「炒りたてほうじ茶」タグアーカイブ

ほうろくがある時~、ほうろくがない時ー

ほうろくという昔ながらの煎る道具があります。
ゴマとか豆とかを煎っていたそうな。

素焼きのほうろく。購入当初は、内側も白かった。
トロッピカル窯さんのほうろく。素焼きのより少し大きいので、多めにほうじ茶作るときは、これを使ってます。

筆者の関心は、お茶なので、もっぱら緑茶を煎るのに使っています。

さて、ほうろくに出会っていないときは、お茶を煎るということがそもそも頭の中に入っていませんでした。
はい、発想自体がありません。

ほうろくに出会って、緑茶を煎り煎りするようになったら、ほうろくとセットの緑茶を常に使って、炒り立てほうじ茶を楽しんでました。

お茶に関しては、ほうろくだけに関心あったわけじゃないので、産地に行ったり、日本茶屋さんを巡ったり、色んなお茶を買っていれてみたりしてました。

そうこうしているうちに、製造方法にも関心が及ぶようになり。
本から緑茶の製造方法、つまり製茶方法を学びました。

製茶の最終段階である袋詰めの前には、「火入れ」というざっくり言うとお茶を軽く焙って香りをよくする工程があるんです!

ということは、ほうろくがあれば、自分でも香りがそれほどやなぁと思った自分にとっては残念なお茶を焙ったら、香りが出てきたりするということ??

実際にやってみると、うまくいって香りがよくなったお茶もあれば、焦がした香りでウーン残念と思ったお茶も。

ちょっとわき道にそれますけど、茶香炉で緑茶をのせて焙られた香りを楽しんでたら、緑茶の種類変えたら、どうなるかな?という疑問が出てきて。
実際やってみたら、いい香りのするものもあれば、そうでないのもあったり。

と、いろいろやってきたつもりでも、まだ試していないことがあって。

最近は、炒り立てほうじ茶でチャイ(水と牛乳で煮出したお茶)をして、どういうふうな炒り立てほうじ茶を使うと好みのおいしさになるのか、調べ始めてたりします。

炒り立てほうじ茶を水と牛乳で煮出しているところ。
なんとなく黒蜜を準備して、炒り立てほうじ茶のチャイで、ティータイム。

さてさて、ほうろくのない時と、ほうろくのある時、今までの流れをさくっと書き出してみました。

ほうろくをお持ちの皆さんは、どんな風に楽しまれているんでしょうか?
ほうろくを持っていなくて、これからほしいと思っている方は、どんな風に楽しむんでしょうか?

なんか、お茶とほうろくで面白いことあったら、教えてもらえると嬉しかったりします(^^)

そんな感じで「ほうろく」愛について書いてみました。

手前味噌ですが、ほうろくで炒りたてほうじ茶というブログ記事、よく見ていただいています。
よかったら、のぞいてみて下さい。

では、また~

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

本日、節分の最後に飲みたくなったお茶は炒りたてほうじ茶。お湯を注いだ時にしゅわって音がする。 #節分 #炒りたて #ほうじ茶 (Instagram)

本日、節分の最後に飲みたくなったお茶は炒りたてほうじ茶。お湯を注いだ時にしゅわって音がする。 #節分 #炒りたて #ほうじ茶 (Instagram)

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

ぐるぐる、ぐるぐる、巡る季節。春へ!

晴れの暖かい日、雨の寒い日、少しずつ春へ進んでます。
季節というのは、毎年々々巡っているもので。

冬から春に近づくにつれ、
晴れの暖かい日、場合によっては暖かすぎて暑いと思う日があったかと思えば、
雨の寒くなる日もあったりして。
そうこう繰り返すうちに、春がやってきます。

食べ物や飲み物も、気温や食材と供に、変わってきて。

お茶好きの僕としては、紅茶やほうじ茶などの茶色いお茶をよく飲んでいた寒い冬から、だんだんと緑茶などの緑色のお茶が増えてきたりします。

冬が始まったときは・・・
ほうろくで炒りたてほうじ茶を作る

c0d85bd6-a89e-4a99-a8dc-22377eccd9eb

炒っていると、緑茶の緑がだんだん白く、
それから黄色くなっていって
香りが強くなって、香ばしいいい香りで、
急須に炒ったお茶っ葉を移して、
お湯を注いでみると、市販のほうじ茶より一段いぃ香りがして、
飲んでみると、口の中からも香りがするようになる。
冬の寒いときの方がなぜか美味しいです!

be9812ba-fa90-444f-96b6-24ba5f24f43a

それが春が近づくにつれて、ほうろくを使う回数が減って(出番が減って)きて。

そうこうしているうちに、初夏の新茶の季節がやってくるはずです。

IMG_0135.JPG

寒い冬を越えて、暖かくなり、
冬の間に蓄えた栄養を使って、
成長した新芽を使った新茶。
少し青い、いつもより野菜っぽさが多い感じのお茶。

まだ、ちょっと先ですけど、いいお茶がたくさん飲めると良いなぁと待ち遠しいです。

というわけで、ながながと、少し前のInstagramの写真の解説を書いてみました。

ではっ~♪

最後だって特別だから愛おしく香り豊かな炒りたてのお茶 #黒糖 #金柑の甘露煮 #最後 #お茶の時間 #短歌 #吟遊茶人 #炒りたてほうじ茶 #まだまだ #さむいね〜 from Instagram

最後だって特別だから愛おしく香り豊かな炒りたてのお茶 #黒糖 #金柑の甘露煮 #最後 #お茶の時間 #短歌 #吟遊茶人 #炒りたてほうじ茶 #まだまだ #さむいね〜 (from Instagram)

[終了] 茶缶作りとお茶いれ体験、2016年1月24日、日曜、谷町六丁目

昨年11月の空堀ワークショップフェスの「茶缶作りとほうじ茶体験」の第二段!
茶缶作りとお茶いれ体験。
和紙を選んで茶缶作り、そしてお茶のいれ方のコツをお伝えします!!
ほうろくで炒りたてほうじ茶も出来ます♪

e5bda38f-f0ca-4ae8-92e8-9d0566b882f3

日付:2016年1月24日(日曜日)
時間:11:30-18:00(出入り自由。茶缶作りとお茶入れで約1時間。茶缶作りとお茶入れの両方の場合17:00までにお越し下さい)
場所:コワーキングスペース往来(大阪市中央区谷町6-5-26 萌2F、桃園公園の横)

参加費:1,000円(茶缶作り+お茶いれ体験)、500円(お茶いれ体験のみ)、お賽銭(お茶のお代わり)
持ち物:茶缶を持ち帰る手さげかばん
申 込:メール/takiho@chaai.info(飛び入り可能ですが、茶缶の数に限りがあるのでメールでのお申し込みをお願いします)

IMG_3138.JPG
谷町6丁目、萌、外観。萌には、あの直木賞の直木三十五記念館も入っています。
IMG_3140.JPG
萌を別角度から。直木三十五記念館の看板。

自分としては珍しく一気に炒り上げた炒りたてほうじ茶。早速、お湯注いで、頂こう! #お茶の時間 #ほうろく #ほうろく #焙烙 #ほうじ茶 #焙じ茶 from Instagram

自分としては珍しく一気に炒り上げた炒りたてほうじ茶。早速、お湯注いで、頂こう! #お茶の時間 #ほうろく #ほうろく #焙烙 #ほうじ茶 #焙じ茶 (from Instagram)

【アクセスランキング】2015年5月(お茶会と茶畑が多め)

2015年5月分を集計しました。

2015年5月のTOP10

  1. 吉田山大茶会にまつわるエトセトラ
  2. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  3. ほうろくで炒りたてほうじ茶
  4. プロフィール
  5. 有志が育てている茶畑で茶摘み!!
  6. 尾道紅茶のキャンディを淹れてみた。
  7. ダージリンと宇治で買ったラムレーズンのスコーン。夜だからって我慢しないで、いい感じ(*^_^*) #teatime #真ん中の豆皿は #朝日焼 from Instagram
  8. ちゃ、ちゃ、ちゃ、チャイ(牛乳だけの煮出し紅茶)
  9. セイロンティーとトースト。 #teatime #ムジカティー #プライドオブスリランカ #ミルクを入れたらコクが深まった #不思議だね〜 #気分は青色 from Instagram
  10. ティーメジャー、紅茶葉の計り

コメント

5月の記事は、5,7,9位。
吉田山大茶会にまつわるエトセトラの関心が高いですね。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2015年4月(新しいが多め).

【アクセスランキング】2015年3月(少し関西が多め)

4月10日と遅くなりました。2015年3月分を集計しました。

2015年3月のTOP10

  1. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  2. 手軽で場所をとらない紅茶の茶器
  3. ほうろくで炒りたてほうじ茶
  4. 吉田山大茶会にまつわるエトセトラ
  5. プロフィール
  6. tumblrで「茶の間通信:大阪版」を始めました!
  7. 中国の方を意識した黒い漆の器で、ダージリン紅茶を頂きました
  8. マサラ・チャイ、うまかった!
  9. 奈良、大和高原、都祁 羽間農園、自然発酵 紅茶を飲みました
  10. ティーメジャー、紅茶葉の計り

コメント

3月の記事は、4,6-8位。
4位の「吉田山大茶会にまつわるエトセトラ」は、知名度が上がっているので、上位に来てもさもありなんかと思いました。
3月の記事が少なくなったことが反省点です。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2015年2月(日本茶ときどき紅茶) .

【アクセスランキング】2015年2月(日本茶ときどき紅茶)

2015年2月分を集計しました。三カ月分もためちゃダメですね…(^^;;

2015年2月のTOP10

  1. 手軽で場所をとらない紅茶の茶器
  2. 日本茶インストラクター2次試験の備忘録
  3. 伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方
  4. 炒りたてほうじ茶で消臭~
  5. 関西表現者の集いで、気になったこと。
  6. 関心を抱いた紅茶関連の記事(2015-02-23)
  7. 江坂へ移転!ピエロハーバーに行きました
  8. 第2回Jastea茶会に参加しました!
  9. なんとなくレモンティー
  10. 玉露や抹茶とは、なんぞや?(出来るだけ分かりやすう書いたつもり)

コメント

2月の記事は、2,4-10位。
1位の「手軽で場所をとらない紅茶の茶器」は、ブログランキングの機能を使ってイチオシ記事にしたため。
伝統的な玉露や抹茶の覆いで使われる、よしずの作り方」がコンスタントにアクセスがあるので、本ず関連の記事を増やして、ランクインが増えました。

前回のランキングはこちら。【アクセスランキング】2015年1月.