「かぶせ茶」タグアーカイブ

続々々関心⇄楽しむ(シェアしてみたら)

前回は「続々関心⇄楽しむ(関心の続く環境)」で、関心が続く機会があるのが大切。だから環境って大事だよね、ということを取り上げました。

環境というと、たいそうな感じがするかもしれません。

今、こんなことにハマってるねん!ということを話す相手がいるだけで、いい環境のような気がします。

顔見知りの人に話してみる。
そうすると、話がつながっていく場合も。

自分が日本茶に興味を持ち始めた時です。
たまたま季節は春で茶摘みの時期より早く、でもお茶の製造に近い人が去年の冷凍保存されている生葉で、手揉み緑茶体験を企画してくれて、参加しました。

b09c2507-ca47-40d8-a86b-8db303857feb
手揉み緑茶体験の時は、この赤いテーブルの上にホットプレートを置いて、紙を敷いて、その上で揉んで。写真は、焙烙(ほうろく)で、ほうじ茶を炒ったあと。2012.3.3撮影

場所は大阪市内、地下鉄今里筋線と長堀鶴見緑地線の交わる蒲生四丁目近くの日本茶屋さん。
たまたま京都の中世のお茶の歴史研究者の方が参加されてて。
手揉み体験をしたら、むくむくと関心が高くなって、茶摘みしてみたいんです!と言ったら、後日、歴史研究者さんがメールでいろいろ教えて下さりました。

70befe36-aba6-44a9-9427-22b6cdef60b6
はじめて訪ねた時の旧田山小学校の入り口。イルミネーションの準備されてました。南山城紅茶を作ってると聞いて、知りたくて行ったのです。2012.2.18撮影。

と、そんなこんなが続いて、先日の南山城村の「茶摘みと、紅茶工場見学と、かぶせ茶と、ぼた餅!」に繋がっています。

5a72ac05-7990-4f08-89fd-a4c8382cc738
初めて肉眼で見た南山城紅茶のパッケージ。CAFEねこぱん、にて。2012.2.18撮影。

今の時代、シェアっていう言葉が定着してる感じがします。
でも、関心のあることを周りに話してみるっていう、昔からあるシェア(シェアというより、オープンに近いかも)の方法で広がることもあるんですよ。

保存



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

茶摘みと、紅茶工場見学と、かぶせ茶と、ぼた餅!

お茶のことを知るといっても、いれ方だったり、種類だったり、お菓子との相性だったり。
今回書きたいのは、お茶の作り方。

紅茶は、どうやって作るんだろう?というところを、体験する機会に恵まれたので、参加してきました。

とはいっても、ほんの少し。
茶摘みと、紅茶工場の見学、かぶせ茶のいれ方のポイント伝授。

伺ったところは、宇治茶の産地の一つ、京都府相楽郡南山城村。
京都府下で唯一の村です。

お茶の木は、畑に苗を植えても、すぐに収穫できるわけではありません。
通常植えてから、3年は収穫できないそうな。
いったところの畑は8年だそうです。

お茶にもお米と同じで品種があって、品種により味や香りが違います。
今回摘ませてもらったのは、べにふうきという品種で、あまい香りのする茶畑でした。

5abfbfc9-0001-40a0-bb8a-c3ab706ea483

お茶の葉っぱの中に小さな緑色の虫がいるのが、わかりますか?
ウンカという虫で、お茶の葉っぱの汁を吸います。

そうすると、緑茶にすると苦くなってよくないそうなのですけれど、紅茶だとより甘い蜜のような香りになるので、よいそうな。

しっかり茶摘みをした後、カレーをいただいて、紅茶工場を見学させていただきました。
紅茶を作る工程と使う機械の話。

IMG_8059.JPG

居残って、いろいろ疑問に答えていただいたので、工程を切り替えるときの見極めポイントも教えていただきました。

IMG_8069.JPG

さて、本当は、紅茶のいれ方も伺うはずだったのですが、居残りで質問していたので、遅れてしまい、かぶせ茶のいれ方からの参加になってしまいました。

IMG_8070.JPG

ぼた餅、おいしかったです!

JRで大阪に帰るときに、参加者の方数名と、初対面だけど同じだったので話が弾み、いろいろお話をしました。その中でも、
「手摘みと機械摘みで、どっちがよいかがハッキリわかりました!」
とおっしゃられていたのが、印象的でした。

そんなこんなのあった一日。
結構、夏の茶摘みで体力勝負なところがありました。

関西だったら、比較的近いお茶の産地。
機会があったら、茶摘みの体験、参加されてみてはいかがでしょうか?

それでは、また~

保存



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

剣を持ってるライオンのマーク、見たことありませんか?

セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真
セイロンティーのロゴが写ってるティーハウスムジカの地上1階時代の写真

実はこれ、セイロンティーを表すマークなんです。

まちライブラリー@もりのみやキューズモールで、セイロンティーを飲みながら持ち寄った本でおしゃべりするゆる〜〜〜い企画っ!!!

どうぞ、セイロンティーってなんや?という方、お待ちしてしてます!!!
(おしゃべりしたい人、紅茶飲みたい人も絶賛大募集中です!!!!)

木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)【まちライブラリーブックフェスタ】
https://www.facebook.com/events/813501268805905/ より

続きを読む 木曜日にお茶を飲もう♪(セイロンティー)、5/11開催!!

そ〜ろと、春が近づいています♪

二月も半ばです。
一昨日、昨日とお昼の気温は高め。
なんだか春が近いのかな?と思わせる陽気で。

しかも、雨が激しく降ったり、風も強かったりしましたし。

でも、夜と朝はしっかり気温が下がるので、体調管理には気をつけたいです。

さて、話はもう一度、少しすこし前の日に戻って、土曜日のこと。
朝の時点では少し暖かいなと思っていたところが、お昼近くになるとずいぶん暖かい。

もう春なんじゃないか?と、そんな気分になりました。
その日の午後は、府大のまちライブラリーの2月お誕生日会。
春の気分が出てきたので、持って行くお茶を追加しました。

df1c2e26-46e0-489a-b6fa-8cbc1dcb5759

別の機会に封を開けるつもりだった「春待ち茶」。
素敵なネーミングですね。

鹿児島のおくみどり、八女のかぶせ茶、高級抹茶の原料の碾茶のブレンドだそうです。

お誕生日会では桜餅を食べ始めた直後に、楽しんでいただきました。
美味しいと言っていただけたので、淹れた自分としては嬉しかったです。

色んなお茶があります。
そのときの気分や季節に合わせて、お茶を楽しむのもどうかな?
と思ったので、少しご紹介しました。

おしまいです。
それでは、また。

初めて淹れる煎茶は蓋を開けたまま、お茶っ葉の開き具合を見ながら、注ぐタイミングを計ります。 #お茶の時間 #伊勢茶 #二重被覆 #かぶせ茶 #まあまあ #上手 にはいった! from Instagram

初めて淹れる煎茶は蓋を開けたまま、お茶っ葉の開き具合を見ながら、注ぐタイミングを計ります。 #お茶の時間 #伊勢茶 #二重被覆 #かぶせ茶 #まあまあ #上手 にはいった! (from Instagram)

朝に淹れて飲んだお茶をもう一度、淹れて確認する。

画像なし。とにかくやってみるー>どう変わったかを考える。

ティーマグで、今朝飲んだ堂島ブレックファーストを淹れる。

ティーキャディーを開け、乾燥した茶葉の香りを確認する。
朝は、ティーメジャーで、大きく山盛りで一杯の茶葉を使用した。
今回は、ティーメジャーで、普通の山盛り一杯プラス約半分の茶葉を使った。
ティーマグに注ぐお湯の量は、だいたいいつも同じ7割5分ぐらい。
味を左右するのは、茶葉の量になる。

しっかり蒸らした後に、フタをとり、フタの裏の香りを確認。
今回は、それほど香りを感じない。

ミルクを加えず飲む。しっかりとしたコクを感じる。
ミルクなしで、2口3口飲めそうだが、ミルクティー向きの紅茶なので、ミルクをたっぷり入れる。
飲んでみるとミルクの甘いふわっとした香りを感じる。
甘みが欲しかったので、砂糖を2杯加えた。
飲んでみると甘い。砂糖は、1杯で十分だったみたい。

同じく今朝飲んだ八女茶を、茶逢という名の急須で淹れる。

袋を開けて、乾燥した茶葉の香りを確認する。
湯冷まし用に器を二つ、飲むための小さい茶碗を一つ、急須の側に置く。
手鍋で沸騰した湯を準備して、湯冷まし用の器に湯を注ぎ、2回移すことで、湯の温度を下げる。

湯冷まし用の器から、小さい茶碗に9割ほど湯を注ぎ、茶碗を包むように手で持って、暖かさを確認する。
低めのお風呂の温度ぐらいだ。

茶碗の湯を急須に注ぐ。
茶葉の広がりや香りの変化を感じながら、フタをする。
ときおりフタを開けて、お茶の色や香りをみる。
このお茶は深蒸し煎茶なので、蒸らし時間は短め。

一煎目を茶碗に注ぐ。注いだ後、急須をのぞくと、注ぎ口近くに茶葉が寄っている。
注ぐときとは、逆に急須を傾けると、液体が急須の底に、にじみ出てくるのが見える。
急須の底を注ぎ口とは逆の方向から、注ぎ口に対して軽く叩くと寄っていた茶葉が、急須の底全体に広がる。
フタをして、急須の底にたまったお茶を茶碗に注ぐ。

飲むと、火香の軽い火香の香りと軽く新鮮な生っぽいお茶の香りがする。
お茶の色は、透明に近く、少し薄め。

二煎目、三煎目も同じ操作で、茶碗に注ぎ、香りや味、茶碗の温度、お茶の色や濁りを見る。

四煎目は、沸騰した湯を湯冷まし用の器に1回移して、お湯の量を確認した後にすぐに、急須に注いでフタをした。
5分以上、蒸らし、祖の後、茶碗に注いで飲む。

水色は三煎目より、濁りが少なく透明度が増した。少し渋め。
お茶の味があまりしなくなる出がらしを感じたので、五煎目は淹れずに終了した。

新茶飲みくらべ ワークショップ

五月も中頃になると、ある程度新茶も出そろいます。

お茶ファンの皆さんはすでに、新茶を飲んで季節を感じているのではないでしょうか。
東京渋谷駅から迷わなければ、10分弱と思われる場所で、毎週土日開催されている青山ファーマーズマーケット。
IMG_2632.jpg

5月18日のイベントは、日本茶アーティスト、茂木雅世さんセレクトによる
「新茶飲みくらべ ワークショップ」

豪勢にも、12種類ものお茶をガラスのワインボトルで、水出しして、ティスティング(味見、試飲)します。

スタッフさんは、給茶スポットxお茶Bar事務局さん。
大阪に帰ってきて、思い出しました。大変お世話になっております。
二、三年前に、給茶スポットキャンペーンで一等の電気ケトルいただきました。
大変重宝しております。ありがとうございます。

話を戻して、お茶の飲みくらべです。
透明のミニプラスチックカップに、自分の名前の入ったシールを張って、ボトルのお茶を注いで、試飲します。
お茶の色も、誰のカップかも分かって良いなぁと思いました。

さて、ここで問題が発生。
試飲するときに僕は、事前情報をあんまり聞こうとしません。
というのも、味や香りを集中して判断したいのと、知人友人のお茶だからと言って、贔屓したくないんですよね。
なので、今回は辛口です。
Mさん、Nさん、ごめんなさいね。

この日は晴天で、午前11時の回だったので、まだ汗をかくほどではなかったので、氷は入れませんでした。

一番乗りの特権で、人が少ないから1番から12番まで、順番に飲みました。
関西在住のお茶飲みの独断と偏見によるレポートをどうぞ。

No.1 手摘み玉露。
玉露と書いてあると、とろっとした旨みと言うイメージを持っています。
京都の某日本茶屋さんでは、よく玉露の水出しを出していただいていたので、その印象を引きづったまま、飲んだところ、出汁の様な感じより、すきっとした青さを感じました。
イメージしてしまっていた分、ずれを感じてしまいました。

No.2 新茶松五郎。
ふわっとした旨み、また新茶らしい青い感じがしました。
僕のイメージとしては、一番新茶らしいお茶でした。

No.3 八十八夜摘み おくゆたか。
飲んで、笑っちゃいました。
非常に九州のお茶らしい、旨みコクがしっかりしていて、うん。
よーこそ、東京みたいな。
お茶の産地を感じさせてくれる楽しいお茶でした。

No.4 極上。
一口、舌の上に載せたら、香り、味に深みがある。
それに、この感じは、お湯で淹れると、変化が楽しそう。
淹れてみたい!というお茶でした。

No.5 かぶせ茶。
かぶせ茶だから、旨みが強めかなぁと思って飲んだら、渋みを強く感じました。
あれっ?これ、かぶせ茶なんだ。渋いなぁ。

No.6 香り熟成煎茶 山裾茶。
ん?、これ煎茶って書いてあるけれど、浅炒りほうじ茶だわ。
火を強めにしたと書いてあったけど、これ、炒られてると思いました。

No.7 紅茶 香(かおり) 2nd。
これは、飲んだことある。でも、水出しはしてなかった。
香り、味、これはこれでいいんだけど、紅茶の味しない。
それに、これはウンカだったはず。探すとかすかに感じられるけれど、
お湯で淹れて飲みたいなぁ。

No.8 和紅茶べにふうき。
うーん、こっちも、紅茶っぽくない。
お湯で飲みたい。
お茶は、紅茶から飲み始めたので、しっかりと熱湯で淹れた紅茶でないと基本物足りないのです。

No.9 天日干し赤ちゃん番茶。
コクもあり、優しいお味の落ち着くお茶。
おいしい。
大好き。

No.10 茎焙煎。
すっきり軽く香ばしいお茶。
茎茶らしい、華麗な感じがしました。

No.11 ほうじ玄米茶。
玄米の香ばしさとほうじ茶のコクがありました。
なんというか、ここらへんで、すでに茶腹になってしまっていた気がします。

No.12 美醗香茶 NOIR(のあ)
不思議なお茶。発酵と言うことで、少し香りの良いスッキリしたイメージを頭に浮かべながら、飲んだんですけれど、よく分からなかった。
これも、お湯で温度変えて試したいお茶の様な気がしました。

と言うわけで、12種一気に飲んで、一番乗りの特権で、投票用紙に張りました。

IMG_2631.jpg淹れたいお茶、極上。
うまいお茶、天日干し赤ちゃん番茶。

こういう仕掛け、面白いですよね。
JR奈良駅のメッセージカードばりに通じる見た目が楽しい感じが好きです。

ちなみに、ほぼ読まずにティスティングしてしまいましたが、この冊子、メチャ気合い入っています。
さっき、開いて少し読んでみたら、茂木さんのコメントが秀逸!
いつかお会いしたい方の一人に勝手にリストアップしちゃいました。

ではでは、この辺で。

IMG_2630.jpg

お茶の名前…自分の場合

ブログのタイトルのとおり、お茶好きです。

お茶は、名前が付けられて売られています。
でも、初めから名前があるわけじゃありません。今回は、そのあたりをお茶の消費者のわたしが自分でブレンドした緑茶に対して、どんなふうなことを考えて、名前を決めたかについて書きたいと思います。

緑茶のブレンドは、京都の阪急河原町駅と烏丸駅の真ん中あたりに位置する福寿園京都本店、地下一階「京の茶蔵」で行いました。

IMG_1783.jpg

緑茶のブレンドをしてお茶を詰めてくれるお店、ここくらいしか知らないです。
京の茶蔵では、京都産の緑茶のブレンドが出来ます。

選んだお茶は、三種類。すべて和束町産。
玉露のうじひかり、かぶせ茶のやまかい、煎茶のさえみどり。
特色のある個性豊かな品種茶を使って、ブレンドしました。
旨みがあり、すっきりした上品な緑茶ができました。

ブレンドでうっすらと意識したのは、二点。

一点目は、クィーンオブブルーというワインボトルに入った特製水出し茶のイメージ。
高級感漂う雰囲気を持つお茶でボトルを置くだけで、存在感があります。
お茶を高級レストランで手軽に利用できるように…という発想から作られたらしい。
お茶は、葉っぱから淹れたい自分としては、物足りない。
洋風な雰囲気を持つリーフの緑茶ないのかな。

二点目は、クィーンオブブルーの前に、フェイスブックで見た静岡の日本茶屋さんの話題。
「珍しくて美味しいお茶ないの?」とお客さんから求められたことを書かれていました。
珍しいというのは、出会う機会が少なければいい。
日本のお茶の栽培の9割がやぶきたらしい。
やぶきた以外であれば珍しいし、やぶきたに似ていない味や香りのお茶なら条件に合うと思う。

京の茶蔵から、新しい緑茶が入ったとのハガキが来たのは、数ヶ月前。
年内に顔を出したかったのと、新しい緑茶は飲みたい。
カウンターは予約で埋まっていたので、はしっこの小さな丸いテーブル横の椅子で試飲をお願いしました。
はじめは、さえみどり。覆いをしたかぶせ茶のアミノ酸のような旨みとは異なるうまみ。
つぎは、やまかい。旨みがあるけれど、やまかい独特の渋み、香り、味は控えめ。
最後に、うじひかり。うじひかりが美味しくて気に入りました。

さえみどりとやまかいを飲んだ後、この両方を活かす配分は、半々がよいのかな?
うじひかりとブレンドするなら、6:2:2でどうだろう。
これで美味しかったらいいけれど。

ものは試し。
ブレンドの比率をスタッフさんに伝えて、試飲させて貰いました。
旨みがあり、上品。

スタッフさんは、「誰が飲んでも、おいしいお茶」との感想を一煎目を飲んでいってくれました。
その言葉で数年前に、初めて京の茶蔵で品種茶を試飲したときのことを思い出しました。
たくさんの品種をブレンドすると市販のお茶のように個性的ではないお茶になると。
個性的ではなくとも、美味しいお茶は飲みたいし、自分でブレンドしたお茶には愛着がでるもの。

自分の感想は、良いブレンドのお茶が出来たときでも頼りないです。
贔屓目で見てしまうから。
今回は、一緒に試飲につき合ってくれたスタッフさんの反応を見ながら、良さそうな感触を得ました。
100g単位の購入なので、玉露も入っていることから、お値段は高めだったけれど、詰めて貰うことにしました。

ブレンドしたお茶の感想を聞きたくて、贔屓の日本茶屋さんにお願いして、淹れて飲んで貰いました。
あるスタッフさんの感想は「玉露みたいだけど、すっきりしてる。」

お茶っぱの持ち込みメニューがある別の日本茶屋さんで頼んでみました。
淹れる直前に入店されたお客さんと店主、自分の三人で一緒に飲むことに。
もともと大黒さんのような丸顔の店主。
目尻が途中から斜め下に長くなって、おしゃべりも弾み、ニコニコ顔。

今回のお茶出来が良いことを確信しました。

名前を付けないでおいて、このお茶を淹れて、味や香りを楽しんで、飲んだ人に名前を貰おうかとも考えました。

名前を付けないでするアイデアは、京菓子の風習から。
昔、京菓子のお店では、お客さんの相談にのって、そのお家のお祝い事や記念日などにちなんで創作和菓子をさかんに作っていたそうです。
お店はお菓子の名前は付けず、お客のお家の方が、名前を付ける。
そういった風習を継続されるお家が少なくなって、京菓子屋さんが減ってきた。
それを何とかしたいということで、京都、和菓子の会が作られたそうな。

今回は、誰かのためにブレンドしたお茶ではないけれど、一年の最後にできたお茶。想い入れがある分、名前がないのは、不便です。

できれば、名前からどんなお茶か想像できる方がよい。
かぶせ茶(冠せ茶)のように淹れて、美味しい。
上品な。品種にうじひかりが入っているし。

それらを合わせて、「Brilliant Crown(ブリリアント・クラウン)」と名付けました。

価格的には、最上級のかぶせ茶の下ぐらいです。
もし、これを読んで興味が出たなら、良かったら飲んでみて下さい。
京の茶蔵で、「玉露・和束・うじひかり:6割、かぶせ茶・和束・やまかい:2割、煎茶・和束・さえみどり:2割」の配分と言えば試せるはずです。

長い、ながーい文章を読んでいただきありがとうございました。

今日は大晦日なので…

皆さん、今年も、大変お世話になり、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
どうぞ良い年をお迎え下さい。

それでは、また…