「マグ」タグアーカイブ

サイズを変えてみたら…

お茶を飲むとき、どんな器でお茶を飲みますか?

手のひらより、大きいのですか?
小さいのですか?
同じくらいというのもありそうですね。。

器の大小で、お茶が入る量が変わります。

いつも使っている湯飲みとかコップを、小さいのや大きいの、サイズを変えるだけでも、感じ方が違って、満足感も変わったりします。

さて、日本茶専門店で、小さな湯飲みを見かけられたことがあるでしょうか?

高級な緑茶になるほど、小さな器で少量、濃い目のお茶を戴きます。
小さな器で頂くから、ほんのちょっと喉を潤すだけ。

それでも、ちょっとずつお茶を、舌の上で転がすように、味や香りや風味を楽しむ飲み方をすれば、味わいが深くなり、満足度が少し上がるような気がします。

ということは、大きな器で飲むときの飲み方と、小さな器で飲むときの飲み方が違うのかも。

大きな器だとグビグビ、小さな器だとチョビチョビ。
たぶん、そんな飲み方、お茶マニアになる前はしてなかった飲み方を今ならしてるような気がします。

今回は小さな器中心で書いてみました。
頭の中で、なぜか大き目のマグでチャイが飲みたいなぁ、早く涼しい季節にならんかなぁとか思ってます。

湯飲みとかコップの大きさを変えるというのは、ちょっとしたことなんだけど、意外に面白い要素が含まれているのかも知れませんね~

では、またー



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

なにが、ちがうかな?

前回の「お茶を淹れる」では、味を調節して注ぐようになるには、練習がいると思うと書きました。

あくまで自分がやったことは、たぶん比較して違いを探したんだと思います。

同じお茶でも、前回と味や香りが違うな。
どういうところを変えた?
お湯の温度?、注ぐまでの時間?、お茶の葉っぱの量?、お湯の量?、使ってる急須?、湯飲みやコップの形状、注いでから飲むまでの時間?、などなど。

書き出してみたものの、最初は一種類のお茶しか手元にありませんでした。
紅茶でした。
お湯の温度はグツグツの100℃ぐらい。
使ってるのはティーマグ。

そうなると、味や香りが変わるのは、ほとんどお茶の葉っぱの量のような気がします。。
自分の好みのお茶っ葉の量は、どれくらいだろう。
増やしたり減らしたり。
ミルクティーにするのが好きだったので、ミルクの量も自分好みを探しました。

そんなことをやって、自分が好む味を探していったような気がします。

なので、ちょっとした着眼点が、美味しく飲むキッカケになるのかも。

この話がヒントにして、自分のお家で出来そうな工夫をやってみてください。
意外にいつもより美味しくいただけるかも知れません。

そうなったら、うれしいですね。
なんとなく希望を持ってもらえたらいいなぁと思います。

今回は、この辺で。
では、また~!



にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

月の綺麗な夜でした。 ご機嫌な曲を流してて。 濡れたマグを拭き拭き、 手が滑って転がり、 ムジカに初来店した時の ポット小が欠けちゃった。 #ティータイム の #裏話 from Instagram

月の綺麗な夜でした。
ご機嫌な曲を流してて。
濡れたマグを拭き拭き、
手が滑って転がり、
ムジカに初来店した時の
ポット小が欠けちゃった。
#ティータイム の #裏話 (from Instagram)

う〜ん♪飲み物の器の大きさと心地よさっ!

僕自身はお茶を淹れることに強く関心があります。
お茶が注がれる器の見た目も、気分に合わせて選ぶようにしてます。

同じ様な大きさのコップや湯飲みでも、色違いデザイン違いで気分が変わるから。

中学生ぐらいの時、夏にはガブガブ冷たい飲み物を飲むから、大きなマグを使ってました。たぶん、いままで生きてきた中で一番大きい。350ml位はあったのじゃないかと思います。

でも、今じゃそんな大きな器は、使わないし、そう言えばいつの間にか割ってしまって、実家にもなくなってしまったように思います。

どうせ飲むなら、心地よく飲みたい。
器の大きさ、今だったら、これくらい飲めるかな?
あれくらいでもいけるかな?

そんなことを考えて、器も、お茶の種類もチョイスして淹れるのは、生活のリズムがちょっと変わる時間に思えます。

というわけで、暑くなったし、夏向きの器を並べてみました。

18 - 1

さてと

ど・れ・に・し・よ・う・か・な?

とある春のお茶会

ぶつぶつ。
お茶の特集なのに、ペットボトルの広告があるなんて(BRUTUS 2009.7.1号)。
ぶつぶつ。

 

一煎目は、低めのお湯で。
茶葉の入った宝瓶に、お湯をフォークに伝わせて、ゆっくり注ぐ。
針状の茶葉が、じんわりと膨らんでいく。

フォークは、神戸の客船コンチェルトの乗船前、モザイクのピーナッツのお店で購入した。
初期のチャーリーブラウンがプリントされてる。

IMG_5857.JPG

全体としては、こんな装いに。
「春だな。桜の気分♪」

 

二煎目は、少し高めのお湯で。
魔法瓶のポットから、焼酎マグに注いで、少しお湯の温度を低くする。
でも、一煎目より少し高め。

水色が濃くなった。
お菓子の餡の甘さとお茶の渋みの具合が心地よい。

IMG_5858.JPG

お菓子の端が欠けちゃった…
「桜の渦が巻いているみたいだ。」

 

三煎目は、高めのお湯で。
魔法瓶のポットから、直接宝瓶に注ぐ。
茶葉が膨らんで、葉っぱの形が見えてる。

二煎目より短めの時間で、さらっと注ぐ。
一煎目は右手、二煎目は左手、三煎目は両手と右と左という面倒な淹れ方で遊んだ。

IMG_5859.JPG

宝瓶のフタを開けたままで
「お菓子なくなっちゃったな。葉っぱ開いちゃったな♪」

 

茶碗が空になった、ごちそうさま。
おいしかったし、遊べたし、楽しかった。
やっぱり、他人にお茶淹れて貰うとおいしいなぁ♪と他人に淹れて貰ったつもりで飲む。

色で器を取り合わせてみたけれど、春らしいかな。
瓢箪をあしらった茶匙もおいて置いたし。

IMG_5860.JPG

ところで、御軸代わりのコースター。
「今回のお茶会のテーマは、春のスプーン&フォーク♪」

如何でしたでしょうか?
お茶会を楽しむのは、「心」。
そんな気分を表現してみました。

おしまい。

昨日チャイにしたケニア紅茶をストレートで飲む

ここのところ続けて書いているブログの内容は、過去の紅茶の淹れ進めた流れを「実際にやって」、今感じることを書いています。

昨日、煮出し紅茶にしたケニア紅茶「アフリカン・ジョイ」をミルクなしのストレートで飲みました。

お茶請けは、バター風味を塗ったトースト。

IMG_5456.JPG

ストレートだと、香りがかなりシッカリします。
僕のイメージだと赤い香りがすると思うんですけれど、うまく表現できません。

この紅茶は、CTC製法なので、茶殻を見てもらうと分かりますが、形状は丸いです。
紅茶の事典を眺めていて、CTC製法が「軽萎凋」と記載されていることに気が付きました。
CTC製法で、軽萎凋にすると茶汁が付いたままで、抽出時間を短くできるとのこと。

トーストの味に負けない香りとシッカリした心地よい渋みがあります。
お肉などの脂っこい食べ物との相性も良さそうです。紅茶を飲みながら、トーストを食べたら、紅茶が半分くらいになりました。

ティーマグの中を覗くと、小さな茶葉が模様のようになっていたので、閃いて、こんな写真を撮りました。

ごちそうさまでした〜♪

濃厚、香りが違う、甘い、おいしいチャイ

今朝は、水を使わず牛乳だけで、ケニア紅茶「アフリカン・ジョイ」を煮出してチャイにしました。

手鍋に牛乳を入れて暖めるのですが、牛乳だけだと沸騰したときの膨らみ方が一気に膨れるんですよね。
これだから、手鍋から吹きこぼれないようにシッカリ鍋の中をみとかないといけない。

柄の長いアイスティー用のスプーンで、鍋の底に焦げ付かないようにこすりながら、コトコト、ぐるぐる混ぜながら加熱します。
最初は、さらさら。少しすると滑るようになり、牛乳の厚みからか少し重みを感じるようになります。

牛乳は、しっかり洗ってもなかなか香りがとりにくいので、茶こしはチャイ専用を用意してます。

茶こしで、茶葉を濾しとって、マグに。
砂糖を多めにして、しっかりマドラーで混ぜる。

IMG_5432.JPG

濃厚なチャイには、チョコが似合うので、チョコのスポンジケーキ。

チャイは、濃厚。香りも、ポットの時とは違ってる。砂糖も丁度、甘みをしっかり感じる。
ケーキを食べて、チャイを飲むと、コクが増すようでますます美味しい。

そんな感じで、すぐに食べちゃった。

ごちそうさま!

いつものお茶とお菓子の組合わせを試す

僕のいつものお茶「堂島ブレックファースト」とお菓子の組合わせを試す。

IMG_5428.JPG

今回のお菓子は、ゴボウのおかき、カレーのおかき、チョコレートのビスケット。

ゴボウとカレーは、別のメーカー。
お菓子とお茶の組合わせを確認するとき、たいていベースが同じで、二種類買って、お菓子の特徴やお茶と一緒に頂いたときにどう感じるかを確認する。
こうすると、比較がしやすいから。

チョコレートのビスケットは、ミルクティーとの相性は良いと思われる。それでも、確かめる。

ティーマグのフタの裏に鼻を近づけたら、まろやかな香り。
マグ本体の香りも、今回は良い感じ。一口頂く。ニルギリと思われる華やかな香りが出てる。
実は、前回よりホンのちょっと茶葉を多くした。
ミルクを加えて、飲んでも、良い感じ。

ゴボウのおかきを頂いてから、ミルクティーにした堂島ブレックファーストを飲む。
今朝のバター風味トーストと同じくゴボウのおかきは、軽く塩味が効いているので悪くない。

次は、カレーのおかき。ちょっとおかきに紅茶が負けているような。
カレーおかきは、煮出し紅茶のチャイや、もっとコクのある紅茶の方が似合っているみたい。

チョコレートのビスケットを半分食べて、紅茶を飲む。
クリームかホワイトチョコレートのふんわりした甘い味がして、美味しかった。
よく見たら、真ん中に白い薄い層がサンドされていた。
期待通りというより、期待以上に紅茶と似合っていた。

と、ここまでの確認では、自分一人での練習みたいなもの。
今回はしていないけれど、紅茶を淹れ始めた当時、この後、実家で家族に、美味しい組み合わせだった紅茶とお菓子をセットにして出した。

それで、どうだったか家族に感想を聞く。
そうすると、自分の好みと家族の好みの違いも分かってきたし、なにより会話が増えた。
お茶を淹れ始めて良かったな~と思うこと。

ごちそうさま!