしく、お茶っ葉の縁が茶色いのが見えるものもありますね。

練乳のような甘さのあるクッキーと一緒に、ゆるゆるいただきました。

クッキー、せっかくだから六文銭っぽく並べてもよかったのかも。後の祭り、、、かな(^^;;

ごちそうさまです!

第1回大大阪お茶会、大盛況でしたっ!

2018年1月21日、日曜日。大阪本町の愛日会館で、第1回大大阪お茶会が開催されました!

遅くなりましたが、スタッフ目線で当日の様子を書きます。

筆者は、主にセミナー担当スタッフ。ほとんど4Fの一番奥の部屋にいました。
なので、会場全体の様子が分からなかったのですけれど、とってもたくさんの方にお越しいただいたんですね。
ありがとうございました。

セミナーは定員があり参加された方が限られると思うので、さらっと紹介します。

橋本素子先生の「日本茶の歴史―中世の大阪府を中心に―」。

真ん中のご著書「中世の喫茶文化」が、お茶会の翌日1/22発刊。案内文の紙は資料の最後につけて配りました。

お茶準備して、

写真は、京番茶。大きな葉っぱで燻された香りがします。もう一つは、宇治茶でお煎茶でした。

お菓子テーブル置いて、

こちらの干菓子と金平糖をお懐紙の上に乗せました。緩衝材で隠してて、すみません…

とか準備万端。

でも、最初の開始時間。来られる方が少なくて、どうしたのかな?
と思っていたら、受付に行列ができている!
との連絡がきてビックリ。

受講者の方が集まられるのを待って、定刻を少し過ぎてから開始しました。

大阪にも昔は茶畑があったんですよ!という話を資料に触れながら話していただきました。

資料に登場する場所のいくつかを先生と下見にご一緒しました。
その時の写真が出るたびに、(寒かったなぁ)とか、(遅刻してスンマセン!)とか、(お茶の木あった!)とか、いろいろ自分的に楽しかったです。

今の大阪城の南側あたりに茶筅を並べた、専門の茶筅売りがいたというのも、筆者はいま玉造エリアにいるので親近感を感じました。

お寺でお茶をふるまう茶所もあれば、儀式で使われるお茶もある。
そういう歴史があって、お茶が広まったというのは、面白いなぁと思いました。

質問の時間を含めて、きっちり時間通り終了。
橋本先生ありがとうございました。

次の森崎雅樹先生の中国茶の講座準備があるので、そうそうに片付けして切り替え準備。
さすがに森崎先生は色んな所でセミナーをされてるとのことで、茶器の数が多く手馴れておられて、とっても勉強になりました。

森崎先生の準備が終わったぐらいで休憩だったので、販売ブースをのぞいたり、スタッフと情報交換したり。
一階の会場案内に立っているときに、お知り合いにお会いできたりして。
なんででしょうか?、お知り合いが来てくれるとより、うれしくなりました(^^)

再び、セミナー担当スタッフで、若林葉子先生の「緑茶と和ハーブの植物療法」のサポート。
ハーブとは?、というお話の後、参加者さん二人もしくは三人一組でハーブティーのブレンドをされました。
参加者同士で、どんなブレンドにする?という相談をしたり、出来上がったのを試飲して、お隣のブレンドと比較したりされていて、皆さん楽しそうにワイワイされていました。

他にもいろいろあったんですけれど書き出すと大変なので、このくらいで。
ほんとに、とっても盛りだくさんな一日でした。

メモで書き留めておいた当日聞いた、いろんな良かったという言葉をご紹介しますね。

「たくさん来てくれて良かった」
「時間通りに終われて良かった」
「笑ってもらえて良かった」
「売れて喜んでもらえて良かった」
「楽しんで帰ってもらって良かった」

SNSでは、ハッシュタグをつけて参加者さんに投稿していただきました。

twitterで、#大大阪お茶会2018 と検索したり、#大大阪お茶会 と検索すると、当日の様子がうかがえると思います。

Instagramでも、#大大阪お茶会#大大阪お茶会2018 で検索してみてください。

最後に、お越しいただいた皆様、関係者の皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!
来年も同じ時期に開催予定なので、来年もお楽しみに~♪

おしまい