「食べ物」タグアーカイブ

飲み頃という、たのしみ

日が沈むのが早くなって、暗くなるの早くなってます。
寒い日が増えてきて、木々の紅葉も進んでますね。

暑い夏が過ぎ、涼しい秋、そして寒い冬が来る。
おいしいと感じる食べ物や飲み物も、季節が変わると旬が変わってゆきます。

いろいろあるお茶でも、淹れた後すぐに口にしておいしいモノもあれば、少し間をおいておいしいモノだってあります。

比較的上等な煎茶というのは、湯冷ましというお湯の温度を下げる操作をして、時間をかけて淹れます。

深蒸し茶。湯冷ましを使って淹れました。

お湯呑みに淹れた段階では、猫舌の人だと、ほんのちょっと熱めくらい。
だから、猫舌の人は警戒して冷めるのを待ったりしますけど、待ちすぎると飲み頃を過ぎてしまって。。
一番おいしいタイミングを逃してしまうことも。

外ぱりっ、中ふわっのタコ焼きとウーロン茶。

おいしいモノはおいしいときに戴きたいモノですね!

白いビールとフライドチキン。配布が始まったばかりの谷町六丁目駅周辺のお店めぐりマップ「からほりらへん」と一緒に。

ビールを含めたお酒もしかり、食べ物との組み合わせも、そして友人とだったり、一人の時だったり、そのときそのときでしっかり楽しめるといいなぁ♪と思います。

ちょっと珍しく連日ビールを飲んだので、さくっと、お茶の飲み頃について書いてみました。

では、またー

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

雨だから

「アイニクの雨だから、残念ですね…」
雨降りの日に、はじめて訪ねた地区の日本茶屋さんで、お茶を買ったときにかけられた言葉。

訪問目的は達せられなかったけれど、近くではお祭りをやっていて、催しは終わっているけれど、のぞいてみればって勧めてもらった。

お祭りの時にしかできない雰囲気。
雨であっても、こういう光景を見るのは好きだな。

屋台がならんで、たぶん夜は近所の子供たちが、わー!って感じで屋台の食べ物やゲームや水を張ったプールなんかをのぞき込んでる。

雨が降ったから、あがったときは気持ちいいのかも知れないな。

晴れは晴れで気持ちよいんだけど。

晴れたり降ったり。
なんかいいことないかなの心を忘れずに。

秋が深まっていきますね〜(*^^*)
では、またー

筆者のお店、大阪・玉造・空堀町「種ノ箱」のイベント予定

にほんブログ村 グルメブログ 茶へ
にほんブログ村

季節の移り変わり

店(種ノ箱)の近所には、学校がたくさんあります。
玉造エリアは、大阪市の屈指の文教区と言われるくらいなので。

先日は、体育祭が行われていたみたいです。
学校からの放送が少し離れていても聞こえてきましたから。

オフィス勤めをしていたときは、そういった行事の音が聞こえる環境ではなかったので、季節の移り変わりを今はとらえやすいですね。

そうそう、この季節は一日の気温の変化が大きいので、体調を崩しやすい時期です。
夏で疲れた体を癒しながら、美味しい秋の食べ物や飲み物をいただきたいものです。

リンゴが大袋で売られ始めたので、アップルジェルを作ってみました。
ちょっと失敗して焦がしてしまって、黒めな感じ。

でも、おいしいので良しとしましょ。
インドの紅茶ニルギリに溶かしたら、いつものニルギリとは全く違うリンゴの香りの深みが出て新鮮でした。

さてと、次はどんな風にして食べよかな。
少ないから大事にしたいなぁ。

色んな事にトライするにはいい季節だと思いませんか、秋って。

まだ始まったばかりなので、楽しみたいです!
それでは、また~

木曜日にお茶を飲もう♪を続けています。

木曜日にお茶を飲もう♪というイベントをまちライブラリー@もりのみやキューズモールで開催しています。

毎月一回木曜日の夜に、お茶でゆるゆるしながらおしゃべりする会。
ただ自分がおしゃべりしたいだけと言えばそうなんですけれど、日本茶インストラクターというお茶の資格を持っているので、毎回お茶のテーマを設定してます。

テーマというと、まちライブラリーのイベントでは、予め設定されたテーマの本を持ち寄ることが多いです。
木曜日にお茶を飲もう♪でもテーマを設定していますが、いつも「お勧めの本」。
気軽に参加してほしいので、基本的にどんな本でもオッケーにしてます。

さて、先日は国産紅茶を取り上げました。
日本で作られているお茶というと緑茶がほとんどですが、生産量は少ないながらも紅茶や烏龍茶(半発酵茶)も生産されています。

僕は、海外の紅茶をいれ始めて、お茶に興味を持つ様になったので、日本の紅茶にも関心があります。
だいたいは飲んだことがない国産紅茶を見かけたら購入して、どんな香りがするのか味がするのか、どういうお菓子や食べ物と合いそうかというようなことを調べてみたり、かといっておいしいのをまた飲んでみたいので、依然飲んでおいしかったのを購入したりしています。

直近で開催した木曜日にお茶を飲もう♪で、お出ししたのは鹿児島の小牧緑峰園さんのフルーツフレーバーティーの水出しと、熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうき

フルーツフレーバーティーは、ハイビスカスやローズヒップなどが入っているので、香りもして、少し赤みがかった水色(お茶の専門用語で「すいしょく」と呼びます。液体のお茶の色を指します)でした。
湿度が下がってきているとはいえ、まだ少し外は暑いので、まちライブラリーに入って最初に飲みたいのは、冷たくてスッキリしてるお茶だろう。というチョイスです。

IMG_2103.JPG

初めてまちライブラリー@もりのみやキューズモールに来られた参加者の方がいらっしゃったので、簡単にもりのみやキューズモールのまちライブラリーの説明をしたり。それから、いれたお茶の説明をしたり、持ち寄った本の紹介をしたり。

サブディッシュの注文をして、二つ目の熊本の梶原さんの春摘み紅茶のべにふうきを熱湯を使ってポットでいれました。
飲まれた方の感想は、ジャスミン(茶)のようだ、さっき飲んだのとはまた違うねぇとコメントがありました。

IMG_2104.JPG

そんなこんなで、ゆるゆると木曜日にお茶を飲もう♪、続けてます~

IMG_2106.JPG

第二回、木曜日にお茶を飲もう♪を振り返って

「その場にしかないものを少し書き置いておくこと」、最近そんなことを考えています。

先日、もりのみやキューズモールBASEのまちライブラリーで、第二回、木曜日にお茶を飲もう♪を開催しました。

木曜日にお茶を飲もう♪は、お茶を飲んで、気軽におしゃべりする会を目指しています。
お茶と私とか、なんで今日来たのかを自己紹介がてら話してもらって、お茶を飲んで、持ち寄った本の紹介をしたり、ピザ屋さんのサイドディシュをつまみながらお茶を飲んだり、またおしゃべりしてお茶を飲んだりしました。

それぞれの関心があり、来た理由は同じようで違っていたり、そんなゆるい内容をおしゃべりしながら少しだけ共有してる時間と空間のような気がしてます。

僕自身は企画している都合、お茶の説明をところどころ挟むんです。
お茶をいれる準備をしてるので席をはずす時間もあって、でも、僕が説明をしなくても参加者さん同士で情報を出し合ったりするので、なんとかなってたり。

お茶やサイドディシュなどをみんなで一緒に戴きながら、話すネタのキッカケが、本やお茶やそのときの食べ物や、その人の興味関心だったり。

おしゃべりする場と機会をこの会では、お茶と本が担ってるのかな?とぼんやり思ってます。

とりあえず、少し書いておくことで、自分も、参加してくれた人も、この会に来たかったけど来れなかった人も、これから関心を持ってくれる人も、また何かのキッカケになればいいな。

ちょっとだけ、振り返って見ました。

IMG_9237.JPG

IMG_9240.JPG

ぐるぐる、ぐるぐる、巡る季節。春へ!

晴れの暖かい日、雨の寒い日、少しずつ春へ進んでます。
季節というのは、毎年々々巡っているもので。

冬から春に近づくにつれ、
晴れの暖かい日、場合によっては暖かすぎて暑いと思う日があったかと思えば、
雨の寒くなる日もあったりして。
そうこう繰り返すうちに、春がやってきます。

食べ物や飲み物も、気温や食材と供に、変わってきて。

お茶好きの僕としては、紅茶やほうじ茶などの茶色いお茶をよく飲んでいた寒い冬から、だんだんと緑茶などの緑色のお茶が増えてきたりします。

冬が始まったときは・・・
ほうろくで炒りたてほうじ茶を作る

c0d85bd6-a89e-4a99-a8dc-22377eccd9eb

炒っていると、緑茶の緑がだんだん白く、
それから黄色くなっていって
香りが強くなって、香ばしいいい香りで、
急須に炒ったお茶っ葉を移して、
お湯を注いでみると、市販のほうじ茶より一段いぃ香りがして、
飲んでみると、口の中からも香りがするようになる。
冬の寒いときの方がなぜか美味しいです!

be9812ba-fa90-444f-96b6-24ba5f24f43a

それが春が近づくにつれて、ほうろくを使う回数が減って(出番が減って)きて。

そうこうしているうちに、初夏の新茶の季節がやってくるはずです。

IMG_0135.JPG

寒い冬を越えて、暖かくなり、
冬の間に蓄えた栄養を使って、
成長した新芽を使った新茶。
少し青い、いつもより野菜っぽさが多い感じのお茶。

まだ、ちょっと先ですけど、いいお茶がたくさん飲めると良いなぁと待ち遠しいです。

というわけで、ながながと、少し前のInstagramの写真の解説を書いてみました。

ではっ~♪

お茶好きさん、お茶飲みさん、食べ物との楽しみ方

このサイトでは、お茶をいれる情報を中心に書いてます。
でも、僕は最初からお茶好きだったわけでもなく、お茶を飲む習慣があったわけでもありません。

ふとしたキッカケで紅茶に興味を持ち、経済的にも美味しいという点でもリーズナブルなブレックファーストティーをいれ始めました。

実は最初、全然美味しくいれられなかったんですよね。
でも美味しく飲めるようになりたい!だからいれて飲むことだけは続ける。
そうなると苦行です。修行です。

で、何をし始めたかというと、この美味しくない状態は宜しくないので、少なくともちょっとは美味しく感じられるような食べ物と一緒にブレックファーストティーを飲むようになったんです。

例えば、食パンをトースターで焼いてバターを塗ったものと一緒にとか、ロータスのカラメルビスケットと一緒にとか。

そうこうしている内に、
ブレックファーストティーも美味しくいれられるようになって、
だんだんと他の種類の紅茶も飲むようにもなり、
もっと時間が経つと日本茶にも興味を持って、
日本茶の勉強をして、日本茶インストラクター試験も受けるようになって、
日本茶インストラクターにもなっちゃたんです。

日本茶云々という流れから、本日の写真にいきます!

6cd94c0b-aa0a-4bf3-9c9c-4877d516e6b5

四国の香川のお饅頭「灸まん」と四国の高知のお茶「四万十産、十和の緑茶」。
同じ四国つながりで美味しくいただけたらいいな~♪と思って、合わせてみました。
自分としては美味しかったのですけれど、残念ながら家族からのコメントは特になかったです。

どんな食べ物と一緒にお茶を飲むと相性がいいのかな~と組み合わせてみるのも、お茶の楽しみ方の一つだと思うんです。

そんなことを書いてみました。

それでは、また~

木曜日にお茶を飲もう♪を始めました!

贔屓客床屋とお茶屋支えてる昔の話か今も同じか

もりのみやキューズモールのまちライブラリーで、木曜日にお茶を飲もう♪、第一回目を開催しました。
フェイスブックのページ

テーマは紅茶、アールグレイで。
おそらく一番知られている紅茶かと思います。

cb1c41ae-70fd-49a6-ac5f-87b5268e6430
(写真はアールグレイのイメージです^_^;)

自己紹介を兼ねた「私とアールグレイ」というネタで始まり、トワイニングのアールグレイを飲んでいただきました。
その後は、アールグレイの謂われについて、簡単にご紹介。

持ち寄っていただいた本の紹介タイムで、side dishのオーダーをして、二つ目のスタンダードブックストアで入手したアールグレイを準備。

そうこうしている内に、side dishが到着して、軽食の歓談タイム。

食べ物があって飲み足りないなぁと思い、三つ目にあべの近鉄百貨店のACパークスのアールグレイをお出ししました。

都合、3種類飲んでいただきました。

アンケートを読ませていただくと、飲み比べができて良かったとかメーカーで違うことが分かったというコメントがたくさんあり…

主催のカタリストとしては、飲み足りないのは申し訳ないと思った次第で結果的に三種類飲んでいただく形になりました。

それで、思い出したのは、ペットボトル緑茶の綾鷹の上林さんの記念館で、聞いた話。
「お茶屋と床屋は、贔屓客で持っている。」
各お店で味とかサービスが違っていて、贔屓客(固定客)がいて、商売が持っていると言うことらしい。

イベントを振り返って、そんなことを思ったのでした。

おしまい。

なんと、勇者は経験値を5獲得した!

という感じで、お茶の経験値も見えたら楽できるのに。

漢字で、読めるけれど書けないってことありますよね?

同じ様に、お茶飲みの経験とお茶淹れの経験は違います。
お茶飲みの経験は、お茶を美味しく飲むための食べ物の組み合わせやシチュエーションでの使い方を知ること。
お茶淹れの経験は、どうやったら好みの風味をどういう茶器で、お湯の温度で、どんな時間で抽出するかを知ること。

どっちもできると上達は速いような気がします。

で、お茶を美味しく淹れるのにオススメなのは、「これ、いいなっ!!」というのをしばらく固定して淹れ続けること。
お茶っ葉の量や抽出時間を変えて、飲んでみて自分の好みを知る。
緑茶だったらお湯の温度も関わってきます。
続けていると、ここが美味しいポイント!というのが見つかるはず。

で、冒頭の経験値になるんですけれど、見えないんですよね…
経験値見えて、後どんくらいすれば、美味しく淹れられるレベルにアップできるか分かるといいのに。

971252c3-b214-4ee7-abef-1d89921f05e8

今日の写真は、約7年固定のド定番、実家の「いつもの」紅茶(ミルクティー)とあべのの嶋屋のおいもさん。
家族には、美味しいと言って飲んでもらいました(*^^*)

紅茶を美味しくいただく為に普段していること

紅茶を飲むときに、心がけていることを書き出しました。
なんとなく共有したら、自分以外の他の人も楽しむことが出来そうな気がしたので。

・ストレートティー
さっぱりスッキリ系のヌワラエリヤなどは、少し茶葉少な目に。
食事やスィーツと一緒なら、多少茶葉を多くして渋めの方が美味しくいただける。
ただし、渋めに淹れて、紅茶より先に食べ物を食べ切ってしまうと、紅茶が飲みづらくなってしまいます。なので、紅茶の量を少なくした方が良いかも知れません。
この系統の紅茶は冷めると、渋みが増える傾向にあるので、暖かい内に飲んだ方が美味しいです。

・ミルクティー
茶葉多めで、コクが出るようにした方が美味しいと思います。
いつもよりミルク多めにすると、意外と美味しいポイントが発見出来るかも。
ミルクティーは冷めても、何故か美味しい。
僕は普段、砂糖を入れないけれど、疲れているときに砂糖を加えていただくと落ち着いて、より美味しく飲める気がします。

・紅茶が濃く入ってしまったとき
ストレートティー向けならお湯を加えて薄める、ミルクティー向けならミルク(牛乳)を多めに加えて砂糖を入れます。
でも濃すぎると、お湯やミルクを足しても、飲みづらい時もあるので、やっぱり淹れる段階の茶葉の量は考えること。

・食べ物の有無
食べ物の有り無しで、美味しい頃合いの茶葉の種類や量が違うので、これでどうかな?と試しながら、自分の好みを探す作業は必要な気がします。

26 - 1

色々書き出してみました。
少しでも、紅茶を美味しくいただけるヒントになったなら嬉しいです。